Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(19) >>

フェアリーテイル〜時を司る竜〜

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(176) - ●メイン記事(19) / サブ記事 (8) - いいね!(0)

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

フェアリーテイルギルド内
騒がしい声が聞こえる
それもギルドマスターのマカロフの声


話しは吸う時間前に遡る


仕事帰りだった雷神衆
丁度時を同じくしてラクサスと一緒になった
雷神衆の一人であるフリードがラクサスの異変に気付いたのだ



ラクサスは酷い熱でとても立てる状態では無かったのだ
エバーグリンとビックスローがギルドに戻りラクサスを落ち着かせる為マスターに相談して戻った直後
フリードとラクサスの姿は無くマスターの怒りを受けていた


後ろからナツが来てラクサスなら自力で治すとかでも言いそうだぞと言う
途端にポカンッと頭を誰かに叩かれた


それはエルザだ
いくらラクサスでもそれは不可能
無事に戻って来ることを願うだけ

切替: メイン記事(19) サブ記事 (8) ページ: 1


 
 

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

フリードとラクサスは森の中に居た
木々の音が心地好い
寝ていたラクサスが眼をさましたのだ



フリード「良かったラクサス気がついたか」


ラクサス「ここは 体が思うように動かねぇ」


そこへ眼覚ましたのねと少女が入って来た
体が動かないのは熱のせいよと言う
フリードが助かったと言ったのだ


風邪が治るまで居てくれて構わないと言う
少女は風邪に聞きそうな薬草をいくつか採って来てくれた
そう言えば名を聞いていない


少女はフォルティアと名乗った
薬草と後は栄養のある物をと言い出掛けた
数分すると戻ってきてテキパキとこなす


フリードが珍しいな風邪を引くなんてと言う
確かにそうかもなとラクサスは言った
数分もしないうちに良い匂いがする


フォルティアが食べれると言う
お粥の様な物が出来上がり
薬草を煎じていく


料理は得意なのか物凄く美味しかった


ラクサス「美味い はじめてだこんな美味い物」


フォルティア「どうやら口にあった見たいね 食べれたなら早く治りそう」



笑顔で返すフォルティア
フリードがここにはずっと一人で居るのかと言う
片付けをしながフォルティアは一応と答えた


そこから先は聞いてはいけないと悟った
ラクサスは煎じた薬草を飲みほし横になる
森はのどかで鳥のさえずりが聞こえる程度


ギルドでは味わえない

21日前 No.1

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

それから数日が過ぎた
ラクサスは5日で回復したのだ
フリードとラクサスはお礼を兼ねてギルドに来て欲しいと頼む



しかしフォルティアは断った
森から出たくないと思っていたからだ
しかしラクサスはフォルティアが呟いた言葉を聞き逃さない



近くに寄ったらまた来ると言った
ギルドに戻るとマスターであるマカロフが出迎えたのだ
ビックスローとエバーグリンが今まで何処にと言う


フリードは森の中でなと言った
助けてくれた少女の話をしたのだ
マカロフが森にかと言う


お礼を兼ねてギルドに誘ったが断られた
エルザがその森の場所はと言う
ラクサスは言うより見に行った方が早いと言ったのだ


後日その森に向かった
綺麗な森で鳥のさえずりが聞こえる
進んで行くと小さな家が見えたと言う


フリードがフォルティアと呼ぶ
何処から聞こえるのか呼んだと言う声がした
丁度正面にシュタッと降る


エルザはこんな綺麗な少女ははじめてだと言う
当然マカロフも驚いている
立ち話もなんだから入ってと言った


出されたお茶は積立ての蜂蜜で出来たお茶
それがとても美味しかった
ラクサスは本題にと言う


お礼を兼ねてギルドに来て欲しいともう一度誘う
フォルティアはやはり断ってきた
マカロフが命助けてくれた恩人としてと言ったのだ


そう言う事ならと引き受けた
ギルドに移動しようとした途端だ
いきなり攻撃をされる


フォルティアの警戒が凄い
まさか狙われてるからギルドを断ったのかとも考えた
敵が正体を現すとフォルティアは牙を向けたのだ


何が原因かは解らない
数時間して敵を撃破
何故フォルティアを狙うのかもある


人騒動終えてギルドに戻った

21日前 No.2

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

ギルドに戻ると早速フォルティアの歓迎
フォルティアは雷神衆の一員として迎えられたのだ
騒がしいけど直ぐに慣れるからとミラが言う



久しぶり過ぎてビックリしたフォルティア
途端にナツが勝負だーと言う
グレイが直行過ぎだろと言った


加入して直ぐに勝負を挑む奴があるかとエルザに怒られる
ナツは別に良いじゃねぇーかと拗ねた
レビィが魔法すら知らないのにと言う


ビックスロー「よろしくなフォルティア この状況事態もいずれ慣れるからよ」


ハッピー「ルーシィも来たときそうだったし」


後でルーシィが余計なお世話よと言う
午前中いっぱいは歓迎会で盛り上がった
午後からは仕事へと向かう


ボードに貼られた依頼書をこなして行くのだ
簡単なのからやって見たらと言われる
フォルティアは1枚剥ぎ取った



内容は迷子の犬を探して欲しいとの依頼
山の中へ逃げて見つからないと掛かれてる
人出が入りそうな依頼だ


まずは依頼主に会う
街まで来るとその依頼主に丁度会った
写真を渡されて迷い込んだ山に入る


手分けして探しだす

エバーグリン「何だか薄気味悪い森ね」


エルフマン「確かに何か出そうだな」


写真を手掛かりに探す
二人一組となり探しているが見つからない
動物すら見当たらない山に逃げる何てと考え始めた


数時間するとラクサスとフォルティアの向かった場所から光が放たれた
ラクサスの雷ではないらしい


フォルティアの魔法だと考えた
一目散にその方向へ向かう
目に入った光景は何度もおぞましい姿をした犬だ


ルーシィが写真を確認する
間違いなく探してる犬だ
何故こんなおぞましい姿にと言う


グレイが山に馴れて変化したかといあった
それも有り得るがこんな形になるかとエルフマンが言う
何か来るとエルザが言ったのだ



それは奇妙な生き物
バルカンでは無いらしい
攻撃体制入ったナツ達をラクサスが止めた


エルフマン「何で止めるんだよラクサス 早くしねぇーと俺らまで」



ラクサス「俺ら人間に害を受けてない むしろハッピーを心配しろ」



ハッピーを見るとおぞましい姿になりナツがあたふたしていた
確かに害を受けているのはハッピーだけ
ここにシャルルが居たらウェンディがあたふたしてる


フォルティアがハッピーの姿を戻す
まるで綺麗な宝石の粉を振り掛けるかのように
魔法で間違い見たい



依頼されていた犬にも同じ様にする
すると本来の形に戻った
山から降りて依頼主に渡す


物凄く喜んでくれて
報酬は依頼書に書かれていた金額の倍
この日は疲れてしまった

21日前 No.3

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

フォルティアが来てから数ヶ月
ラクサスや雷神衆の動きが物凄く良い
ギルドには慣れたが賑やかさには未だに馴れていないのだ


時より他の人と依頼をこなす
現在は仕事の帰りだ
そんな時にこの間の奴等がフォルティアを狙っていた


相変わらずしつこい
数時間に渡り撃破した
一体フォルティアに何の因縁があるのか


ギルドに戻ると帰りの出来事を話すルーシィ
流石にそこは気にしていた
誰かに恨まれる様な事でもとフォルティアに聞く


フォルティアは首を左右に横に振る
何か話してくれればとカナが言う
知られたく無い事でもあるのか余り話しはしない


ガジルが余り自分から話してる所を見ていないと言う
後ろからジュビアが来て確かにと言った
秘密でもあるかの様に思えてならない


笑う事も殆ど少ない
ナツが勝負でもすれば笑うだろと仕掛ける
つかかって行くナツはフォルティアの手首を掴んだ


途端にナツが宙に浮き背から叩き付けたのだ
唖然とするグレイ達
ラクサスはナツに相手にされてないなと言われる


何事も無かったかの様に依頼書を持ちギルドを出た
エルザも呆気にとられてしまうくらいだ
ある意味一番強いかもとシャルルが言う


エルザより強い奴は初めてじゃないとリサーナが言った
雷神衆達も息を呑んだ
何故森にと言うかもある


仲間や家族の様な人物すら見てない
そんなフォルティアを少し心配した

21日前 No.4

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

あれから数日経つがフォルティアは何ら変わり無い
この日は仕事を終えてハルジオンの図書館に来ていた
尾行をするのはウェンディとナツぷらすハッピー



気付かれてるわよ絶対とシャルルとルーシィが言う
大丈夫とナツは言うが言ってるそばから見失った
だから言ったじゃないとルーシィ


ウェンディも諦める気は無かった
しかし街中にフォルティアは見付からず
諦めてギルドに戻った


尾行の結果をミラに報告する


ミラ「何やってるのよ三人して 何も解るわけ無いでしょ」



マカオ「変身魔法(テイクオーバー)が出来るならまだしもな ドラゴンスレイヤーが二人じゃ気付くだろ」


滅竜魔法が使える二人にはある程度の匂いと気配で何処に行ったか解るのだ
そんな話をしてるとロメオがフォルティア姉ならマグノリアにある図書館にと言う


ナツとウェンディが早速と動いたが
誰かに捕まえられた
振り向くとそれはビックスロー


振り払おうとするがウェンディにそんな力は無い
ナツは振り払った反動でテーブルに頭をぶつけた
余り詮索はしない方が身のためよとエバーグリンに言われる



ガジルも余り興味無さげ
エルザからも止められたのだ
ウェンディは理解出来たがナツとハッピーは意地でも探すつもり見たい


この日フォルティアはギルドに帰って来なかった
ナツとハッピーは未だに諦めきれずにいたのだ

21日前 No.5

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

ギルドを出たフォルティアはとある場所まで来ていた
それは仲間のお墓
1つずつ丁寧にしていたのだ


フォルティア「必ず仇をとるから待っててね 皆」


墓参りを終えるとそこにはフェアリーテイルを目標としている
セイバートゥスのマスタースティング達の姿が見えた
どうやら仕事帰りみたい


ユキノ「貴女もフェアリーテイルなんですね あのギルドは私達の目標としているギルドなんです」


スティング「ユキノ 話すのは待ってくれ 俺が話をする あんたからは竜の匂いが微かにする」


横に居たローグもそれには気付いていた
フォルティアはドラゴンスレイヤーと言ったのだ
一発で当てるとはかなりのものじゃとミネルバが言う


フォルティアは何も言わずセイバートゥスを通り抜けた
スティングは悲しい表情をした顔を忘れる事が出来なかったのだ


あれは紛れも無くドラゴン
人里に居るなんて戦争でもと考えたがローグもあの表情を見た
とても戦争をおこす顔では無い


フェアリーテイルと解ってるから会いには行ける
しかしスティングははっとした
そう名前を聞くのを忘れたのだ


ローグから確りしてくれと言われる
ユキノがルーシィ様に聞けば解るかとと言う
こうしてプチ騒動があったがギルドに戻った

21日前 No.6

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

それから数日してセイバートゥスが遊びに来たのだ
ユキノはルーシィに仕事帰りの出来事を話した
話を聞いたルーシィはフォルティアだよと言う



そのフォルティアは今何処にとローグが言う
後ろからジュビアが来て雷神衆と出ていますがと言った
すれ違いになったらしい


何でフォルティアの事を言いながらガジルが来た
スティングはドラゴンスレイヤー四人も居て情けないと言ったのだ


その言葉にナツが喧嘩売に来たのかと言う
ウェンディがナツを落ち着かせる
ローグからフォルティアがドラゴンである事を言われた


その答えにガジルはそんな事あるわけ無いと言う
スティングとローグはあの時確かにと言った
タイミング悪くフォルティアが雷神衆と帰って来たのだ


仕事もだが届け物を終えた見たい
相変わらずの無愛想だが少しは笑う様になった
スティングとローグは忘れもしないあの悲しい表情を思い出す



フォルティアはエルザの元へ行き小さな箱を渡す
買えたのかと首を長くして待っていたエルザ
少し並んだけどちゃんと買えたと言う


それは限定ケーキ
個数が限られてるので運が良くないと買えないとか
エルザの声に気付きミラが来た


新作ケーキのネタにとミラが言ったのだ
それに食い付いたのがエルザ
まだ食べていないと言うことで


ルーシィがフォルティアに声を掛ける
スティングとローグは気のせいだったのかと考えた
今のフォルティアの表情からは何も感じない


はったり何て事は無い筈
ギルドには慣れてるが騒がしいのには馴れていない
ユキノがフォルティアを見る
後ろからグレイが来てフォルティアは強いぜと言う


何故そんな事が言えるとミネルバが言った
ワカバが来てナツを腕一本で倒したからなと言う
流石にそれは無いとユキノが言ったのだ



実際見てもらうに限る
丁度そこへナツが帰って来た
フォルティア勝負だーと手首を掴む
するとナツは待たしても宙に舞い背かを叩き付けられたのだ



流石に唖然とするセイバー
軽々と倒す何てある意味恐い
床に叩き付けられたナツに声を掛けたのはジェットだ


相変わらず眼中に無いみたいだなと言う
ウェンディがナツさん何回目ですかと言った
ナツは10は越えたと思うと言ったのだ


そこまでしか覚えられていないようねとシャルル
レビィが今ので25回目よと言った
少しは考えたらどうだとエルザに言われる


毎回同じと言う訳だ
思考が成長していない
ハッピーは止めたと言うがナツ自信が聞く耳を持たない様子


あの様子だと勝負する事以外に考えて無さそうと言った

21日前 No.7

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

フォルティアが入って随分経つ
ガジルはあの時スティングとローグが言っていた事を思い出した


『ドラゴンスレイヤーが四人も居て情けない』


あの時は理解できなかったが今なら解る
フォルティアはドラゴンであることが解った
しかし何故追われているのかが未だに解らない



ガジル「フォルティアちょっと良いか」


フォルティア「何 ガジル 手短にお願いできる」


レビィが不安そうに見る
何故追われているのかを訪ねた
正体が何なのかもだ



フォルティアは教えてあげても良いけど
条件はゲームに勝ったら教えてあげると言う
ナツが何やら嗅ぎ付けた



エルザもそれには参加だ
フォルティアはパンッと一回手を叩いた
今までギルドに居た筈なのにマグノリアの街に瞬間移動


フォルティアは仮想空間と言う
ここで一体どんなゲームをするのか
シンプルに鬼ごっこと言った


魔力を使わないので一番楽
しかしただの鬼ごっこでは面白くない
フォルティアは変身魔法が使える事を話した


鬼以外に変身しと逃げると言うこと
エルザがもしかしてだがと言うとそのまさかだ
どちらが本物かを当てると言う


このゲームのルールその@
魔法で仲間を見分けない
ルールそのA
気配や匂いで区別しない
これがルール



ナツ達ドラゴンスレイヤーを封じた
ある意味キツイ
制限は無制限


まずは鬼を決める
ナツが俺やると言った
それじゃあ10数えてと言う


その間に遠くへ逃げておく
ナツが10数え終わると早速動いた
先に捕まったのはウェンディ ハッピー シャルル


その数分後にレビィ グレイ ラクサス フリード
早すぎだと思う
そしてエバーグリン ビックスロー エルザとガジルを捕まえた



そして残ったのは二人のルーシィ
全く瓜二つ
これはどっちが本物だと言う



間違えば本当の事を話して貰えない
ナツが悩むがエルザ達は右が本物のルーシィと言う
最後はナツだ


迷ったが左が本物と答えた
答えはどちらが正しいのか
仮想空間は消えていない


全てを封じたのに見破られるとは驚いたと言う
真の絆確かに見届けたり


変身魔法が解かれて姿を表したフォルティア
しかし可愛らしい姿では無く頭に角が生えていた


ラクサス「フォルティア お前ドラゴンだったのか」


フォルティア「正しくは竜人族 最後の生き残り」


竜人族最後の生き残りーと言う
時を司るのが竜人族
しかし何者かにより仲間達の時の力無くなったと話す



時の力を手に入れるため殺された仲間を弔う事しか出来ない
狙われてるのは時の力を奪うため
全てを話し終えると仮想空間を解除した


ある意味凄い魔力
本来の竜人姿に唖然とする
今までずっと変身魔法で姿を変えて居たなんてと言う


竜人最後の生き残りとして精一杯生きてる
その後敵を倒しての宴
後に知ったがフォルティアは不死身と言う事がわかったのだ


END

21日前 No.8

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

ENDとありますが続編をかいていきたいと思います
………………………………………………………………………………………………………………



あれから数ヶ月が経った
ギルドに大魔闘の知らせが届いたのだ
それにより出場メンバー5人を決める



マスターは悩んだあげく2つに分ける事にした
エルザ・スカイフォール ナツ・シュナイゼル ルーシィ・ティアマント
グレイ・ルクシア ウェンディ・ステラディアをAチーム



ラクサス・フローズンライト ミラジェーン・シルフィ ジュビア・エンディー
エルフマン・シルフィ フォルティア・ブルーレジェンドをBチームとした


最強のチームだと言える
ラクサスはフォルティアが居るので機嫌が良い
開催地はクレステリアの街


闘技で有名な街だ
明日から早速移動


ラクサス「フォルティア もしかしてはじめてか大会」


フォルティア「うん 今から楽しみでつい武者震いが」


ミラが可愛らしいじゃないとても竜人とは思えないと言った
ナツが景気付けにと飛び掛かる
しかし返り討ちにされてしまったのだ


相変わらず何だからと相棒のハッピーが言う
因みにハッピーはメスだ
後ろからオスのシャルルが来る
声の質が高いからメスに良く間違われるのが傷
少しは考えて動けとシャルルからも言われた



明日移動と言っても何をするかだ
マスターが大会までの間修行とすると言う
確かに一里はある


フォルティアが何か考えていた
ライアが何考えてるんだと言う
竜人姿のフォルティアにも馴れて一安心


フォルティアはライアに気付きとっておきを解放しようかと思ってと言う
ラクサスと雷神衆がとっておきーと言った
一番驚いているのはナツだ


ガジルとウェンディは薄々気付いていた
フォルティアは久しぶりに発動するので上手く発動出来るかもある
ガジルの相棒であるウサギのエクシードリランが大興奮してるのだ


リランはオスのウサギで良くモテル為彼女募集中
ラクサス以外は皆エクシードが居る


水竜のウェンディにはシャルル
砂竜のガジルにはリラン
氷竜のナツにはハッピー


ラクサスも一応ドラゴンスレイヤーだ
雷竜で雷光(ライコウ)に教えて貰いラクリマを埋め込んでる第3世代
因みにガレーラの街にあるスティグ・マチェスとローグ・インフィニティとは幼馴染であり義兄弟を交わした仲である

15日前 No.9

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

ユキノ・リバートルの本名はユキノ・ティアマントでルーシィの実の妹
中々お姉様と言えずにいる
ユキノとルーシィは生き別れの姉妹
幼い頃に奴隷に売り飛ばされそれっきりなのだ


話を元に戻そう
明日ギルドを出てクレステリアの宿に着いたら各自大会まで間修行とする事になった


必要な物だけを揃えたら明日は各自クレステリアに向かう事になった

14日前 No.10

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

ラクサス達はいち速くクレステリアに着いた
さて修行を何処でするかだ
流石に街の中と言うわけにはいかない


フォルティアはあそこならと言う
近くに行って看板を見る
その看板にはこうした書かれてあった


『魔導士の為の修行場どうぞご自由にお使い下さい』
と書かれているのだ
エルフマンが何だ胡散臭いと言う


フォルティアは途端に何か来ると言った
キィーンッと言うような機械音
次の瞬間ラクサス達目掛けて敵出現


ミラが歓迎のセレモニーじゃなさそうねと言う
竜人姿であるフォルティアは反応が素早い
明らかにフォルティア狙い


数が多いので相手が大変かと思ったが全滅完了


フォルティアがテレパーシーで敵に目的を聞く
途端に謎の敵は最後の力を寄越せと言った
目的が解らない以上竜人最後の生き残りとして力を渡すわけにはいかないと考える


殺された仲間の為にも仇を打つ
謎の敵は何も言わないまま立ち去った


ラクサス「フォルティア 怪我ねぇか」


ジュビア「全くしつこいです しかしフォルティア強いのね」


魔力を使わずに相手をしていた
流石ナツを腕一本で倒せる訳だとエルフマンが言う
騒動を終えて近くの森で修行開始



究極奥義が気になる見たいたが修行集中する
ラクサスは何故狙われているかは解る
それは時の力を手にする為
しかし目的が解らない


修行をしているうちに夜を迎えた
そろそろ宿に戻る為フォルティアを探す
途端にバサッと言う音が聞こえたのだ


水辺に向かうとそこには1頭の竜
余りの竜の美しさに言葉を失う
月光に照らされた竜はとても綺麗で美しさがましていた


その場から立ち去り宿に戻った
宿に戻るとフォルティアだけ居なかったのだ
エルザから一緒では無かったのかと言う


姿が見えないから先に宿にと思い戻ったと言う
しかしフォルティアはいない
数分遅れてフォルティアが戻ってきた


フリードが心配したぞと言う
フォルティアは迷子の子供を届けにと言った
それを聞いて安心したのだ

13日前 No.11

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

あれから修行を繰り返し大魔闘が開幕
ラクサスは修行した日からあの竜の事が離れない
雷光より美しかった
しかし今はめの前の事に集中する


開幕と同時にセレモニーが行われた
ポイントは一人1P(ポイント)まずはポイント稼ぎと言うわけだ
強いのは5Pとなる
セレモニーはハネウサギを捕まえることだ


勿論魔法での捕獲はOK
スタートの合図で動く
数百歩動くと逃げるハネウサギ
悪戦苦闘するなかフェアリーテイルBチームの勢いが凄い


タイムアップが言い渡されハネウサギを数える
勝ったのはフェアリーテイルBチームだ
その後第一試合へと入った

13日前 No.12

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

一日目を終えて宿に戻った
フォルティアは布団にダイブする
レビィがフォルティアやると思ったと言う


ラクサスはテラスで考えていた
あの時の竜は一体何なのか
後ろからビックスローが来て何悩んでるんだと言う
ラクサスはちょっとなと言ったのだ


横からグレイが来てフォルティアに惚れたのかと言った
二人は驚いていつからと言う
慌てて驚く所を見ると怪しいわねとハッピー


大魔闘が終わったら話して見るかと呟き部屋に戻った
向かえた二日目
会場内はまだかと騒ぐ


実況のハゲタカが声を上げた
途端に会場内は盛り上がる
最初の競技が発表されたのだ


それはリザーブ枠のファッョンショーでグラビア対決
相手はレッドペガサスのジェニファ
ミラが心配していたのはフォルティアだ


平気かしらとオドオドしてる
大丈夫だと思うけどとビオラが言う
二人の入場で会場内は熱気の渦に包まれた


実況のハゲタカがお題を言う
後から来たナツがノリノリだなと言った
エルザはまさか行けるかも知れんと言い出したのだ


ミラも確かにと言う
ある意味勝てる可能性
色んなお題が出されるがフォルティアは飄々とこなす


最後のお題が出た
肉弾戦だ
どうするのかと思いきや変身魔法を解いて竜人の姿にる


そしてジェニファに止めをさして優勝
次の競技からも熱気は絶えなかった

13日前 No.13

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

大魔闘始まって五日目を向かえた
フォルティアの調子が途端に崩れたのだ
魔力切れかとマカオ・コルフォートが言う
フォルティアに魔力切れは存在しない


だとすると何なのか
医者のタマゴであるレビィが見る
しかし原因不明


早急にチーム編成だ
ラクサスはフォルティアの傍から離れなかった
ウェンディが凄く気にしてる
何故そこまでしてと言う


後ろからフリードとエバーグリンが来た


エバーグリン「フォルティアはラクサスを助けた恩人 今は私達雷神衆の一人よ ラクサスがほっとける思う」


フリード「あの時フォルティアに助けて貰わなかったら今のラクサスはいない逆に言えば倒れ死にしてからな」


フォルティアは何となくだが泣いていた
ポツリッりと姉さんと呟いたのだ
ラクサスはその流れる涙を指で拭き取る


体調の原因は変身魔法ではと思ったが
今の姿は竜人だ
別に何の問題も無い


ルーシィがレビィを呼びに来て何か起こるんじゃと言う
強ち間違いでは無いかもなとラクサスが言った
もしかすると最終日かも知れない


フォルティアにはラクサスが付いてると言うことでチーム編成に戻った

12日前 No.14

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

チーム編成をへて六日目を乗りきった
ポイントは110Pだ
チーム編成をしたので増えている


ここまでの順位を発表しよう
10位はブラックバギー
9位ホワイトドギー
8位レッドペガサスとラキーエンジェル
7位ガレオン
6位ツキノワルツ
5位ウォーターイーグル
4位エルニス
3位ドロール
1位フェアリーテイルとセイバートゥス


一日休みを取り7日目が最終日だ
宿に戻るとそこにはラクサスとフォルティアがいた
朝よりは顔色が良い


安堵しているが何が起こるか解らない


ハッピー「フォルティア大丈夫 何だか浮かない顔よ」


ナツ「そうか何も変わって無いけどな」


ラクサスもそれには気になっていた
浮かない顔が消えていない
むしろ増している



明日は休みだし気分転換だとエルザが言う
それは大賛成だとグレイ達が言った

12日前 No.15

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

今日は休みの日
フォルティアの浮かない顔が離れない
そのフォルティアは森に来ている


心配な為ラクサスと雷神衆も一緒だ
ラクサスはこの森で見た竜を思い出す
しかし今はそれ所では無い


浮かない顔でフォルティアは水辺に座る


ビックスロー「寂しくは無いだろフォルティア」


フリード「全く馬鹿だな 唯一時の力を持つフォルティアだって寂しいぐらいあるさ何せたった一人何だからな」


エバーグリンも聞いて思った
仲間と呼べる存在がいない
それにあの時姉さんと呼んで泣いていたからだ


ラクサスもそこには余り触れていない
姉妹であったかも兄妹も解らないのだから
フォルティアは何も話してはくれないのだ


途端にフォルティアが時の力では無いけど同じ竜人族が居たと言う
空間の力を持った竜人族
一度だけ会ったがそれ以降は会っていない



ラクサスが姉貴居るのか初めて聞いた
フォルティアは居たけどと言葉が止まったのだ
それ以上は聞いてはいけないと悟る


話を終えると綺麗な歌声を奏でる
それはとても美しく透き通る歌声
ざわついていた森が一気に静かになった


途端にフォルティアの周りに動物達が集り始めたのだ
そして有意義な時間を過ごした
宿に戻るとフォルティアの浮かない顔は消えていたのです


しかしあんな良い歌声が聞けるとはと言った
後ろからミラとガジルが来て聴きたかったなと言う
歌ならジュビアだってと言ったのだ


ガジルはお前の歌は音痴だろと言われる
何やら揉めてるが気にしない
フォルティアはテラスに出て月光を浴びていた
ラクサスはその姿を見てあの時の竜と重なったのだ


目を擦り終えると目の前にフォルティアが居た
びっくりして尻餅をつく
カナリアから珍しいと言われる


驚く事もあるんだとケタケタ笑う
ゴルチェはそりゃそうだろと言った
騒ぐのを止め明日に備える事にしたのだ

12日前 No.16

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

そして向かえた7日目
最終決戦はサバイバルバトル
そしてフォルティアは何かを不安がっていた


怯えてる様にも見える
しかし懐から何かを出した
それは綺麗な華



シャルルがその華何て名前だと聞いた
フォルティアは花の名前はフェアリーテイル花言葉幸運を引き寄せると言う
マカロフがその名を聞いた時驚いた顔をする


初代フェアリーテイルマスターエポナ・マーメイドが見付けギルドにその名を付けたと言う
その華のフェアリーテイル


誰がそうつくたかは解らない
現在のマスターであるマカロフは13代目である
そんな話をしてると夜を迎えていた
サバイバルバトルもおおずめ


最後に残ったのはフェアリーテイルとドロール
数時間に及バトルについに決着
優勝はフェアリーテイルとなった


優勝が決まった直後空が黒く染まる
途端にフォルティアの体制が変わった
変身魔法を解き竜人の姿を現す



どうやらお出まし見たい
フォルティアはまさか200年前の出来事が起ころうとはと言う
それは王国転覆所か世界を滅ぼす力


まさか究極奥義を使う事になるとは思っても見なかった
アスティ国始まっていらいだとアスティ国国王ベリアス王が悲鳴を上げる


会場内は混乱状態
逃げる事を優先に魔導士達以外が残る
魔導士の中にも逃げていく者達がいたのだ


しかしそんな場合では無い
残ったのはセイバートゥス レッドペガサスとその他のギルドだ
マスターマカロフは前代未聞の為フォルティアに指示を任せた


フォルティアはスウーッと深呼吸し他のギルドにも聞こえる様に言う
その言葉を聞き行行動に移る
まさかの展開で困惑する司会のハゲタカ


国王兵に保護され会場は魔導士達だけとなったのだ

11日前 No.17

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

あれからどれぐらいたったのか解らない
敵は減る所か増えるばかりだ


エルザ「倒しても倒れんとは不死身か」


ルーシィ「こっちはカードで防いでるから何時間持つか解らない それにフォルティアは言ってた究極奥義を使うとか」


ラクサスの後ろではフォルティアが準備していた
周りには雷神衆
時間がかかるみたいだ



誰もが限界を感じた時
バサッと竜人の姿で翼を広げたフォルティアが居た
準備が整うと空に魔方陣が広がり敵を対象に魔法をかける


今まで動いていた敵は身動きが取れない
そしてフォルティアが宝かに発動する
これで終ったと歓声が上がった


フォルティアは竜人では無く竜へと姿が変わっていたのだ
その場に居た魔導士達が魅了された
月光に照らされ竜の鱗が輝きを増していた

11日前 No.18

ツキナ @tukina107 ★Android=8ojdSX3y9m

それから数日して優勝祝い
その場にフォルティアは居なかった
賑やかなのが嫌いでは無いみたいだが抵抗があった様子


国王ベリアスは残念そうにする
ユキノもこの日を境にルーシィの事をお姉様と呼ぶ様になった
フォルティアを狙っていた集団は国王が捕らえ竜人繁栄を願ったのだ



翌朝を迎えてギルドに戻る
ギルドにはまだ誰も来ておらず手紙が置いてあった
それもフェアリーテイルと言う花を添えて


ナツが差出人を見るが書いていない
ラクサスがフォルティアだと言う
手紙の内容を読むとそこにはまた会う日までしか書かれていなかったのだ


フォルティアは最後の弔いを済ませると街から遠退いた
フェアリーテイルではいつか戻ってくるフォルティアの為に歓迎パーティを考えだしたのだ


11日前 No.19
切替: メイン記事(19) サブ記事 (8) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)