Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(11) >>

らしいけどしらない

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(256) - いいね!(2)

るるりら @tokoro1010 ★IQsJafTbPJ_yoD


その火を絶やすな
たとえ あなた自身が 忘れていても
深海の底で 燃えている魚のような
その火を絶やすな

暗黒の夜空に 火の粉を舞うのを
見たことが あるだろう
胸の奥で熱いもの 燻るにおい
この日を 絶やすな

らしいけどしらない
こどもらしいけど ほんとうには しらない
その火がその胸に もうすでに あることを
人間らしいけど ほんとうには しらない
その火がこの胸を 焼いていることを

叫びを 忘れるな
寄り添う歌を 思い出せ
その火を 絶やすな

1年前 No.0
ページ: 1


 
 

てたく @nikawateta ★gmKGrLQM9U_aQl

独特なタイトルに、個性的な詩内容だと思いました。「らしい」とは推測、推量の助動詞ですが、

叫びを 忘れるな
寄り添う歌を 思い出せ
その火を 絶やすな

如上の様なこんな終わりに勇ましい異常な詩心を感じました。

1年前 No.1

るるりら ★Android=o2HYQjfz4K

てたくさん、ありがとうございます。

自分では、個性的だとは おもってなかったのですが、なにかしらの詩心を感じていただけたようで、嬉しいです。

ありがとうございました。

1年前 No.2

初心 @syosin ★Android=vEaRNg2uAR

お久しぶりです。
一時帰還中です。

題名に惹かれて、素敵なしの扉を開けてしまいました。

かもしれない、断定じゃないのに、いや断定じゃないからこそこの詩にはパワーと底知れない生きるための英知があるのではないかと思いました。

躁鬱病の鬱の方になっていて体が動かない、思考停止状態でした。今日やっと動くようになって、思考も働くようになって、最初に読んだ詩がるるりら様の詩でした。

私が読むよりもっと深い意味が込められているんだろうなと思いながら読みました。
本当に勇気と力をもらえる詩です。

私もこのような詩をかけるように第2段の旅に出ます。

1年前 No.3

るるりら @tokoro1010 ★IQsJafTbPJ_yoD

初心さん

わたしも風邪で思考停止から ぬけだして やっと書いたのが この拙詩です。
だから、初心さんが 感じられた事以上の 深い意味は、正直いうと、その あのお、無いです。(笑)

それはそうと、もう第2段の旅に出られるのですか?
了解です。読んでいただいて感想まで書いてくださって ありがとうござます。

またのおこしを お待ちしてますね。(笑)

1年前 No.4

初心 @syosin ★Android=vEaRNg2uAR

るるりら様

そうだったんですね。
お互いお大事にですね。

明日旅立ちます。
ありがとうございます。

1年前 No.5

黒髪 @kurokami00☆goIK5PGZO9Y ★eYmYzBR7r2_Xrr

>暗黒の夜空に 火の粉を舞うのを

すごく雄大で深い表現だな、と思いました。僕は、長良川の鵜飼を思い浮かべました。感情の操作、うねるような心情、また、
具体的な物事の奥を考えること、そういったことをされているな、と思います。火の神へのハレルヤ、共に喜び合う。

「らしいけどしらない」、謙虚さと迷いの間で、揺れ動くことを表現されている、ユニークさが、この詩ではよく描かれていると
思います。

1年前 No.6

るるりら @tokoro1010 ★IQsJafTbPJ_yoD

黒髪さんへ

おはようございます。
鵜飼の炎は 私はテレビでしか観たことがないのですが、私のこの詩の炎は、年越しに見る神社の焚き木をイメージしながら書いたので、黒髪さんがイメージしてくださった炎のイメージも伝承の炎なので、嬉しく思いました。

先日は、黒髪さんの作品のコメント欄 http://mb2.jp/_prs/9476.html-3#RESにて
私の過去作品のことをとりあげてくださって ありがとうございました。
「ハイジのおでこはアールデコ」という私の作品の独創性を言っていただきました。嬉しかったです。
あの作品は、私が電車を待っているときに見た 母子の姿を見たときに 着想を得たものであり、夢と現と堺で遊んでみた作品でした。

今回のこの作品の場合も、発想の状況は、あのときと 実は似ています。
バスを持っている時に 母子の姿を見たときに 着想を得ました。
当然、わたしの脳内では「ハイジのおでこはアールデコ」のようなルーテイーンの妙な話も起動しそうだったのですが、今回は そうはなりませんでした。

二歳児くらいのお子さんを お母さまが抱いて 椅子に座っておられたのですが、
お子さんと お母さまの間には スマホがありまして、無言で子供がゲームをしていました。
お母さんも無言でゲームをしている子供を見ていたのです。
現実に生きていなくてゲームの中に 親子は本当にはいる気がして、私の夢想は寸断されてしまいました。

その姿から、この詩は 着想を 得ました。
なんだか、こどもがこどもでない気がしたのです。温もりとか、炎の温度みたいな 素朴なものが恋しくなって書いてみたのでした。「ハイジのおでこはアールデコ」のことは ちらと思い出していただけに、黒髪さんが このタイミングで思い出してくださって、なんといえばよいか分からないほど、わたしは 幸せです。私の詩を 深く身に寄せて読んでくださり、ありがとうございます。

1年前 No.7

龍人 @draperson ★DOCOMO=Bljtzr4xMo

るるりらさん、こんにちは。
るるりらさんのこのような素敵な詩を見落とすとはどうしたことでしょう。
まもなく終わる昼休みを呆然としております(笑)。
同時に本作に出会えて、とても良い気分転換となりました。
何と言っても勢いが良い読後感が良い。
勿論それだけでなく生きていく上で大切なことも詰まっています。
「らしいけどしらない」の連も素敵なアクセントとなって、より前後を活かしていると思います。
素敵な作品を有難うございました。

1年前 No.8

るるりら @tokoro1010 ★IQsJafTbPJ_yoD

龍人 さんの
昼休みの気分転換になれて嬉しいです。


炎が恋しい季節ですね。炎を実際には 目にすることがすくなくなりました。
読んでいただき 嬉しかったです。わたしのおこした たき火に手をそえてくだったような 気持になりました。

ありがとうございました。

1年前 No.9

オレンジ ★48w4c4viKy_yFt

るるりらさん

こんばんは、

ちりちりと火の粉が上がるのを感じるような詩です。


その火を絶やすな
たとえ あなた自身が 忘れていても
深海の底で 燃えている魚のような
その火を絶やすな

>この詩文を読むと、自暴自棄になったとき
 本当にこれじゃダメだって
 奮起したくなれる詩ですね
 とても素晴らしい詩ですね。

 ちりちりと、灯が心に点火してくれます。

 優しさと熱い温度を感じます。

11ヶ月前 No.10

るるりら @tokoro1010 ★IQsJafTbPJ_yoD

返信が遅れてもうしわけありません。
じつは、自棄な気分になることがあったのですが、オレンジさんがレスをつけてくだっていたので、あら わたしたら いいこというじゃん。と なんとも手前味噌な元気を 取り戻すことができました。ありがとうございます。

この詩のようなものは、高校生のときの日記を ぱらぱらとめくっていたときに
炎に関するメモを見つけて高校生だった自分に再びなったつもりで 高校生のときのメモを 今の私が詩にしたものです。
だから、遠い日の炎のイメージを再燃させたものだったのですよ。

でも こうやってレスをいただいて、
反照というか どなたかの目にとまったという事実って ほんと 自身の心が照らさせているかのように 温かい気持ちにさせていただきました。ありがとうございます。

10ヶ月前 No.11
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる