Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(6) >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

[完結]ウズニヨ世界

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(51) - ●メイン記事(6) / サブ記事 - いいね!(1)

センパア液@酔い止め @zeroname☆/I6sRnNFj7ns ★ZPLkwvpZ9r_v2j

某なろうで小説を連載しているのですが、どうにも詰まってしまって。
というわけで、こちらでリハビリでもしようかと。

とりあえず文章をすらすらと出すことを目的としたものなので、
以下のルールを設定して、書くことにします。

・思いついたことをすべて書く。整合性は気にしない。
・読んでいて面白い物にしない。ただし、偶然面白くなった場合はこの限りではない。
・読まれていて恥ずかしい物を書く。自身の好きなものをすべてさらけ出すこと。
・最後の投稿から三日以内に書く。期間を超過したら、無理やりにでも完結させること。

というわけで、読み手には面白くない(むしろ有害な)小説になるかと思われますが、
あんま本気にせず「こいつ変な事やってんなー」という目で見てもらえれば幸いです。

ページ: 1

 
 

センパア液@酔い止め @zeroname☆/I6sRnNFj7ns ★ZPLkwvpZ9r_v2j

ウズニヨ世界。
それは、今や電波の入らないアナログテレビを積み上げ、
そこに広がるノイズの草原の中の、毒電波と飛行機、そして魚の飛び交う世界である。

その世界に住んでいる生き物は二人。”ボク”と花香である。
宇宙服を着ているのが”ボク”。斧を持って、ゆるふわサブカル女オタクの服を着ているのが花香。
”ボク”達は今、一つの巨大な魚に乗って、ウズニヨ世界を飛び回っている。

空飛ぶ魚にノリながら、ウズニヨ世界を見下げる。そこに広がるは、ガラクタで覆い尽くされた世界。
そこでは機械が延々と、自分の複製を作り出している。作り出された複製は、また自分の複製を作り出す。
昔は東京都とシドニー、あと九龍城、そしてフランスがあったのだが、9000年前に滅んでしまった。
その文明の欠片を見ていたのだが、どんどん機械に侵食されて行き、すぐに見えなくなってしまった。

自分を複製する機械はどんどん増えてゆく。気づけば、”ボク”達の足元まで届いてしまった。
ほどなく、”ボク”達は機械に飲み込まれてしまう。”ボク”は目を閉じた。

「海だ」

花香が言った。”ボク”はその言葉が理解できなかった。
その言葉に”ボク”が目を開けると、そこは無限に続く、蛍光色の蒼色であった。

4ヶ月前 No.1

センパア液@酔い止め @zeroname☆/I6sRnNFj7ns ★ZPLkwvpZ9r_v2j

光が眼に入って痛い。蛍光色の海の中を歩いてみることにした。
海の中にはさまざまな文字が漂っている。
しかし進んでいくにつれて、種類豊富だった文字も徐々に「あ」だけになってゆく。
だんだんと海は暗くなり、やがて真っ暗な空間に「あ」が浮かぶだけの世界になる。

その中に一つ、淡く翠色に光る「め」の文字を見つける。
”ボク”がそれに触れると、全ての文字は散らばり、空間に光が差し込んでくる。
自然な光が、”ボク”達の居場所を照らす。そこは、見渡す限りの草原であった。どこからか吹いてくる風に、草が揺れる。
突然、花香の頭に、花が咲く。楝色(紫に近い)の花弁と、紅紫色(赤に近い)の花弁と、梔子色(黄に近い)の花弁が入り混じった、カラフルな花だ。
しばらくたつと、左目からも生えてきた。続いて右腕、左脚からも生えてくる。花香は花まみれになってしまった。
「不便だ」と言うので”ボク”は引き抜こうとしたが、根が強く引き抜けない。
しょうがなく、抜く方法をさがすのも兼ねて、先に進むことにした。

しばらく歩く。太陽が仕事を終え、二十六夜の月が太陽の代わりに地上を照らすようになった頃、
”ボク”達は橙色の光の街頭が照らす、舗装された道を見つける。
その道に沿って歩くと、”ボク”達は、大きな洋館を見つけた。

洋館の中に入ると、顔が書物と化した男に出会う。その男はこう言った。
「お待ちしておりました、エクエクタ・エタエタク様、それにエクエクタ・エタエタク様。私の名はエクエクタ・エタエタクです。どうぞ、お見知り置きを」
「ちょっと待って。私はエクエクタ・エタエタクじゃなくて花香よ」と花香は言うが、その書物の男はこう返した。
「何をおっしゃいますか、エクエクタ・エタエタク様。
 このエクエクタ・エタエタクの世界に住む生き物の名前はすべて”エクエクタ・エタエタク”である事は常識です。
 そうでしょう、エクエクタ・エタエタク様?」
”ボク”は話に首を傾けながらも、彼の顔をじーっと観察していた。
彼の顔は、この世界のすべてを記録するための書物であり、この世界で起きたすべての出来事、この小説の文章、
そして、”ボク”と花香と彼の発言がすべて記録されていることがわかる。”ボク”が観察している今も、その書物の文章量はどんどんと増えていく。
「それよりもこれを何とかしてほしいんだけど。不便」と花香が言うと、彼はこう答えた。
「わかりました、エクエクタ・エタエタク様」

すると彼の顔の書物が独りでにパラパラとめくれて行き、最終的に、花香に生えた花のページに行きつく。
「その花はエクエクタ・エタエタクの花です。この洋館から少し離れた”エクエクタ・エタエタクの花畑”にしか生えない、珍しい花です」
「だから、解決法を教えてよ」
花香はそう言うが、書物の男は申し訳なさそうな表情で、こう答える。
「申し訳ございません、エクエクタ・エタエタク様。このような状態は前例が存在しないのです。エクエクタ・エタエタク様が初めてなのです」
彼はそう言いながら、彼の顔の”エクエクタ・エタエタクの花”のページに、今の花香の状態を記録していく。
「今日はもう夜遅いでしょう。花については力にはなれませんが、一晩お泊りになられてはどうですか」
”ボク”達は彼の言葉に甘え、今日はこの洋館で夜を明かすことにした。

4ヶ月前 No.2

センパア液@酔い止め @zeroname☆/I6sRnNFj7ns ★ZPLkwvpZ9r_v2j

眠れない。どうにも、落ち着かないのだ。
”ボク”は気分転換に洋館内を歩き回ることにした。

持っているランプに炎を灯すと、その光は青白く辺りを照らす。
しばらく廊下を歩いていると、突然、巨大な魚が道を遮る。
魚はこの廊下がまるで水で満たされているかのように、スイスイと廊下を泳いでゆく。
その鱗は玉虫の羽のようであり、またその魚が通った後には、温かくも鮮烈な虹色の光を放つ、砂のようなものが残った。
その砂の跡を辿ると、突然として目印がなくなってしまう。

しょうがないので、もう一度目的もなく廊下を歩くと、ガスマントルの頭をした女性が、廊下の端で泣いているのを見かける。
”ボク”が何故泣いているのかと尋ねると、彼女はこう答えた。
「飼っていた魚が逃げてしまったのです。私の愛しいエクエクタ・エタエタク。愛していたのに。」
”ボク”は彼女に、魚を見かけたことを伝えた。そうすると彼女の頭の中に光が点り、彼女は明るい顔でこう言った。
「本当ですか……?どこにいるんですか、教えてください!」
そこまではわからないので、”ボク”は彼女とともに魚を探しに行くことになる。

ほどなくして、あの魚を追うための手がかりを見つけた。
「あの子の欠片だわ。急ぎましょう」と彼女は言う。
跡を辿ると、ほどなく魚を見つけた。前に見たときよりも、すこし小さくなっているように見える。
「見つけたわ!エクエクタ・エタエタク!ずっと探してたのよ!エクエクタ・エタエタク!エクエクタ・エタエタク……!!」
彼女は嬉しそうに魚に飛びかかる。しかし、魚は彼女を振り払う。それでも彼女は飛びかかる。
魚はまた振り払う。そのたびに魚の鱗が剥がれ落ちる。剥がれ落ちた鱗は、どぎつい玉虫色から、鮮明な虹色に変わり、やがて粉状になる。
鱗が剥がれ落ちた先から、新しい鱗が生えてくる。その鱗は、生えていた鱗よりやや小さい。
「エクエクタ・エタエタク!エクエクタ・エタエタクッ!!!」
彼女は魚を抱きしめる。魚は破裂してしまう。魚の鱗のすべてが一度に粉状となり、魚は形を保てなくなる。粉になった魚は動かなくなった。
魚の飼い主に点った灯が消える。彼女は一心不乱に砂をかき集め始めた。”ボク”が声をかけても、一切の反応を返さない。

ふと窓の外に目をやると、もう日が上がってきそうだ。”ボク”は寝室に戻ることにした。

4ヶ月前 No.3

センパア液@酔い止め @zeroname☆/I6sRnNFj7ns ★ZPLkwvpZ9r_v2j

「おはようございます、エクエクタ・エタエタク様、エクエクタ・エタエタク様」
朝起きると、書物の男が朝食を用意していた。魚料理が中心。
花香の花は深刻化している。もはや肌が見えない。
洋館に別れを告げ、再びアテもなく、草原をさまようことに。

途方もない時間、歩き続ける。草原を、アテもないまま歩き続ける。
あまりにも長い間歩いているからか、”ボク”達が歩いている間に、周りの文明は発達していっているようだ。
例えば洋館の近くには大きなカプセルホテルができた。そのカプセルホテルもどんどん大きくなってゆき、
今では空を覆い太陽と月を隠してしまうほどだ。洋館はカプセルホテルの巨大化のために、取り壊されてしまった。
”ボク”達が洋館を出発してから40年で歩ける距離の場所には、一つのテーマパークができた。
子供たちに大人気で、世界中の子供たちがそのテーマパークを訪れ、そのままそのテーマパークになってしまうほど。
しかし、経営難で200年後には潰れてしまった。潰れたテーマパークに巻き込まれた子供たちは、ぺしゃんこになってしまった。

気が付けば、周りは自分を複製し続ける機械だらけ。花香は完全に花になってしまっている。
出発から2500年ほど経ったこの日、”ボク”達は遂に「世界の果て」にたどり着いた。
そこはとても高い崖。底の見えない、とてもとっても、高い崖。のぞき込むと吸い込まれてしまいそう。
崖の底からは、数々のダルマが縦方向に伸び続けており、カプセルホテルをぶち破り、天まで伸び続けるダルマも多い。
”ボク”達はダルマに掴まる。ダルマが伸びるので、僕たちはどんどん天に近づいてゆく。足場がどんどん遠くなる。
やがて、カプセルホテルの天井をブチやぶり、僕らは天に上る。
たくさんの魚が飛んでいた。洋館で見た、あの魚がたくさん。”ボク”達が、ウズニヨ世界を見下げていた時に、乗っていた魚だ。

4ヶ月前 No.4

センパア液@酔い止め @zeroname☆/I6sRnNFj7ns ★ZPLkwvpZ9r_v2j

ダルマはどんどん伸びてゆき、やがて空をも超えてゆく。
遂に”ボク”たちは”宇宙”にまでたどり着いた。
空気が薄い。いや、空気が無い。”ボク”たちの息は詰まってしまう。

気絶から目を覚ます。今”ボク”がいるのは月のようだ。
花香がいない。どうやらはぐれたようだ。”ボク”は花香を探すことにした。

月面を歩く。歩き続ける。”ボク”の住んでいた星と違い、月には何もない。
ただ、荒野だけが広がっている。どこまで歩こうとも、荒野だけが広がっている。

”ボク”は、少し寂しくなった。

”ボク”はウズニヨ世界で、いろいろなものを見た。
”ボク”は花香と一緒に、空飛ぶ魚に乗りながら、ガラクタの海と、自分を複製し続ける機械を見た。
月には、何もない。延々と同じ景色が続く、虚無。

”ボク”は、胸が痛くなった。

”ボク”はウズニヨ世界で、いろいろなものを見た。
”ボク”は花香と一緒に、蛍光色の海と、見渡す限りの草原を見た。
月には、何もない。延々と同じ景色が続く、虚無。

”ボク”は、とても悲しくなった。

”ボク”はウズニヨ世界で、いろいろなものを見た。
”ボク”は花香と一緒に、洋館と、顔が書物になった男、魚を探す女を見た。
月には、何もない。延々と同じ景色が続く、虚無。

”ボク”は、泣きたくなった。そしてすでに僕は、泣きながら歩いていた。

”ボク”はウズニヨ世界で、いろいろなものを見た。
”ボク”は花香と一緒に、成長し続けるカプセルホテルを見た。そして、「世界の果て」も、花香と一緒に見たのだ。
月には、何もない。延々と同じ景色が続く、虚無。

ウズニヨ世界には、何もかもがあった。少なくとも”ボク”が見たものは、確かにそこに存在した。
月には、何もない。延々と同じ景色が続く、虚無。
延々と同じ景色が続く、虚無だ。
ここには、何もない。”ボク”には、何もない。
何もないんだ。

”ボク”は、膝から崩れ落ちた。

そして、”ボク”は、目の前にあるものを見た。

大きな花が、そこに咲いていた。見覚えのある花だった。
書物の男が見せた、「エクエクタ・エタエタクの花」。”ボク”がずっと見続けていた花。

砂になってしまっても構わない。
”ボク”は、その花を抱きしめた。

3ヶ月前 No.5

センパア液@酔い止め @zeroname☆/I6sRnNFj7ns ★ZPLkwvpZ9r_v2j

〜あとがき〜


この小説は完結しました!!わーい!!

本当はもっと続けるはずだったのに!モチベが湧かねーなチクショー!!
なんで?

いやー、最初から終わりのビジョンを持ってないと、終わらせても達成感が湧かないものですなー。
まあコレを書くことで、少しでも脳内イメージが出力しやすい身体になってることを祈ります。
いうほど脳内イメージをそこまで出せたわけでもないけどさー。

しっかし綺麗な文章書こうとするのはっずかしー!!色の名前とか調べて描写しちゃってさー!!くちなしとか!!ってか見返すと漢字が読めぬ!!
というか”ボク”って何!?なんでダブルクォーテーションで一人称を囲む必要があるの!?カッコいいからだよ!!

ところで >>1 とそれ以外で、脳内をそのまま出力することの意味合いが変わっていたりします。
>>2-5 は、脳内に浮かんだ映像、ストーリーを「脳内編集者」を通さずに恥を忍び出力するのに対し、
>>1 は脳内に浮かんだ文字そのものを書き出す、ワードサラダそのものだったり。なので意味が通ってないと思います。
>>1 に意味は存在しません。まあ >>2-5 もそこまで意味合いがあるわけではないんですが。

ちゅーわけで、今度はなろうの詰まっていた小説の執筆でも再開しようと思いまーす!雰囲気はこの小説とは全然違います!
機会があればまた今度〜!!

3ヶ月前 No.6
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)