Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

エアポート

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(114) - ●メイン記事(2) / サブ記事 - いいね!(0)

浪速の一郎 ★iPhone=nn772P6Q1S

朝は冷たかった。 まだ10月だと言うのに木蓮の花が□吹く季節のような風が吹いていた。 ある人はその風を木枯らしだと言い ある人はその風をそよ風だと言い 又ある人はその風をそよ風だと言い切ったら

ページ: 1


 
 

浪速の一郎 ★iPhone=nn772P6Q1S

そよ風だと言い切った。 どこかの家の駐車場の車のボンネットの上で 野良猫が 僅かな陽の光を求め居眠りをしている。

6ヶ月前 No.1

浪速の一郎 ★iPhone=nn772P6Q1S

寂しいのか悲しいのか? 野良猫の目は少し潤んでいた。 そんな日常の中葉山レイコは目を覚ました。

6ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)