Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

突然ですが、異世界で「革命家」はじめました。

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(246) - ●メイン記事(3) / サブ記事 (5) - いいね!(1)

琉々 @luna09 ★S86CyaL73S_Izv

革命(かくめい、英語:Revolution、レボリューション)とは、権力体制や組織構造の抜本的な社会変革あるいは
技術革新などが、比較的に短期間に行われる事。対義語は保守、改良、反革命など。(wikipediaより参照)

革命って言ったら何を想像する?大富豪?フランス革命?それともロシア革命?まぁ、どれもほぼ同じだけどもね。
えっ、歴史上の革命なんてどれも血生臭いじゃないかって?いやいや。違うんだなこれが。今から始まるのは
激動の時代の中、楽しみながらも様々な革命を引き起こしていった、頭のネジがぶっ飛んでる少年少女の物語。


※この作品は不定期更新かつ作者が失踪する可能性が高いです。

1年前 No.0
メモ2017/05/21 22:44 : 琉々 @luna09★S86CyaL73S_Izv

※この作品は流々の汚い世界観と下品な下ネタが包み隠さずフルオープンになっています。

切替: メイン記事(3) サブ記事 (5) ページ: 1


 
 

琉々 @luna09 ★S86CyaL73S_Izv

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.1

琉々 @luna09 ★S86CyaL73S_Izv

【Episode-1 自分の考え方の革命】(統一歴1660年5月8日)

俺がテクノブレイクして天国or異世界(未定)に飛ばされてから結構経った。多分5年くらい経った。
その間、色々やろうとしてみたんだけど結局の所、現実or下界(未定)に戻る事は出来なかった。
チクショウ...てかあの晩見たAVのタイトルは死んでも忘れないと思う。確か...

「ベルニカ?もしかして、パンでも喉に詰まらせたの?」

しまった。どうやら食事中にも関わらず手が止まっていたようだ。それを見たお母様はもしかして娘が
喉に食べ物を詰まらせたんじゃないかと心配したようだ。いけない。もう、食事中にAVの事を考えるのはよそう。

「いいえ。ボクは大丈夫ですよ〜お母様。」

そう言うと、よかった。とお母様は胸を撫で下ろす。そして俺は心配させまいと食事を再開する。うぇ〜...ブロッコリーあるじゃんか。
ブロッコリーを嫌々、フォークで口に運びもぐもぐする。オエってなりそう...そう言えばベルニカって名前。以外と良いな。
ベルニカ...ベルニカ・リル・グリーケンベルク...グリーケンベルク...おえっ。...あぶね危うく吐く所だった。

「あっ、無理して食べなくても良いのよ。ベルニカは他の子と違ってちょっと体が弱いんだから...」

お母様ありがとう。でも、ただの好き嫌いです。俺って前世から好き嫌い多いからさ。んで俺は大丈夫ですと言うと、口の中
に止まっている唾液とぐちゃぐちゃになったブロッコリーが混ざりあった物を無理矢理飲み込む。きもちわるい...
口の中に残ったブロッコリーの風味を消し飛ばすため俺はコップに注がれた水を一口飲んだ。おいしい。

「......そういえば、母さん。明日は国王生誕祭だね。...今年も僕は君と一緒に居られなさそうだ...」

食事中に一度も口を開かなかったお父様が突如口を開いた。茶髪のショートヘアで目はつり目で黒ぶち眼鏡をかけているから
気難しそうで怖そうな印象を持つが、声は暖かく安心させてくれる。これが父性という奴なのだろうか。んで、お母様は
そう...と言った。ちょっと寂しげに見えた。

「でも、君にはベルニカとラインハルトがいるから寂しい事は無いと思うよ。...僕がいない間子供たちを頼むよ。」

とお父様は俺とレイお兄様の方を見てニッコリと笑った。2歳上の兄は「父様のかわりにおれが母様を守るよ!」とか言っている。
とりあえず俺はニッコリ笑っておいた。細身で金髪の若いお母様はクスッと笑うと言った。分かったわ。気を付けて行ってきてね。と。
正直疑問だ。生誕祭って事は国中が多分れっつぱーりー状態になる。たぶん屋台とか出ると思う。でも俺はこっちに来てから
一度も家の外に出たことは無いから分からないが。お祭りとか、夫婦でイチャコラできる絶好のチャンスだと思うのだが。
下手すれば、お母様とお父様が夜中まで二人きりの祭り(意味深)を繰り広げかねないほどに。ほら、二人ともお若いし。見た目とか
どう見ても20代だし。

「そう言えば、お父様はどこに行くのですか?」

お父様に対し素朴な疑問を投げ掛ける。確か2年前も同じような疑問を持った気がするが、その時は聞かなかったんだと思う。

「ベルニカ。お父様はね、王様のお城に行くの。王様の誕生日を祝うの。」

お母様が教えてくれた。あ〜なるほどね。カンテラとかある位だし中世っぽい世界観なのか。道理でWi-Fiもパソコンもスマホも無かった訳だ。
たまに、窓からの景色も見たりするのだがどうやら家の回りには草原か畑しか無い。俗に言う「田舎」って奴だな。
じゃ、お父様はアレか。地方公務員みたいな感じなのだろうか。俺は「へ〜」と感嘆の声を漏らした。

1年前 No.2

琉々 @luna09 ★S86CyaL73S_Izv

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.3
切替: メイン記事(3) サブ記事 (5) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)