Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

白い道

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(153) - いいね!(4)

沙織 ★J56XiwBbWX_M0e

貧血気味の指先が
こめかみへ移動し
頬へ蠢き

浮き沈みする心臓を
青い真綿で締め付けて

白く霞む道の先に
黒い女が立っている

それは、とても印象深い女で
髪を流し、細みで
とても不機嫌であることが、ここからでも
見て取れる

女は音もなく近づいてくる
まるで距離感は同じように感じるのにも関らず
数分前は、数メートル前
数秒前は、数十センチ前
そうして今は、本当に顔が近いところに
女は立っている

女の顔の向きや、位置などは変わらずにただ近づいてくるようで
女の顔を全く見ることはかなわない

女の顔は、鼻先の上で分かれた髪によって隠され
見ることが出来ないのだが
その女がとても不機嫌なことはよく解る

女が近づいてくるというのに
わたしはなにも感じられない

ただただ、白い道のことを考えている
あの先にはなにがあるのだろうということを
ただただ、それだけを考えている

関連リンク: 【Destiny 】 
ページ: 1


 
 

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_gaI

「白い道」とは何か。「あの先」の事ですね。ただただあの先に何があるのか考えて仕舞う。黒衣の女が立ちはだかっている格好でしょうか。最初の描写も印象的でした。

貧血気味の指先が
こめかみへ移動し
頬へ蠢き

浮き沈みする心臓を
青い真綿で締め付けて

これら数行の和歌で言えば序詞(じょことば)見たいな内容を経て黒衣の女が相当なこの詩のメインを成して居る黒衣の女が登場して印象的でした。

1ヶ月前 No.1

沙織 ★8tZI2U1YCc_yoD


 てたく 様、


 有難う御座います。


 **


 >『「白い道」とは何か。「あの先」の事ですね。ただただあの先に何があるのか考えて仕舞う。黒衣の女が立ちはだかっている格好でしょうか。最初の描写も印象的でした。

貧血気味の指先が
こめかみへ移動し
頬へ蠢き

浮き沈みする心臓を
青い真綿で締め付けて

これら数行の和歌で言えば序詞(じょことば)見たいな内容を経て黒衣の女が相当なこの詩のメインを成して居る黒衣の女が登場して印象的でした』


 >『これら数行の和歌で言えば序詞(じょことば)見たいな内容を経て黒衣の女が相当なこの詩のメインを成して居る黒衣の女が登場して印象的でした』


 有難う御座います。


 とても、とても、嬉しいです。


 美しい和歌に重ねて下さるなんて、本当に、光栄です。素敵です。



 綺麗な読み方だなぁと思いました。嬉しかったです。


 **


 ふふ。てたく様には、この、黒い女が、なに に、見えますでしょうか?


 ふふ。できれば、……あまり、怖がらないであげてほしいな、と、思います。


 ……きっと、不安なのです。この、黒い女も。


 **


 恐怖と不安は紙一重で、いつも、すれすれに在り、居るのだと思います。


 白い道は、きっと、美しいものであって欲しい、と、思うのです。


 ……だって、遠くを見たものが、遠くにみえたものが、……そうでなかったのならば、悲しすぎるでしょう?


 **


 だから、こそ、です。


 祈りのような気持ちをこめて、


 それは、美しいもので在ってほしいと、思えてしまうのです。


 **



 素敵なお言葉を、いつも、本当にいつも、有難う御座います。


 有難うございました。


 **


 失礼いたします。

1ヶ月前 No.2

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu


おはようございます。

雪女を連想させられました。

白い道、佇む黒い女、近づいてくる、と恐怖心が聳え立ちました。

白い道を雪の道、全体真っ白な景色の中で起きる摩訶不思議な現象。

見えないけど見えそうで、見えそうで見えなくてと、視覚を這うような詩です。

感覚を研ぎ澄まされる詩に鳥肌が立ちます。

若しくは神霊現象とも思わされました。


拙く纏まりのない感想でごめんなさい。

素敵な詩を読ませていただきましてありがとうございます。

1ヶ月前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる