Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1) >>

花言葉と色

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(60) - ●メイン記事(1) / サブ記事 (1) - いいね!(0)

@aiiiiiii ★iPhone=g7smL6jMoy

「ねぇ君、僕の恋人になってください」
いきなり現れた君は私に言いました。
私はこう言い返しました、
「……名を名乗ってください。 」
君は私に世界を見せてくれました。
素敵な花言葉とともに。
しかし、花はいつか散る。


( 初心者の自己満小説です )

6日前 No.0
関連リンク: >> START!! << 
切替: メイン記事(1) サブ記事 (1) ページ: 1


 
 

@aiiiiiii ★iPhone=g7smL6jMoy

01/出会い

「 ねぇ君僕の恋人になってください。」
つい十秒前にこう言われ私は驚きと不信感で言葉が出てこない。
そして、やっとの思いででた言葉がこれ
「 ……名を名乗ってください。 」
君は、そんな私の顔を見て嬉しそうに微笑んだ。まるでこの世はお花畑かというように。
「 僕の名前はハナミヤ ハク。」
「 君の名前は? 」
私は思わず鯨の頭から水が吹き出るようにお茶を吹き出した。
何故かって?それは……私の名字と一緒だったから。恋人になってくださいと言われ、まさかの同じ名字。意識しないはずがない。
いつの間にか指先までもの全身が熱くなって赤くなっているのが見ないでも分かった。
「 ははは、りんご病みたいだよ。」
君は私と付き合ってるかのように、何気もなく自分の手を頬に当てた。白く細く暖かく気持ちがよかった。
また、顔が赤くなってしまった。好きじゃないのに。知らない人なのに。ナンパして来た変な人なのに。何故か心地が良い。
「 ………私はハナミヤ サクラ。」
「 ええええええええええええ。サクラって名前素敵羨ましいなぁ。僕の名前と交換して欲しいよ。ととというかハナミヤって僕と同じだね 」
君は分かりやすいように反応してて笑える。君も照れちゃってるみたい、可愛い
「 これから、僕のことウメって呼んでね 」
あれ、ウメっていう名前だったけ?なんでだろう、私の聞き間違いだったの?
「 えっと、お名前ウメさんでしたっけ? 」
「 んんん。鋭いなぁサクラちゃん。やっぱり僕のこと好きだからちゃんと聞いてくれてたの? 」
んなわけあるかいなあ!
「 違います。」
「 うわぁ、それ悲しいよ。」
「 僕の名前はハナミヤ ハク。サクラちゃんにはそれを知った上でウメって呼んで欲しいんだ。」
「 ……なんで。」
率直に出てきた言葉だった。
君は何も言わず微笑んでいる。諦めよう。
「 じゃあ、私のことはキイって呼んで。」
「 ……なんで。」
ウメがそう聞いてきた。けど仕返ししたくて何も言わず微笑んでみた。
ウメとキイ。ウメキイ。うんいい響き。
「 僕、この世界の色が見えない。」
突然の告白だった。


5日前 No.1
切替: メイン記事(1) サブ記事 (1) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)