Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

似て居る顔との邂逅

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(90) - いいね!(1)

てたく ★cnc8MaZhsV_qxX

初日の出を拝みに行く前に
私はハガキも書いて居り
度々怒気を発した
チタンタワーへ行くと
たいそうな賑わいで
その中で初日の出を拝(おが)めた
その帰り
広場の遊戯具からでてきた少年が
二千六年七月にけがをした日の
前の日にあった少年と
背は若干高いながら顔が似て居るのは
不思議な邂逅であった

関連リンク: こころのせかい 
ページ: 1


 
 

オレンジ ★48w4c4viKy_yFt

無理のない構成で

何気ない日常、お正月ですが

あり得るような話をシュルに描いてあって

納得の作品でした☆

感触も良いです。

3ヶ月前 No.1

てたく ★cnc8MaZhsV_qxX

オレンジさんレスを有難う御座います。そうですね、お正月、新年。あり得る話をシュールに描くのは考えようによっては詩作しやすいと思うのですが、停滞もしやすい。高さに気付いて足がすくんでしまうのですね、あくまでたとえ話ですが。なので方法論と共に「初日の出」とか「怒気」とか具体的なタームをしっかり自分でリサーチして、詩作したいと思うのです。確かに好感触を得たいと言うのは目標でもありますね。

3ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる