Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

マジカルフィーバースクール

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(52) - ●メイン記事(3) / サブ記事 - いいね!(0)

Bibliotheca @merry ★DsnnzYukxs_yFt

皆様お久しぶりです。
さいきんいそがしくてメビウスリングの存在を忘れてるほどでした。

このお話は更新が間に合わず過去ログに逝ってしまった http://mb2.jp/_shousetu/31421.html の改編でお送りしようと思ってます。
登場人物は一緒です。
前のは人様にお見せできないレベルでゴミ駄文な黒歴史物語になってたので今回はまじめにやろうと思います(できれば)。

まあ相変わらず亀更新ではありますがよろしくお願いします。

メモ2017/07/26 12:33 : Bibliotheca @merry★DsnnzYukxs_yFt

*風待柚梨-かぜまちゆずり

雪消学園高等科2年9組。無口であまり表情を表に出さない美少女。容姿端麗で文武両道。幼い頃から華道・茶道・剣道を嗜んできた。

風の魔術師。江戸時代から続く武家屋敷、風待家の第二子であり長女。

無口だが心優しい一面も。1年次から図書委員及び図書委員長を務めている。

1年次2年次恒例の新年度パートナー召喚で天魔界四大守護神であるルヒエル・リャナンシーを召喚する。


ルヒエル・リャナンシー

風待柚梨のパートナー。皇神域四大守護神でありかつ風を司る神。

柚梨に似て無口で無表情。氷さえも凍りつけるほどの視線からは感情すらも窺えないが柚梨の事を大事に思っている。

弟がおり、弟は柚梨の従兄弟のパートナーでもある。

天魔界における皇神域の帝、ルフトクロイツ・リャナンシーの長男でリャナンシー家の次期当主。


*涼暮駿-すずくれしゅん

雪消学園高等科2年9組。普通の男の子。勉強も運動も平均的だが数学はずば抜けてできる。得意な運動はバレーボール。

この世界ではとても珍しい生命系統の魔術師でこの世界に於けるすべての生物の軽傷を治癒することができる。

1年次2年次恒例の新年度パートナー召喚では精霊域最強と謳われるパセファニー・プロセルピナを召喚する。


パセファニー・プロセルピナ

涼暮駿のパートナー。治癒を司る精霊(のちの治癒の守護神)。

あらゆる外傷、症状を治せる霊力を持つ。

かわいいものが大好きで、服装はフリル系が多め。アリスドレスを好む。

後にある出来事がきっかけでユーミルから守護神昇格を言い渡される


*八咫宵魔-やたよいま

雪消学園高等科2年9組。柚梨の従兄弟。

柚梨よろしく無口だが、表情は豊か。嵐の魔術師。

1年次2年次恒例の新年度パートナー召喚ではラシエルを召喚する。


ラシエル・リャナンシー

宵魔のパートナー。竜巻を司る皇神域の守護神。兄のルヒエルとは仲が良いが性格は全くの正反対。明るく、温和。

…続きを読む(144行)

ページ: 1

 
 

Bibliotheca @merry ★Android=PFJlubODm7

序曲#皇神域

エラ歴3000年。人間界においては2000年────
人間の棲む地界より遥か彼方に在るという世界────天魔界────
その天魔界が一領域、皇神域では四大守護神……否、三柱の守護神が、一柱の守護神を探していた。

『ルヒエルの奴どこ行ったんだ!』
『親父さんがめっちゃ怒ってんのになァ』
『またアレだろ、次期当主イヤーだろ』

ルヒエル────ルヒエル・リャナンシーは、皇神域に棲む風の守護神であり、この領域を統治している帝、ルフトクロイツ・リャナンシー帝の息子であり、リャナンシー家の次期当主となる者であった。
然し本人は嫌がり、話に出れば風を操って脱走する────といったところである。
そして例によって今日もその話から逃れるべく脱走したらしく、帝によって集められた三柱の守護神が被害を被っている。

『こうなったら大地を荒らすか』
『やめぃ!他の神らに迷惑になるだろが、ここは海水を操って』
『いやいや、俺が昼と夜を操って』
『それは神獣域の役割だろ』

残りの三柱の守護神────陸、海、空をそれぞれ司る守護神、サハクィエル・ブラオトラウム、デメテル・ネプトゥヌス、エーギル・トルトンは空中を自在に飛んでいる。

『でもまぁ、親父さん帝だしあいつが見つかるのも時間の問題だよな』
『あぁ、俺らも上手く協力すればあいつ超えられるっしょ』
『あいつ俺らよりクソつえーもんな、チートだよもう。あいつ神じゃなくね?』


『────誰が、神じゃないって?』

3ヶ月前 No.1

Bibliotheca @merry ★Android=PFJlubODm7

第1話#卯月

4月某日。新生活、新学期に心躍る季節。
桜が舞い散る中、雪消学園生の風待柚梨は、親友の鳴神絢音と学園へと向かっていた。

「いよいよ2年生だね〜、柚梨!」
「えぇ、そうね」

武家屋敷の生まれで、幼い頃から華道・茶道・剣道を両親に叩き込まれた柚梨は同級生よりはるかに大人びている。
容姿端麗、文武両道、ましてや物静かな性格も相まって、学園では高嶺の花扱いであった。

「柚梨は羨ましいな〜」
「何が?」
「美人だしモデル体型だしベンキョーも運動も出来るし魔術力はめっちゃあるし」
「そんなことないわよ、絢音もかわいいし勉強出来るじゃない。去年だって1年生にして精霊を召喚したんでしょう?」

そう、魔術力をさほど身につけていない、若しくは大量保持していても自分のモノに出来ていない入学したての召喚士はまず少ない魔術力でもパートナーとなれる妖精を召喚するのだが────

「メロディアはすぐ暴走したわよ」

────絢音は1年にして精霊を召喚したのである。

「確かにあの子はおてんばだったわね」
「それより私は柚梨が1年にして守護神召喚したのが気になるのよ!!!!!!!!!」
「………あいつは………ええ、そうね……」

一方、柚梨は1年次に守護神を召喚した事がきっかけで学園開校以来の秀才と謳われるようになっていた。それが高嶺の花の一つでもある。

────まぁまさかその守護神が今回も柚梨のパートナーになることはこの時の2人は知る由もない────

「ルヒエルくんだっけ、かっこよかったよね〜」
「……ノーコメントで」

3ヶ月前 No.2

Bibliotheca @merry ★Android=wEyv18fSSp

同日午前。
教室に着いた柚梨と絢音は離れた席に座っている。
教壇の上に立つは柚梨のクラスの担任教師、青山空遥。
────生徒達はちょうど自己紹介も終わり、パートナーを召喚するべく説明を受けているところである。

「というわけでね、アリーナ行きます!男女1列ずつ、出席番号順にねー!召喚終わったら自由にしていいから!」

つまり、柚梨は前の方で絢音は後ろの方になる。

「柚梨〜!!私の召喚終わるまで待っててね!!」
「いくらでも待つから早くお並びなさいな」

────

所変わって雪消学園アリーナ。
2年9組の生徒が順番にパートナーを召喚している最中である。

「次!男子、涼暮!女子、風待!」

柚梨の番がやってくる。

「柚梨〜!また神様召喚しちゃうかもよ〜!私がホショーするわ!」
「ハイハイ」

またあいつが出てくることも知らずに、柚梨は召喚呪文を詠唱しはじめた。

「普く世界を構築する永久不変が一つ、偉大なる始まりの風よ────」

足元に複雑な紋章、いわゆる魔法陣が形成される。
それを、同時に呼ばれた涼暮駿含め誰もが見ていた。


「其は生命を育む恵みの舞にして、邪悪を罰する裁きの鍵なり────其は穏やかなる幸福を満たすと同時、冷たき闇を滅する凍える雹風なり」

空気が、轟────と哭いた。
魔法陣の中心から霧が立ち昇り、人型を造り始める。

「その名は風、その盟は我が剣────顕現せよ、我が身を喰らいて力と為せ!」


呪文詠唱が終わる。
魔法陣は消え、後には長身痩躯の、銀に輝く長い髪を揺蕩わせた鋭い双眸の青年が存在た。

『我が名はルヒエル・リャナンシー。天魔界が四大守護神、風を司る神也────って、またお前か……武家屋敷の娘』
「それはこちらの台詞よ、皇神域の次期帝さん?」
『その立場は嫌だ、だから召喚されたのだ』

パチ…
パチパチパチパチ…

何処からか、手を叩く音が聞こえたかと思うと、一気に拍手となった。

「えー!まさかのまたルヒエルくん!」
「顔見知りですか、風待さん…」
「ええ、去年も召喚しましたが?」
「えっだってこの神様は守護神だろ!?」

絢音と青山、駿が同時に詰め寄る。
二連続で同じパートナーを召喚するのは学園開校以来初めてのことらしかった。

3ヶ月前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)