Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(5) >>

無色

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(112) - いいね!(2)

ともり ★gCOJDNA0bZ_EUl

ごめんなさい

もう傘をさすのはよすね
もう学校も終わることだし

わたしは泣いた
泣いて
泣いて
足下から浸水していく感覚

溺れてしまえば
がんばれる
だろうか

雨は
与えられる
苦痛で
悲哀で

傘が雨に打たれる音は
痛くって
痛かった

なのに
こんなに晴れて

何処も痛まない
痛むところがない

学校がもうすぐ終わる
わたしは無色になる

8年前 No.0
ページ: 1


 
 

@migraine ★SOFTBANK=2JI2LFBDmN


《解釈》

視線の雨なのだと思う。
雨音だけが耳鳴りみたく響く。
元々誰も居ない。

8年前 No.1

砂霧 ★ksApi7gb7p_G3M

周りの何気ない言葉と言う雨が痛くて泣いているのかなぁと
賑やかな場所に収まっているには透明になる他ないのかもしれない
そんな印象でした

いっそのことレインコートにレインブーツにすれば、周りもよく見えるし、足元も気にしないで、思いっきり歩けるかもね
そうしたら、独自の色がつくのかもしれない

8年前 No.2

ともり ★gCOJDNA0bZ_EUl

、さん
感想ありがとうございます。
雨音のような視線、は怖いです。
授業中いつも下を向いていました…
元々誰も居ないのは、本当はそうなのかもしれません。
本当は気にしすぎで、一人だったのかもしれません。

砂霧さん
感想ありがとうございます。
言葉は痛かったです…泣いてました。
透明になれたらどんなにいいかな…
優しい励ましの言葉、嬉しいです。ありがとうございます。
勇気を持たなければいけませんね。
だんだんと自分の色が見えてきたらいいです…

8年前 No.3

ノンフェール ★2byD2neJrV_5ie

この詩はかなり創作されていますね。とても情感あると感じました。
私はともりさんの詩を見るたび 自分の昔を思い出してしまう。あなたと私がどう違っていて同じかなんて細かいことは考えていないけど、心を水とかに印象づける繊細さなどは同じような共感を感じます。だから あなたの詩を見るときいつも自分の昔を思い出したりして懐かしく感じるのです。この詩が創作されてるとしたら傘をささない・・
という部分でしょう。 あなたがこれからどう変わるかはあなたの自由です。成長とともにもっと内面がおそらく変わると思う。けど また私のように戻られるかもしれない。人生とは本当に人間を変幻自在にさせてゆく。そんな気持ちをもっています。 あ これすべてラフな私的な感想です。しかし 私は貴方の詩を見るのは好きです。これからどんな詩を書かれるかはあなたの勝手ではありますが、ときどき懐かしさを感じるのです。
私的な感想を書かせていただきありがとうございます。

8年前 No.4

ともり ★gCOJDNA0bZ_EUl

ノンフェールさん
感想いつもありがとうございます。
昔、ですか…水は誰にでもあると思います。だから。
ノンフェールさんの中にも水が眠っているのかもしれません。
そうです。変わるかどうかは本当は自由なんです。自分次第。
戻られるのはきっと前に進めたから…
私は大人でもまだ幼い子どもですから、懐かしいのかな…?

8年前 No.5
ページ: 1

 
 
この記事は詩投稿城(感想版)過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>