Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(7) >>

ドアノブ

 ( 小説投稿城2世(大人風味) )
- アクセス(43) - ●メイン記事(7) / サブ記事 - いいね!(0)

UCD @ucd1931 ★iPhone=FrgqMIoMA5

2019年、世界は荒れ狂う戦乱の渦に巻き込まれていた。超高性能ミサイル、第四次世代戦車、サイボーグ兵士…ありとあらゆるものが発展しそしてそれらは人を狂気で包み込んだ。

2年前 No.0
関連リンク: 寒空の下で 
ページ: 1


 
 

UCD @ucd1931 ★iPhone=FrgqMIoMA5

そんな中、一人の少年は爆煙やらジェット機雲で荒れ腐った空を眺めていた。その目は純粋で純粋で、とてもこの荒れ果てた世界に居るとは思えない目だった。その少年の名はリッカ、幼い頃に戦争で家族を亡くし、国を追われた哀れな少年。そんな少年の物語を語ろう

2年前 No.1

UCD @ucd1931 ★iPhone=FrgqMIoMA5

リッカは戦いが終わった戦場にいた。
そこには追撃砲で打ち砕かれたであろう人の片脚、頭部、様々なものが転がっていた。だがリッカはそんなものを物ともせずある一点の場所に向かった。

2年前 No.2

UCD @ucd1931 ★iPhone=FrgqMIoMA5

そして粗方目的の場所に着いたのか、歩みを止めた。そしてその場でしゃがみこみ何かを手探りで物色した。ふとリッカの手が止まる、するとすぐに何かを持ち上げ立ち上がった。

2年前 No.3

UCD @ucd1931 ★iPhone=FrgqMIoMA5

それは、人の頭部だった。辛うじて頭部だと判断できる程に損害を受けておりとても醜悪な状態であった。リッカはその頭部の目があったであろう箇所に指を勢いよく突っ込んだ。ぐちゅぐちゅと不快な音が鳴りながらも指を動かし続ける。一瞬、指の動きが止まり目の箇所から何かを思いっきり引き抜いた。

2年前 No.4

UCD @ucd1931 ★iPhone=FrgqMIoMA5

リッカが引き抜いたものはメモリーカードだった。この世界ではメモリーカードが人間の拡張記憶となり生活をするにも人生を歩むためにも必要になるものだ。後頭部若干右にメモリーカードの差し込み口が備えられている。

2年前 No.5

UCD @ucd1931 ★iPhone=FrgqMIoMA5

リッカは引き抜いたそれをハンカチで丁寧に拭き上に持ち上げた。そして顎を空に向けるように顔を上げ口をあんぐりと開いた。先程持ち上げたメモリーカードを指から離す。たちまちメモリーカードはリッカの口の中へと吸い込まれていった。

2年前 No.6

UCD @ucd1931 ★pgBazRaUQL_rXy

バリバリと豪快な音を立てメモリーカードを噛み砕いていくリッカ、その姿はあたかも鬼のようにも見て取れた。
食事の余韻に浸っていたリッカはふとどこかへ去ってしまう。荒れ果てた元戦場から去るその姿は冷徹で酷な物を連想させられる....

2年前 No.7
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)