Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(6) >>

その日まで。

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(155) - いいね!(2)

赤い苺 ★48w4c4viKy_keJ

苦楽を味わおうという
言葉が好きだった・・


でも、苦しみを味わうことが
大切なのだということを徒然草の本に書いてあって、、
ほんとうに忘れてしまいます

苦しみが大切なんだと

じゃ、苦しみばかりのわたしは
大切なことを連続で味わっているのだと
思えます

苦しい気持ちを乗り越えたら
そこには
綺麗な別の花が咲いているのだろう


苦しいことを感じて居続けたら

きっと
順番が回ってきて

「あなたの番だよ」と
誰かがそっと
背中を押してくれます・・・


それを信じて
出来うる限り
美しく生きていきましょう

その日まで

関連リンク: 星の夜 居ない 
ページ: 1


 
 

初心 @syosin ★Android=uOF7qNijzx

こんばんは。

私も苦しいことの連続で嫌になることが有りますが、この詩を読んで、前向きになれました。


素敵な詩をありがとうございます。

1ヶ月前 No.1

赤い苺 ★48w4c4viKy_keJ

初春さん

こんばんわ。(^^♪オレンジです。

そうですか。初春さんもー苦しいことの連続で嫌になりますか。。。
この詩で好きなのは、順番が来たら、背中を押されるという箇所です。
仕事場でも自分はずっとーーーーー報われないような、上司の支持を受けれないような人間なのか?と
落胆していました。仕事を認められたことは無いし。
でも、年月が経つと、順番は自然と回ってくるんですね。
くやしいなあと、、、思っていても、心が打ちひしがれていても、、、
だんだん、自分自身も練られてきて、それで、一歩づつ、仕事場にも慣れ、、、
それから、気づいたら、ハードルが低くなっている。そうしたら、なんだか、認められる前にそうなってたってことあります。
なんでも、継続していることで報われるんだ。
そして、、、苦しみばかりで、、辛くて辛くて仕方がなかったからこそ、一番の幸せに巡り合うことが出来た。
と、いえます。それで、、、苦しいことばかりだけど、また、一番の幸せに巡り合うことが出来ました。
苦しかったけど、一番の幸せが二回もあったってことは、、、、
普通の幸せに恵まれていたら、それは無かったと思います。

だから、苦しいと思うことがあっても、、何か一番良いこともあるんだと
わたしは思います。

初心さんも苦しいけどきっと一番、良いことがあるでしょう?
わたしはそう思います。

1ヶ月前 No.2

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu



おはようございます。

あら、オレンジさんだったのですね。

ハンドルネームが可愛いです。


苦楽=音楽と比喩してみました。
また、前までは音楽を音苦とも例えてみました。

音を作ることのように近い詩です。

血を吐く想いで音に向き合って、指を痛めて、食欲を無くして痩せて、バイオリンにエナジーを吸いとられるようでしたが、そんな日が四年前にあったのを覚えています。体はそうでも心はいきいきしています。

音は色褪せぬように、そして馬に跨がる時はシャンとしてって言われているような感じがしました。

素敵な詩を読ませていただきましてありがとうございます。芯の強さを持った女性像のようです。

1ヶ月前 No.3

歯キャラ ★iPad=YJ53mOV0cT

良いですね。
苦しみの連続に、幸福か分からないけど、何かがある。
何事にも無駄はありません、決して。
そういう力強さを感じました。

1ヶ月前 No.4

赤い苺 ★48w4c4viKy_keJ

クレアさん
こんばんは。(*^_^*)



あら、オレンジさんだったのですね。
ハンドルネームが可愛いです。

>そうなんです。クレアさん。
オレンジ=赤い苺です。(*^_^*)詩集板にもいますのでよろしくお願いします。


苦楽=音楽と比喩してみました。
また、前までは音楽を音苦とも例えてみました。


>そうなんですね。音楽をされている方からしたら、苦なのかもしれませんね。
 わたしは絵のほうが音楽よりも好きです。でも、最近は音楽は好きですね。

音を作ることのように近い詩です。


>ああ、そうなんですか。そういうふうに思っていただけて、とても光栄です。

血を吐く想いで音に向き合って、指を痛めて、食欲を無くして痩せて、バイオリンにエナジーを吸いとられるようでしたが、そんな日が四年前にあったのを覚えています。体はそうでも心はいきいきしています。


>この詩における「背中を押して」という部分は私自身の仕事場における
 ことを書かせていただいたので、クレアさんはプロの演奏家なのかな。だから、同じことを感じていただけたんでしょうね。
 きっと・・。わたしも、どうしても乗り越えれることが出来ないと思うことがあります。
 でも、気がつけば、抗わなくても、眼の前から壁事体が無くなってたんで。。。ああ、そういうことかと思いました。
 何時もですけど、仕事場のわたしにとってのマインドはいつも、他の人とは違うようです。
 本で読むと、自分が目指しているものが書かれているので、結局、わたしは、現実の人たちとは違ったものを刀として
 仕事場で働く人間なのだなあって思いますね。もう、諦めているっていうか、自分自身を磨くしかないなとか思います。


音は色褪せぬように、そして馬に跨がる時はシャンとしてって言われているような感じがしました。
素敵な詩を読ませていただきましてありがとうございます。芯の強さを持った女性像のようです。


>昔、20代のころ、会社の男性に「あなたは芯が強いですね」と言われました。
 確かにわたしは、両親にも誰にも弱いけど、、芯だけは強かったです。
 踏まれても窮地に陥っても、芯は強いままです。しかし、芯が強すぎるとあまりよくないなとも思っています。
 弱いからこそ、いいということもあるんじゃないかとか思います。
 災害にあったときとか、究極、死を選ぶ際には戦いに挑むというのがわたしかなとか思いますね

1ヶ月前 No.5

赤い苺 ★48w4c4viKy_keJ

歯キャラさん、
こんばんわ(*^_^*)


良いですね。
苦しみの連続に、幸福か分からないけど、何かがある。
何事にも無駄はありません、決して。
そういう力強さを感じました。

>感想を書いてくださってありがとうございます。
 無駄はないと云ってくださってありがとうございます。
 今のわたしにとっては、苦しみから得る力が
 さらに待ち構えている苦しみを撃退するための力としか思えません。
 運命があって、それに対する力を蓄えるための苦しみなのかなあとか思っています。

1ヶ月前 No.6
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる