Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(10) >>

風のように

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(367) - いいね!(4)

@ayu12 ★Android=hM0XbHKAGt


感情を
心に吹き過ぎる
風のようにする

心を
風が吹きすぎる
原っぱのようにする

風の音を聴く

風の音は
ポプラの枝葉のざわめき
アスファルトをころがる落ち葉
電線を
そしてわたしの耳の端を
かすめてすぎる音

ほら、
かき混ぜて
それから
ならしてゆく
平らかに拡げる
すべて吹き散らしてしまう頃にはもう
風は凪いでいるのだろう



1年前 No.0
関連リンク: しおり 服への愛 創作への誘い 
ページ: 1


 
 

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_zRM

思想詩の匂いさえしました。風の音は抒情しています。

「ほら、
かき混ぜて
それから
ならしてゆく
平らかに拡げる
すべて吹き散らしてしまう頃にはもう
風は凪いでいるのだろう」

そしてこんな最後。風は凪いでいるのだろう、反芻した詩行でした。「だろう」、余韻がありました。

1年前 No.1

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

こんばんは。はじめまして。
うっかり読み逃していました。

三、四連の風の音連続が形としては気になりますが(恐らく語りかけているからこうなるのでしょう)、全体としてバランスの良い、すごい好きな方向性の詩です。なめらかですましている。言葉を心のなかの風に溶かす。私が柳になるのではなくて、吹いてきた風が散らしてひとつにするわけです。空気と。嵐が過ぎ去るのを待つというやつよりも、一段上手な感じがありますね。

おやすみなさい。

1年前 No.2

@ayu12 ★Android=hM0XbHKAGt

てたく さん
コメントありがとうございます。

作中の主人公は未だ感情の風に吹かれているゆえに、
「だろう」となりました。

叙情や余韻を感じてくださって嬉しいです。

ありがとうございました。

1年前 No.3

@ayu12 ★Android=hM0XbHKAGt

くら さん
はじめまして。そしてコメントをありがとうございます。

>風の音を聴く

この行は、転じ、あらためて風(感情)に耳をすまそうという意思をつげるために書きました。


好意的な評をありがとうございました。

1年前 No.4

オレンジ ★48w4c4viKy_8gk

とても好感の持てる詩だと思いました。

「すがすがしい気持ちになれました」

この詩を詠んで。
気持ちがリフレッシュ出来る詩ですね。


わたしは最後の7行の詩文だけがちょっと自分的にはがっかりした
終わり方でした。
きっとその詩文は作者の思い入れが強い素直な詩なのだろうなあとは思いました。

11ヶ月前 No.5

@ayu12 ★Android=hM0XbHKAGt

オレンジさん
コメントありがとうございます。

オレンジさんならどのような最終連を描かれただろう、と思いつつ。
気持ちも技術もなかなか上がらない私としては、これで精一杯な感じですが、波立つ感情を凪にするために書いた詩でした。最終連は言葉も凪いでしまっているのかもしれませんね。

10ヶ月前 No.6

レモン? @tanosiku10 ★iPad=KBTawlHUWa

凄く素敵な詩だと思いました。
最後の終わり方が、最高に私好みでした!
情景が、想像出来て、文章力の高さに感動です。
私は、文章力が無いので、貴方の書いた詩を尊敬したいです。

他にも、「服への愛」と言う詩を書いていらっしゃいましたよね?
どちらも素敵で良かったです。

これからも、頑張って下さい。

10ヶ月前 No.7

@ayu12 ★Android=hM0XbHKAGt

レモン?さん

コメントをありがとうございます。
「服への愛」はオレンジさんの詩ですね。

好意的に読んでいただき、ありがとうございます。

10ヶ月前 No.8

初心 @syosin ★Android=uOF7qNijzx

こんぱんは。

冬だけどそこを早く来すぎた、春風のようですね。
今は北風が強くて寒いし、洗濯物は飛ぶしで大変です。

ポプラの枝葉とかアスファルトを転がる落葉とかほかにも五感で感じられるものが散りばめられているので、とても奥行のある詩だと感じました。

爽やかな風と温もりをありがとうございました。


少し早いですが今年1年ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

10ヶ月前 No.9

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


鮎さん、新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

風が優しく語りかけてくるような詩でした。

また木々や葉の薫りがしてくるようで心地よく、心に溜めていたものがスッと出ていくような開放感がありました。

素敵な詩を読ませていただきましてありがとうございます。

9ヶ月前 No.10
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる