Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(18) >>

We are Empty beating!

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(554) - ●メイン記事(18) / サブ記事 - いいね!(4)

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

 「伝説なんか作られた以上荷が重いのは分かるけど……今年は僕達が伝説になるよ!! いい? やると決めたからには僕も本気でやるつもりだから。今日から僕たち、“True True Boys”だ!!」

 ──青春。そんなもの、やろうと思えばどこでもできるけど、僕はここで、この場所で出会った仲間と青春をするために生きてきたようなもので。
 “伝説”とか言われるレベルのとんでもない先輩が卒業してから、後輩だった僕達に重荷のバトンが回ってきた。まあつまり、先輩が余計なことを……じゃなくて、すごい事をしてくれたおかげで僕達が伝説を語り継がないといけなくなってしまった。先輩達は「伝説なんて周りが勝手に作るんだから気にするな」なんて言ってたんだけど、やっぱそうも言ってられないよ。作られた伝説は、守っていきたいものだから。
 でもきっと大丈夫。だって、今の僕の仲間は凄い奴らばっかりだから。まぁ、確かに県だけで止まらず全国とか世界とか言い出し始めたらキリがないけど……でも、僕達だって下手ってわけじゃないし、伝説になれるくらいの実力はある。……と、思う。……と、いうか、思いたい。

 「とぅるとぅる……」
 「だ、ダセェ……」
 「語感がゼリーっぽい……」
 「なっ、なんだよう!! 君たちがまともな意見出してくれないから……!! こっ、国民の総意ってやつだからね!!」
 「い、いや、口に出すと思ってたよりダサかったっていうか……」
 「略してとぅぼって感じか? キリッ」
 「……いやスベってんだよつまんねーな何がキリッだよわざわざ口に出すなお前のベース叩き割るぞ」
 「相変わらずこーちゃんはノンブレスでよくそんなに喋れるなぁ。いいな、俺もかちゅ、カ、ツ、ゼ、ツ良くなりたい」

 前言撤回。やっぱり凄くなんかないかも。ちょーっとしたことですぐにくだらない話始めちゃったりしてさ。僕達が伝説なんてやっぱ無理! 先輩達に帰ってきて欲しいってやつだよ!
 たった4人のバンドメンバーなのに、なんで先輩達みたいに上手く話し合いが出来ないんだろう。ま、まさかとは思うけど、部長の僕のせい、だったりしないよね……?

 あぁ、そうそう、言い忘れてたけど。
 どうせ青春をするなら、空は青いほうがいいよね。暗いバックでの青春なんて青くないし。ていうかなんで青春って青なの?
 まあ、そんなことは置いておいて、天気が悪くて青春なんて到底できない! なんてそんな時は、おまじないをするんだ。
 「今すぐ良い天気になりますように」って、空に向かってデスボイスで。

メモ2019/04/11 20:59 : 溺☆OxYUdDLLJjM @itxmm★iPhone-rS882qfQhn

【 第1小節:Rainyとか言っときゃ良いんじゃね? 】

>>1-5

【 第2小節:集客 コツ 検索 】

>>6-10

【 第3小節:True True Boys 】

>>11-15

True True Boys/『Campanella』>>16

【 第4小節:おれ、きめた 】

→>>17-

ページ: 1


 
 

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

【 第1小節:
  Rainyとか言っときゃ良いんじゃね? 】

 明日には明日の風が吹くように、今日の風は今日に吹く。それは絶対に何があっても、どんな天変地異が起こっても覆る事がないもので、今日に明日の風が吹くことも、明日に今日の風が吹くこともない。
 言って仕舞えば、昨日に一昨日の風が吹くわけはないし、今日に昨日の風が吹くこともない。風がたった一度だけの風を吹かすように、人生どころか1日1日がたった一度だけ。後悔する事がないように生きる為には、どうすればいいか? それを手探りで生きていく。
 それが、僕達人間って生き物だから。
 上手く生きようなんて思わなくてもいいと思う。後悔してもいいと思う。一度しかない人生だから。沢山下手くそで泥まみれになって、後悔だらけで生きればいいと思う。
 それを責める権利なんて誰にもないし、その生き方が間違ってたとか正しいとか、決めるのは自分自身だし。死ぬその時まであの時の選択が一々正しかったかなんて覚えてるわけでもない。
 だから、いっぱい後悔しようよ。


  ♪ ≒ 1

 「──以上、これが僕の考えたオリジナルの曲の歌詞になります」

 恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら小さなメモ帳に書いてある文章を読み上げてから顔を上げた。
 それをじっとりと見つめる3人のそれぞれ同じ制服を着ているはずなのに全く違う格好をしている男子高校生はお互いの顔を見合わせるようにした。
 1人立ってメモ帳を読み上げた男子生徒の方はといえば、恥ずかしそうにぷるぷると震え始めていて、何も言わない3人をジッと見つめ返した。

 「くどい」
 「ふふっ……そ、それどこにデスボ入れんの?」
 「ポエトリーリーディングですか?」
 「ちっ、ちがうよ! ロック! 皆がロック系がいいって言ったからそれ系に考えてきたじゃん!」
 「弦、もう一回言ってあげようか? くどい」

 似た顔立ちの男子高校生にあまりにも優しい口調でそんな事を言われ、1人立っていた弦(げん)と呼ばれた男子高校生は自分とよく似た顔立ちの男子高校生を見て頬を膨らませた。
 今にも破裂しそうな程に膨らまされた頬を見て「あざといわー」なんて声があがり、すぐに膨らませていた頬をすぼめた。

 「大丈夫、弦先輩、俺は結構好きだよ」
 「せんぱっ……ふふっ……なんだっけ……くふっ……いっ、ふふふっ……いっぱい、ふふっ……後悔しよう……ぶふぉっ……」
 「こら、笑ってやるなよ響。これでも弦も頑張って書いたんだから。弦もさ、そんな気にしなくてもいいから。……あー、ほら、いっぱい後悔しよう?」
 「ばほぁっ!! ちょっ、ふふっ、ぶふっ……それは駄目だって、ふふっ、ふふふふっ」

 弦から目をそらしつつ、気まずそうにフォローを入れながら手に持っているドラムスティックを回してそう言った叩(こう)と、口元とお腹を押さえて一周回ってアホのような顔になりながら必死で笑いを堪える響(ひびき)、そして響を窘めたかと思えば最後の最後でニタリと嫌味のような笑みを浮かべた弦の双子の兄である弓弦(ゆづる)。
 弓弦が追い打ちをかけた後に最初こそは我慢していたものの、もう我慢を辞めたらしい響はゲラゲラと笑っている。

 「……」

 弦は一周回って冷静になってきたらしく、もはやなんの感情さえも芽生えてすらいなかった。ただひたすらに「無」。寧ろなんだこいつらくらいにしか思っていない。
 ゲラゲラと笑ったままの響を見て、響の横で冷めた瞳をしながら響を見つめつつパフォーマンス用のドラムスティックを回す練習をしている叩を見た後に小さく頷く。

 「こーくん、響のベースってロータムくらいにはならないかな?」
 「えっ、いいんすか!?」
 「許す」

 静かな声で弦が頷くと、所々話が耳の中に入っていたことにより、響は顔を青くしてから咄嗟に立ち上がってハードケースに入れたまま大きなベースアンプに寄りかかったままのベースに抱きついた。

 「良くねー!! 許さねー!! 俺の可愛いベースちゃんには指一本触らせねぇからな!! 可愛い俺のあっちゃんには触らせねぇ!! 触ったら指の骨反対に曲げるからな!!」
 「響、言うことが違うでしょ? 君ならもうわかるよね? なんて言うかわかるかな? 10文字以内で」
 「すみませんでした!!」

 にこにことしたまま淡々と喋る弦の様子に震え上がったように顔を青くさせたまま響が必死で謝罪の言葉を述べると、弦はにっこりと笑った後に「よくできました」と告げた。
 ドラムスティックを持ってジリジリと響に近付こうとしていた叩の姿には特に何も言わず、ベースに抱きついたまま響はゆっくりと叩から距離を離す。

 「弦先輩!! 叩どうにかしてください!! 俺のあっちゃんがロータムにされちまう!!」
 「え? 良いんじゃない?」
 「すみませんでしたって言ってんじゃん!!」

 叩と響の距離が縮まっていく様子をにこにことしたまま弦が見ていると、叩の両手からドラムスティックを奪い取る長い腕の登場に響は目を見開いた。
 長い腕の主、弓弦が叩と弦と響を一度見た後にゆっくりと口を開く。

 「響ちゃんは笑いすぎ。そんで弦は先輩なのに本気になりすぎ。こーちゃんも、響ちゃんと仲良くするのは構わないけど、弦に言われたからって人の大事なもの壊そうとしたら駄目」
 「ゆ、弓弦しぇんぱぁい……!」
 「弦、こーちゃん、響ちゃんに言うことは? 10文字以内で」
 「ご、ごめんね」
 「……めん」

 結局のところ、あんだけ騒がしかった状況もたった1人の大人の対応ができる人間によって無事収束された。
 ちなみに、弦のダサすぎる歌詞センスが問題でオリジナル曲を作るという話は白紙になったとかなってないとか。

10ヶ月前 No.1

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

 ♪ ≒ 2

 一度は弦の歌詞センス故に白紙になりかけたオリジナル曲作りだったが、春休み明けに待ち構えている「新入生歓迎会」とかいう恐ろしいイベントの為にオリジナル曲を作ることは断念が難しかった。
 勿論カバー曲も多くやるのだが、カバー曲はこのメンバー……一応“True True Boys”以外でもやる。より活発的に活動しているのが部長率いる“True True Boys”というだけであって、新入生歓迎会では他の部員達も活躍する。
 バンドメンバー内でしか浸透していないのだが、略称というか愛称は「とぅぼ」らしい。最初は響が冗談で言っていたものだったが、色々考えてみた結果一番マシだったらしい。

 「ていうかオリジナル曲もいいけどさー、カバーの方も練習しないとそろそろまずくない? 他の人たちだいぶ前から練習始めてる」
 「それ早く言ってくんない?」
 「てかそもそもカバーつったって何やんだよ」
 「やれと言われたものはなんでもやりますよ」

 この学校の軽音部では、部室は時間毎にバンドメンバーって入ることになっているので、今日は部室が取れなかった為にスタジオを借りてミーティングをしていた。
 弦からは取り敢えず持ってるスコアを持ってきてと言われてスコアを見せ合っているが、弦はゴリゴリのそのジャンルが好きな人にしかわからないようなデスメタルや可愛いものでもラウドロック、ハードロックばかりで、逆に弓弦は正統派クラシックや海外の洋楽のスコア、響からは基本的な邦楽からジャズなんかも出てきて、叩に関しては音楽一家の息子なだけあってスコアに頼る必要がないらしく何も持ってきていなかった。

 「うーん、まぁ僕のラウドロックと響の邦楽何曲かが無難かなぁ。あんまり知らない曲やっても新入生つまんないでしょ」
 「メタルやんないの?」
 「いやー、流石にキツくない? しかもメタルって言ってもゴシックとかスラッシュとかメロディックとかシンフォニックブラックとか、それこそ言い出したらキリがないくらいいろんな種類があるし、僕が好きなのはグルーヴメタルだからドン引きされる……。もちろんオールドスクールもニュースクールも好きなんだけど、グルーヴのスラッシュよりも骨太な低音と硬派な歌詞が好きなんだよねー。もちろんスラッシュの頭切り裂かれそうな感じもメタル聴いてるー! って感じがすごく好きなんだけどさ。あ、そうそう、知ってるかはわかんないけどラウドロックも分類ではメタルだったりします。ていうか実はハードロックもメタルに分類されたりもするんだよね。洋楽とかだったらブリティッシュとかアメリカンって言い方もされたりするよ。まぁ僕の個人的な意見だとピュアブラックメタルはこーくんにやってほしいなぁって思ったりもする」
 「は? 何語? ピュアブラック? ぷいきゅあ?」
 「響ちゃんの口からぷいきゅあが出てくるとは思ってなかったよ……」

 メタルの話になった瞬間にいきなり饒舌になった弦の姿に、弓弦は慣れたように完全スルーできていたものの、響はちんぷんかんぷんなようで日本語とすら思っていないらしく、アホっぽい表情とアホっぽい声でまさかの女児アニメの名前が出てきた。
 叩に至っては理解ができないどころかする努力もしていないようで途中から眠くなっていたらしく頑張って起きようとしていた努力の結果か、目が半分白目を剥いていた。高校一年の文化祭の時にミスターコンテストだかなんだかを優勝した男には思えない醜態である。仮に学校の生徒や文化祭に来ていた女性が見たら発狂ものだろう。
 とはいえ、彼らの通う高校は公立の男子高校ということもありミスターコンと言えども男子高校生のノリなのでけん玉が得意ですなんて言ってステージに上がってアピールタイムの10分間永遠にけん玉をやり続けていた人間が優勝したりもした事がある。ただまあ、女性客が集まる唯一のイベントと言っても間違いはないので、それなりの顔面は要される訳だが。

 「うっわ叩むっちゃブスじゃん」
 「誰がブスだよこの顔面万年工事中野郎が。お前よりは250倍マシだわ」
 「ひでぇ!! お前は私立のお坊ちゃんだったから知らねーかもしんねぇけどこれでも俺中学の時モテてましたけど!?」
 「お前の顔じゃなくてお前の後ろにいる悪霊に惚れてただけだ自惚れんなスコア燃やすぞボケ」
 「うっそ俺の後ろまた居る!?」
 「居る居るーあーこれ無理だわーもう手遅れってやつ? 軽く1000人は居るわ」
 「ちょっと待って“また”ってどういうこと」
 「え? また?」

 顔を突き合わせればすぐに響が余計なことを言って喧嘩を始めるこの2人にまたかと呆れていると、冗談で言ったであろう叩とそれに対して聞き捨てならない言葉を返した響の姿に弦も弓弦も全く同じ表情と反応をした。
 マジか〜と様子でがっくりと項垂れている響が叩を見ていない隙に、叩は弦と弓弦の方を見てジェスチャーと口パクで「もちろん嘘!」と言って見せた。
 安心したように弦と弓弦が顔を見合わせていると、早いものであっという間にスタジオを借りることができる残り時間が2時間を切っていた。3時間借りていたはずなのにも関わらずこのザマである。

 「ま、まぁ、曲決めよっか! 取り敢えずはオリジナル1曲、ラウドロック1曲、邦楽2曲の4曲くらいでどう? 他のバンドが1、2曲で僕部長だからちょっと多めに出ないといけないからさ」
 「あと1ヶ月くらいだっけ。4曲いけそう?」
 「あっ、俺は全然! あっちゃんと俺なら何が来ても大丈夫!」
 「俺も。4曲くらいなら」
 「本当頼りになる後輩だなあ」

10ヶ月前 No.2

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

 ♪ ≒ 3

 「じゃあー……取り敢えずこの曲練習ね! 響はもう邦楽の方は大体弾けるのかな?」
 「まー、流し程度には。細かいところはちゃんとやってないけどすぐ出来るようになると思う」
 「おっ、じゃあサポートとか宜しく頼むよ!」
 「はーい」

 やると決まった曲はラウドロックからはアニメの主題歌をやるような名前は聞いたことがある、もしくは名前は聞いたことがなくとも曲は聞いたことがある、と言った人が多そうなシャウトとベーシストのスラップ技術が激しいバンドが一つ。
 邦楽からはアニメだったり映画の主題歌になっている定番中の定番から出てきた2曲なだけに耳馴染みもあるためにそこまで練習は難しくなさそうだ。
 邦楽の方に関しては響が多少練習をしていただけにこの「とぅぼ」の中では今の所一番できるところであろう。まぁ、今回響の問題はラウドロックの方な訳だが。

 「スラップなぁ……嫌いじゃないけどゴーストノートがなぁ……」
 「ゴーストノートは最悪無くても誤魔化せるんじゃない? それにこの曲ギターの音強いからあんまり無理そうだったら俺がカバーしてあげる」
 「弓弦先輩ほんとに頼りになるっす……」

 弦から渡されたラウドロックのスコアを見ながら響が唇を尖らせていると、練習を始めていた弓弦が肩に掛けていたレスポールに触りながら横から響の見ているスコアを覗き込む。
 おそらくスコアの開いてあるページと「ゴーストノート」という単語からこの辺の事を言ってるんだろうな、と思いながらフォローを入れると、響からは尊敬の眼差しで見つめられて弓弦も悪い気はしないようで小さく微笑んだ。

 「まあね。これでも弦のお兄ちゃんだから」

 実を言うと、弦の子供っぽさは響の子供っぽさと少し似通っているところがあり、先輩である以前に兄心としてどうしても響を気にかけてしまうところはあった。
 逆に、弦は弦で大人びた響限定に口の悪い叩に対して兄のように、というと些か語弊はあるにしても、やはり弓弦と近い何かを感じるのか叩の事を気にかけているようだった。

 「はー。俺も弓弦先輩みたいな兄貴欲しかったな」
 「あれ、響ちゃんは一人っ子?」
 「あ、いや、俺が長男で。下に4人」
 「うわっ、大変だねそれ」
 「叩も手伝いにはっていうか下の子と遊びに来てくれんだけど……あいつの家ちょっとおかしかったからたまに危なっかしい事するから任せらんないっていうか……」

 なんとなく気まずそうに響が話す目線の先には弦と何かを話しながらドラムを叩く叩の姿があって、その気まずそうな顔から感謝はしているんだろうな、というところまで汲み取る。
 (確かこーちゃんの家ってめちゃくちゃ凄い音楽一家なんだっけ。さっき響ちゃんに私立のお坊ちゃんとか言われてたし……なんでこんな所来たんだろう?)
 別に今通っている高校がそこまでバカな学校という訳でもないが、去年の1年間テストの話になったりした時は叩が殆どは学年1位を総取りしていたなんて事を響から聞いていたし、あの言い草だと私立の中でも相当頭が良くないと入れないような所に居たんじゃないかと思うと益々こんな所にいる意味が分からない。
 まあ、それに赤の他人が首を突っ込める話では無いのだが、一度気になり始めると気になって仕方がないというか。そのうち聞けるんだろうか。

 「弓弦先輩大変じゃないっすか? あ、でも同い年だしそんな事ねぇのかな」
 「いやー、結構大変だよ? アイツすっごいわがままだからさ。それに自分の可愛さ分かってて物言ってるから、毎回俺が悪いみたいにされちゃう。ほんと立場が下ってタチ悪い生き物だよ」
 「あー、分かる」
 「可愛いけどね」
 「それも分かる」

 意外なところで響と弓弦が共鳴してしまい、それを見て「何やってんだろうねあそこ」と弦と叩が話をしていることなんて知るよしもない。
 再度喋ってばかりいたのを止めてスコアを見ながら練習を進めていると、やはり今までの音楽経験のおかげでいくらか覚えは早くなっていた。というか1年まともに軽音部に入るだけでここまで上達が早くなるとは。
 邦楽2曲は大体形になったところで、あとはラウドロックを形にしようとしたところで5分前だということでスタジオのスタッフが入ってきて掃除を始めた。

 「やっば、もうそんな時間か」
 「早く行けよ。お前のベース持って帰っておいてやるから」
 「うわっ……叩キモ……。え、お前誰……?」
 「割れたドラムスティックで殴るぞ」
 「それは地味に痛いからやめろ。……あっちゃんに何もすんなよな!」
 「はいはい」

 そう言うと響は「お疲れっした!」と弦と弓弦に声をかければそのままベースをその場に残してスタジオを飛び出して行った。
 呆れたように叩は肩を竦めると、響が自分で持ってきていたチューナーやシールドをケースの中に片付けてベースの入ったハードケースを肩に背負った。

 「帰りましょっか」
 「え? あ、ああ、うん……」

 普段叩がなんの文句も言わずに、それも暴言一つ吐かずに素直に響のベースを背負ったことに信じられないとでも言いたげに弦は言葉を返し、弓弦も目を丸くさせた。
 弦と弓弦の少し先を歩く響のベースを背負う叩の背中がどこか寂しげで、弦と弓弦は似た顔を見合わせて首を傾げた。

10ヶ月前 No.3

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

 ♪ ≒ 4

 「今日のこーくんどうしたんだろうね」
 「んー、なんだろう……」

 帰宅後、少し早い夕飯と風呂を済ませてから自室で2人でギターの練習をしている最中、弦が一度手を止めて弓弦に尋ねる。
 弓弦も不思議そうに首を傾げながら分からない、という旨を伝えるようにした後に、ふと今日響が話していた「下に4人いる」という話を思い出す。それが関係あるのかは分からないが、叩の家は厳しい家だと言っていたし、確か叩は末弟だというのも去年に聞いたことがある気がする。
 ただ、それが今日の大人しく響の物を持ち帰るという事に繋がるのかどうか……。
 今まで、というよりは去年の1年間は弦と弓弦も先輩達とバンドを組んでいたこともあり、実のところ響や叩達とセッションをするようになったのは先輩が引退した後の話だった。
 その上、ちゃんとバンドを組んだのは修業式前後だっただけにまだとぅぼとしての経験は浅く、今までのスタジオ練習でも殆ど叩と響は顔を付き合わせる度に揉めていた。それも彼らは幼馴染みだし、くだらない事が殆どなので気にするような事ではないが、それでも素直に叩が響のフォローを入れるというのはかなり珍しい事だった。
 とはいえ、あまりそれを気にしても叩に失礼だろうという結論にもなった為に弓弦と弦も口を噤む。

 「……そういえば、響ちゃんって途中から軽音部入ってなかったっけ」
 「そうだっけ? あ、でも確かにこーくんは最初から居たけど、部室が響とこーくんの揉める声で騒がしくなるようになったの結構最近かもね」

 不意に思い出したことを弓弦がなんとなく口に出してみると、弦もテレキャスターを開放弦で弾いてから考える素振りを見せる。
 弓弦もまた目の前にあるスコアに少し苦戦しながらピックを動かしている。去年の事を今更どうという訳でもないが、去年は誰ともバンドを組んでいなかった叩はソロドラムだった事をじわじわと思い出し始めていた。
 (頼まれれば1年のバンドメンバー達と一緒に合わせていたような気もするけど、初心者が殆どだったり経験者でもこーちゃんとはレベルが違いすぎてすぐに弾かれて他のドラマーが入れられてたような……。ドラムに関してはド素人の俺でもこーちゃんのドラムがやばいってのは分かったし……先輩も……)
 そんな事を考えていてもなんとかなる訳でもなく、頭と同時にスコアを見ながら指を動かす。ただ、余計な事を考えながら練習していたせいか、なかなかスコアが頭の中に入ってこない。

 「はー、オリジナルも作んないとねぇ。普通のバンドだとベーシストが作ってることが多いみたいなんだけど、響はどうかな」
 「うーん、まあでも、響ちゃんは今のメンバーの中では一番邦楽とか定番ロックに詳しいし、頼りになるかも。明日部室使える日だし頼んでみる?」
 「ぜぇったい『弦先輩そんな事もわかんねぇの!? ぎゃはは!!』みたいな事言われそうだけど、確かに一番知識はありそうだもんねぇ」
 「お前の中での響ちゃん性格悪すぎない……?」

 わざわざ顔つきと声のトーンを響に近付けながら物真似を交えて話す弦の姿に思わず弓弦も眉を顰める。
 確かに響は敬語は使わなかったりとかそういうのはあるが、最初はきちんと敬語は使っていたし、使わなくなっていったのも弦が「気遣わなくていいよー」と言っていたが為に素直にそれに従っていただけで。
 一応先輩とは呼んでくれているし。
 「そう?」なんていう弦に苦笑を浮かべながら、弓弦はレスポールとスコアに向き直った。

   #

 「え、俺がやっていいの?」
 「……え」
 「うん。やっぱ弦だけだときついみたいでさ。それに定番の邦楽とかだったら響ちゃんがこの中では一番詳しいかなって」
 「やりたい! つっても、俺国語の成績悪りぃから歌詞とかは書けねぇし、弦先輩とか弓弦先輩とか叩がやってくれれば……メロディとかなら。あ、でも叩の方が音楽の素養はあるし……」
 「大丈夫。響ちゃんに任せてみたい。1人じゃ難しかったら弦とか俺とか、こーちゃんとかに助け借りてもいいからさ」
 「っす……」

 「じゃあ」ということで弦の性格が悪いという予想を3000倍近く裏切って素直に受け入れた響の態度に弦は信じられないとでも言いたげに目をぱちくりとさせており、弓弦はそんな弦の様子を見て呆れたように再度肩をすくめる。
 だから言ったじゃん、とでも言いたげに。
 どこか楽しそうな響の姿に、もしかしたら響は作曲とか好きなのかもしれない、なんて事も考える。
 すぐに叩にも声をかけているのを見る感じだと、楽器なんかはもしかしたら叩から借りているのかも。
 とはいえ、今回響が素直に依頼を受けたのはきちんとお願いをしたのが弓弦だから、というのは少なからずともあるだろう。案外、弦だけで頼んでいたら弦の予想通りの結果になっていたかもしれない。

 「じゃあ、弦は歌詞作り頑張ろっか」
 「ええー! 僕の歌詞センスはやばいってもうわかってんじゃん! 弓弦がやってよ!!」
 「俺が聞く曲のジャンル聞いてから言ってくれる? 昨日俺が何聞いてたか分かるよね?」
 「夜の女王のアリア……」

 弓弦が小さく頷くと、弦は「はぁ」と大きなため息を吐いた後に「やってみるけど」と唇を尖らせながら言って素直にオリジナル曲作りに意識を向けてくれる様子だった。
 響は響で叩とテンポの話をしているようで色々合わせているらしく、弦は弦で「うーん」と唸りながらポツポツと言葉を漏らした。
 そして唯一手の空いた弓弦はその様子を見て小さく笑みを浮かべた。

10ヶ月前 No.4

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

 昨日壊れたカムパネルラ
 僕等の音を奏でて Rainy


 ♪ ≒ 5

 春休みが4月を跨いだ日、本来集まる予定が無かったものの、スタジオを借りてほしいという響からの願いで急遽スタジオに集まることになった。
 弦と弓弦がスタジオに着いた頃には既に響は叩とベースに触れながら何かを話しているようで、叩もベースアンプに腰をかけながらドラムスティックを回しながら時折カカカンッ、とベースアンプにリズムを刻むような音を立てていた。

 「ごめんね〜! ちょっと遅くなっちゃった!」
 「あ、弦先輩、弓弦先輩、メロディ出来たからちょっと聞いてくんね? 叩の家からパソコン借りて音作ったんで」
 「思ってたより早いねぇ。イヤホン借りていい?」
 「どうぞ」

 叩から差し出されたイヤホンを弦と弓弦が片耳づつ付けたのを確認した後に、響が手元にあるプレーヤーの再生ボタンを押す。
 プロ顔負けの16ビートを刻むドラムから入り、その次に聞こえるのは滑らかなベースライン。そして最後に入り込むツインギターの音。
 (ありがちなメロディの作り方のはずなのに何がこんなに違うんだ……?)
 弦が眉をひそめながら音に集中して聞いていると、常に絶え間なく動いている裏を支えるベースラインと完璧なリズムを保ち続けるドラムの音。ロック特有の簡単な4つ打ちが音の裏から聞こえない事がきっと大きいのだろう。おそらく、その役目はリズムギターが担っているのだろう。
 このレベルの音を弾ける、叩けるベーシストとドラマーなんてものはそれこそプロもプロ、演奏技術が特に高いベーシストやドラマーで無いと素人には難しすぎる音とリズムだった。
 サビ前らしきところで聞こえるスネアドラムのミュート音と、それが終わった後に聞こえる耳に残る激しいロック調。
 4分ほどの音が終わった後、弦と弓弦は顔を見合わせた後にゆっくりと響を見る。

 「これ……本当に響が作ったの?」
 「……っす。……やっぱ無理かー! 叩に手伝って貰えりゃよかった!」
 「まぁお前にしては頑張ってたと思うよ。ドラムの音が俺殺しに来てるような気がしたけど」
 「叩ならいけるって思ったんだよ」

 ゲラゲラと響がふざけるように笑うと、それに対して叩は露骨にイラついたように「はぁ?」と声を上げた。
 目の前で繰り広げられそうないつも通りの喧嘩が始まる前に、と弦はゴクリと固唾を飲んだ後に慌てて口を開く。

 「違う違う! そうじゃなくて! めっちゃかっこいいじゃん、これ! Cメロ、だよね、多分、あそこのベースソロとか鳥肌立ったもん! ねっ、弓弦!」
 「本当にすごいよ、響ちゃん。やっぱ普段から聞いてるの? 邦楽ロックの良いところだけ全部上手く取り入れたみたいっていうか……俺はクラシックとかの方が聞くこと多いからあんまり上手く言えないんだけど……プロみたい、だと思った。エフェクターもあるよね? これ」

 弦は興奮したように、弓弦は冷静に分析するように響に声をかけると、響は「えと」と少し恥ずかしそうに耳を赤くしていた。
 それをベースアンプに腰をかけながら見ていた叩はトン、と肘で響の背中を小突いた後、小さく笑って「よかったな」と声をかけた。
 響も満更でもなさそうでひひっ、と声を漏らしながら笑っていて、メロディはこれで決まりということになった。

 「こいつバカだから適当にギターの音入れてたんで弾きやすいようにタブ譜は俺書いてきたんで、良かったら先輩方で使ってください」
 「うるせー! 適当に音入れて大丈夫つったのお前だろ!」
 「こーくんってタブ譜書く才能まであったの?」
 「ありがとう、こーちゃん。響ちゃんも、ありがとね」

 お店でもなかなか見ない6線譜の薄いノートを叩から預かり、表紙を捲ると、そこには丁寧な数字が書き込まれていて、それを見ながら指をなんとなく動かしてみれば聞いていた時ほどの難しさを感じさせない指の動きに「おぉ……」と思わず声が漏れる。
 珍しく仲良さげに話す叩と響の様子を見て、弦と弓弦はコソコソとしながらも「案外、任せて良かったかもね」なんて話をする。
 勿論、弓弦は弦の頬をつねってやりながら「ポンコツのお前が悪い」という旨もしっかり伝えた。

 「じゃあ後は歌詞か……ところで弦、進捗は?」
 「ギクゥ!!」
 「口で言う馬鹿がいるか。ごめんね、響ちゃん、折角急いで作ってくれたのに」
 「あ、いや、楽しかったんで」

 響がそう言って笑うと、弦も「ごめんね」と小さな声で謝罪を述べた。普段はわがまま大魔王な自称プリンスの弦も珍しく健気な後輩の様子に負けたらしい。

 「でもこれ聞いたらなんか浮かび上がってきそうな気がする!」
 「お、それはいい」

 弦は顔を明るくさせてそう言った。とは言え、明るくさせた顔もすぐに「うーん」と唸り声に変わってしまい、見ている様子だと本気で行き詰まっているようだった。
 そんな弦の姿を見たからか、叩は「えーと……」と頭の後ろを掻きながら控えめに口を開く。

 「俺らのバンド名の由来ってなんでしたっけ?」
 「てるてる坊主! あーした天気になーれって感じ! あとバンド名付けやすそうだと思ったんだよね!」

 叩の質問に対してあからさまに嬉しそうに弦が答えると、響は「あっ」と言った後に手を鳴らした。
 それを疎ましそうに叩が見たのをスルーして、響が口を開く。

 「Rainyとか言っときゃ良いんじゃね?」
 「適当かよ」
 「あっ、いいねぇそれ! 確かにハイハットかな? ハイハットの音が雨っぽいところあったかも!」
 「マジッすか……」

 最初は鼻で笑っていた叩だったが、賛同した弦に目を丸くさせて信じられないとでも言いたげに声を出した。

 「いいねぇ、響! 最近冴えてるよ!」
 「っしゃあ!」

 弦が背伸びをしながら、そして響が屈んでやりながら響の頭が弦の手によってぐしゃぐしゃと乱された。
 それを不服そうに叩が唇を尖らせた後に、少し寂しそうに目を伏せた。

10ヶ月前 No.5

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

【 第2小節:集客 コツ 検索 】

 ずっと昔に壊れてたカムパネルラ
 それなら僕等の音を聴いて Rainy
 真実はひとつじゃなくても良いからさ
 僕等の音を奏でて Rainy
 首なんて無くても 空に歌うよ

 ♪ ≒ 1

 「ふあ、ぁ」
 「朝からでかいあくびすんなよ。伝染るだろ」
 「んー……」

 学校へ向かう道中、気候の事もあってか既に散り始めて居る桜の木が咲き誇る大きな運動公園の中を歩いていた。
 駅を使って学校に行く人は皆運動公園の中を突っ切らなければ学校に辿り着くことができない故に、朝から公園のブランコだの滑り台だのではしゃいで遊ぶ男子高校生も多い。
 まだ寝ぼけ眼の様子の響は大きな欠伸ばかりしていて、時折叩が話しかけてもなんともはっきりしない有耶無耶な声ばかりが返ってくる。
 呆れたように叩が眠そうな響の頬をつねってやりながら、周りを歩く同級生や先輩、そして新しくなるであろう後輩等の同じ制服に身を包んだ人間の声に耳を澄ませる。

 「四ノ宮とだけは同じクラスになりたくねぇーわ」
 「それフラグじゃん? まぁ俺も四ノ宮と同じクラスには死んでもなりたくねぇけど」

 “四ノ宮”。その人物を避けるような声はもう何百回も聞いてしまったし、慣れて良いことでは無いけど慣れてしまった。
 叩が不意に隣に居る響に声をかけようとすると、今まで隣を歩いていた響の姿がなく、咄嗟に今四ノ宮のことを話していた同級生の方を見ると、その前にはポケットに手を突っ込んで不機嫌そうに同級生2人を見下ろす響の姿があった。

 「んじゃあー、俺と同じクラスになったら死んでもらうか。楽しみにしてるわ」
 「へ、え、あ……い、いや、本気にすんなって! 冗談に決まってんだろ、は、はは……」
 「ははは、そうだよな! 冗談だよなぁ! じゃ、今から冗談言うから黙って聞いといてくれよ」
 「お、おう! 四ノ宮が冗談とか珍しいなぁ!」
 「殺すぞ」

 冗談とは思えないそのトーンと表情に同級生達は微かに震え始め、それを見た叩は急いで響の元まで駆け寄ると、響の腕を引く。
 一瞬叩を見る響の冷たい瞳に怯みかけたが、叩は唾を飲んだ後に馬鹿にするような顔を作って笑う。

 「分かるわー。俺も響と同じクラスになるくらいならドラムスティック折った方がマシー」
 「そう言うなら折るぞコラ」
 「うん、そっちがそのつもりなら俺は響の張り替えたばっかの三弦を切る」
 「なんでよりによってそこなんだよ!?」

 叩が目線を同級生に向けると、同級生達は逃げるようにして駆け足で学校へと向かって行った。
 (あいつらも馬鹿だよなぁ)
 目の前に響居るじゃん、と思いながらふぅ、と叩が溜め息を吐くと、ようやく頭が回ってきた様子の響は欠伸の代わりにへらず口が増えた。
 響も響で叩の余計なお世話に関しては特に何も言わず、ただただいつものように減らず口を叩きながら学校までの道のりを歩いて行った。

 「今日放課後弦先輩のところ行かないとね」
 「あー、忘れてた……。何があんだっけ」
 「新入生歓迎会ライブ。掲示板と新入生歓迎会告知用のスピーチ的なの一緒に考えて〜って言ってたじゃん」
 「めんどー!」

 ええー! と声をあげながら響が言う姿を見て、叩は珍しく「確かに」なんて賛同してみた。響も今回ばかりは減らず口を叩くことはなく、「な?」と悪戯っ子のような笑みを浮かべて叩を見た。
 フケるか? なんて言い出しそうな響の姿に苦笑を浮かべながら、学校の門をくぐって昇降口に張り出されている教室を確認する。

 「ええと……ん、おい叩、同じクラスだぜ」
 「え、マジかー。これドラムスティック折らねぇとじゃん。はー、余計なこと言うんじゃなかった」
 「優しい俺様に免じて折らなくて良いぜ」
 「最初からそのつもりだ馬鹿野郎」

 昇降口に入る前に出席番号を確認してから数字の書いてあるロッカーに響はローファー、叩はスニーカーを入れながらスクールバッグから上履きを取り出しつつ教室まで向かう。
 響の行くところ行くところには同級生からの明確な拒絶の声に叩も響も何もしていないが気が滅入る。いや、響の場合は何もしてなくはない為に同級生からこんなにも遠巻きにされているわけだが。
 叩も叩で周りからは「なんで四ノ宮と一緒にいるんだろうな」なんて心配の声が上がっているが、叩はそんな事を気にしない。

 「あっ、四ノ宮くん、二葉くん、おはよう! 今年は同じクラスになれたねー!」
 「相変わらずテンションたけぇな……」
 「おはよ、高音」

 主に響を遠巻きに見る中、2人に話しかける猛者の高音(たかね)は女子顔負けの指先だけが出た萌え袖で2人に手を振った。
 響が苦笑を浮かべ、叩がいつも通りのテンションで特に特別なこともせず挨拶をすれば、「うん!」と嬉しそうに頷いた。
 この女子顔負けの可愛らしさには男子高校生の目に悪いらしく、本人曰く時折告白されることもある、らしいが、大体の先輩や同級生は高音の部活の姿を見てドン引きすることが多い。

 「あ、ねぇ、四ノ宮くん、俺新しいアレンジ考えたから今度部活の時聞いてくんない?」
 「おー。てか新しいアレンジ考える前に俺にもやり方教えてくれよ」
 「気が向いたらねぇ」

 どことなく弦を思わせる高音の姿に、この人は弦先輩の血筋なんじゃないかとすら思うが、弓弦という弦の兄の存在を知っているとその可能性も薄い。
 というか、実際弦と高音はまるで他人のごとく距離のある会話をするのだから、お互いの性格をそれなりに知っている響としてはなかなか面白い。
 高音は同じ部活の他バンドのベーシストで、なによりも独特なストラップの掛け方やMCの時のテンション、ライブ中にテンションが上がった後についてドン引きされることが多いのだ。
 逆にそれが好きなんていう人もいるものだから、十人十色とはよく言ったものだ。

9ヶ月前 No.6

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

9ヶ月前 No.7

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

9ヶ月前 No.8

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=uSyqKf7JNY

 ♪ ≒ 4

 「良かったな、可愛いってよ」
 「うるせー」

 あれから、結局ポスターは如何にもロック! と言った派手な見た目のやたら凝ったデザインの誰が描いたのか分からないものになったが、響の絵は響の絵で中々好評で、パンフレットの裏表紙で使われる事になった。
 響は少し俯いた後に叩の方に目線を投げるものの、やはり言うほどでもないか、と普段使う駅よりも少し早く電車から降りた。

 「あれ? どっか寄んの?」
 「バイト」
 「あぁ……」

 いつもと変わらないムッとした表情と、少し嬉しそうな響の俯き顔を見て、思わず叩からはため息が溢れる。
 バイトへ行くと言って先に電車から降りた響の背中を見送ってやり、響の背中が階段を下って見えなくなってから丁度、叩の乗る電車のドアが閉まった。
 (……苦労性め。……ん?)
 珍しく自分でも驚くような響を労わるような気持ちになってしまったが、こんなのらしくない。響を少しでも労ってやろうと思った気持ちは掻き消して、帰り際は響の家に寄ろうと決めた。

 #

 バイトを終えて帰る途中、ふと駅までの道で鍵原が何か大きいもの……恐らくキーボードを背負って歩いている様子が目に入り、鍵原に近付いた。

 「何してんだよ、お前」
 「んー? ……んー、あー、ひびきだー。ばいと? おつかれさまー。……あ、えっとねー……おれはねーれんしゅーがえりー」
 「練習? カギーもう出来るじゃん。スタジオでも借りたんか?」
 「そー。おれちゅーとはんぱなえんそーしたくないんだー。たかねがいてー、だんがいてー、それでおれがいる。おれ、あのふたりだいすきだからさー、えんそーちゅーまでめーわくかけたくないんだー」
 「……お前、ちょっと変わったな」
 「んー、そうー? ひびきもやさしくなったなーっておもうよー。しょーがくせーのときのひびき、ずっとけんかしてたしー、まいにちせんせーにおこられてたしー、おれちょっとひびきこわかった」
 「ンだと?」
 「あ、わるいいみじゃないよー。……あのとき、ひびきすごくたいへんだったでしょ? だからー、ひびきはいっしょーけんめーじぶんをこのよにのこそーとして、それがかえってどっかにきえそーでこわかったんだよねー。……ひびきの、……ひびきのちかくに、こうがいてくれて、よかった」

 気の抜けたような間延びした喋り方と、ふにゃりと何か溶けたように笑ってみせた鍵原の姿を見て、思わず響は俯いてしまった。
 なんだか今日の響は、俯いてばかりなような気がする。部活の時に俯いたのは恥ずかしくて、駅から降りようとした時に俯いたのは部活でのことを思い出して恥ずかしいけど嬉しくて。そして今は、かつての同級生からの言葉が嬉しくて、ほんのちょっぴり、感動なんかしてしまって。
 そんな響の様子を知ってか知らずか、鍵原は小さく先程と同じように何かが溶けたように笑った後に「よーしよし」と響の頭を撫でてやる。
 何事かと響が顔を上げると、普段のどこかぼんやりしている鍵原の姿がやけに大人びて見えた。

 「おれもねー、これでもおにーちゃんだから」

 人懐っこく鍵原が笑ったのを見て、「何言ってんだよ」とグッとこみ上げてくる感情を押し殺して鍵原に軽く笑いかける。
 かつての同級生。ぼんやりしてて、何を考えているのか分からなくて、掴み所がなくて、常にどこかふわふわしてて。正直、響が少し苦手だった相手は、見ない間に頼りになる同級生になっていた。

 「いっしょにかえろー。えき、いっしょでしょー」
 「……おう」

 #

 駅で鍵原と分かれて家路に着くと、玄関を開けるや否や騒がしい声に思わず苦笑が零れる。
 今まで鍵原と話していたせいか、春の夜という事もあり落ち着いた空気の中ここまで帰ってきた為に、季節問わず騒がしい自分の家には思わず笑ってしまう。

 「今から飯作ってやるから待ってろー」
 「もう食べた!」

 玄関から声を上げると、弟のうちの一人、青葉(あおば)が駆けつけてきながら響に言った。普段は響がバイトから帰ってきた後に夕飯にしている為、響が不思議そうに首を傾げると、青葉は響の腕を引っ張ってリビングへと連れて行く。
 リビングに着いた時には本当に食べ終わったらしい形跡が残っており、他の弟や妹たちと楽しそうに遊んでやっている男の姿に目を見開いた。

 「……こ、叩?」
 「ん? 帰ってきてたのか」
 「なん、え?」
 「別に。お前のとこのガキと遊んでやりたいなーって思っただけだから。飯もついで。響帰ってくんの遅いんだから腹空かせて可哀想だろ」
 「否定はできねぇ……」

 叩が響の弟妹たちの相手をしながらどこかツンとした様子で言えば、苦虫を潰したような顔をしながら響も頷く。
 母親がいない訳ではないが、響の母は朝から晩まで働き詰めの人だということもあり、基本的な面倒は響が見ているのだ。母の収入だけでは生活と学生の両立も厳しい故に、自分の分の学費と食料費は自らバイトして稼ぐ言うところの貧乏学生だ。
 そこまで頭が良くない響がわざわざ公立高校という道を選んだのも、そこに至る。

 「悪いな、助かる」
 「うん」
 「そういやカギー居たぜ。スタジオ借りて一人で練習してたんだとよ」
 「鍵原って小学生の時から結構真面目だよな」
 「真面目な奴は学校抜け出したりムカついて教師ぶん殴ったりしないだろ……」
 「あれ、そんな事あったっけ? 超図太いな」

 こうして幼馴染みらしい会話をするのはなんとなく久しぶりのような気がして、何となくむず痒さはあったが、心のどこかで温かな気持ちになっていた。

9ヶ月前 No.9

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

 ジョバンニはもう居ない
 それは知ってるよカムパネルラ
 だからこそ奏でて 僕等のRainy
 救えなかったよ カムパネルラ
 だからこそ響かせ 君に宿るRainy

 ♪ ≒ 5

 叩の作った夕飯を適当に食べて、お風呂も済ませて居間に戻ると、すっかり帰ったと思っていた叩はぼけーっとした様子で特に何かをするわけでもなく三角座りをしていた。

 「まだ居んのか」
 「んー」
 「帰んねえの?」
 「ん」

 長さが変わっただけで、全く同じ返答をした叩の姿に眉を寄せるが、どうやら響がお風呂に入っている間に叩は響の弟たちを寝かせてくれていたらしい。
 いつもの叩であればそこまでやれば勝手に帰って行くのだが、なんだか今日は叩の様子がおかしい。
 とはいえ、響が何かあった? と聞いてみたところで目の前のこのぼんやりとしている様子の男が素直に口を開くとは到底思えない。

 「あー……そういやさ、新入生歓迎会人来るかな」
 「どうだろう。去年が凄すぎたからな……。在校生は来ない……新入生もすぐ帰るくらいの気持ちで構えてた方が良いかもね」
 「ふーん……。俺3学期から部活入ったからよく知らねえんだけど……去年ってそんな凄かったん?」
 「凄いってレベルじゃないよ。弦先輩が言ってたと思うけど、“伝説”だ、あんなの」

 叩の口からも容易く出てきた“伝説”という言葉に響もおもわず目を丸くさせる。
 音楽的才能がずば抜けて優れている叩は、言ってしまえば音楽関係のことで誰かを褒めるなんてことは殆どなく、それも近い年代となると尚更で。
 もしかしたら響が一年生の時にさほど興味を持っていなかったか、話を流していたかで知らないだけかもしれないが、叩に“伝説”とまで言わせるレベルのバンドとなれば恐らく、在校生は殆ど知っているかもしれないというくらいだ。
 寧ろ、昨年の文化祭では“伝説”のバンド見たさに全体の運営がほぼストップした程らしいし。

 「でも……」
 「ん?」

 でも、と何かを言いかけて叩の開きかけた口が一度閉じる。
 不思議そうに響が首を傾げながら叩をジッと見ているも、なかなか叩の口は開かない。
 響が「なんだよ」と言いかけたところで叩の口がゆっくりと開いた。

 「響が居れば、或いは」
 「……は?」
 「響が居れば、俺らが“伝説”になれる可能性があるってこと」
 「な、なんで俺?」
 「調子乗るから言わねー」

 そこまで言ってから、叩はこっぱずかしいのか顔を背けると、立ち上がって自分の持ってきたであろう荷物を手に取って「じゃあな」とそそくさと響の家から出て行ってしまった。
 叩から出てきた思わぬ言葉に、響は頭を悩ませていたが、恐らく彼なりに励まそうとしてくれているんだろうな、と思いながらスマホの画面を広げる。
 「集客 コツ」
 そして、検索。

 #

 響から逃げるようにカツカツと音を立ててアパートの階段を下っていると、見覚えのある顔に叩の足が止まる。
 叩の足が止まった音に気が付いて、俯きながら階段を上っていた女性もまた足を止めると、叩の姿を見て目を見開いた。

 「こーちゃん? うちに遊びに来てたの?」
 「え、あ、まあ、そんな感じ……。ええと……空さんは? 仕事帰り?」
 「うん。またすぐ家出ないとだけどね。……もう、響ったらこーちゃんのこと送ればいいのに」
 「家すぐそこなんで。気にしないでも」
 「ほんと? 夜遅いから気をつけるのよ」
 「どもっす。……そんじゃあ」
 「うん、響のこと宜しくね」

 叩が思わず足を止めた人物、そして、叩を見て足を止めた人物、それは響の母である空(そら)だった。
 それこそ、小さい頃から響と仲良くさせてもらっていたことや、空の見た目が若々しいことからどうしても「おばさん」とは言えないのだ。
 空が家に入るのを階段を下りる速度を落としながら横目で見送ると、その後に家の中から聞こえた響の驚いた様子の声に思わず叩の口元が綻ぶ。
 (響なら、或いは)
 自分からどうしてそんな口が出てきたのだろう。それは分からない。
 正直、叩自身でもあんな言葉が出てきたのが信じられないくらいだ。
 でも、確かに。
 (俺のドラムに噛み付いてくる、アイツなら)
 今まで組んできたバンドメンバーは、叩のドラムを聞いてしまえばやる気が削がれてすぐに楽器を置いてしまった。
 叩もバンドメンバーのそんな所を見たくなくてわざとレベルを合わせようともしたが、それが叩にはひどく難しいことだった。
 ただ、響が始めたての頃、叩が手加減をしてやりながらドラムを叩いていた時、響から出てきた言葉は今でもはっきり覚えている。

 『お前、舐めてんのか』

 初めて叩のドラムにケチをつけた人物だったし、手を抜いている事を見抜いた人物でもあった。
 幼馴染み、だからなのだろうか。
 (俺が響と幼馴染みじゃなくても、響は俺のドラムを見抜いたかな)
 そう思いながら、無駄に大きな玄関にカードを差し込んで家の門を潜る。

 「ただいま」

 響の家のように「おかえり」が返ってくることはないが、それでも叩の気分はいつもより良かった。
 適当に風呂を済ませて今日はもう寝てしまおう、そう思って脱衣所に向かう直前で何かを思ったのか一瞬立ち止まってから自分の部屋に入る。
 パソコンの電源を入れて、起動するのを待っている間に服を脱いでいると、中途半端に片腕が通ったところで起動したパソコンにパスワードを打ち込み、再度画面が開くまでに服を脱ぐ。
 検索画面を開けば、「集客 コツ」と打ち込んでエンターキーを押すと、先に風呂を済ませようと脱いだ服を片手に抱えながら風呂場へと足を進めた。

 「おい、叩、上着ろよ」
 「全裸に言われたくねえよ」
 「全裸じゃありませ〜ん。ボクサー履いてまーす」

 風呂場へ向かう途中、ボクサー1枚の男とすれ違ったような気がするが、叩はそれを兄とは認めない。

5ヶ月前 No.10

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

【 第3小節:True True Boys 】

 片道切符でも良いかな Rainy
 いつかの川は君を照らすから
 だから今は奏でさせてよ
 今だけは僕等の音を聞いてよ
 雨降りのてるてる坊主
 明日は天気にしてもいいから

 ♪ ≒ 1

 叩がボクサー1枚の兄とすれ違っている時、弓弦は既に二段ベッドの下の段で横になりながらぼんやりと上の段を見ていた。
 上の段には双子の弟、弦が寝ているわけだが、高校3年生にもなって同じ部屋の二段ベッドで寝る、なんていうのはプライバシーがないのも良いところだ。
 双子だったからまだ良いものの、これが年の離れた兄弟だったらと考えると背筋が冷える。

 「……ゆづる、おきてる?」

 中々寝付けなくてもぞもぞしていると、ふと上から聞こえた弦の声に「うん」と軽く声を投げた。
 真っ暗だと眠れないと言う弦の言い分から点けられたままの橙色の暖かな豆電球はどこか妙な不安を掻き立てる不思議な気持ちにさせる。
 ほんの少しだけ、弓弦はこの灯りが苦手だ。

 「歌詞、考えた。ちょっとだけ歌ってもいい?」
 「……どうぞ。騒ぐなよ」

 目を閉じながら弦が小さな声で歌い出すのを待っていると、上でごそごそと何かをしている音が聞こえたかと思えば、すぐに「んんっ」と咳払いをしたのが聞こえる。
 一瞬開きかけた目を閉じたまま、弦の唇から漏れる旋律を聞き流すことがないようにと耳をすます。
 よく聞けば、テレキャスターを鳴らすピックの音も聞こえるし、先ほどのごそごそしていた音はこれを用意していたのかと納得する。
 やると決めた曲調上、どうしてもハードロック系になってしまっていると思っていたのだが、こうして暗闇のアンプの繋いでいたギターと共に聞いてみると、響の叩と考えたメロディーが良かったのか、それとも弦の歌詞か、アコースティックギターなんかでもいい味が出そうだと思う。


 「……それ、俺らの歌?」

 一通り終わった頃、弓弦が目をゆっくりと開けて、体を起こすことはせずに寝返りを打ちながら弦に問いかける。

 「そう。僕らの歌。……だめだった?」
 「ううん。良いよ、俺は好き」
 「弓弦が言うなら……こーくんと響も良いって言ってくれる気がする」
 「はは、弦は俺のこと過信しすぎだよ。ま、悪い気はしないけど。……。……弦、今から寝る?」
 「なんで?」
 「電気つけたい」
 「つけても良いよ。別に僕明るくても寝れるし。真っ暗だと寝れないだけだし」
 「うるさくても?」
 「人には騒ぐなよつっといて……いいよ、弓弦の声なら。もう聞き飽きたし聞き慣れた。子守唄の一つや二つ歌ってよ、オニーチャン」

 弦の返答を聞くや否や、掛け布団を引き剥がして部屋の明かりをつける。
 どこか不安を掻き立てる橙色の豆電球なんかよりこっちの方がずっと良い、と思いながらも、眩しさでシパシパする目をキュッと瞑ってから机に立てかけてあるアコギに手を伸ばす。
 先ほどまで弦が歌っていた歌詞を思い出しながら、叩が作ってくれたコードも一緒に書かれたタブ譜ノートを開きながらピックを細いプラスチック弦に引っ掛ける。

 「……それは知ってるよカムパネルラ だからこそ奏でて僕等の…………ん?」
 「どうかした?」

 ハードロックとは思えない柔らかい音を出しながら歌っていた弓弦の声がサビに差し掛かったところで止まる。
 まだ弦は眠っていなかったのか、不思議そうに問いかけると、弓弦が「起こした?」と聞いてきたので「元から起きてた」と返した。

 「このカムパネルラってさ、銀河鉄道の夜?」
 「それ思いついたのは2回目のサビ……弓弦が止まったとこ。最初は完全に鐘のつもりだった」
 「へぇ。良いんじゃない?」

 カムパネルラって語呂良いしね、と言いながら再度アコギとノートに向き合う弓弦の姿を、弦は二段ベッドからこっそりと見下ろしていた。
 (やっぱり、弓弦はすごい)
 何をするときでも、弦は弓弦の後ろだった。
 もちろんそれは自発的に後ろを歩いていたのもあるし、さっさと弦を置いて弓弦が前を行ってしまうのもあった。
 弓弦は時折止まって、弦がすぐそばに来るのを待って、弦が止まったのを見てからまた先を行く。
 双子だというのにそんな距離感で、周りからは色々言われてきたりもしたが、弦はその距離感に不満を持ったことはないし、ただただ純粋に兄としての弓弦を追っていた。
 そしてそれは、今も同じ。

 「弓弦」
 「ん?」
 「……僕、弓弦が軽音部入るって言った時、ちょっとびっくりした」
 「まあどっちかっていうとクラシックの方が好きだし、中学の時吹部だったから?」
 「そう」
 「俺はさ、弦と一緒に何かしたいなって思っただけだよ」

 弓弦がアコギを一度軽く慣らしてからそう言って笑えば、思わず弦は目を見開く。
 なんだか小恥ずかしくなって、少しだけ申し訳なくなって、弦は「あっそ!」と強めの語気で言えば布団を思い切り被って目を閉じた。
 大きな音を立てながら布団を被ったのを聞いて、弓弦も苦笑をこぼしてアコギを置くと、つけていた電気を豆電球の灯りに戻してから自分の下のベッドに潜った。

 「おやすみ」

 そう言ったのは、小さな橙色の灯りが照らす、どこか不安を掻き立てる部屋に響いた音はどっちの声だったのだろう。
 おやすみ。
 それで、ごめん。

5ヶ月前 No.11

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

 ♪ ≒ 2

 「ゆーづる、新入生歓迎会ライブいつ?」
 「来週の土曜日。来てくれるんだったら部活サボってきてくれてもいいんだよ」
 「弦ちゃん歌う?」
 「もちろん」
 「部活サボって行くわ」

 3年生になったばかりで授業らしい授業はなく、もう既に少なくとも2回は聞いた授業オリエンテーションのための移動教室中のことだった。
 視聴覚室で3年生全体での説明のためにわざわざ移動しているわけだが、3年生全体ということは恐らく話の主である双子の弟もきっと居るのだろう。
 我が弟ながら男にモテている今の現状も兄としては不安要素しかない。寧ろ、自分の可愛さを分かった上で3年間生きてきただけあって、なんだったか、学園のプリン“セ”スとか言われていたような。
 実際、弓弦に「弦ちゃん歌う?」と聞いたサッカー部の翔(しょう)も、学園のプリン“セ”スに見事に絆されているというわけなのだが。

 「あれ? 弓弦先輩?」

 翔と話しているときにふとかけられた声に、弓弦が目線を向けると、ちょうど視聴覚室から出てきた制服をあからさまに着崩し、上履きの踵を踏んでいる響の姿だった。
 すぐ隣にいた翔は、響の姿を見るや否や弓弦の数歩後ろに行ってしまったが、別にそれを気に留めることもなく、弓弦も響に軽く挨拶をする。

 「おはよ、響ちゃん。響ちゃんの学年がさっきまで視聴覚室使ってた感じ?」
 「っす」
 「こーちゃんは?」
 「今先生に呼び止められて話してるとこ。弓弦先輩も弦先輩は? いつも一緒じゃないっすか」
 「弦はクラス違うから。双子は同じクラスにならないんだよね」

 弓弦の答えに「へぇ……」と響が返していると、俯きがちになりながら視聴覚室から出てきた叩がふと目線を響に投げた後に弓弦に気が付いたように「あ」と声を漏らした。
 響を見て数歩後ろを歩いていた翔も、去年のミスターコンの優勝者があっさり出てきたことには驚いたようで、目をぱちくりとさせた後に叩と弓弦への目線を行ったり来たりさせた。

 「ども……。あ、俺たちここいたら邪魔ですよね。すいません。ほら、どけよ響」
 「イッテェ!」
 「あー、ごめんね。ありがと、こーちゃん」
 「ふっ、二葉叩……?」
 「……?」

 翔が叩に声をかけると、叩は露骨に怪訝そうな顔をしながらも首を傾げて翔を見る。
 が、すぐに授業開始のチャイムが鳴ってしまい、叩は響の腕を掴んで急いで教室に向かって行った。
 弓弦も駆け足になりながら視聴覚室のいつもの自分の席に座ると、翔もワンテンポかツーテンポ遅れてから弓弦の隣に座る。

 「二葉叩も四ノ宮響も、間近で見ると色んな意味でヤベェな」

 “色んな意味で”が一体何を意味しているのか全く理解はできなかったが、弓弦は翔の発言に意味がわからなさそうに適当に頷いておいた。
 ミスターコンの優勝者の整った顔立ちも、先輩を片手で潰しただの夜中の公園で暴れただの物騒な噂ばかりが立った男の瞳も、翔にとっては“色んな意味で”衝撃的だったらしい。
 あの幼馴染み2人組は今更お互いの顔にも瞳にも特に何も思うことはないし、あの2人組とバンドを組んでいる弓弦や弦も何も思わない。
 結局、騒ぐのは外野だけだ。

 #

 授業オリエンテーションをボケーっとしながら弓弦が聞いていると、不意に後方から頭に何かが投げられた事に気が付き、投げられたであろう方向に目を向ける。
 と、弓弦は投げられたものを座ったまま手を伸ばして拾うと、それを思いっきり遠慮なく投げてきたと思われる張本人に投げ返す。

 「あっ……!」
 「んー? どうした六波羅弟ー」
 「なんでもないでーす!」

 弓弦に何かを投げつけたのは六波羅弟、もとい、案の定弦だった。
 ちなみに投げつけられたのはどうやら消しゴムだったらしい。弦の口から声が漏れたのは恐らく、弓弦の投げ返した消しゴムが顔面に見事にヒットしたからだろう。

 「お前らほんと仲良いよなぁ。俺も弟とか欲しかったわ」
 「翔のところも仲良しじゃん。お姉さんでしょ? それに2人も居るなら贅沢じゃん」
 「あー、ダメダメ、あんなワガママババア!」
 「あーあ……そんなこと言っちゃって……」

 弦と弓弦の一連の流れを見ていた翔が心底羨ましそうにコソコソと弓弦に話しかければ、弓弦もちらちらと話している先生の方を見ながらも翔からの声に応答する。
 もう2度も聞いた授業オリエンテーションで真面目に話を聞いているのなんて、それこそクラスの真面目くんくらいしか居なくて、殆どは寝ていたり、弓弦と翔同様なにかをこそこそと喋っている様子だ。
 とはいえ、翔が本当に羨ましいのは弟という立場よりも、弦の姿なのだろうが。
 幸か不幸か、翔は3年間弓弦と同じクラスだった為に弦とは一度も同じクラスになったことがない。
 ただ、出席番号の問題で毎回弓弦とは前後になり、その関係で弦と何度か会話はしたことがあるくらいだが。

 「新入生歓迎会って、お前のバンド誰出るの? 弦ちゃんは去年みたいに弓弦と一緒に出るだろ?」
 「んー……“色んな意味でヤベェ”奴、かな」

 そう言って弓弦が小さく笑えば、翔は大きな声をあげそうになったのを急いで口元を押さえて止める。
 “色んな意味でヤベェ”。
 先程自分が言った言葉をそのまま利用されたとすればつまり、そういう意味なんだろう。

5ヶ月前 No.12

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

 ♪ ≒ 3

 「……っくしゅ!」
 「弦ちゃん大丈夫ー!? 風邪!? あったかくしてよぉー!!」
 「ちが、かふんしょ……ふぇ」

 オリエンテーションが終わり、教室に戻るときに外の渡り廊下を使ったからか、弦はむず痒そうにしながら数度くしゃみを繰り返す。
 流石学園のプリン“セ”スというだけあって、身近に居た男子生徒からの心配を思った声が飛び交うが、それに関しても慣れた様子でかわしていく姿は最早完全にお姫様である。
 途端、コツンと何かが頭に当たった気がして、また弓弦が消しゴムか何かを投げてきたのだろうと「ちょっと!」と言いながら振り向くと、そこには「あ、やべ」と言いながら悪い笑みを浮かべた響の姿だった。

 「……ナニ」
 「いや? あざといくしゃみしててうぜぇなって」
 「まーたすぐそういうこと言う!」

 ぷんぷんとした効果音がふさわしい怒り方をしながら弦が何を投げられたのかと目線を下に落とすと、ここ最近コマーシャルでよく見る花粉症を抑える薬のパッケージだった。
 いつもはそんな気の利かない響とは思えず、何事かと思いながらそれを拾い上げながら響を見ると、響は首を触りながら「んー……と……」となんだかばつが悪そうに口をもごもごとさせていた。

 「ライブ中くしゃみとかされてもうぜぇから! どうせもうすぐだし早く花粉殺せ」
 「花粉殺せってパワーワードすぎない?」
 「うるせぇうぜぇ」
 「ひびきー。はやくきょーしつもどろうよー。かえりたーい。……あれぇ、げんせんぱいだー。こんにちはー」
 「鍵原くんも一緒だったの?」
 「そー。ひびきときょうかしょはこんでたー。さいしょはたかねがひびきときょうかしょはこびたいーっていってたんだけどねー、おれもひびきといっしょにきょうかしょはこびたかったからー、じゃんけんでおれかったんだー」
 「お前らうぜぇわ」
 「おれもー、たかねもー、ひびきのことだいすきだからねー」

 いつもののんびりとした話し方の鍵原は、春という季節も相まってか余計にのんびりとしているようにも見えなくもない。
 眠たそうに目をこする鍵原の姿は若干猫にも近く、猫っぽい鍵原の側に居るから余計そう思うのかも分からないが、響の鋭い眼光と口元は威嚇する猫のようにも見える。
 つい先ほど弦のことを心配していた弦のクラスメイトは、響を見るなり顔を引きつらせながら翔と同様に数歩後ずさっていたが、そのことに弦は気が付いていない。
 鍵原は後ずさった弦のクラスメイトの方をいつもの何を考えているのか全くわからないぬぼーっとした瞳でじっと見つめていたが、それがクラスメイト本人を見ていたのか、もしくは全く違うところを見ていたのか、それを知っているのは鍵原本人だけだ。
 軽音部の新入生歓迎会。来週の土曜日。そして、弦を中心にした“True True Boys”初披露の日でもある。
 花粉症の薬をありがたく受け取りながら、小恥ずかしくなってきたのか、「うぜぇ!」という文句だけを投げ捨ててさっさと走って行った響を見送ると、鍵原も「せんぱいまたねー」と言ってゆっくりとした口調とは反して、そこそこに速い足取りで響を追いかけていた。

 「相変わらず2人とも仲良しだね」
 「だねー。響にお礼言い忘れてた。……って、弓弦じゃん」
 「そりゃいるでしょ。出るタイミングが違かっただけで同じタイミングで終わったんだし」
 「あ、弓弦と翔もいるじゃーん。なぁ、聞いて欲しいんだけど俺さっき四ノ宮響見ちゃったんだけど。やばくね? 死なねえかな? つかもう死んでる?」
 「生きてる生きてる! めちゃめちゃ生きてる! 俺もオリエンテーション始まる前に四ノ宮響とミスターコンの二葉見ちゃってさ……」
 「やっべぇ! あそこって繋がりあんの!?」
 「あっ、あのさ」
 「響ちゃん、確かに見た目とか口調はちょっと怖いかもしれないけど、全然噂みたいな人じゃないからあんまりそういう言い方しないであげてほしいかな」

 弓弦と翔のペアが弦たちと合流するや否や、真っ先に始まる響の話、それもマイナス方面な話に、そろそろ弓弦も思うことがあったのか口を開く。
 その少し前に、弦も何かしらを話そうとしていたわけだが、弓弦の放った言葉の後に弦は弓弦の方を驚いたような目で見ていたのだから、恐らく同じことを考えていたのかもしれないが。
 弓弦から基本的にそんなことを言われることがないこともあって、割と真面目にへこんでしまった翔と弦のクラスメイトは「ごめん」と申し訳なさそうにしながら声を出す。

 「……ま、俺も部活入ってくるまで響ちゃんのこと少し怖いなって思ってたから人のこと言えないんだけどさ。でも、自分の知らないところで好き勝手言われるのっていい気分じゃないよ」

 まあ、俺の予想だけどね。
 そう付け足しながら笑う弓弦の姿は、どう考えても今のメンバーの中では最も大人びていて、ほんの少しだけ弦は自分が恥ずかしくなった。
 双子という事に対するコンプレックスは多い方だった。普通の兄弟でさえ色々区別や比較をされるというのに、双子の同い年となるとその比較はより広がる。
 けれど、その分弦には弓弦ができないことをできると自負していたし、そう思うことで自分のコンプレックスをカバーしていた。
 ただ、その逆もまた然りで、弓弦は弦にできないことをそつなくこなす。
 それが自慢で、そして、少しの劣等感で。

2ヶ月前 No.13

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

 ♪ ≒ 4

 新入生歓迎会、当日。
 始まるのは午後からなので、午前中は教室の準備と軽い音出しという名のリハーサル。
 流石に本番というだけあって、いつもは幽霊な部員も集まっていて、PA機器なんかに詳しい生徒なんかは念入りにマイクやアンプのチェックをしている。
 響は3学期から部活に入った身ということもあって、「え? こんな奴居たっけ?」みたいな反応を定期的にしているが、それに一々構っていたら時間がなくなるということもあってスルー。
 強いて言うなら弓弦がちょいちょい必要そうな情報だけを小見出しにしているくらいで、それ以外にはもう各々で自分の練習を始めている。

 「弦、ちょっとシャウト出してみ」
 「はぁーい! ん、ンンッ……。ヴォォォオオオオオオオオオ!!」
 「相変わらず先輩のシャウトえぐいなぁー。俺も頑張ろっと!」
 「い、いや……弦先輩の……シャウトと……高音のシャウトは……その……ジャンル……が違う……から……」
 「あー、ちょっとハウッてたね。もっかい」

 こんな感じで。
 弦がシャウトを出しているのを見慣れていない男子生徒もちらほら居て、その数名は軽くドン引きしている。
 なにせ、学園のプリン“セ”ス様からあんな勇ましい声が出てくるなんて誰が想像するだろうか。
 それを冷静な顔で見ている上に、その上マイクの接続をいじる弓弦の姿は流石双子と言わざるを得ない。
 顔立ちはよく似ているものの、2人が纏う雰囲気は全く違うと言っても間違いではない。
 まあそれでも、見分けがつかない教師は中々に多いのだが。

 「響、今から適当にエイトビート叩くからベースの音量調節して」
 「わーってるよ」
 「……んー……、音量もう少しあげて。新曲やる時はベースとトレブルもうちょっと上げて、リバーブは下げて」
 「言われなくてもそうするつもりだっつーの」

 叩の寸分の狂いもないエイトビートに合わせながら響がアンプをいじっていると、そこに弓弦と弦のギターの音も入ってくる。
 適当なセッションをしながら細かい音量調節をギターとベース、そしてドラムで終えると、4人で顔を見合わせあった後に小さく頷く。
 弓弦と響がアンプのボリュームを最大まで下げてから楽器本体の音量も下げて、シールドを外したところまでを弦が確認すると、マイクを使って声を出す。

 「とぅぼの準備完了でーす! 次のバンドどうぞ!」
 「とぅぼって略し方ほんとに定着させていいんですか……」

 叩が眉を寄せながら小さく突っ込むものの、弓弦が叩の肩を軽く叩くと、叩は「マジか……」と声を漏らした。
 「とぅぼ」とかいう略し方を出してきた張本人である響はどこか満足げで、その顔がムカついたこともあって叩はドラムスティックで響の頭を叩いた。

 「りっ、理不尽〜!」
 「うるさいうざい死ね」
 「珍しく叩ド直球だな」

 今日も叩と響は相変わらずだったが、その相変わらずに弦と弓弦は顔を見合わせて、お互いに肩をすくめた。

 #

 全バンドのリハーサルが終わり、ようやく本番という頃、予想……を、遥かに上回る来客者数に弦は驚いているのか、キョロキョロとしてしまっている。
 無理もない。去年までのバンドは“伝説”だった。
 (……まさかこれって、本当に僕たちに“伝説”押し付けられる流れって、こと?)
 そこまで考えて思わず冷や汗が弦の額には走る。
 実情は、弦のその思考回路もあるのだが、それとはまた別で、学園のプリン“セ”スの活躍が見たいというところだとか、学園のプリン“セ”スのお兄様目当てだとか、ミスターコン優勝者の腕前が見たいだとか、“あの”四ノ宮響がステージに立ってるところを見たいだとか、そんな野次馬の方が多かったりする。

 「えーと、こんにちは! お目当てであろうバンドがトップバッターじゃなくてごめんなさい! 俺たち2年生のバンドで、『ギター居ねぇじゃん』ってバンド名です! よかったら覚えて帰って行ってくれると嬉しいです! あっ、俺ベースボーカルの冴渡 高音(さわたり たかね)って言います! んで、あそこのキーボードが鍵原 律(かぎはら りつ)で、ドラムが弾 揺琉(だん ゆれる)って言います! よろしくお願いしまーす!」
 「かぎはらですー。カギーってよんでくださーい」
 「……します……」

 トップバッターであるというのに堂々としたMCをする高音の姿にはいつも感心させられる。
 鍵原はいつも通り呑気にしているのか、トップバッターの緊張なのか弾は既にガタガタと震えているものの、高音が弾の方を見て笑うと、弾は静かに深呼吸をした後にハイハットを4拍子で叩いた。
 邦ロック界隈では有名なバンドのコピー、それも高難易度の曲から始まり、それをベースボーカルでこなすというレベルの高い技術で客席の掴みは上々と言ったところだ。
 バンド名の通り、このバンドにはギターこそは居ないものの、それを鍵原の完璧なキーボードでカバーしているのもこのバンドの特徴的なところだろう。
 もちろん、ドラムを叩いた瞬間に変わる弾の鋭い眼光だって。


 「ありがとうございましたー!」
 「たかねー。きょうはぬがないのー?」
 「脱がねえよ!! 1年生引いちゃうでしょうが! だから今日は抑える日って言ったじゃん!」
 「だんはぬいでるよー」
 「ウッソだろおいマジかお前いつ脱いだの」
 「え? 今」
 「ナウ!?」
 「おれもぬいだほうがいいー?」
 「お前は着てろ!!」
 「なんで汗かいてんのに服着んの?」
 「弾はもう半裸でいいから黙って」

 『ギター居ねぇじゃん』通称『ギタいね』。
 トップバッターとして上々の掴みをして、その上終わった後も、各々が完璧に個性を発揮して完璧な笑いを掴むということで後々大きく語り継がれることになる……かも、しれない。
 あ、そうそう、この新入生歓迎会では弾だけが唯一半裸になったわけだが、流石ドラマーというべきなのか普段隠れた体の予想外のゴツさに一部の人気を得たのだとか。
 無論、この流れで行くと次のライブでは3人揃って脱ぐのは目に見えているが。

2ヶ月前 No.14

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

 ♪ ≒ 5

 いくつものバンドが終え、ついに最後となった時、ようやく弦は見ていた側の客席から立ち上がり、テレキャスのギターを肩からかけてマイクの前に立つ。
 それを合図にしたかのように、弓弦と響、叩も各々に用意を始め、今までのライブの場を温めてくれたおかげで客席側も随分と盛り上がりを見せている。
 弦や弓弦の名前を呼ぶ声、叩や響の事を噂する声、色々な声や言葉がその場に一斉に飛び散っている中、4人はお互いに顔を見合わせた後に、軽く拳をぶつけ合う。

 「ズレんなよ、響」
 「お前だって、叩」

 特に、不仲中の不仲の幼馴染みがそう言いながら笑い合ったのを確認すると、弦と弓弦もお互いに顔を見合わせて笑った。

 「こんにちはー!」

 弦がマイクを持つと、客席からは男子校故の野太い歓声が聞こえる。

 「お待たせしました! 僕たち、“True True Boys”です!! 僕たちは、昨年度の3月に結成されたバンドです。つまり、これが僕たちのデビュー戦です。きっと去年を見ててくれてた人なら分かると思う。たかが軽音部に? って思うかもしれないけど、“伝説”を作ったバンドがあるってこと。正直、僕たちなんかが足元に及ぶのかって思ってる人も多いと思う。だけど、僕たちは“伝説”になります!! ギターボーカル、六波羅弦です! よろしくお願いします!」
 「ギターコーラス、六波羅弓弦です。言ったからには必ず実現させます。今年は俺たちが絶対に“伝説”を作ります。よろしくお願いします」
 「ベース、四ノ宮響ィ。ここに来たからにはぜってェ後悔はさせねェ!! 舐めてかかるな、俺達は必ず“伝説”になる。死ぬ気でついて来い!!」
 「ドラム。二葉叩。俺から言えることは『俺たちが“伝説”になる』、ただそれだけです」

 それぞれがMCを終えると、再度4人で顔を見合わせあった後に、叩のカウントで曲に入る。
 ただでさえ、事前のMCで今まで様々な言葉が飛び散っていた客席は静まり返っていたというのに、曲が始まった途端にその静まりは急速に熱を持つ。
 寸分の狂いもないリズム隊に、圧倒的な歌唱力を持つボーカル、メロディラインを支える完璧なアレンジの加わったリードギター。
 1年生と限らず、昨年度を知っている2年生や3年生も完全に呑み込まれている。
 応援する声も忘れてしまうほどに、圧倒的な技術とパフォーマンスを見せつけられて呆然としてしまっていると言った方が正しい。
 一つのコピー曲が演奏し終わる頃には、完全に客席は“True True Boys”に呑み込まれていた。

 #

 「最後の曲です」

 弦がそう言えば、客席からは残念がる声が聞こえ、弦は満足そうに笑った。
 勿論、いくら激しいシャウトを出そうと学園のプリン“セ”ス様であることに変わりはないので、その満足そうな笑みを見た男子生徒は有難そうに手を合わせて拝み始めているが。

 「残念がってくれてありがとう! 最後にやる曲は、僕たちで作ったオリジナル曲です。作詞は僕……なんでちょっと恥ずかしいんですけど、作曲は響がやってくれました! 超カッコよく仕上がってるので最後までその調子でついてきてください! 今日は来てくれてありがとうございます! ……『Campanella』」

 弦がマイクから口を離すと、響と叩で顔を見合わせた後、叩が激しい16ビートを叩き始める。
 その瞬間、今までとは桁違いのドラム技術に客席側は完全に叩に釘付けになっていたが、そうはさせまいと横入りするプロ顔負けのベースラインに響の方へと視線が移る。
 それを横目で見つつ、響が叩を見ながら笑うと、叩も額から一つ汗を垂らしながらニッと笑った。
 普段は鬼の形相のイメージが強い響の笑みと、表情がそこまで豊かではない叩からの笑みで客席側は完全に2人の空気に飲まれているが、すぐにそれを遮断するように双子のギターが入る。
 リズムギターの裏打ちにリードギターのメロディ、イントロだけで完全に客席をつかみ、弦がゆっくりとマイクに口を近付けて歌い出す。
 可愛い顔でシャウトをする、が売りの弦から優しい声で紡がれるその言葉が、歌が、客席を掴んで離しはしないと語る。



 「……今だけ、僕等に歌わせて」



 #

 新入生歓迎会が終わった後、客席にいた生徒達は帰ることなく、“True True Boys”の面々を囲んでいた。
 そのおかげか、もしくはファンがついたのか、他のバンドにも声がかかっている様子で、それぞれから喜びや感動を伝える声が聞こえる。
 軽音部顧問の振幅は腕を組みながら満更でもなさそうにその様子を見ていた。

 「弦ちゃ〜ん! すごいかっこよかったよ〜!!」
 「ほんと〜? ありがとう! またきてね!」
 「弓弦もマッッジでかっこよかった! 俺が女だったら確実に惚れてんね」
 「翔が女とかキモすぎるからやめて」
 「泣いたー!!」
 「な、なぁ、すっげぇカッコよかったよ、四ノ宮。俺、またライブ来てもいい?」
 「ア? ……勝手にしろ」
 「かっ……けぇ……!!」
 「二葉くん推すわ。二葉きゅんだわ」
 「え……? な、なに……?」

 それぞれの友達や新たなファンがTrue True Boysを囲み、明らかに今回のライブは成功したと言えるだろう。
 出だしは好調。ただし、それは、彼らにとって“最初が一番よかった”とは言われない為のハードルができたのも事実だ。

 ──斯くして、“True True Boys”は動き出す。

2ヶ月前 No.15

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

 『Campanella』

作詞:六波羅 弦
作曲:四ノ宮 響
編曲:二葉 叩


 昨日壊れたカムパネルラ
 僕等の音を奏でて Rainy

 鐘の音が響く 僕等に歌えと音を鳴らす
 生憎の雨 錆びれた鐘は街に響く
 雨が奏でる金属音 不愉快に耳を劈く
 そうだ今日は僕等が歌おう

 ずっと昔に壊れてたカムパネルラ
 それなら僕等の音を聴いて Rainy
 真実はひとつじゃなくても良いからさ
 僕等の音を奏でて Rainy
 首なんて無くても 空に歌うよ


 真実が知りたい? 僕等の歌が聞きたい?
 生憎の雨 目先の事はわからないな
 雨が教える暗い闇 不可解に首を傾げる
 そうだね 今日は僕等が歌おう

 ずっと昔に壊れてたカムパネルラ
 それなら僕等の音を聴いて Rainy
 真実はひとつじゃなくても良いからさ
 僕等の音を奏でて Rainy
 鐘なんて無くても 空に歌うよ


 ジョバンニはもう居ない
 それは知ってるよカムパネルラ
 だからこそ奏でて 僕等のRainy
 救えなかったよ カムパネルラ
 だからこそ響かせ 君に宿るRainy

 だからこそ晴らせ 君に伝えるTrue End


 ずっと昔に壊れてたカムパネルラ
 それなら僕等の音を聴いて Rainy
 真実はひとつじゃなくても良いからさ
 僕等の音を奏でて Rainy
 首なんて無くても 空に歌うよ

 片道切符でも良いかな Rainy
 いつかの川は君を照らすから
 だから今は奏でさせてよ
 今だけは僕等の音を聞いてよ
 雨降りのてるてる坊主
 明日は天気にしてもいいから

 今だけ 僕等に歌わせて

2ヶ月前 No.16

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=O46U9oTb94

【 第4小節:おれ、きめた 】

 ♪ ≒ 1

 新入生歓迎会が終わって早数日。
 “True True Boys”効果か、軽音部への入部部員を見事に獲得し、新年度一の入部数を誇った。
 とはいえ、昨年度はその倍にも近い数が入部していたということもあり、やはりTrue True Boys、略して「とぅぼ」はまだまだと言ったところか。

 「やっぱりすごいなー」

 それをぼんやりとした様子で4人を見ていたのは、珍しく早く部室についてしまって暇を持て余していた鍵原だった。
 本当は今日のバンド練習の時間は今から一時間後だったのだが、何かを勘違いして既に部活に来てしまって、今バンド練習に部室を使っているとぅぼの様子を見ていた。
 鍵原は『ギター居ねえじゃん』のキーボーディストであり、普段はのんびりぼんやりな性格が特徴的である。
 ライブ中性格が激変する高音と弾に比べ、比較的大きな大差のない鍵原ではあるが、普段が普段で中々個性的なだけに、キャラのオンオフが有ろうと無かろうと鍵原は鍵原なりに魅力を発揮している。
 まあ、その魅力に鍵原本人が気が付いているのかと言われれば、それはまた話は変わるが。

 「あー、ごめん、響ちゃん、今の所もう一回やってもらってもいい? ギターのリフ間違えた」
 「了解っす」
 「俺もドラム入れます」
 「えっ、僕だけ手持ち無沙汰?」

 (……こうとひびきはー、しょうがくせいのころからなかわるかったんだっけ? んー……なんか、いきなりなかわるくなってたきがするんだよなぁ……)
 小学生の時だけだったといえど、叩と響との生活を共にしていただけあって、鍵原は鍵原でこうしてバンドを組んでいる幼馴染みのことが気になるらしい。
 鍵原にとってあの2人で括ってしまうと特別仲が良かったわけではないが、響だけで言えば、比較的仲良くしていた。
 叩は元々、人と無駄に関わるのをそこまで好んでいなかったこともあり、必要最低限の関わりしか持っていなかった。
 響も響で、小学生のある日を境に荒んでしまったこともあって、最初は友達の多い普通のいい子だったにも関わらず、あっという間に友達が減った。
 その残骸が鍵原だったということもあり、2人と仲が良いというよりかは、響と仲が良いといった方が正しい。
 響は若干鍵原が苦手だったみたいだが。

 「ちょっと休憩しよ! 10分後再開ね!」
 「自分がする事ないからって横暴だなぁ……。ま、確かにぶっ続けだったし、そろそろ休憩にした方が良いかな」
 「鍵原、暇じゃないの?」
 「んー? ……みててたのしーよー」

 休憩に入った時、声をかけてきたのは珍しく叩の方だった。
 こういう時は大抵響が声をかけてくれていたものだから、一瞬戸惑ってしまったが、すぐにいつも通りの対応に戻す。
 響の方は何をしているかというと、響は響で弓弦と何かを話し込んでいる様子で、休憩と言えども休みらしい休みは無さそうだ。

 「ひびき、すごいねー。まだ、ぶかつはいったばっかりなのにー」
 「……まぁ、小さい頃から俺と付き合ってただけあって、音楽の素質はなくはないみたいだし。それにアイツ結構負けず嫌いだからさ。俺に合わせられないっていうのが悔しくてすごい練習してたらしいし」
 「へぇー……」

 小学校がいくら同じと言えど、特別仲が良かったわけではない2人にできる共通の話題は必然的に響の話になってしまう。
 気まずいという事はないのだが、響がいつも真ん中にいるからこそこの2人は会話が成立しているみたいなところはある。
 こうして叩から鍵原に声をかけるのも、すごい進歩というか。それ以前に、叩から誰かに業務連絡以外で話しかけることすらかなり珍しいというか。

 「そういえば、俺の記憶が正しければ鍵原って中学私立受験組じゃなかった? わざわざここ受験しなくてもエスカレーター式で高校生にはなれたじゃん?」
 「んー、そうなんだけどねー……。おれにあそこはあってなかったっぽいー」
 「そうなの? 鍵原ならどこでも上手くやっていけそうだと思うけど」
 「そんなことないよー。だってー、おれがしょうがくせーのときー、ともだちひびきとこうしかいなかったもんー」
 「あれ、そうだっけ」
 「そうだよぅー」

 まあべつにいいんだけどねー、と付け足しながら鍵原が笑うと叩は「そっか」とだけ言って返した。
 鍵原の家の場合は、決して教育ママというわけではないのだが、所謂ノリで受けてみたら受かっちゃいました、というタイプ。
 意外と鍵原は天才肌だ。
 比較的それなりに裕福な暮らしをしていることと、蛙の子は蛙……みたいなこともあって、そんなノリで中学受験なんてことができるわけだが、響が聞いたら卒倒ものだろう。
 響のアルバイター生活からしてそれなりに察しはつくかもしれないが、響は生活苦ということもあり、中々に忙しい日々を過ごしている。

 「あ、そろそろあっちいったほうがいーんじゃないかなー、こうー?」
 「……ぽいな。弾と冴渡、早く来るといいな」
 「うんー。きながにまってるー」

 お互いに軽く手を振って、メンバーの元に戻った叩を見送ると、鍵原はぼんやりとした様子でまたとぅぼの4人を見ていた。

2ヶ月前 No.17

@itxmm☆OxYUdDLLJjM ★iPhone=rS882qfQhn

 教えて ぼくの王子様
 ぼくはどこかおかしいみたいだ
 教えて ぼくの王子様
 君にだけは嫌われたくないから
 聞いて ぼくの王子様
 嫉妬しちゃう 笑っちゃう
 憎たらしいな 君のとなり

 ♪ ≒ 2

 とぅぼの練習時間が終わるほんの10分前、ギタいねのメンバーも集まり始めて、1人で時間を持て余していた鍵原だったが、一番最初に来た弾と2人で特に弾むことのない会話を繰り広げていた。
 とはいえ、そこに特別居心地の悪さを感じることはないし、元からコミュニケーションを取るのが難解な弾と鍵原の2人で会話が弾んでいるその光景こそ寧ろ恐怖映像か何かのグロ画像と見間違えてしまうレベルである。

 「ごめん、ちょっと早いけど抜けさせてもらうわ」
 「りょーかい。響はさっきの……ええと、リズム変わるところのベースライン練習しといてね」
 「言われなくても。そんじゃ、お先失礼します」
 「気をつけてね、響ちゃん」

 そう言ってベースをケースに入れると、足早で部室から出て行った響の後ろ姿をぼんやりとしながら鍵原は見送った。
 何か声をかけようかとも思ったけど、急いでいた足をわざわざ止めてもらうほどの用事でもないから良いかと思っていたこともあり、そのまま鍵原は見送っただけにしておいた。

 「…………」
 「……んー? なにー?」

 何も言わずに意味ありげにジトッとこちらを見つめてくる弾に不思議そうに鍵原が首を傾げると、弾はいつもの小さなおどおどした拙い口調で「白々しいよ」なんて言った。
 本当はそれも聞こえていたけれど、なんとなくそれを拾うのは悔しいような気がして、鍵原はそれを聞こえなかったふりをして首を傾げる。
 その様子を見ていた弾は、特に何か深いことは言わずに肩をすくめると、残ったとぅぼの3人……というよりかは、叩を横目にしながらゆっくりと鍵原に耳打ちする。

 「────?」

 いつもよりも小さくボソボソと喋っているはずだというのに、弾の声がやたら鼓膜に響いて、弾の放った言葉は鍵原の脳内に驚くほどすっぽりと収まった。
 弾の言葉に鍵原は、ほんの少し恥ずかしそうに頬を緩めた後に小さく頷いてから口を開いた。

 「おれの、おうじさま」

 #

 3人になったとぅぼと、時間ギリギリにきた高音を含めたギタいねの部室のバンド入れ替えをしている最中、すれ違い様に叩に声をかけられ、最初は気のせいかと無視していたものの、叩に「カギー」と呼ばれてようやく自分が呼ばれていたことに気がついた鍵原が叩の方を見る。
 キーボードをケースから出しながら、不思議そうに鍵原が首を傾げると、叩は自らの首元を触りながら「あー……」と何かを言いづらそうにしていた。
 小学生の頃から、叩が自分から響以外の人間にそこまで話しかけることがないこともあって、響以外の人間となにかを話す時に……特に、自分から言うことは少し躊躇うようなことを話す時に首元を触る癖はなかなか抜けていないらしい。

 「……今日さ、一緒に帰んない?」
 「え」
 「あ、いや、嫌だったら別にいいんだけど」
 「いいよぅー。こうからー、そういうのいわれるのたぶんはじめてー? だからびっくりしてたー。おれたちがれんしゅーおわるのまっててもらうことになるけどー」
 「それは大丈夫。待ってる」
 「ありがとうー」

 叩が誰かに声をかけるのを見慣れていない弓弦や弦だけでなく、弾や高音も不思議な組み合わせに視線を奪われていたが、叩が踵を返し、鍵原がキーボードのセッティングに戻った瞬間に目をそらすように各々の行動に戻った。
 弦と弓弦は帰宅準備、弾はドラムの細かい微調整、高音はマイクの微調整とベースのチューニングへ。
 (……こう、なにかあったのかなー?)
 本当に、珍しいこともあるものだ。

 「鍵原、弾、この前の四ノ宮くんたちのライブ見てて思ったんだけどさ、俺も曲とか作りたいなぁって思うんだけど、どうかなー?」
 「……えっ。……ちょ、ちょっと難しいん、じゃ……ない? そ、それに……ほ、ほら……音楽理論、とか……全然……俺達わかんない、でしょ……? それに……ぎ、ギター居ないし……」
 「確かにギターは居ないけど〜、キーボードはいるでしょ!」
 「えぇー。おれがやるのー? まあーいいけどー。ひびきとー、こうにー、どんなふうにやるのーってはなしきいてみるよー」
 「あ、鍵原の気持ちは嬉しいんだけど、初めてだからこそ俺たちだけで作りたいなって思うんだ。……どう、かな?」
 「しょうがないなぁー。りーだーさまのおおせのままにぃー」

 なんとなく、高音からの提案に鍵原の気分的に今は乗り気じゃなかったが、それはきっとよくある一時的なもので、きっと明日の朝にでもなればまたいつも通りのそこそこのやる気はあるんだろうなと思ったこともあり賛成の意を示す。
 弾は「……だ、大丈夫かなぁ……」と小声で呟いていたが、それが高音や鍵原の耳に響いたかどうかは分からない。
 (それにしたって、きょくづくりかー。……うーん、なにからてをつければいいんだろーう)
 ぼんやりと考えながら構想を色々練ってみるが、普段からそこまで使用しない頭には少々難しい話題が入ってきたものだ。
 今日は誘われたこともあって、叩と一緒に帰る時にそれとなくどんな感じだったか聞いてみよう、と思いながら、鍵原は目の前に提示された練習の方に向き合うことにした。

2ヶ月前 No.18
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)