Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(7) >>

真実とここにいるための嘘

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(296) - いいね!(2)

自主規制 @bokochan ★Android=EcW3jTc2pp

不幸は予告なく訪れてくるよ
まるで天からの贈り物みたいに

そして幸せは消えたって知るんだ

今よりもずっと未熟だったよ
臆面もなくそう言えるのは
別れてしまった……せい?

遠く景色を見た

現世の影がそこにあって
未解決の問題がたくさん溢れてる

宝物があるかもって信じる僕の意志は
残り香のように微かなものだったよ

冷たいものと温かいものが混じり合うように
物事は収束していくの?

そして最後は穏やかになれるのかな

幸せねってそばにいる人が言うので
僕は否定しないよう
そっと目を閉じることにした

たとえ地面に落ちたしても、
それはきれいだったんだ

みんなが懸命に拵えた世界の中で
嘘のように微睡んでいた

罪悪感けれど休んでいいよって言うから
僕は思い切り休むことにしたんだ

これはこれで幸せだから
思わず涙が溢れてしまった

仮初めの宿だとして
僕は戦わないといけないんだ

手を伸ばせばそこにある真実に
触れないでいよう
信じていて、
その人の芯にあるものを
どうか壊さないで

そして少しだけ、
わがままになるようにしよう

これからはもう、どうしようもなく
自分のこと嫌いになりたくないんだ

メモ2018/06/11 23:57 : 自主規制 @bokochan★Android-EcW3jTc2pp

仮タイトルが「二時三十九分 火災報知器」だったのでそれて良いかと思ったけど、やっぱり変えました。

関連リンク: 新しき恋 物事をみつめよう 
ページ: 1


 
 

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu



ご無沙汰しております。

この詩の内容に深く共感しました。

まるで今の自分の心境そのもののように感じました。


私は小学生から心に闇を宿していまして今は何をしても見ているものが闇そのものに変容してしまうように感じてしまいます。

天使や神はこの世にいないと思うくらいです。

しかし、決して何があっても培ってきたものは無駄ではないと断言し、このまま前進すると新たに誓おうとも思わされました。

私事の感想ですみませんでした。
読ませていただきましてありがとうございます。
失礼致します。

4ヶ月前 No.1

オレンジ ★48w4c4viKy_keJ

うーん。


そこに居るのは今の彼女。
そして思い出すのは、前の別れた彼女のこと。

そういう詩かなと解釈しました。
男性っていうのは、傷をつけられた女性を忘れられなくなるそうです。
そのようなこと、思いました。(あ、図星?笑)

運命の人ならば
いつも、何か意味を、精進する意味を与えてくれるものだとか
わたしは勝手ながら個人的にそんなふうにおもってます。

自己嫌悪しちゃうのは個性かなあ。哀しいけど。
そう考えちゃうんでしょうね。きっと。

自分のこと嫌いになるのは、きっと、未熟だからかな。
だから悲しいんだとかおもった。

時間が経てばきっと、自分も過去もリスペクト出来るから
今は頑張ってねとか云いたくおもったりした詩でした。(*^_^*)

4ヶ月前 No.2

自主規制 @bokochan ★Android=EcW3jTc2pp

クレアさん、すみません返信遅くなりました。

コメントいただいたときから返信内容は考えていたんですけど……ほんとに……

私が死を意識したのは小学一年生の頃で、とくに何か切っ掛けがあったわけではないのですが、そこから私の人生は将来の死無しでは語れなくなりました。

将来死ぬのに、なんで頑張ってるんだろう、みたいな。
ありがちなんすけど、絶対に解けない問題ですよね。

今は、そこに価値観をつけるのは自分自身だと思って頑張ってます。
たとえ死ねば全て無駄になるとしても、自分の中で「あれは良い、これは駄目」という感情があるので。
そういう感情を大切にしていきたい。
たとえその完成が単に過去の積み重ねで作られたもので、自分の本質というものがどこにもないとしても、です。

いつもそんなふうに考えているわけではないですが、何か壁にぶち当たったときは上のように考えようとしています。

私も自分のことばっかり書いちゃったんですけど、クレアさんのコメントを読んだときそんなことを思いました。

4ヶ月前 No.3

自主規制 @bokochan ★Android=EcW3jTc2pp

オレンジさん、返信遅くなってごめんなさい。

男性っていうのは、傷をつけられた女性を忘れられなくなるそうです。

これまさに私なんですけど、私は別に女性じゃなくても傷つけた人のことは忘れられないかな。。。

なんというか、フラッシュバック的なものが起こりやすいタイプなんですよね。
お前、よくそんなこと覚えているなと言われるタイプでもあります。

こういう詩を書くときに、私の中である意味教科書的なものになっているものがあって。
それはPIERROTっていうヴィジュアルバンドの「満月に照らされた最後の言葉」という曲です。
もう少し演じていれば君の願いも□から始まるサビを聴いたときに「おおっ」と思いまして、この感覚が詩を書くときの基礎になっているのです。

あともう少し書こうとしたけれど、うまくかけなかったのでこのへんで。。。

4ヶ月前 No.4

初心 @syosin ★Android=uOF7qNijzx

こんばんは。

恋愛の詩ですか?

私は性別をこえたものだと感じました。
なぜなら、私もあるんです。親、友人や恋人にそんなの大丈夫だよって、過去のこと言われてもなんか気になって忘れられなくてもどかしい、というかそんな時がよくあるんです。

だから、なんとなく分かるなぁと思いました。

そして、許されるよなんて言われると泣きたくなってきます。
自分のこと嫌いになりたくないのも分かります。

凄く自分にリンクした詩で、表現していただいてありがとうございます、の言葉につきます。

3ヶ月前 No.5

自主規制 @bokochan ★Android=T140DLy2Z3

初心さん、お疲れ様です。
コメントありがとうございます。

はっきり恋愛の詩として書いたわけではないんですが、そういう捉え方もできるようにっていうのは少し意識していました。

前回のコメントでは書かなかったんですけど、この詩の主人公は少年で、別れてしまった相手もまた少年です。
そして「幸せね」と言っているのは、主人公より年上の女性だったりします。

あんまり上の設定を強制したくはないんですけど、恋なのかそうじゃないのかって結構曖昧だと思っていて、はたして自分の望みはなんなのか、何とも言えないもどかしさを表現できたらいいなあ……みたいな。
うまく書けません^_^;

とにかく、心にリンクして読んでいただけたのは嬉しかったのでした(^_^.)

3ヶ月前 No.6

初心 @syosin ★Android=uOF7qNijzx

再び失礼します。

曖昧な感じが私は好きです。
この詩は読み手に広い想像力を与えてくれる詩だと感じているので、私は素敵な詩だと思います。

3ヶ月前 No.7
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる