Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

リトル・ムーヴメント

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(44) - いいね!(0)

森田拓也 @smkxj8 ★OakyIE7Xcz_yoD

僕は青空を飛翔する
そんな鳥の絵を描くことが好きで

でもある日
悲しみの感情で描いた一羽の鳥が
キャンバスの地平線を越えて
僕の足元に墜落した

キャンバスの中に
寂しげな悲鳴だけを残しながら

たとえ目をつぶっても
今もその墜ちてゆく鳥の悲鳴が
鮮やかに聞こえてくる

その日以来
僕はキャンバスに
その鳥の羽の絵だけしか描けなくなった

その鳥を忘れないように

絵筆でもなく

そして
絵具でもなく

その鳥が残した
心という悲鳴を使って

メモ2017/09/16 02:35 : 森田拓也 @smkxj8★OakyIE7Xcz_yoD

こんばんは。


第五連の「その鳥の羽の絵だけしか描けなくなった」


っていうとこを


「その鳥の羽の絵だけしか描かなくなった」


に変更します。


どうもすいません。

よろしくお願いします。


こんばんは。


第一連を


青空を飛翔する鳥の絵を

僕は描くことが好きで


という表現に変更します。


「絵筆でもなく」


という表現を


「絵筆ではなく」


という表現に変更します。


…続きを読む(2行)

関連リンク: いつか終わりの日に 弾ける 
ページ: 1

 
 

初心 @syosin ★Android=3TDBwAHjOq

こんばんは。

引き込まれるしですね。
メモの羽に変えたのは、私は良いと思います。
恐怖の瞬間って気になったところが色濃く残るものだとおもうから、相当な悲劇だったんだと思えるからです。

キャンバスの使い方が上手だなと思いました。
それから「心という悲鳴」をオチで持ってきたことにより、詩が引き締まっていきいきしてますね。

想像を掻き立てる詩をありがとうございます。

2ヶ月前 No.1

森田拓也 @smkxj8 ★OakyIE7Xcz_yoD

初心さん

こんばんは。
読んで下さって、どうもありがとうございます。

羽の表現の変更、恐怖の瞬間への表現、キャンバスの使い方、「心という悲鳴」という詩の締めくくり方、
評価して下さって本当にどうもありがとうございます。
僕はこういう寂しげで悲しげな抒情詩の詩の方向性を詩で目指しています。
どうしてもこのような詩は自分語り、閉鎖的な心の描写に偏るのですが、
でもまあ、なんとか自分自身が本当に書きたい詩、表現してゆきたい詩を頑張って描いて行きますね。
どうもありがとうございます。

2ヶ月前 No.2

オレンジ ★48w4c4viKy_PHR

こんばんは。

わたしは、「絶望」を感じました。

主人公は自由に飛べる羽を持った鳥だったから
そういう鳥の絵を描くことが好きだった

未来に向かって希望を抱き飛ぼうとしてたから。

だけど、悲しいことがあってから
飛べない鳥になってしまった。

それからは羽を切望している。
彼はずっと
羽の無い鳥でいる・・・

そういう悲しいことを感じました。

その悲しみは刻印であり
逃れないようにも思えます。

そこがなんとも悲しいように思えます。

それでも
彼が心で飛んでくれたらいいなと願わずにはいれません。

1ヶ月前 No.3

森田拓也 @smkxj8 ★OakyIE7Xcz_yoD

オレンジさん

こんばんは。
読んで下さって、どうもありがとうございます。

僕はどうしても鳥に自分の大切な感情を託して描いてしまうので、
そこが紋切型で反省点ですね。

次の詩では、しばらく鳥は詩のツールとしては使わないでおこうと
思っています。
どうしても同じ感覚の詩になってしまうので。

羽のある鳥と、羽のない鳥の表現の描き分けを
ご指摘していただけて、また次回からの貴重な参考にさせていただきます。

どうもありがとうございます。

1ヶ月前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる