Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

ネットフレンズ/出逢い系

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(253) - いいね!(1)

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


私は今年で大学生になった。

実家から上京し、東京のマンションで一人暮らしをしている。

元々私は内気で友達もできず、打ち明けることすらできなかった。

しかし、大学に入ってサークルに入ったり生徒会を挑戦してやって色々な人との関わりで友人が沢山できて良い先輩にも巡り逢えた。

私はとても幸せで充実した大学生活を送っている。

休みは友達と飲んだり、アルバイトをしている。

でも、私はアルバイトでオーダーミスばかりして怒られてばかりだった。

向いていないみたい、このアルバイト。
しばらく学業に専念しようとアルバイトを辞めた。

学校帰り友人とファーストフード店でアルバイトのことについて語り明かした。

友達も上手く行かずに辞めたことを教えてくれた。
似てるのかな私たち。

その後、カラオケで深夜まで盛り上がって歌いまくった。二人ではしゃぎながら歌って踊ってと。

あー、もうこのまま寝ちゃおっと。
宿題もないからいっか。


◆◆◆◆

明朝、わ、もうこんな時間。
急がなきゃ、、、、。
私は髪を適当に結んでメイクを急いでして学校に向かった。

しかも生徒会の集まりが8時にあったことを忘れていた。講義後急いで生徒会室に謝りに行った。
今回は許してもらってほっとしている。

次の講義は仲良しの子が沢山いるからラッキー。
よく宿題も見せ合をしている。

?だけど何故かよそよそしい。
いつもはおはよーって声をかけて皆と一緒に座っているのに、どうしたんだろう。

「おはよう、ねえ、どうしたのー?」と自分から駆け寄るとそっけなさそうにされて「今日は私たち他のことあるからごめんね。」と一人の子が答えて皆その場を後にした。

え!?私ハブられた!?
しかも小声が聞こえる。
「私ね、あの子とセンス合わないから一緒にいたくないんだよね。」

「うん、ちょっと変わってるよね。」

「しかも生徒会の先輩が好きみたい。」

「絶対に振られるって。デリカシーないからさ。」

、、、、。皆そんなこと思ってたんだ。
何がいけなかったんだろう。

この頃一人が多くなって寂しい日々を送っていた。


◆◆◆◆◆

そんなある日、電車の中で携帯を弄っていたらとあるサイトにたどり着いた。まるで今の自分のような人が集まっていた。私はそこのサイトに書き込みをした。
「私も今とても寂しいです。大学で友達にハブされました。」と送信した。

すると返信がきて「私と同じだね。学校がつまらなくて何もやる気しないし、毎日ネットと飲み歩きしてるよ。」と返信がきた。

これを機に私は時間を忘れて携帯に書き込みをして寂しさを埋めていた。

外に出るときはコンビニに行くときだけ。
おしゃれなんてどうでもよくなった。
「アハハ、大学行っても何にもならないね。そうだ、今度逢おうよ。」とメールがきた。

私は刺激を求めていたので誘って貰えたことで嬉しさが増して明日合うことにした。

しかし、それが運命を黒く染める出来事になってしまった。

◆◆◆◆

待ち合わせは夜8時に〇宿2丁目駅前。
ここなんか怖い所だったなぁ。
大丈夫かなぁ。
不安になりながらも向かった。

そうすると金髪のパリピの派手な格好した子が手を振って迎えてくれた。「こっちこっち!!」「あ、うん!!」

「いやぁ随分真面目系だね。私人生捨ててるもんだから毎日こんなんだよ。」、「あ、そ、そうなんだ。私見た目とは違っていい加減だよ。もう学校にほとんど行ってないし。」、「そうなんだぁ、意外。今からさクラブで踊り明かそうよ□メッチャ楽しいよー!!」「え!?私初めてだから緊張するなぁ。」「大丈夫行けば楽しいからさ。」不安が高まる中クラブに向かった。

全く触れたことのない雰囲気で恐縮した。
「ねえ、皆、この子だよ。仲良くしてあげて。」
「あ、宜しく。」「うん、宜しく。」初めは緊張してたけど、肩を組んでリズムに合わせて踊って盛り上がったり、カクテルを飲んだ。

気がつけばもう朝だ。

◆◆◆◆

眠い、寝よう。

そして眼が覚めると次は違う人と逢う約束。

「この人とならやっていけそう。」素敵な夜景を見ながら高級なフランス料理を食べる優雅な夜を過ごした。

また次の日は同じ境遇の子と食事をして盛り上がる。

色々な人との出逢いが楽しくてたまらなくなり、学校の存在を忘れていた。

次の日はー、えっ、お金がない!!どうしよう、、、、。理由を素直に話そ。

理由を話すとパリピの子から「私がお金出すよ。だから行こうよ。」とまたクラブで踊り明かした。その後、「はい、これ。ずっと友達の証だよ。」と袋に入ったものを渡された。

私は何だか分からずにありがとうと弾けてお礼を言った。見た目も派手になり、毎日こんな風にできることに快楽を感じていた。

家に帰って開けてみると、錠剤、液体、粉末、ペニシリン。な、何だろこれ、、、、。まさか。
そしてメールがきた「ねえ、どうだった?どんな気分になった?」私は恐怖心に煽られた。

メールは連続でくる。
「お前あれだけ盛り上がってたんだからそれやったらもっと楽しくなるぞ。」

「人生なんてこれから楽しくなるわよ。」

それはまるで地獄に陥れるかのようなお告げに思えた。余りにも恐ろしくて「いやーーー、もうやめてーーーー!!」と叫び、震えたままだった。


◆◆◆◆◆

今現在の私はことあるごとにお酒を煽っている。
母がここにきて病院行くように説得しにきたけど、怖くて外に出られなくなった。あー、今日もビール飲もっと。

毎日お酒飲めるのは幸せ。






ページ: 1

 
 

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_zRM

結構読み応えありますね。キャンパスライフ、バイトや仲間との交歓、ある意味自堕落っぽい生活、最後で変な薬というのか、LSDか何か知りませんが、さらに自堕落に拍車がかかるかのように毎日お酒飲めて幸せみたいな。またビール飲んでとあっけらかんとしている、女子大生ライフでしょうか。

省略してある地名はやはり新宿でしょうかね。怖いところ、不安になりながらもなど、金髪の派手な格好をした子が手を振って迎えてくれたり。カクテルを飲んだ。もう朝だ。昼夜逆転しているような感じが示唆されていますね。

「パリピ」みたいな用語も新鮮でした。「ペニシリン」って、何?みたいな感じで、メールが連続で来たり。震えたままだったという描写も淡々としていて、かえって恐怖がじわじわと伝わって来るようでした。

ハブられたという表現も新鮮でした。「クラブ」とか。何かアルコールのにおいが濃厚な感じもしますが、詩の感じが余分なぜい肉をそいだ印象があり、そこに気迫がそれとなく感じられるような感じがクリーピーだと思いました。

9ヶ月前 No.1

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


てたくさん、こんにちは。

今回も長々と書きました(笑)

この頃文が長くばかりですので贅肉を削って強調したい部分を描くようにしています。

今回は寂しさからくる虚無感を強く出して自暴自棄なエンドレスにさせるように持っていきました。

中盤からどうしようか悩みましたが最後は空のように音が白く消されるように描写し、不協和音で弛くも急にメロディが消えるようにしていきました。

よく寂しさから出逢い系を始めた友人もいましたが、おかしな人との出逢いで大変なことになっていたり、大学時代でもそんな子がいました。

大学の友人はかなり闇を抱えた子で何をするか分からない予測不能な子でした。

また、近年に至ってもこのようなことがありますのでそのことをモチーフにしました。

もちろん場所も例のところです。
今まで出さなかった雰囲気と言葉を出してみました。
ハブられたは若い子が使いますので。

パリピも出すのは初めてです。

あの辺は薬の怖さと闇も彩るような要素もありますので薬も小道具として出してみました。

読んでいただきましてありがとうございます。

9ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる