Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

翡翠の風の魔法使い

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(52) - ●メイン記事(0) / サブ記事 - いいね!(1)

@uqtosora ★Android=0XeFVlXF3K

プロローグ『夢幻(ゆめまぼろし)』

───ここはどこだろう?

どことない浮遊感と非現実的な感覚。
それは、いやきっと夢なのだろう…

それは、彼が仲間と共に世界を旅する夢。
だけど、夢の人間は何も語らない。
ただ、そこには様々な経験があった。
出会いがあった。予期せぬ対立があった。
大切な者を失った。彼は鬼気に叫んだ。
けれど、神々しいそれは表情一つ変えない。
彼は杖を手に神々しいそれを追い詰める。
しかし、彼にとどめは刺せなかった。

そして悲しみと平和が訪れ、僕は目を覚ます。



「────よし、旅にでよう!」



そうして僕は歩き出す。
そこに多くの困難と障害があろうとも。
永く夢に見た景色を求めて。

「翡翠の風(エアリアル)」

そう呟くと、翡翠の風が舞う。
そして次の瞬間…彼は飛び降りた。
その広い世界へと────



Welcome to the world of Mebius!!

ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)