Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(6) >>

かなしみ

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(253) - いいね!(2)

オレンジ ★48w4c4viKy_yFt

あなたに
初めて心から
「さようなら」って云った

心が堕ちてゆくように思った
太陽が堕ちてきて
ぐるぐるまわってゆくよ

心は張り裂けそうだ

でも
時間がわたしをゆっくり割いてゆくのなら
今いっきに裂いてしまったほうが
良い
そう
思ったんだ

誰にもこの悲しみは解るまい
そう
呟いた

それで
きっと
わたしは
誰にも
好かれたりしないんだろうと
おもった

*


poemを書いてたら
誰かと心がつながってると思い
勘違いをしていく

言葉の海のなかで
独りになっていた

此処も
誰もいないのか?

沢山の言葉の海の間で
やっぱり
此処も
誰もいないのか?


悲しくなり
吐いた

それで
「さようなら」と云う
勇気が生まれたのかなと思う

2年前 No.0
ページ: 1


 
 

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_pza

「心が堕ちてゆくように思った
太陽が堕ちてきて
ぐるぐるまわってゆくよ」

ここですね、太陽が堕ちて来る。この文学的な行。深閑としました。

2年前 No.1

龍人 @draperson ★DOCOMO=Bljtzr4xMo

オレンジさん、こんにちは。
『かなしみ』を拝読致しました。
作文的とおっしゃっていますが、特に冒頭の第3連くらいまで詩的だし素敵だと思います。
それと前半と後半には、別のような繋がりのような対のような不思議な絶妙なバランスを感じます。
そして最終連が見事に冒頭と呼応しています。
とても興味の湧く素敵な作品を読ませていただき勉強になります。
蒸し暑い季節となりつつあります。
体調を崩さないようお元気でお過ごしください。
有難うございました。

2年前 No.2

怠惰 @taida ★Pwvykr8Er3_Y1K

あえて詩ではなくpoemと表現している点が気になりました。ポエムという言葉は「現実を見ずに空想に浸っている」という意味でよく馬鹿にされる言葉ですが,それをpoemと表現している点が私にはさらに空想に浸っているように思えました。例えば,難しい横文字を持ってして相手を煙に巻く理論の武装,というか鎧というか,そのようなもののように感じました。しかし,そんな「誰もいないのか?」という言葉を隠して書かれたものが誰かに伝わるはずもなく,孤独だけが深まっていく。そうして初めて「さようなら」と言えるようになったのかな,と思いました。

2年前 No.3

オレンジ ★48w4c4viKy_yFt

てたくさん
感想をありがとうございます。



ここですね、太陽が堕ちて来る。この文学的な行。深閑としました


>素直に心の内を描きましたが、褒めていただきとても嬉しいです。

2年前 No.4

オレンジ ★48w4c4viKy_yFt

怠惰さん

感想を書いていただきありがとうございます。

poemという英字で、ポエムではなく明記するのが、わたしは普段から好きなんです。
よく使います。外国の詩が好きだなあと思うことが多いからかなあと思います。

確かに詩で書いたものがなんだか誰にも伝わらないように思え、孤独になったがためのさよならという気持ち
だったのです。今は、誰かが受け止めてくれている詩をと思っておりますが。

2年前 No.5

オレンジ ★48w4c4viKy_yFt

龍人さん

順番が後になってしまい、申訳ありませんでした。
失礼しました。<m(__)m>


とても興味の湧く素敵な作品を読ませていただき勉強になります。
蒸し暑い季節となりつつあります。
体調を崩さないようお元気でお過ごしください

>詩として感じていただけたとのこと、嬉しく思いました。ありがとうございます。
 拙作なのに興味を湧いていただけたこともとても嬉しかったです。

 暑いですね、体調にはくれぐれも気をつけてお過ごしくださいませ。

 ありがとうございます。

2年前 No.6
ページ: 1

 
 
この記事は詩投稿城(感想版)過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>