Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(15) >>
ページ: 1


 
 
嗚呼、平穏は遥か彼方の陽炎也No.0 だけを表示しています。

すずり @suzuri0213☆uVgy9R1pZdc ★Android=ti0IvmfI1e

糸遊村、と聞いてピンとくる人間はきっと多くはないだろう。

その村は日本のとある山間部の麓に位置する、特にこれといった特徴も名産品も観光地もない閑静な村であった。田舎のおばあちゃん家、と言われて万民が思い浮かべるような、田んぼと畑に囲まれたのどかで緑に囲まれた季節の移り変わりを肌で感じて楽しむことのできる━━━━一言で言ってしまえば田舎の、小さな小さな何の変哲もない農村。その村で暮らしたことのない人間ならばそんな風に感じるのであろう。それが悪いことだという訳ではないし、それに抗議するつもりもない。むしろそう考えていてくれた方が“彼ら”にとっては好都合なのである。


何故なら糸遊村を訪れる者は日常を非日常たらしめる存在でしかないからだ。


例を挙げれば魔法使い、超能力者、人外、妖怪、幽霊、呪術者、武人、精霊、果てには神やその血を引く人間等々。これ以上にも非日常を招く客人は数知れず糸遊村へと足を踏み入れる。村人以外誰も知るはずもない熾烈にして壮大、一般人からしてみれば割りとどうでもいい戦いを繰り広げ、下手したら世界そのものをぶっ飛ばす勢いで殴り合い、家族間のゴタゴタや兄弟喧嘩も朝飯前。とにもかくにも糸遊村は毎度毎度ジャンルの違う危機に陥りながら、それでもそれを日常として受け取っている。そう、日常として受け止めることが当たり前と化しているのだ。彼らからしてみれば非日常すら淘汰できなければ生きていくことなどできないのだろう。全くもって人間というのは逞しい生き物だ。


「━━━━なんて、妥協できる訳ないでしょうがッ!!!」


幸か不幸か、非日常を日常としてしまう世界に足を踏み入れてしまった一般人は今日も今日とて理不尽な日常に抵抗の叫びを上げる。たとえ命の危機に陥ろうと、何かしらの争いに巻き込まれてしまったとしても、一般人は一般人なりにそれらを乗り越え、安穏たる生活を手に入れようともがくのだ。



そう、全ては平穏なる日常のために。


2018/04/16 23:43 No.0

嗚呼、平穏は遥か彼方の陽炎也No.0 だけを表示しています。
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)