Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

少しだけの優しさで

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(302) - いいね!(2)

オレンジ ★48w4c4viKy_PHR

母が白い柔らかな微笑みをするとき
わたしの心のランタンに紅い灯が点る

居なくなった恋人を思い出すとき
わたしの心のランタンが灯って
恋する気持ちが月の影を点すように
わたしを綺麗にしてくれる・・

小さな心には
沢山のものが入れなくて
愛するものたちを掴めなくなってしまうね・・

もっと心が大きければいいのにと
自分の心にもキャパシテイがあることを知る

本当に小さな容量だ
そんな小さな心を
笑ってしまう

心を立て直すように
自分を支えたら
また
月影に灯が点ってゆくようだ

自分の地球線上にある綺麗なものが広がってゆく・・

そしてわたしは
身を守るように
優しさの羽を無くしてゆく・・・
まるで、めくら、のように

すりガラスのこちらでは
羽を休めることができる

わたしを

少しだけの
優しさで包む

1年前 No.0
関連リンク: 世界という名の絵 
ページ: 1


 
 

森田拓也 @smkxj8 ★hh5JknBlw7_yoD

オレンジさん、こんばんは

詩の題名が、「少しだけの優しさで」。

少しの優しさで、ではなくて、「少しだけの優しさで」なんですよね。

だけ、という表現にオレンジさんの大切なお気持ちが込められていると感じたんです。

心は、本当に大切なその瞬間にだけ、大きくなれば良いと思いますよ。

逆に、その本当に大切な瞬間にだけ心が大きくなれるように、

普段は、良い意味で、心は小さくして、心のエネルギーを溜めておいた方が良いかもね。



1年前 No.1

山人 @ookumo13 ★bDJoqEzcCB_KxC

家族の在り方は難しいと思います。
つながり方というか、私はそういう部分はないがしろにしていたので、ろくな生き方ではありませんでした。
心というのは、どんなものなんでしょう。
私自身の心もすごく小さく思えてきました。

>>すりガラスのこちらでは

>>羽を休めることができる

とてもいい詩句ですね。
気に入りましたこの作品。

1年前 No.2

オレンジ ★48w4c4viKy_8gk

森田さん

大変遅くなり申し訳ありませんでした。

感想をありがとうございます。

自分に対しては、きっと、大きく優しさをかけれないような気がして、、それで
少しだけの優しさでと思いました。

もっと、大きく自分を優しさで包んであげたいなって
いつもいつも思いますね。

8ヶ月前 No.3

オレンジ ★48w4c4viKy_8gk

山人さん

感想を書いてくださりありがとうございました。
遅くなり誠に申し訳ありませんでした。

この詩を気に入ってくださり
とても嬉しかったです。

8ヶ月前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる