Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(8) >>

心のカメラ

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(148) - いいね!(2)

★Qz88gcvivM_TST


高速道路の下で
雨がやむのを待つ1人

夕方のピンクの独特な雲を眺めている

電信柱に連なっている雨粒が
景色を逆さに映し出している

そんなところまで見えないのだけれど
そう映っているんだろうなっていう想像

また水たまりの上を長靴をはいて黄色の傘をさす小学生達が
そこの雰囲気にあっているようだった

私は写真家でもなんでもないけれど
雨がやむのを待つ人と
小学生達のふざけて水たまりを踏むなどのしぐさが
段々日常の風景ではない気がしてくる

そういった一場面が愛おしく感じて
カメラなんてないけれど
目の奥の奥につながるメモリーに
繋げて
ゆっくり沈ませるように一枚の写真を浮かばせることができる

ありきたりな世界
けれどもありきたりでない世界

特別な空間が広がっているような
そんなワンシーンを私は
このカメラでおさめたい




7年前 No.0
ページ: 1


 
 

山人 ★vOTyGR1vFx_7Rf

鳩さん、こんにちは。
そちらは大丈夫でしたでしょうか。

さて、本篇の感想です。
一見すると、地味という印象ですが、実に私好みで味わいがあります。
最近の鳩さんの詩の中では、大変まとまりがあって解りやすく、しかも印象深い作品です。
それは、ピンポイントの事象を綴り、ふわっと何かで包むように仕上げられているからです。
違和感がありません。
美しい単語を綴っているわけではないのに、なぜか美しい。
そして、人間の生について、語り手は今ある事象から考え始めている。
 つまり、生きていることに感謝し、その事象を、大切に心にしまいこみたいと強く思っている、それが心のカメラなのではないでしょうか。
 さらに、「心のカメラ」というタイトルに私たちの世代は強烈な郷愁を感じます。
 とても、味わいのある作品をありがとうございました。感想を書かずにはいられない、そんな作品でした。

7年前 No.1

★JgtOVsAElA_iwE

鳩様
透明な目がじっと周りを冷静にみつめてる
そんな感覚に陥りました。

みることと感じる感覚は別のように感じていて鳩様の心のカメラを見ていて不思議な感覚に陥りました。

ぐにゃりとみているものがひっくりかえってしまうかのようなそんな感覚です。

…時折、詩を読んだときに感じてしまう感覚です。

心のカメラは、ひとそれぞれきっと違っているのだるうなとそんな風に思います。

素敵な作品を見せてくださりありがとうございました。

失礼します。

7年前 No.2

★Qz88gcvivM_TST

こんにちは、山人さん。私はこの通り、パソコンを使って詩をかけるくらいですから、大丈夫ですよ。
ただ、気持ち的に大きな不安が残ってはおりますが、日常生活にはなんの影響もありません。
こういう時に元気でいなきゃと思っております^^


さて、本題にもどりましょうか。

今回の詩は結構、上手く表現できた方だなーと思っていたので嬉しいですね。
山人さんがおっしゃってくれた通り、今こうして、日常生活を送れることに感謝し、
心に深くそれを浸透させたいという願いなのです。

ついつい、普段から忘れがちな当たり前となった、生活。
しかし考えてみれば、人々とのふれあいや、幸せだったことなどがいくつでも思い出せると思うのです。
私はそういったものを思い出すとき人は心を通して思い出すのだと思っています。
ですから、心のカメラという題名にいたしました。

郷愁を感じられた題名というので、嬉しい限りです。

感想ありがとうございました。また、そちらの詩も拝見させていただきますね。

7年前 No.3

★Qz88gcvivM_TST

こんにちは。泪さん。

透明な目がじっと周りを冷静に見つめている・・・
いい表現ですね。
泪さんがこの詩を読んで感じてくださったもの。それがとても素直に嬉しいです。
誰かの見る視点、自分が見る視点、それぞれ泪さんがおっしゃる通り違っているものですよね。
けれども時として、人は感覚を共有し合うこともあります。
それが共感というのならば、泪さんと私が共感しあったということでしょうか。
自分とは異なった世界観を持つ他人、時として、ぐにゃりと世界観を変えてしまうこともあるのかもしれません。
私もそんな時があるのですから。泪さんの感覚がわかるような気が致します。

感想ありがとうございました。

7年前 No.4

mugi ★aXuBPJE3F5_ung

けれんみのない詩で、とても清清しいです。

>電信柱に連なっている雨粒が
>景色を逆さに映し出している

>そんなところまで見えないのだけれど
>そう映っているんだろうなっていう想像

こういうことを、きちんと書いてしまう丁寧さに惹かれます。
姿勢のよい詩だとおもいました。

わたしは猫背なのでみならいたいです。

7年前 No.5

★Qz88gcvivM_TST

こんにちは。mugiさん。

意外と、詩を描く時は姿勢よくしているよりも猫背になった姿勢の方が詩が浮かぶというと変でしょうかね。
昔はよく両親に背中が曲がってると注意されたものですが、今もたまに何かに集中する時に猫背になってしまう癖が
なおらないんです。そんな態勢で描いた詩ですが、姿勢が良いと評価され、嬉しい限りです。
mugiさんが指摘してくださったところは、特に深く考え込まずにその一場面を想像してかいたものですから、
想像の中の想像という、合わせ鏡みたいな感じです。
丁寧と言われると嬉しいですね。イメージをできるだけ文章で!となると丁寧にかかれていることが大事だと思いますから。中にはそうでない場合もあるかもしれませんがね。
共に猫背ライフを満喫しましょう。
できればなおすべきなのでしょうけどね^^;

感想ありがとうございました。

7年前 No.6

あさ ★877WaIfnHp_ST4

鳩さん、こんにちは

>小学生達のふざけて水たまりを踏むなどのしぐさが
段々日常の風景ではない気がしてくる

そういった一場面が愛おしく感じて

視線がとてもあたたかいですね。
こういう優しい目に出会うこと、とてもうれしく感じます。

そして実際、こういう一場面がどれだけ愛しくてかけがえのないものだったか
私たちは今、知っているわけで。

あたたかさと、優しさと、すこしの傷みと
そういった感情の渦を。

優しさがにじみ出てくるような詩はとても好きです。
でも以前の実験詩(?)
私は実はとても面白く読ませていただいてました。

これからもいろいろな詩を読ませていただきたいです。
ありがとうございました。

7年前 No.7

★Qz88gcvivM_TST

こんにちは。あささん。

災害があってから、余計に切なくなるほど感じられる風景ですよね。
こんな時代でも、日常を忘れなければ、いつだって心の復興は望まれるのでしょうね。
今桜の花が満開です。人として、いつまでも忘れたくない日常風景があると確信させられますね。
あささんのおっしゃる通りだと思いますよ^^

ひゃー、前の実験詩覚えてらしたのですか;すこしばかり恥ずかしいです;でもそう言っていただけると嬉しさもあります。

感想ありがとうございました!

7年前 No.8
ページ: 1

 
 
この記事は詩投稿城(感想版)過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>