Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(67) >>

とある異世界の学園の日常(?)

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(572) - ●メイン記事(67) / サブ記事 (3) - いいね!(7)

彗星 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

「なになに…注意書があるな…」

「へー、読んでみてよ」

「えーと…ここの学園はそして厨二病要素有り、学園要素有り、異世界要素有り、異能力要素有り、ネタ有り、シリアス有り、エロは…ないな」

「当たり前だね」

「で、以上の事が了承出来ぬ方はフェードアウトしてください…」

「アニメじゃないんだから」

二人の前にそびえ立つ灰色の壁は、まさに城壁と呼ぶに相応しく、そこの門は学園の門とは思えないほどしっかりした、城門と呼べるものだった。

「これ、普通に刑務所の門だよね…」

「…だね」

ここはただの学園ではない。
帰ろう。
そう思い、二人が壁に背を向けたとき、男が思い出したように言った。

「____そういえば、ここに来る時に看板があったなー」

「へー」

「その看板、日本国憲法通用しませんとか書いてあったような…」

「それ最初に言いなさいよ!」




その後二人を見た者はいなかったとさ




___________ここは真海学園。
いわゆる異世界の学園だが、学園でありながら国家として存在している。

そして、そこに通うとある生徒が、その世界の歴史をどうにかしてしまうようだ。




【はい、100%勢いだけで書きますねー。戦闘シーンとかは結構力入れますけど他は手抜きです多分。後、主の都合で更新ペースは酷く上下しますよー】

1年前 No.0
メモ2018/08/26 16:34 : 天雷☆YV/LbxVUS0Pr @kgb★Android-0bca4o0hXK

【注意】

勢いだけでやってます


なので設定ガバガバのガバナンスですはい(なに言ってるかわからない)


訳:サブ記事にはまともなものが書ける気がしない


注意

・第四の壁が存在しません

・ネタ、シリアス両方あります

・その他諸々あります

・日常パートは本篇ではなくほんへ。オーケー?

・後日談も入れます

・あと重要キャラ登場パートは別でまとめます


―本篇―


【屋上争乱篇】

>>4-7


【晴天霹靂篇】

>>10-17


【宮古愛宕登場!!!篇】

>>21-29


【熱夏閃光篇】

>>34-47 後日談>>48-50


【仮姿封面篇】

…続きを読む(4行)

切替: メイン記事(67) サブ記事 (3) ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (17件) | 最新ページ

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第18話 金は使えば失せていく】

ある休日、龍司は1人で商店街を歩いていた。

学園の中心、学都・歳礼の近郊にある六番商店街だ。

____因みに、龍司が住んでいるのは歳礼南西の八番住宅街で、通っているのは第三高校だ。


ともあれ、摩耶は今日、所用があって家を空けており、龍司も予定もないのでとりあえずフラフラしていたら六番商店街に着いたという次第だった。

とりあえず、来たからにはなにか買わなければいけないという強迫観念が芽生えてしまうのがこの商店街という場所なのだろうか。
何故かチキンカツが買いたくなっていた。

「おばちゃん、チキンカツ1つ」

揚げ物屋で150円のチキンカツを買うと、そのまま食べ歩いた。

「にしても、説明詐欺だよなあこれ…」

龍司が差しているのは、この小説の事だ。
堂々と第四の壁突き破るのは、彼の得意技だ。

「なあ、筆者は『戦闘シーンには力入れる』とか言ってたじゃん?でもリア友にこれ見せたら、『日常シーンの方が力入ってんじゃね?』とか言われたらしいじゃん?」

これ以上はナレーターとしては言ってほしくないところだ。
しかし彼はお構いなしに続けた。

「しかも、『シリアスストーリーの方が日常より圧倒的に多いぞ?』とさっき気付いたらしいぜ?アホじゃね?つうか、これを人に見せたがる辺り、もうただのバカにしか見えないと思うの」

なんでこうも堂々と言えるのか、不思議である。
第四の壁は突き破るものではないのに…!
破ってはいけないとうのに…!

「てかさ、シリアスストーリーの締め方、下手くそじゃね?最初の屋上争乱篇とか、ラスト俺と摩耶イチャつかせておしまいじゃん?さっきの晴天霹靂篇なんて、最後めんどくさがって締めたじゃん?完全に勢いだけでやってます感満載なんすけどこr」

これ以上は不味い、と判断したので、これにて第18話を終了させていただきます!
「最後も雑じゃねえか!」

1年前 No.18

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第19話 神の髪は紙1枚より薄い】

ある日の夕食後。
龍司はいつも通り寝転がってテレビを見ていた。

だがそれは『とりあえず目に写してるだけ』である。

それ以外にすることがないというのもあるが、自室で寝転がるよりはここにいた方がなんとなく気分がよくなるということもある。

しかし、なんにもないのにここで寝転がるのもあれなので、こうしてテレビをつけているわけだ。

しかし、眠気が襲ってくると話は別だ。

「なー摩耶」
「ん?」

台所で皿を洗う摩耶に声をかける。

「俺そろそろ寝るわ」
「ん、わかったわ。また明日、よろしくね」
「うい」

そう言うと、立ち上がってそのまま部屋に行った。


1年前 No.19

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第20話 実は金閣寺は1回燃えてる】

朝起きると、珍しく摩耶が先に起きて朝食を作っていた。

「珍しいじゃん」
「気が向いたのよ」

彼女はそう言うと、フライパンの目玉焼きをひっくり返した。


朝食を終え、歯を磨いて制服に着替えて学校へ向かう。

一般的な家庭の朝は、この家の場合にも当てはまる。
唯一違うのは、親がいないことだが、親がいないことでこの共同生活は成り立っていた。


教室に着けば、何故か変な目で見てくる生徒がちらほらいる。

それもそのはず、龍司は様々な事情があって摩耶という女性と生活し、摩耶も摩耶で諸事情あって龍司という男性の家で生活しているのだ。

それはクラスのだいたいは生徒は知っていたし、良識ある者は事情は知らずとも理解している。

しかし、それを交際と捉える者も中にはいるようで、そんな輩があらぬ噂を立て、広げる。

だが龍司も去るもので…。

「草鹿、火消し頼む」
学級委員の草鹿剣。
性格もよく、成績もよく、能力者カテゴリー7でもあるこのザ・優男な彼は、龍司の親友の1人である。
「わかりました、任せてください」
誰に対しても、例え緊急時でも敬語を使うのが玉に傷だが、別にそれは問題ないだろう…。

「ちっすりゅーちゃん」
「いつになくチャラいな」
沢谷だ。
やはり朝はみんなテンションが低いと言うが、彼は全く違った。
朝からバカ全開だった。

1年前 No.20

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第21話 鹿のツノはかなり痛い】

「なありゅー」
「なんだサワ」
休み時間、居眠りをする龍司の元に、沢谷がやってきた。

彼曰く、「暇だから放課後に商店街いこうぜ」とのことだった。
この日はあいにく四時間授業で、午後は完全にやることがなかったので、丁度いい用事といえばそうだった。

「じゃあ私も混ぜてくれる?」
摩耶だ。
まだ龍司は了承していない。

…どうやら、行かないという選択肢はないようだ。

「おう、わかった。持ち合わせがないから沢谷が持てよ?」


龍司と摩耶は金銭面を沢谷に丸投げし、商店街へ向かった。
沢谷の顔が青銅器顔負けレベルで真っ青だったのは言うまでもない。

「お、あそこのチキンカツうまいぞ」

ここは以前来た六番商店街だ。
摩耶も沢谷も名前は知ってるが来たことがないそうで、紹介して回っていた。

例のチキンカツを早速紹介するが、
「ふーん」
「へー」
と二人は流した。
「え、なにその無反応」
すかさず突っ込む。
「第18話で一瞬出てきたからみんな気になってると思ったんだが」
「平然と第四の壁を突き破るな!」
沢谷が突っ込み返した。

閑話休題。

龍司たちが商店街を一回りした頃に日が暮れ、買い食いしたために腹も膨れていた。

「んじゃ、俺はここいらで」
と沢谷は別れ際に言うと、六番商店街北口から外へ出た。
…あいつ、たしか帰る方向は南じゃなかったかな…?と龍司は思ったが、敢えて口には出さなかった。


帰り道。
摩耶と二人で、夕暮れの街を歩いていた。
「あいつ、顔真っ青だったな」
沢谷のことだ。
彼は、今日買ったものを全額払わされている。
財布はさぞかし寒いだろう…。
「確か、合計で2万6750円買ったわね」
「よく覚えてんなお前」
すげえよ摩耶は…買ったものの金額を覚えてやがった。
まあ、これくらい覚えてなきゃ学級委員は務まらんのだろうな…。
そう思いながら、龍司は摩耶の能力に感服した。

大きな鉄橋に差し掛かった。
この橋は八塩橋と呼ばれ、その下には勝喇河と呼ばれる大きな川が流れている。
そして、この川の対岸に龍司の住む八番住宅街がある。
ガードレールの向こうの車の往来とエンジンの音がこだまするなか、二人はまっすぐ歩いていく。

橋の真ん中に来たところで、異変は起きた。
「なにか聞こえない?」
「なんかって…?うん?」
龍司はそこで摩耶と同様に気がついた。
エンジンの音に混じって、なにか1つ、違うものがある。
「…悲鳴?」
龍司がそう勘づいたとき、咄嗟に上を見上げると、1人の少女が降ってきた。
「ウワーーーーーーッッッッ!!!!」
「親方ー!空から女の子がー!」
降ってきた女性と、龍司の声が重なる。
「早く受け止めィ!」
摩耶が突っ込む。
直後、龍司は少女を両腕でどうにか受け止め、地面へ降ろした。

「よっ…と…。怪我はないか?」
「う、うん…」
少女の顔は赤く染まっていた。
まあ無理もない。なんせ、お姫様だっこの要領で受け止めたのだから。
そして龍司は絶句した。
そう、少女は_______美人だったのだ。
(…摩耶もなかなかだが、これも…。俺は恵まれてるな!)
二人を交互に見て、一瞬鼻の下が伸びる。
それを横目で見ていた摩耶に、龍司は橋から突き落とされた。
川面が大きく揺れ、水柱が立った。
「ぶはッ!なにすんだ!?」
川の底から浮き上がり、水面から顔を出した龍司は、摩耶に抗議する。
「美女を見ていかがわしいことを考える変態お断り!」
「はァ!?んなこと考えて…はい、考えてました」
その瞬間、クナイが龍司の額に突き刺さった。

1年前 No.21

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第22話 坂本龍馬と吉田松陰を間違える教師が極稀にいる】

引き続き橋の上だ。
「…で、聞いてなかったけど、名前は?」
びしょ濡れの龍司が少女に名前を訊く。
「私は宮古愛宕よ。さっきはどーも。愛宕と呼んでちょうだい」
割と声が高い。そしてその声はどこか高飛車な印象を抱かせた。
愛宕と名乗った少女の背丈は龍司や摩耶とそこまで変わらず、その端正な顔立ちも幼いわけではない。
「俺は峯風龍司。こっちは黒月摩耶」
「なんで空から降ってきたの?」
今度は摩耶が質問する。
そらそうだ。いきなり空から降ってきたのだ。
疑問に思わないわけがない。
「あー、それね」

「さっき、あそこから飛んだのよ!」
愛宕が指差した先は、龍司から見て南、川の対岸にある大きな電波塔だ。
高さはゆうに200メートルを超える。
「はァ!?」
「え、まさか、あなた能力者?」
驚愕する龍司の横で、摩耶が更に問い掛けた。
「そうよ!私の能力は『物体浮遊(エア・クラフト)』。カテゴリー6よ」
中級カテゴリーの能力者…。
戦闘にも日常でも使える、汎用性の高い能力だ。
「触ったものは浮かせられるわ」
そう言った愛宕の目の前で、龍司が宙に浮いた。
無重力状態とやらに近い状態を味わいながら、能力の内容わ思い出した。
「…なるほど、中級カテゴリーの物体浮遊は、能力を解けば着地するまで再発動はできないってわけだな。そして、宮古は」
「せーかい!龍司すごいわねー」
「タメ口を許可した覚えはない」
「堅ッ苦しいわねぇ〜?禿げるわよ」
「禿げねえよ」
「はいはい二人ともそこまで」
摩耶が割って入った。

閑話休題。

摩耶と愛宕と龍司は、橋を渡りながら会話を交わしていた。
「つまり、愛宕はあの塔から気晴らしに飛んでたら、うっかり解除して落下して、こうなった、というわけか」
「そ。もーほんとイライラしててさー」
なんだか放置していたら面倒なことになりそうだ。
ここはガス抜きに、話を聞いておこうと摩耶は判断した。
「なにがあったのか教えてくれる?」

1年前 No.22

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第23話 カビの生えたパンを食べるのはやめましょう】

「よかったら、なにがあったのか教えてくれる?」
「うーん、どーしよっかなー」
テストの点が悪かったのか?と摩耶は察し、龍司は友人関係かと思った。
「そーねえ、まあ簡単に言うと、うざったいのよね」
「なにが?」
「親よ。ああしなさいこうしなさい、貞淑を装え、大人しくしてろ宮古家の家風はこうだ、こんな男と付き合え、金もないやつと付き合うな、てさ」
もしこれが本当なら異常な親だ。
どこかの名家か?
「んで、イラっとしてたからたまに飛んでたのね」
「そうね。空を感じてると、全部忘れられるのよ」
「危なっかしいわねえ」
「やめらんないのよ〜」
恍惚な表情を浮かべる愛宕と、それを呆れた様子で見つめる摩耶。
女子トークの進み方がよくわかった龍司だった。

「ところで摩耶もそんなことなーい?」
「え、なんで?」
「だってさー、こんな冴えない彼氏持って、イライラしない?」
「はァ!?」
「ちょっと待って、私達、付き合ってるわけじゃないわよ!?」
龍司と摩耶が全力で愛宕の問い掛けを否定する。
「知ってるわよ」
あっけらかんと言い放った愛宕。
「だいたい、そんなことに時間を費やす連中がいるなんて、わけわかんないわ」
「え?」
これはつまり、愛宕は恋愛を理解してないのか…?
「意外ね。宮古さんは、そーいうのに翻弄されるタイプかと思ったわ」
「ひどいわね〜、人をビッ○のような言い方しないでよ」
「失礼しました〜」
微笑みながら言う摩耶。反省の色はゼロだ。
愛宕の顔はかなり不満そうだ。

二人とも、深層の本質が似ているからなのか、ここまで打ち解けるのにそう時間が掛かっていない。
まあ元々、摩耶はフレンドリーな性格であるし、恐らく愛宕も同様なのであろうことは龍司も理解していた。
「んじゃ私はここで。家あっちだから」
と橋を渡ったところで、愛宕と別れた。
「気を付けて帰れよー」
既に日は落ち、辺りは完全に暗くなっていた。

こうして、長い1日は終わった。

1年前 No.23

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第24話 ツンデレは扱いがめんどくせェ!】

愛宕と出会ってから数日が経った。

今日は休日で、龍司はいつも通り終日ゴロゴロする予定だった。
が、しかし…。

「ん…?暑ッ苦しいわね…」
蒸し暑さで起床した摩耶は、真っ先に時計を見た。時刻は午前10時だ。
気温は21度、若干暖かいといった感じだろうか。
しかし、起きた瞬間の暑苦しさを説明するには、それは足りない。
「ん…」
「うん?」
誰かの声が一瞬聞こえた。
しかも、どこかで聞き覚えのあるトーンだ。
そういえば、さっきから右から温もりを感じる…そう思って右を見ると、そこには愛宕が寝転がっていた。

「…」
「ん…。…あれ、起きたの?」
むっくりと起き上がる愛宕は、目を擦りながら寝惚けた口調で言った。
「いや、あなたどこから入ったの!?」
と摩耶は盛大に突っ込む。
そしてその時、部屋のドアがガチャリと音を立てて開いた。
そこには龍司がいた。
「おい摩耶、どうし…はァ!?」
「え、ちょ、龍司くん、そうじゃないのよ!?そうじゃないからね!?」
「お前ら、そ、そそそういう関係だったのか!」
「ち、違うから!起きたらこの子が!つうか私レズじゃないから!」
「あら〜?じゃあ龍司も混じる?摩耶ってすごいわよ?」
「なんの話!?」
「決まってるじゃない。恋人同士と言えば、【規定により削除されました】くらい当たり前でしょ?」
「さらっと変なこと言わないでよ!?私そんなの興味ないからねっ!?」
「お、じゃあ混じろうかな」
「龍司くんも乗らないで!」

「いやー、マジでびっくりしたわ。なんかすげえ声が聞こえたから開けてみたら、こんなことになってるとは…」
リビングで、摩耶と龍司が神妙な表情で言葉を交わす。
「え、龍司くん心当たりないの?」
「さあ…?」
ないといえば嘘になる。
なんだか夢のような気もするが、深夜に愛宕と会ったような覚えがあるのだ。
そこへ、摩耶の部屋からひょっこり顔を出した愛宕が横槍を入れる。
「なに言ってんのよ。入れてくれたの龍司じゃない」
「はァ!?」
「えっ!?」
まさか、と龍司は思ったが、まさかあの夢は正夢だったのか…!?
「夜中にここ来たら、龍司が入れて、摩耶の部屋で寝かせてくれたじゃない」
「マジかよ…」
「と、とりあえず、来た訳を教えてくれない?」
「そーね、私しばらくここに居候する予定だし、話しとくわね」
(居候する予定なのかよ…食費とか学校出してくれっかな…?)
龍司の関心は理由より食費にあったのだった。

1年前 No.24

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第25話 これよく考えたら主人公ハーレム状態だよな羨ましい】

愛宕がここに来た理由は、十数時間前に遡る。


愛宕が橋に落下し、龍司たちと出会い、橋を渡ったところで別れた後だ。

「はあ…帰るの憂鬱ね…」
愛宕はそう呟きながら、ドアを開け、家の中に入った。

「愛宕!こんな時間までなにをしていた!?」
頭上から振り下ろされる野太く大きな声は、愛宕の耳に叩きつけられる。
立ちすくみながら恐る恐る見上げると、そこには愛宕の父親がいた。
老け顔、白髪で筋骨隆々のこの父親が、愛宕は大の苦手だった。
「ふん!どうせクソつまらん男の元で淫らに遊んでおったのだろう?愚か者めが」
その言葉は毒舌の域を遥かに超えており、しかもそれが長々と続くのだ。
並みの者なら精神崩壊待ったなしだろう。

おまけに腕っぷしの相当立つ。

小学校の頃、この父親の毒舌に参っている旨を教師に話し、どうにかしてもらおうとしたが、その教師は口を開く間もなく簡単に捻り倒されてしまった。

「父さんは貴女の為に言っているんですよ!」
台所から母も出てきた。
この母は、父親の言うことに倣う、いわばイエスマンと言っても過言ではない。
しかもその声はどこか、耳だけでなく頭もイカれるレベルでうざったい。

この毒親が揃えば、数時間説教など当たり前だった。

しかし、この日は違った。
「まあよい。じきにお前とは、しばらく会わなくなる」
「…え?」
うなだれていた愛宕が、驚きのあまり顔をあげる。
「お前は今から、修行に出る。ワシらのところでは、どういうわけかこれ以上は育たんだろうからな」
事実上の勘当とも捉えられる発言だ。
いや、愛宕としては、ある意味嬉しい言葉だ。
毎日毎日、あの腐った説教を数時間も聞く必要はないのだ。
「学校も第三高校へ転校だ。あそこならお前の腐った根性も叩き直せるだろう?なに、改心したならすぐに帰ってこい。また元の第五高校へ戻してやる」
(誰が帰るもんか!)
父が温情を込めたであろう最後の一行も、愛宕には傲慢にしか聞こえなかった。
「…わかったわ。じゃあ、荷物取っ払ってさっさと行くわ。修行するなら、少しでも長い方が良いでしょ?」

愛宕はこの家から出たくて仕方なかったのだった。

そして愛宕は1時間後に家を出た。
キャンプ用品や生活必需品、ケータイ、カメラ、勉強道具、教材などを目一杯詰めているリュックサックは、今にもはち切れんばかりに膨らんでいた。
行く宛はない。
何故なら愛宕には、友達らしい友達がほとんどいないのだ。
幼い頃から、宮古の家名を背負っているが故に、周りに人が近寄ってこないのだ。
「家の宿命…か」
こんなときも親が邪魔を______!
憎悪の念が沸き起こった。
そしてしばらく、とぼとぼと歩き続ける内に、
「…そういえば…」
と思い出した。
数時間前、あの橋の上で出会った二人を。
彼らなら、泊めてくれるかもしれない______!
そうして六番住宅街へ向かった。

1時間ほど掛けて、六番住宅街に着いたは良いが、龍司の家なんて全く検討がつかない。
とりあえず、愛宕はまた小一時間ほど歩いた。
勘に任せて歩き続け、勘に任せて探し回った。

六番住宅街の中心に近いところまで来た。
ここらへんまで来ると、もうほとんどなにがなんだかわからないレベルで家が多い。

もう諦めようか、と思ったその時、頭に電流のようなものが走った。
咄嗟に後ろを振り返ると、そこにはマンションがあった。

勘を頼りにマンションの敷地に入り、渡り廊下を通る。
階段をいくつか上がって、その度に目を見回して『峯風』、もしくは『黒月』の表札を探した。

そして、ようやく見つけた。
表札には『峯風』と書かれており、彼のもので間違いない。
おもむろにチャイムを押す。
数秒経ってから、中からゴトゴトと音が響き、次いでドアが開いて人が出てくる。

龍司だ。

「あれ?愛宕じゃん」
寝惚け眼の龍司は、愛宕の姿を捉えても全く動じない。
夢の中とでも思っているようだ。
「ちょっとさあ、家追い出されたから、泊めてくんない?」
「いーぞぉ…」
言ったそばから欠伸が出る龍司。
そのままドアを全開にして家の中に愛宕を招き入れた。
「空いてる部屋ないから、摩耶の部屋で寝ちゃって」
龍司は廊下の奥のドアからリビングに入るなり、そう言った。
(え、まさかあの二人、同棲してんの!?)
と一瞬動揺したが、部屋は別々なことから、共同生活と言った方が正しいようだ。
「摩耶ー、失礼するわよ〜」
恐る恐る摩耶の部屋にはいる。
そしてその瞬間、今までの疲労が一気に出たのか、愛宕は摩耶と同じ布団に入って寝てしまった。


「お前じゃねーかッ!」
愛宕の回想が終わるなり、龍司は摩耶に右頬を蹴っ飛ばされ、頭から壁に突っ込み、めり込んだ。

「いってーわ!殺す気か!」
壁から抜け出し、頭から血を流しながら猛烈に抗議する龍司。
そんなことはお構い無しに、摩耶は愛宕に向かい合った。
「まあ事情はわかったわ。…で、どうするの?」
「私としては、しばらくここに泊めて貰いたいわ。…とか言っても、長居しそうな気がするけどね」
「俺としては、どっちでもいーぞ。食費さえどうにかなれば後はどーだっていーし」
愛宕は思った。
彼は、龍司は本当にいい人だと。
「ま、風評被害が増えるのは待ったなしだけどな!」
と龍司は笑って言った。

1年前 No.25

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第26話 摩耶と愛宕って二人とも山の名前だった知ってた?次の女キャラの名前は川の名前かも】

愛宕が我が家に来てその翌日の月曜日の朝。

「おはよ〜…あら、この家の朝食当番はあんたなのね」
「そうよ〜」

龍司が朝食の用意をしていると、二人がぼちぼち起き出してくる。
「おかげで朝が楽なのよ〜」
「こっちは好きでやってっからまさにWIN-WINってやつだ」
「私の寝起きが悪いだけよ」
「ハハハッ、それもあるな!」
むくれた様子で摩耶が言い、龍司がそれを笑う。
「夫婦みたいね〜そのまま結婚しちゃえば?」
冗談じみた口調で愛宕が冷やかす。
「あー、そうだな、じゃあそうしようかな」
「いや本気にしないでよ」
とぼける龍司、突っ込む愛宕。
もうなにがなんだかわからなくなってくる朝だ。
平和だな、と龍司は思った。
しかし、彼女は違った。
「けっ、結婚…!?私と、龍司くんが!?」
「えっ!?」
「真に受けるな!」
そしてその瞬間、頬を真っ赤に染めた摩耶は昏倒した。

1年前 No.26

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第27話 さっきゲームのデータが全部吹き飛んだから運営に報告してみたらそんなことはないとか言われたけどどうしよう】

「それにしても、さっきはホントびっくりしたぜ〜」
「もーやめてよー…恥ずかしいんだから…」

昏倒した摩耶はなんとか再起し、仲良く朝の道を歩いているというわけだ。
ちなみに、龍司は既に同じセリフを6回くらい言っている。この度に摩耶が恥ずかしがっている。
よほどのことだったのだろう。
まあ無理もない。
結婚云々の冗談で倒れたなどと誰かに知られれば、それだけでかなりヤバい。とんでもなくヤバい。

そんなわけで、この話は共有の秘密となっている。

だがは龍司は、歩みを進める度に違和感に気づいている。
「ところでだがなんでお前は俺らにぴったりなんだ?」
『お前』とは、愛宕のことだ。
着ている制服も摩耶の制服と同じ、即ち第三高校のものだ。
「え?私は三高に転属したのよ?」
「はあッ!?聞いてないぞ!?」
「いや言ったわよ」
「いつ!?」
>>25 の回想で」
「第四の壁を破るな!」


《「学校も第三高校へ転校だ。あそこならお前の腐った根性も叩き直せるだろう?なに、改心したならすぐに帰ってこい。また元の第五高校へ戻してやる」
(誰が帰るもんか!)
父が温情を込めたであろう最後の一行も、愛宕には傲慢にしか聞こえなかった。》

「親父さんの言葉かよッ!?」
「まあともあれ、私たちの学校へ来るのね。…クラスは?」
「1年5組よ」
「俺らのクラスじゃないか!」
さっきから驚愕の連続で顎が外れそうな龍司。
「そうなの!?」
愛宕もかなり驚いているようだ。
それもそうだ。
自分が居候している家に住んでいる人たちが、同じ学校同じクラスともなれば、そんな反応になるに決まってる。


そうやって歩いている内に、龍司たちは学校、第三高校に着いた。

1年前 No.27

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第28話 ヤバい人はヤバい】

「今日からお世話になります、宮古愛宕です!」

龍司のクラスに、愛宕がやって来た。

まあこの朝にそれ知ったのだから、別段驚きもしない。
窓際の席に座る龍司は、退屈な顔をしたままだった。



愛宕の驚愕の能力が明からとなったのは、その直後の授業、1時限目の体育だった。

この日の体育は、かんと抜き打ちマラソンだった。

第三高校の、というかこの学園のグラウンドは、軒並みクソ広い。普通に全周8キロはある。
そしてそれを、このマラソンでは3周させられるのだから、終わった頃には大抵の者は倒れる。

…摩耶はとりあえず出来る方だが、俺に比べれば全然だ。
まず龍司は能力の影響でただでさえ身体能力が常人より相当高いので、比べるのはおかしな話とも言えるが…。

まあ龍司からすれば、軽くひとっ走りするレベルのマラソンだが、この日は彼もなぜか本気になった。

何故なら____

今、真横で走っているのは、他でもない、愛宕だ。

(嘘だろ!?こいつの能力はエアクラフトじゃなかったか!?)
龍司は軽く走っているつもりだったが、いつの間にかどんどん足が速まる。
それは愛宕も同じだった。
(えぇ!?なんでこんな速いの!?)
愛宕も龍司を追い抜こうと躍起になる。競争本能からか、足が自動的に速まっていく。


「速いわよ二人ともぉ!」
後ろから摩耶からの悲鳴が飛ぶが、龍司と愛宕には届かない。
「やるわね!あんた!」
「お前こそ、ついてこれるとはな!」
龍司と愛宕は、他の集団を大幅に引き離して、なお加速していく。
「あとどれだけ持つかしらね!」
「ほざいてろ!」
ついに龍司が本気になった。
彼は本格的に能力を使い始めた。
加速速度はそれまでの数倍となって愛宕を抜いていく。
「…!凄い…!」
しかし愛宕も去るもので、すぐに龍司に追い付いた。
「お前…!」
「お互い全力でいきましょう!」
「望むところだぁぁぁぁッッッッ!!!!」
「おおおおおおおおッッッッ!!!!」
「であああああああッッッッ!!!!」
二人は後方集団を遥かに引き離し、半周分もいいところ、更に1周、2周と回った。

二人はまるで食い合うようにして最終走に入った。

「俺が勝つ!」
「私が勝つ!」
「だったらもっと速く走れ!」
「その言葉、そのまま返すわ!」
肩で息をしながら、超人的な走りを見せ、なおかつ低俗ながらも舌戦を繰り広げる龍司と愛宕。
それは、他の生徒が後に語り継ぐ程の激しさだった。

恐らく武器を持たせていたら、本当に殺し合いそうなレベルの壮絶な殺気を帯びた二人は、同時にゴールした。

それはなんと、ビデオで確認し、測定できる限りの秒数も同じ、つまり同着と言う信じられない結果だった。

「ハァ…ハァ…最高だったぜ、愛宕」
「私こそ、久しぶりにまともに張れる奴見つけられて嬉しいわ…ハァ…ハァ…」

そしてこのあと、龍司は教師にめちゃくちゃ怒られた。
内容は、「あれほど速く走れるんならなんでそれを出さない!?」というものだった。





因みに、龍司と愛宕の対決はこの後もマラソンがある度に勃発し、その戦いは『龍王会戦』と呼ばれ、何度も起こるにつれて『第○次』と頭につくようになった。

1年前 No.28

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第29話 チート能力持ちが二人いるわけない】

更に愛宕の能力というか、才能が明からとなったのは、他にもある。

2時限目は数学の授業で、面倒な数式を解けと言うものだった。

龍司は勉強はからっきし苦手だ。
なので、ここでは龍司の活躍は見れない。
しかし、読者諸君は忘れてないだろうか。
この小説のもう一人の主人公の才能を…。

「じゃあ、ここの20問解いてくれる人〜」
「はい!」
教師が言葉を発した瞬間、摩耶と愛宕の声が重なった。

二人の計算速度は超人的で、二人に割り振られた10問ずつの問題など、3分足らずで全て解き、それを黒板に現した。
「先生!もっと、もっと問題ください!」
摩耶と愛宕の目は、互いを高め合うと言うより、戦いを欲する獣に近い目だった。

教師はその気迫に押され、教科書から問題を捻り出しまくった。

それらを次々に解き、黒板にチョークで書き込んでいく。
教室にいる面々は、二人以外、龍司も含めてポカーンとしていた。
一堂の頭には、共通の言葉が現れていた。

「すげえ…!」

(愛宕…すごいわ、この私と張れるなんて…!)
(摩耶すげー、今まで私とまともに勝負できたの殆どいないわよ!?)
二人は同時に、互いを認めあっていた。


そして授業時間が終わる頃には、殆どの生徒が疲れきっていた。

「次もよろしくね、摩耶!」
「あなたこそよろしく、愛宕さん!」

余談だが、この数学勝負は『山岳会戦』と呼ばれた。
山岳会戦というのは、摩耶も愛宕も、山の名前が彼女の名前であることから言われるようになった。

そしてこれも余談だが、この山岳会戦は、数学の授業が来る度に繰り広げられ、この度に第○次山岳会戦とついた。

1年前 No.29

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第30話 劣化したゴムボールの表面を剥がすと異臭がする】

セミが鳴き始め、暑さも本格的に厳しくなってきた。
生徒たちお待ちかねの夏休みも近くなり、大抵の者は緊張が緩みきっている。
だからと言うべきか、なんと言うべきか、この第三高校でも奇人変人が目覚め始め、喧嘩や事件が起こることも、珍しくなくなっていた。


放課後になった。
摩耶はこのところ、委員会の仕事で龍司と帰ることは滅多にない。
夏休み前の雑務があるのだろう。
では独りで帰るのかといえば、そうではない。

放課後の教室。
自分の席で居眠りする龍司。
「龍司ー!」
「おう、なんだよ愛宕」
「一緒に帰りましょ!」
「…おう」

少し前ににこの学校に転校してきた我が家の第二の居候、宮古愛宕。
最近ではもうすっかりクラスに馴染み、少しお転婆な活力溢れるリーダー的存在としてクラスの女子をまとめあげている。
だが、帰るときは何故か絶対に龍司と帰る。
理由はわからないでもないが、とりあえず聞かないでいる。
まあ、愛宕としては、理由を聞かれたところではぐらかすしかないし、理由を聞かずにこうして黙って一緒に帰ってくれる龍司をありがたく感じていた。

「おや、もう帰るのですか?」
「ああ、本当はもー少し寝ていたいがな」
背後から呼び掛けられた。
学級委員の草鹿だ。
彼は放課後、よく教室に残って仕事やら何やらをしている。
現在、教室には龍司、愛宕、草鹿の三人しかいない。
いつもは夕日が差すこの教室も、夏なので日が長く、まだまだ明るかった。
「ははっ、相変わらず仲がよろしいことで」
「誤解を招くような発言はやめていただきたい」
おどけたような口調で返す龍司と、それを笑う草鹿。

その刹那、草鹿の顔に陰が差した。
「でも慕われてるんですね、龍司さん。羨ましいです」
「…?どういう意味だ、それは」
「僕は…この学級では一応の尊敬を得ているのは間違いないんです。ですが、それは『僕自身』に対する尊敬ではなくて、『功績』に対する尊敬です」
「…」
彼は_____草鹿剣は、非常に優秀な人間で、ある種英雄的なものと見られている節がある。
だからこそ、草鹿は皆が望む姿でなくてはならないし、草鹿はそれを投げ出すことはできない。

才能あるがゆえの、責任。

大いなる力には、大いなる責任が伴う。

つまりは、そういうことだ。
草鹿はそうやって、自虐的な価値観に敢えて囚われることで、自己像を形成し、今日までの地位を得ている。
その努力は並大抵のものではない。

だからこそ、草鹿が望むものは、しっかりと見える。

「同情はしないぞ」

そう、これだ。

草鹿は同情を求めているのではない。
共に手を取り合って進むなにかを求めているのではない。
彼が求めているのは、評価だ。

「…なにがあろうが、それはお前が決めた選択であって、それをどうこう言う資格は誰にもない。ましてや同情なんざ以ての他だ。だから敢えて言わせてもらうぞ」
そこで龍司は一拍置いた。

「お前はよくやってる。これはダチの意見でも、お前を崇拝する人間の言うことでもない。ただの他人からの視点、第三者視点からの評価だ」

草鹿の表情が、明るくなった。

「やはり、あなたは僕にとって最高の友人ですね…嬉しいです」
と、微笑みながら言う草鹿。
「勘違いすんなよ?俺は同情しないだけで哀れむことをしないわけではないからな?」
「わかってますよ。…ああ、軽く立ち話をするつもりが、つい長話になってしまいましたね。すいません」
「いーんだよ。俺もお前の中身が聞けてよかっt」
「あーもうながったらしいわね!私いるのも忘れないでよね!?」
愛宕が割って入る。
そういえば、彼女はずっと蚊帳の外だった。
訳のわからん会話を聞かされて、さぞ苛立っているのだろう。
「というわけた草鹿。俺は帰るぜ。こいつに殴られたらたまらん」
「うるさい!」
その瞬間、愛宕の鉄拳が顔面に炸裂し、ロッカーに吹っ飛ばされた。
「いってえわ!すぐ手ェ出すのやめて!」
「断るわ!あと百発殴んないと気がすまないわ!」

たわいもない会話を聞きながら、草鹿は彼のことを、本当にいい人と感じていた。

1年前 No.30

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第31話 夏休み前ってみんなワクワクしてるけど、実際殆ど部活に取られるって知ってた?】

愛宕には、妙なモヤモヤがあった。

彼女は、あの橋で龍司に出会い、何故か龍司に強く惹かれたのを覚えている。
だから彼女は、追い出されたときも龍司を頼ったし、今もこうして一緒に帰っている。

愛宕は、その時何故龍司に惹かれたのか、なにに惹かれたのかを探していた。

そしてそれのヒントを、ようやく見つけた。

龍司は、他者に対し決して同情しない。
草鹿との会話で、それがわかった。

聞きようによっては最低なものだが、愛宕や摩耶、草鹿などの特別な状況下にある者にとっては、それは実に好ましいことかがよくわかる。

要は、彼はまっすぐなのだ。
どんなに苦しいことになっている者がいても、その心中を察してそれ以上探りを入れない。黙って救いの手を差し伸べる。

探らない、という意味での同情とは、彼にとっては「知らない方がいいこともある」という意味なのだろうか。

それは愛宕にはわからなかったが、少なくともそうであってほしかったし、それのお陰で彼女は助かっている。

龍司と摩耶のような、共生関係ではなくどちらかと言えば寄生関係にあるが、それでも龍司は文句のひとつも言わず、ただ笑っていた。


しかし、愛宕にはもうひとつわからないことがあった。

それは龍司がどきどき見せる、虚ろな目だった。
どこを見ているのかわからない、焦点の合っていない目だ。

まるで死人のような目だ。

「どした?」
龍司は愛宕の視線に気がついたのか、声をかけてきた。
「なーんにも」
そっぽを向く愛宕。

今だってそうだった。
龍司の虚ろな、死人の目は、たいてい無言な時に出てくる。

「…ねえ龍司」
「ん?」
「なんか隠してない?」
思わず訊いてしまった。
無意識の内に、疑問が口に出ていた。

失敗した_____!

愛宕が渋い顔をしたその時、龍司は口を開いた。

「…隠してるわけじゃない」

その言葉で、愛宕は衝撃を覚えた。
隠してるわけではない、つまり、なにかがある。
その「なにか」は、現在の龍司の人格を形成しているものに違いないし、龍司の虚ろな目の正体であることは間違いなかった。

「…そ。じゃあ聞かないでおくわ。話す必要ないし」
「そか。それが一番嬉しいよ」

龍司にとっても、愛宕にとっても、この会話は短くて重苦しかった。

1年前 No.31

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.32

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第33話 水着回はだいたいメビでやると削除されるけどあえてやるのはなぜだろう】

引き続き海である。

「あはははー」
「きゃははははー」
「うふふふふー」
ほとんど定型文に近いはしゃぎ声だ。

仕方ない。
龍司は彼女達を直視できないのだ。

摩耶や愛宕も、目の前の筋肉野郎の姿が眩しすぎて見れなかった。

(やべえ…!なんかの拍子にこいつら見たら確実にやべえ…!脚本関係なくなっちゃうよ!メビから永久追放されるよ!)
冷や汗を滝をのように流す龍司。
その後ろを走る愛宕や摩耶も、
(ヤバいわ…このままじゃ海に来た意味ないわ…!)
と愛宕。
(早く…早くどうにかしないと…!私が緊張でおかしくなる!)
と摩耶。
しかしその時だった。
前方から「あ〜〜っ!!」という絶叫とも喚声とも着かない声が聞こえ、摩耶と愛宕が前にいるはずの龍司を見た。
すると、その龍司は絶叫しながら万歳の姿勢で横っ飛びに海に突っ込んでいた。
「もう辛抱たまんねえ〜〜〜っ!!!!!」
直後、龍司が突っ込んだ海面から、巨大な水柱が立ち上った。
「龍司くん!?」
すぐさま摩耶が海に飛び込み、次いで愛宕も、「仕方ないわねー」と海へ入った。

直後に救出された龍司が、大量の鼻血を流して気絶していたのは言うまでもない。

1年前 No.33

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第34話 夏休みはマンネリ化が激しい ―熱夏閃光篇@―】

夏休みも1週間が過ぎた。
相変わらず暑いな、と暑苦しさで起き出した龍司は、またいつものようにラフな格好でリビングに向かった。
「ん…?」
リビングから人の気配がする。
誰だろう…?

若干警戒しながらリビングのドアを開ける龍司。
生暖かいドアノブは、今日が少し蒸し暑いことを示していた。
「あ、龍司」
「なんだ愛宕か」
食卓には、コーヒー片手に菓子をかじり、テレビを見ている愛宕がいた。
彼女は寝起きがいいような印象はなかったが、今日はたまたまなのだろうか?
「今日はやけに早いな。摩耶はまだ寝てんの?」
と言いながら、向かい合った席に座る龍司。わりか
「みたいよ。まったく、起こそうとしても全然起きないんだから」
愛宕が呆れた様子で愚痴をこぼす。
だが摩耶は起こそうとしても起きないぞ、と心で呼び掛けた龍司だった。
龍司が時計を一瞬チラ見し、そろそろ朝飯の時間だな、と判断する。
「あー、じゃあ朝飯作るから待っててくれ。そろそろ摩耶も起きるぞ」
席を立つ龍司。
その龍司を見上げながら、愛宕が訊く。
「へーえ、あの子、決まった時間に起きるの?」
「平日休日、疲労、ストレスの程度に関係なく、な」
そう返すと、愛宕が驚いた様子で言った。
「さっすが優等生ね」
「だから寝てるときはそっとしてあげな。前、無理に起こそうとしたら、部屋から放り投げられた」
若干冗談めかしたが、あのときは本当に怖かったな、と回想する龍司。
やっぱり女の本性は男と変わらないんだな、と思った。
「…私は運が良かったのね…」
と胸を撫で下ろす愛宕。だがその刹那、彼女は立ち上がってこちらに向き合い、目を見開いて言った。
「あんた!まさか女子の部屋に忍び込んだのね!」
「はァ!?…あ!」
摩耶を起こしに行った=摩耶の部屋に入った。
なるほど、自爆だ。
「そりゃ投げられますわ…」
「いや、そ、それは誤解だ!」
「同じ家に住んでいる男から夜這いを掛けられるとはね…」
腕を組んで頷きながら述べる愛宕。
それに突っ込む龍司。
「やめてー!それ以上はヤバイから!夜這いの単語使った時点でメビのルール的にグレーゾーンだから!下手すりゃアウトだから!」
「アウトなことしたのはあんたでしょうが!」
「気付いたら家に入ってたみたいな奴に言われたかねえ!」
「それもあんたが」
「騒がしいわねーいったい何かしら?ふぁ〜…」
摩耶が起き出してきた。
「おう、摩耶か。おはよ」
龍司は何事もなかったかのように爽やかな笑顔で返した。

1年前 No.34

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第35話 揚げパンを初めて食べたときの感動は今でも忘れられない ―熱夏閃光篇A―】

前回の続きである。
ようやく3人が揃い、朝食も済ませた。

「葦餝にいきましょ!」と、突然愛宕が言い出した。
「いってらっしゃ〜い」 と龍司は返したが、愛宕は「あんたも摩耶も行くのよ!」と言った。
「…葦餝って、あの繁華街の?」
「そうよ!」
摩耶の問い掛けに、自信満々に頷く愛宕。
「治安悪いからはんたーい」
「関係ないわよ!」
そうやって愛宕に引っ張られて来た繁華街・葦餝。
ここは龍司たちの住む六番住宅街から数キロ南南西にあり、兼ねてより治安が悪いことで有名で、数年前から圧倒的武力を誇る巨大犯罪組織・高麗が進出してきたことでチンピラどもは一掃され、ある程度良くなったようだが、それでも各組織が隙を狙っている。

相当危ないところだ。

「高麗…ねえ」
龍司がしみじみと言う。
そういえば、以前会ったあの二人…烙影双啓と斑尾晃城は、高麗の人間だと言っていた。
まさか、ここで会うことはないよな…?
「あんまりはしゃぐなよー?ここただでさえ怖いんだからさー」と言ったものの…。
「ここの饅頭おいしーわよ!」
愛宕が龍司から見て、つまり大通りの右の饅頭屋で早速買い食いしている。
「あら!このおせんべい、イケるわ!おばさん、これ二つお願いします!」
摩耶は愛宕と反対側の煎餅屋で早速買っている。
…言ったそばからこれである。
特に摩耶は来たがっていなかったじゃないか…。
人の心境の変化は、そこまで早いものかと呆れた龍司だった。

しかし、漂ってくる香ばしい匂いを前にして、長時間我慢して帰った後に後悔などしないと断言出来るほど、峯風龍司という男に根性はなかった。
やきそば屋に堂々と足を進め、真剣な顔で言い放った。
「おっちゃん!やきそば1つくれ!大盛りで!」

「はー来てよかったわー」
先ほどの大通りの置に設置されているベンチに座り、やきそばを食べながら呟く龍司。
「でしょー?私ここ初めて来たんだけどさー、ここの料理は評判だって聞いたのよー。でも想像以上ね!」
隣には、大きな茶色い紙袋から饅頭を出しては口に持っていく愛宕がいる。
「…お前、何個買った?」
率直な疑問をぶつける。
「そーね、確か12個くらいかしら」
「買ったなー、おい。」
一瞬呆れる龍司に、新たな疑問が浮かんだ。
「…ん?お前、饅頭好きなのか?」
「そーよ?知らなかった?」
そういえば…と龍司は気づく。
「聞いてなかったな、そういえば」
「あー…確かに。というかその描写すらなかったもんね」
「また堂々と第四の壁を…」
「あははははは!」
苦笑いする龍司と笑う愛宕だった。

1年前 No.35

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第36話 路地裏に注意 ―熱夏閃光篇B―】

龍司と愛宕がベンチで談笑する数分前。
「私、ちょっとアイス買ってくる」
「おう、気を付けろよ」
龍司たちにそう告げ、ベンチから立ち上がった摩耶の背中に龍司の言葉が投げ掛けられる。
「大丈夫よ」
振り返って笑顔で龍司に返す摩耶。
「大丈夫よ、そう心配しなくたって。摩耶は怪しい奴なんてすぐコテンパンにしちゃうんだから」
「万が一というのがあってだな…」
「億が一でしょ」
「結局一はあるんかい!」
龍司と愛宕のボケとツッコミを耳にしながら、摩耶はその場を離れた。

それが間違いだったのかもしれない。

最寄りのアイスの屋台は、ベンチから右に数十メートル程度しか離れておらず、大通りの向こう側の廃ビルの目の前にある。
愛宕はそこへ向かった。大通りを渡る。
歩みを進める摩耶。廃ビル前のアイス屋の屋台まであと少し、というところで異変が起きた。

廃ビルとレストランの間の路地裏から、腕が延びてきた。
それを視界の隅に認めた摩耶は、それを避けようとするが、腕はそれより早く動き、摩耶の首を掴んで路地裏に引き込んだ。

「うっ…」
路地裏に引き込まれるなり、廃ビルの壁に叩きつけられる摩耶。
叫び声をあげようとするが、うまく声が出ない。
どうやら声があげられず、息が詰まらない程度に首を絞められているようだ。
自分の首を絞め絞めている手に指をかけてほどこうとするが、手の力はそれ以上だった。
能力を使おうとするが、それも何故か使えない。
しかも、徐々に力が抜けていくのだ。
「へえ、写真で見たよりすげえ美人じゃん」
男の声のする方向へ、憎悪の念を込めた目を向ける。
首を絞めている男は、スキンヘッドで色黒の男だった。
発言から考えて、摩耶は自分がこの男に狙われたことを瞬時に察した。
あのとき、龍司か愛宕のどちらかを連れていくべきだった。
今更後悔しても遅いことを痛感しながら、摩耶は憎悪の念を深めて目の前の男を見つめた。
「なんだ、その目は?」
男のこめかみに力が入る。
「まあいい。とりあえずお前には来てもらうぜ」と男が言った刹那、足元がガクッと沈んだ。
足元に視線を移すと、足元は真っ暗な闇だった。
そこへ、自分と男がどんどん沈んでいくのだ。
「…!」
「『暗黒落下口(ブラック・ホール)』さ。心配するな、死ぬ訳じゃない」
「…り…」
「ん?」
「龍司が…黙ってない…わよ!」
声を絞り出して摩耶は小さく叫ぶ。
「この小娘…!」
男が指に力を掛けた。
摩耶はその瞬間に気絶した。

1年前 No.36

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第37話 衝動 ―熱夏閃光篇C―】

「遅いな、あいつ」
「すぐそこよね?アイスの屋台って」
摩耶がアイスを買いに行ってから10分以上経った。
適当に談笑して待っていた愛宕と龍司だったが、流石に遅いと心配し始めた。
「…まさか、な」
「まさか…よね?」
二人の脳裏に、"ある可能性"が浮かんだ。
「連れ去られた!?」
二人は同時に叫んだ。
「探すぞ!」
「うん!」

龍司と愛宕が最初に向かったのは、摩耶がいこうとした最寄りのアイスの屋台だった。
「すいません、人を探してるんですが、ちょっといいですか?」
屋台で佇んでいる初老の男に声をかける。
男がこちらを向き、「ああ、いいよ」と返した。
その瞬間、男の口が一瞬吊り上がったのを、龍司は見逃さなかった。
「この人、知りませんか?」
龍司が1枚の写真を見せた。写真には、摩耶の顔が載っている。
「あー、この人?さっきこっちに向かってきたような気がするけど、なんかひょこっと消えたな」
なるほど…。
龍司はあることを確信して、ある要求をした。
「ちょっと今、お時間いただけますか?」
「いいよ」
そう言って、路地裏に行くように促した。

「おい。てめえなんか知ってんだろ?」
男を路地裏に連れ込むなり、龍司はいきなり首を掴んで廃ビルの壁に叩きつけた。
「は…?なんのことですか?」
男が苦しそうな声で返した。
「龍司…?なにしてんの…?」
突然の龍司の凶行に、驚いた声を出す愛宕。
それを無視して龍司は続けた。
「ネタは上がってんだよ。てめえ、雇われたんだろ?」
「だからなんのことです____」
その瞬間、男の首を掴む右手に、更に力を入れた。
「さあ、吐け。吐かねーとこのまま絞め殺しちまうぞ?」
男の顔がみるみる青くなっていく。
手足をばたつかせ、龍司から放されようと必死に抵抗する。
しかし、龍司は全く動じない。
ここに来て、ようやく観念したようで、男は必死に言った。
「い"い"ま"す!い"い"ま"すから"!」
龍司が手を放し、男はようやく解放された。
「吐いてもらおうか」
その声に、慈悲はなかった。

1年前 No.37

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第38話 怒り ―熱夏閃光篇D―】

男は、悶絶しながらその廃城で摩耶が囚われていると言っていた。
更に軽く拷問して吐かせたところ、その廃城は現在高麗が買い取っていて、葦餝一帯を制圧下に置いている高麗の下部組織が根城にしていることがわかる。
下部組織の名は、第一二師団。
高麗下部組織20個師団の1つであるということは明白で、数年前まで荒れに荒れていた葦餝を平定したのを鑑みると、有力な戦闘員と優秀な参謀やリーダーがいるのは間違いない。
「お前ごときに…第一二師団を倒せると思うなよ…!?」
息も絶え絶えの男は、そう言うと動かなくなった。
「し…死んだ…?」
震える声で愛宕が言う。
「いいや。気絶してるだけだ」
「でも…!」
「死んだとしても問題ねえよ。こんなとこじゃ、人が死んでもお構い無しさ。ゴミ捨てようとしたらゴミ箱に死体が入ってた、なんざ日常茶飯事もいいとこだ」
「ひっ…」
摩耶が狼狽える。聞いたことのない龍司の声音、言葉、口調に恐怖を覚えたようだ。
強張った表情で震える愛宕に、龍司は再度声を掛けた。
「愛宕。お前はこの街を出て草鹿に連絡しろ。あいつに事の一切を話せ。いいか?」
「う、うん…」
震える愛宕を横目に、路地裏を出ようとした龍司は、違和感を覚えた。
無数の人の気配が、外から漂ってくるのだ。
「愛宕…。お前、飛べるだろ?」
彼女の能力は、『物体浮遊(エア・クラフト)』。
彼女ならば、この状況を乗り切れるはずだ。
「そうだけど…なんで?」
「ここの外に敵が無数にいるみてーだ…あいつら、隙さえあれば、ここに入ってくるだろうな。幸い、上からは気配が全くしないから、お前が垂直に飛んで逃げて草鹿に連絡しろ」
「わかった……あんたはどうすんのよ?」
「は?決まってんだろ」
そう言うと、龍司は暗がりにいる愛宕に振り向き、至極当然といったような声で言い放った。
「こいつら全員…ぶっ殺すんだよ」

1年前 No.38

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第39話 破砕 ―熱夏閃光篇E―】

「こいつら全員…ぶっ殺すんだよ」
至極当然といったような声で言った龍司の目は、摩耶が彼と出会ってから初めて見た、彼の深淵を、真っ暗な闇を写し出していた。
「無茶よ!?あんた、まず能力者なの!?」
「『全強化(オール・マイティ)』カテゴリー8。これだけ言えばもう充分だろ」
「でも!」
「でもじゃねえ!俺はな、守りたかったダチを傷つけられて、心底ムカついてんだよ!ぜってえ許さねえ!高麗だか第一二師団だか知らねえ!んなもん関係ねえ!だからお前はさっさと行け!俺はここで連中ぶっ殺して、城まで行って摩耶を取り戻す。お前はここ抜け出して、草鹿に連絡しろ!いいな?」
龍司の吊り上がった光のない目と、有無を言わせぬ激しい口調は、今まで摩耶が抱いていた、龍司の柔和な印象を根本から崩壊させた。
「は、はい…」
摩耶が渋々、了承した。
足元に微かな風圧を感じた瞬間、摩耶は逃げるように垂直に飛んでいった。

「…さて…と」
龍司は外に向き合う。
「あとは俺の番だな…」
彼はにやけていた。
懐かしい匂い、懐かしい戦場。
鬼気迫る面持ちの兵どもは、彼を殺さんと刃を向けてくる。
己も彼らも、戦場で生き残ることに必死だ。
生き残る方法はただひとつ。
ただ敵を殺すのみ。
龍司の顔には、うっすらと笑みが浮かんでいた。

その時、路地裏の外にいた無数の兵達は、刀、銃、斧、双剣、ハンマーなどの武器を携えて突入命令を待っていた。
斧を持っている、指揮官らしき男が叫んだ。
「全隊、突入!」
号令一下、兵たちはその狭い路地裏に向けて走り込んでいった。
数十人程が暗がりに消えたところで、異変が起きた。
突然、鈍い爆発音と共に、暗がりから土埃とともに男達が吹っ飛んだ。
「この俺を相手に、この数たァ…ナメ腐ってくれるじゃねえかァ!」
倒れた兵達が土埃の中から現れた龍司は、一振りの日本刀を右手に、と自動小銃を左手に持っていた。
敵から奪ったものだろう。
「へへっ…この刀、いつまで持つかねェ…この刀」
日本刀を振り上げて肩に刀身を担ぎ、銃を腰だめに構えた。
「やれェ!」
誰かが叫んだ瞬間、兵達が全方向から龍司に飛び掛かった。龍司は飛び掛かってきた兵を片っ端から銃で撃ち落とす。
しかし、そこまで時間がない。
引き金を引きっぱなしに乱射しているのとあまり変わらない。
腰だめにして撃ちながら、右足と左足をずらしながら、銃弾をばらまいていく。目の前の兵達の体に銃弾がめり込んでいき、次々に血飛沫を上げて倒れていった。

そんな時間もすぐに過ぎる。

左側で取りこぼした敵が至近距離まで接近し、斧を振り下ろしてきた。
龍司はそいつの顔をすかさず銃で打ちつけた。
しかしその時には、多数の敵が至近距離に迫っている。
「チッ…」
龍司が軽く舌打ちすると、銃を正面に投げ捨てて敵を1人倒し、それを乗り越えてもう1人を右に持った日本刀で袈裟懸けに斬り倒す。
そこへ背後から襲いかかってきた敵を足払いでバランスを崩させ、踵を返して敵が仰向けに倒れる瞬間に腹を突き刺し、その死体を更に背後の敵集団に振り飛ばした。
そして一拍置いて龍司は新たな集団に突っ込んだ。
刀を振った瞬間、斬った敵が斬り裂かれるだけでなく、それを突き抜けて衝撃波がその後ろの敵も吹き飛ばしていった。

1年前 No.39

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第40話 走破 ―熱夏閃光篇F―】

「…我々は、売ってはいけない相手に喧嘩を売ってしまったようですね…完全に見謝りましたね、彼の戦闘力を、桁ひとつ分。」
紅茶を啜りながら、金髪の男が言った。
「完全に失敗だったなあおい。四番隊と五番隊、七番隊を相手に互角以上、いや無双状態とは…」
あのスキンヘッドの男がそれに返し、現状報告をした。
「一応各方面から全隊を集めてココの正面に配置したが、抑えられんのか?」
ココ、つまり葦餝中央の廃城のことで、摩耶がそこにいた。
スキンヘッドの男は、これに疑問を感じていた。
「なあ…これ意味あんのか?こんな小娘のために、ウチの兵隊磨り潰す意味がよ」
男が、斜め後ろの柱に縛り付けている小娘…摩耶を一瞥する。
「もうこうなってはどうもこうもあるまい。わしが出る」
奥の襖が開き、ひときわ大きな人影が現れた。
白髪の初老の男で、袈裟を着ているがその上からも筋骨隆々というのが伝わってくる。
「親方…。んじゃ、俺と二番隊も出ますわ」
「仕方ない、私と三番隊も出ましょう」
「うむ…しかし、ココを出る必要はないようじゃな」
親方、と呼ばれた男が呟いた瞬間だった。
突然、轟音とともに壁が破壊され、その衝撃波で壁の近くに整列していた兵が数人吹き飛ぶ。直後には砂煙が辺りを漂い、壁の破孔を覆った。
一瞬の静寂。
そのあとに、コツ、コツ、とゆっくりな足音が、漂う砂煙の中から聞こえてきた。
「こーんにーちわァー、皆殺しに来ましたァー」
砂煙の中から、刀を担いだ龍司が現れた。
その左手には、血に染まったなにかを持っていた。

人の首だった。

兵達は、この男の異常性に気がつき、一瞬たじろいだが、それも本当に一瞬で、すぐに殺気を帯びた目を龍司に向けた。
「おうおう、そんな怖い目ェして…どうしたんだい?…ああ、これ?」
龍司が首を持ち上げると、「門の前の連中、クソみてえに弱くてさァ…ちょっと退屈してたんだが、ここはそうでもねェらしいな」
首を後ろに投げ捨て、上を見上げる龍司。
2階には例の三人の男がいた。
そしてスキンヘッドの男の斜め後ろに、摩耶の姿を認めた。
「あー、すいません、そこの女の人、返してくれませんかねェ?大人しく返してくださったら、危ねェこたァしませんから」
「返すと思うか?」
親方が即答する。
「んなわけねェよな…」
龍司が呆れたように言う。
いや、この状況でおいそれと返してくれるわけがない。
「返してほしくば、力ずくでやってみせ____」
「仰せのままにィ!」
親方が言葉を言い終わらぬ内に、龍司が地面を蹴った。
その刹那、龍司は二階の親方に飛び蹴りを喰らわせ、吹き飛ばし、奥の壁に激突させていた。
「…チッ」
何故か軽く舌打ちした龍司の両側面から、あの二人の男が殴り掛かってきた。
それをジャンプして空中2回転してやり過ごした龍司は、そのまま降下、右足の踵を一階の床に打ち、強烈な衝撃波を発生させ、兵たちを群がるをいちどきに薙ぎ倒し、吹き飛ばした。

1年前 No.40

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第41話 駿巡 ―熱夏閃光篇G―】

「おい…お前ら名前聞いてなかったな」
死屍累々の一階広間の中心に突っ立っている龍司は、顔をあげて鋭い目を上の男二人に向けた。
「参ったねェ…一撃でウチの兵隊片付けちゃうヤツなんて聞いたことねえよ」
「質問にこたえろ!」
スキンヘッドの男に怒鳴る龍司は、次は殺す、と念を押して名前を訊いた。
「俺の名前は癸巳呶陽犖。そこの金髪は交野欧師。高麗第一二師団参謀だ」
一瞬の沈黙。
そして龍司が口を開いた。
「俺の目的はそこの女の返還だ。素直に返してくれりゃ俺はこれ以上は暴れねえよ」
眉ひとつ動かさずに冷たく龍司が言い放つ。
もちろん、龍司はそう簡単に返してくれるわけがないというのはわかっている。
だからここの連中を殺し尽くす覚悟があったし、その処理としての対策も講じている。
それの限度もあるが、そこらへんに至ってはもうヤケだ。
「返すわけねえだろ」
癸巳呶が予想通りの答えを返してくる。
「じゃあ…仕方ねえよな」
龍司が刀を構えた。
そのときだった。
突然、轟音と共に天井が破れ、なにかが降ってきた。
龍司は咄嗟に避けようとしたが、避けきれず、拳が飛んできた。
吹き飛ばされた龍司は、背中から壁に激突し、深くめり込んだ。
「ぐッ…!」
うなだれる龍司が血を吐いた。吐いた血は服に染み込んでいく。
飛んできた拳はなんとかそこら辺に落ちていた人間を盾にして防いだが、直接ダメージは防げても衝撃は防げなかった。
「…ってえ…」
血の塊を吐き捨て、口元を拭う。
あの拳…。恐らくあれも能力者で、その中でも特に厄介な…『能力模写(コピー)』、しかもカテゴリー8以上は確実だ…!
「まァた厄介なことになっちまったな」
「わしは第一二師団団長、鑚嶌公三と申す。峯風龍司…貴様は、『全強化(オール・マイティ)』カテゴリー8だな?」
顔をあげれば、すぐ目の前に先程殴り飛ばした男がいた。
…ヤツは、あえて俺の拳を受け、能力をコピーしたのか!
してやられた。
『コピー』の埼大の長所は、コピーした能力のカテゴリーが、コピーのカテゴリーと同じになることにある。
つまり、カテゴリー4程度のコピーなら、カテゴリー8の能力をコピーしても、使えるのはその能力のカテゴリー4である、ということで逆にコピーがカテゴリー8なら、コピーした能力がカテゴリー4であっても使用できる能力のカテゴリーは8になるのだ。
感触からして、目の前の男、鑚嶌公三の『コピー』はカテゴリー9以上は確実。
つまり、今ヤツが所持している『オール・マイティ』はカテゴリー9以上というモノで、バケモノという言葉では済まない。いや、俺も俺でバケモノだが、とても俺じゃ対抗は不可能だ。

それでも…摩耶を助けたい!

その思いを胸に、龍司は足を踏み出す。
「ほう…貴様はまだ、抗うか。ならばッ…!」
鑚嶌の右拳が龍司の全てを打ち砕かんと迫り、龍司の右拳が鑚嶌の、この城の全てを打ち抜かんと迫った。

1年前 No.41

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第42話 待ち人 ―熱夏閃光篇G―】

龍司が廃城で摩耶のために戦うその前の事。
愛宕は葦餝を飛び、街を抜けた頃の事だ。


郊外の野原に降りた私は、背後に見える葦餝を振り返り、路地裏にいた、"あの"龍司に思いを馳せた。
『でもじゃねえ!俺はな、守りたかったダチを傷つけられて、心底ムカついてんだよ!ぜってえ許さねえ!高麗だか第一二師団だか知らねえ!んなもん関係ねえ!だからお前はさっさと行け!俺はここで連中ぶっ殺して、城まで行って摩耶を取り戻す。お前はここ抜け出して、草鹿に連絡しろ!いいな?』
私の脳裏に、龍司が最後に言った言葉がよぎった。

あれは彼じゃない。

あれは、彼の姿を借りた、悪魔かなにかだ。
あんな龍司は、見たことがない。

あれが龍司ならば、今まで見てきた龍司は、偶像なのだろうか?

「…そんなこと考えてる暇、ないじゃない!」
龍司は草鹿に連絡しろと言っていた。
恐らく龍司は、高麗の大軍に呑まれているはずだ。
余裕なんかないだろう。
ポケットからスマホを出して、草鹿の電話番号を探し、そこに電話を掛けた。
数秒間の呼び出し音の後、聞き慣れた優しい声が聞こえてきた。
「もしもし。どうされましたか?」
「あ、草鹿?今葦餝にいるんだけど、摩耶が誘拐されて、龍司が高麗に喧嘩を____」
「了解しました。今すぐ助けに向かいます。貴女はそこで大人しくしていてくだい」
そう言うと、草鹿は電話を切った。
恐らく、草鹿は教師かなにかしらの組織の友人にでも助けてもらうように頼み込むのだろう。
友人の多そうな彼の事だ、恐らくなにかしらのツテがあるのは間違いない。

「それにしても…」
やはり、疑念が沸く。
なぜ龍司はあのとき、『戦う』と決断したのか。
私の能力を利用してあの場を脱し、城に向かう事もできたはずだ。
なのに、それをしなかったのはなぜなのか…。
そして、彼の能力の内容とカテゴリー。この二つがなんなのかまったくわからないし、本当にそれが大軍を相手に出来るレベルなのだろうか。

私の頭から、疑念は尽きなかった。

そして、私はひとつの仮説を考え出した。

峯風龍司は、いつかどこかの戦争に参加したのではないか。
友を守ることに固執するのは、戦争で多くの戦友を失ったことに対する後悔などがあるからで、それが一種の強迫観念にもなってるのではないか。あの虚ろな目は、なんとしてでも友を守る、という深層意識から来る、いわゆるリミッターの喪失だったのではないだろうか。

そこまで考えて、私は考えるのをやめた。
正確には、考えるのを"やめさせられた"。
「宮古さんですね?」
聞き覚えのある、柔和な声が、背後から投げ掛けられた。
「草鹿!」
私は怒鳴るように後ろを向いた。
すると、そこには驚くべき光景が広がっていた。
「こんにちわ。こんなところで遊んで、事件に巻き込まれるだなんて、まったく…面白いですね貴方たちは」
そこにいる草鹿剣は、私の知っている草鹿剣じゃなかった。
黒い学ラン、黒いシャツ、黒いズボン、赤いネクタイ…。
右腕につけている腕章には、『武装警察』と書かれていた。
そして、彼の背後には、100名ほどの銃を持った男と大型トラックがおり、遠くの空からは黒塗りのヘリコプターもこちらに向かって来ており、そこからはなにかよくわからない塊のような物がぶら下がっていた。
「あんた…まさか!」
「ええ、お察しの通りです。詳しい話は後ですが、要は城を制圧すればよろしいのでしょう?」
「…そうよ」
驚愕、驚嘆、畏怖____ありとあらゆる感情がない交ぜになったまま、私はそう答えた。
「了解です。貴女は…そうですね、とりあえず一緒に来てください」
「わ、わかりました…」
言われるままに応じ、私は草鹿についていった。

1年前 No.42

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第43話 殴・破・断 ―熱夏閃光篇I―】

「チ…クショー…」
壁にめり込み、大量に出血している龍司。
頭からは血が流れ、それが目に流れ込んで視界が赤くぼやけて、破れた服から覗く肌は残らずなにかしらの破片が突き刺さり、出血していた。
「ほほう。まだ生きておるか」
「ああ…なんとか、な」
よろよろと立ち上がった龍司は、再び刀を構える。
「死なねえ限り、俺という刀が折れることはねえよ」
「だったら今すぐその刀、へし折ってみせよう」
鑚嶌が拳を振るう。龍司はそれを刀で受け止めるが、刀は案の定折れ、腹に拳がめり込んだ龍司は再び壁に打ち据えられた。
「くっ…そう」
罵声を漏らす。
対抗策はないか、と血の足りない頭で模索するが、なかなか浮かばない。
能力のカテゴリーで負け、唯一の武器も失い、蓄積したダメージが今になって響いてくるという最悪な状況下で、どうやってこの男の首を取るか…。
だが、この男を倒したところで、二階で静観している二人の男を倒せるかと言われれば、不可能だろう。
いや…この状況を覆す切り札は、発動できる状況にあった。
そして、龍司はこの状況を待っていた。
「ほう…まだ立てるか」
龍司はまた立った。
そして、近くに落ちていた刀を拾う。
「まだ抗うか」
「目的はきっちり果たさせてもらうぜ」
刀をを右斜め上に投げた。
刀は二階の床を突き破った。突き破った先には、摩耶がいた。
刀は摩耶を縛っている縄をうまい具合に断ち切った。

その瞬間、摩耶の周囲に青い光が迸った。

刹那、摩耶が目を見開き、あらゆる物が氷となり、城全体を冷気が包んだ。
「悪いな。遅れた」
立ち上がった摩耶に、龍司が問い掛けた。
「遅すぎよ。もう6話も寝っぱなしとか辛いことこの上ないわ」
「起きて早々に第4の壁を破るスタイル、嫌いじゃねえぞ。…まあ、見ての通りだ。お前はそこの間抜け二人組を殺っちまえ。責任はどうにかなるさ。…それに…」
龍司が右を向く。
するとそこには、草鹿と銃を持った男達が立っていた。
「遅くなってしまいました。…ああ、まだこれから、といったところでしょうか?」
「いいや。もう終わるさ。このジジイ殺すだけなんだからな」
「殺してもらっては困りますねえ。私としては、彼を捕まえないといけないのでね」
「じゃあ、『生かさず殺さず』で行くか?」
冗談めかす龍司。
草鹿は、「いいですね、それ。ではそうしましょう」と乗り気だった。

1年前 No.43

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第44話 仁 ―熱夏閃光篇J―】

龍司、摩耶、草鹿とその部下が揃ったところで、鑚嶌が口を開いた。
「貴様ら。数を揃えたとて、わしに勝てると思っておるのか?」
ドスの効いた声はそこにいた者全ての耳に響いた。
「喚くのはよしな。どのみちお縄に掛かんだから」
「その前に、わしがここにいる全員を殺すじゃろう」
「無理だね」
「ほう?手負いの身でまだそんなことをほざけるのか」
深呼吸をひとつした龍司は、鬼のような形相の鑚嶌に言い放った。
「主人公は物語序盤じゃ死なねえんだよ。もちろん、周りもな」
「言っている意味がわからんな」
「序盤の敵はみんな雑魚って相場なんだよ」
冷たく言った龍司。
その瞬間、眼前に鑚嶌が迫り、その太い右の拳が龍司の顔を叩き潰さんと迫った。
しかし龍司は、その拳を右手で掴み、鑚嶌の二の腕をそれを上から左肘で、下から右膝で思いきり叩きつける。
鑚嶌の右の二の腕は折れ曲がり、折れた骨が皮膚を裂いて血飛沫を上げた。
「ーーッ!?」
「これを待ってたんだよ」
鑚嶌は明らかに狼狽していた。
打撃はいくらか龍司から喰らっていたが、殆ど効きもしなかった。
しかし、戦い始めて以来、初めて受ける大きなダメージが、鑚嶌から冷静な思考を奪っていった。
「でえええやあああああ!!!!!!」
鑚嶌が渾身の左ストレートを放つ。
しかし、それも龍司は掴んで防ぎ、足払いを掛けてバランスを崩させ、それを利用して背負い投げをし、背後の壁に叩き付けた。
壁が盛大にひび割れ、次いで穴が開く。壁にめり込んだ鑚嶌の左腕も、龍司は渾身の右足蹴りで折った。
左腕が更に深くめり込み、蹴られた部位は窪んだように落ち込んだ。
しかし鑚嶌も去るもので、腹筋を活かして跳ね上がり、龍司に両足蹴りを見舞う。
これは不意打ちだったようで、避ける間もないので両腕を交差して防いだが、耐えられずに後ろに吹っ飛ばされた。
「癸巳呶!交野!こいつを叩き潰せ!」
二階を見上げて叫ぶ鑚嶌。
しかし、二人は草鹿、摩耶と戦っている最中だった。
「親方!すいません!こいつら押さえんのに精一杯です!」
「こちらも、なかなか手強くてそちらには行けそうもないです!」
癸巳呶と交野が攻撃の合間に言う。
余裕がないのは声からわかった。
鑚嶌は、単独でいきなり化け物じみた強さを見せるようになった龍司を相手取らなくてはならなくなった。
それはいい。
しかし、鑚嶌はひとつ、おかしなことに気が付いた。
二度の攻撃で受けた怪我の治りが遅いことと、いとも簡単に腕が折られ、投げられたことである。
「なぜじゃ…」
心の声が、口に出てしまった。
「教えてやるよ」
褐色の砂煙の向こうから、龍司の声が飛んできた。
「『全強化(オール・マイティ)』は、発動すると身体能力や身体強度、自己治癒能力が無意識のうちに上昇する、一見すると戦闘専門のクソ強い能力なんだわ」
砂煙に、こちらに向かってくる龍司の影が浮かぶ。
「でもな、致命的な欠点があるのを知ってっかァ?」
そう言って、龍司は煙の中から姿を現した。
「焦ったり、極端に興奮すると、無意識に身体強度が普通の人間と同じレベルになるんだわ」
その手には、メイスが握られていた。
「つまり、俺が発破掛けて、ぶちギレちまったてめえは、防御力ゼロのカスだ!」
そう言って、メイスを思いきり投げた。投げたメイスは猛速で飛んでいき、防御する間もなく鑚嶌の腹を打ち、鑚嶌をそのまままた壁に叩き付けた。

1年前 No.44

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第45話 長い(戦いが) ―熱夏閃光篇K―】

「龍司さん、やりますね」
「思った以上よね、あれは」
二階で龍司の戦い振りを見て草鹿と摩耶が目を合わせた。
「よそ見してんじゃねえぞ!」
癸巳呶が上から、交野が左から飛び掛かる。
「ふん!」
摩耶が地面に右手を付くとそこから氷河から削り出したかのような氷の壁が出現して癸巳呶を撥ね付け、草鹿が発光し、まさに光のような速さで交野の至近距離まで接近して殴り飛ばした。

癸巳呶が氷の壁から離れるが、氷の壁があたかも生きているかのように蠢き、そこから人の腕のような物が生え、癸巳呶の左足をがっしり掴んだ。
「なッ!?」
「逃がさないわ!」
手に氷の槍を持った摩耶が壁の上に立つ。
癸巳呶が右手に緑色の球体を浮かばせるなり、それを自分の左足を掴んでいる氷に投げつけた。
氷の腕は一瞬で溶け、癸巳呶は解放された。
「俺の『強酸爆弾(スーパーアシッド・ボム)』を舐めるなッ!」
「なら私の『氷細工(アイス・クラフト)』も甘く見ちゃいけないわよ」
摩耶の手が氷の壁に触れると、摩耶が立っている部分を除いた全ての氷が何十本もの氷の槍と化し、摩耶が右手を左から右に薙いだ瞬間、氷の槍は癸巳呶に向けて飛んでいった。
癸巳呶は上手い具合に全て避け、それが出来ないものは強酸を投げつけて熔解させた。
最後の一本を避けたその刹那、前から摩耶が氷の床をスケートのように滑走し、もう猛速で突っ込んできた。
氷槍の嵐は、氷の床を作るための僅かな隙を作るための陽動だったのだ。
しかし、気づいてももう遅い。
避けきれない____そう判断した癸巳呶は両手に強酸を発生させ、捨て身の攻撃に賭けた。
摩耶の持っている氷の槍が身体を貫くが先か、強酸が摩耶の手を溶かすのが先か。
摩耶が癸巳呶の至近距離に接近した刹那、摩耶は槍を大きな盾に変化させて癸巳呶の強酸を無効化し、更にその一瞬後に盾から氷が伸び、癸巳呶の両手を氷が覆った。
「もうこれで戦闘不能ね」
摩耶が微笑んだ。

草鹿の対峙する交野も、同じように草鹿に苦戦していた。
彼の能力『電撃(ライジング)』では、草鹿の『光速化(ライトニング)』を捉えることはできないのだ。
「速い、速すぎる!」
草鹿に一方的に殴られ続ける交野も、しばらく同じような動作を繰り返してから倒れ、制圧された。

1年前 No.45

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第46話 そろそろ終わらせたいのだがアニメにハマって集中できねえ ―熱夏閃光篇L―】

「おのれ…」
壁に叩きつけられ、血を吐きながら、鑚嶌は龍司を睨んだ。
せめて右腕さえ治れば、メイスであの小兵を叩き潰せるというのに…!
鑚嶌が右腕に意識を集中させる。
「全強化自体、そこまで使ってるヤツが多い能力じゃないからな。弱点なんざわかんなくて当然だ」
龍司がゆっくりとこちらへ歩みを進めてくる。
その手には、大鉈が握られていた。
「あんたの最大の汚点はなァ…」
龍司が大鉈を構える。
「俺に喧嘩売ったことォ!」
そう言いながら、大鉈で鑚嶌の首を断ち斬らんと飛び掛かった。
それと同時に、鑚嶌が自身の右腕が元に戻っているのに気がついた。
治ったばかりの右腕でメイスを掴み、振り上げた時には龍司は目の前にいた。
メイスを力一杯振り下ろす。
刹那、激震と衝撃波が周辺を駆け抜け、鑚嶌は砂煙に包まれた。
叩き潰せた____鑚嶌はそう思っていた。
しかし_____。
「もう一個あるぜ」
砂煙の中から、メイスの先端の下から、あの男の声がした。
同時に、タイミング良く砂煙の切れ間からメイスの先端の下____メイスを大鉈で頭に当たる寸前で食い止めている龍司が現れた。
とはいえ、その渾身の力で振り下ろしたメイスを止めるのは容易ではなかったようで、龍司の周辺の床板は消え、床下の地面すらもクレーター状に抉れ、そこに片膝を突き、大鉈を両手で抑えることでようやく防げていた。
「俺のダチを_____」
龍司が大鉈を滑らせ、メイスに大鉈の先端を引っ掛ける。
直後、呆気なく鑚嶌の手からメイスは引き離され、弾き飛ばされる。
先の一撃で力を使い果たしていた鑚嶌は、反撃の余力すらなかった。
瞬き一つした後には、龍司が超至近距離にいた。
「傷つけたことだァッ!!!」
大鉈を龍司が振り下ろした。
大鉈は鑚嶌の身体を袈裟懸けに斬り、大鉈の引っ掛けは骨を抉り出し、破壊した。
大鉈が鑚嶌の肉体を脱した直後に、龍司は鑚嶌の返り血に染まっていた。

斯くして、葦餝にて繰り広げられた戦争は、龍司たちの勝利に終わった。

1年前 No.46

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第47話 長いよ(シリアスパートが) ―熱夏閃光篇M―】

あれから数時間後。
夜の帳が降りた、城の最上階で龍司と草鹿は、高麗の支配から解き放たれた葦餝の街を見下ろしていた。
普段なら、中華街の華やかな照明が夜闇を照らし、街を行き交う男女で賑わうのだろう。
しかし、今日はそうもいかず、武装警察委員会の捜査が入っている。
龍司が口を開いた。
「…戦後処理はどうするんだ?」
草鹿か龍司を一瞥し、夜空を見上げて淡々と述べた。
「葦餝は、私の隊の管轄とします。鑚嶌公三は逮捕前に抵抗し、私の隊と交戦、その末に死亡したことにします。交野や癸巳呶も、相当数の罪状がありますので、拘束期間をたくさん引き延ばし、一生を取り調べと裁判で過ごしてもらいます」
「そこはいい。だが、摩耶と愛宕はどうなる?」
そう、龍司の言う「戦後処理」というのは、そういうことだった。
「確かに、これは俺がやっちまったことだが、それでも____」
「彼女達は、どうにかなりますよ。もちろん貴方も」
「…?」
「貴方達は、葦餝に遊びに来ていたところ、犯罪捜査に来ていた私の隊と高麗第一二師団の抗争に巻き込まれ、負傷した…この程度の事実、簡単にでっち上げられます」
視線を下に移すと逮捕者が列をなして街の外へ向かっているのが見えた。
「あれはどうすんだ?」
「主要人物は全員口封じをします。他の雑兵は、了承したらの場合ですが、戸籍を変えて私の隊に入れます」
「…お前、なんか企んでるか?」
草鹿を横目で一瞥する。
「軍拡をするのは、理由があんだろ?」
「そうですねえ…。まあ、一度組織に入ったら、頭は取りたいですよね」
「つまり影響力と行動力を高めたいのか」
「そんなところです」
いつもいつもにっこり顔で語る草鹿の心の内は、龍司には読めない。
ある意味恐怖だが、読み取る方法は言葉だけだというのも、またわかりやすい。
「…まあいい。しっかり頼むぞ。俺は日常が壊れるのは御免なんでな」

「うまくいったみたいだね」
月を背に、ビルの上に佇む男達がいた。
ビルの縁に右足を掛けている男の左斜め後ろにいる、比較的大柄な男が、言った。
「ま、やっこさんをうまい具合に焚き付ければ第一二師団は勝手に消えんのは確実だったろ」
小柄な男が軽い口調で言う。
「途中危なかったじゃないか。峯風殺されかけてたし」
「大丈夫だったろ。ま、カテゴリー10相手にほぼ単独で勝つなんざ、逆転優勝もいいとこだがな」
「結構危ない賭けだったけど、これでようやく進める」
小柄な男____烙影啓双が、声音を下げて言った。
背後から差す月明かりが、彼の髪を染める。
比較的大柄な男、斑尾益城が感慨深げに言った。
「高麗をモノにするのもあと少し、ってか」
「ああ。俺らはもう止まれない、止まらない。ヤツが、草鹿と俺達が利益を共有し、全てを変えていく。この同盟の主旨は、そういうことだろ?」
烙影が、目を細めて口角を上げ、微笑んだ。

熱夏閃光篇 ―終―

1年前 No.47

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第48話 長かった(シリアスパートが)】

葦餝の一件以来、龍司と愛宕には、言い知れぬ壁がある。
龍司のあの言動とその姿を見てしまったからだろうか。

「なあ愛宕。ここにあったピーナッツバターチョコレートビスケットグリフォン知らねえか?」
やたら長い名前の菓子の所在を、龍司の定位置で寝転がる愛宕に訊いた。
「知らん」
「…」
ぶっきらぼうな。
「そっか。じゃあ買ってくるわ」
「行ってらっしゃーい」
いつもなら、「私も行くわ」とついてくるはずだ。

…あの一件が関連しているのは間違いないが、これはこれでツラい。
だが、ここでそれを追及しても、関係が悪化するだけだろう。
幸い、まだ夏休みは中頃に入るところで、時間はまだたくさんある。結論は後でもいいだろう。

龍司は結論を先伸ばしにした。


彼女にとって、峯風龍司という人物は、「救い主」であった。
よく言えば天真爛漫で、悪く言えば自分本位で動くという性格の持ち主である愛宕は、長らく友と呼べる者はおらず、家庭内でも理解が得られず、家を追い出されてしまった。
そんな彼女を、龍司は快く迎え入れ、受け入れてくれた。心から笑ってくれた。
そして友情とは全く異なる感情を抱いていたのも事実だ。

しかし、そんな愛宕は、ある日見てしまった。

光の全くない、暗闇に沈み込んだ、あの目を。

理解が、出来なかった。
言動、声音、表情_____どれを取っても、愛宕が知っている龍司ではなかった。
いや_____この衝撃は、たかだか数ヶ月程度で全てを知っている気になっていた傲慢を彼女に認識させたが、「それでも」という言葉が脳裏に食い込んだ。
それほどまでに強烈な経験であった。

故に、愛宕は無意識のうちに龍司と距離を置いてしまっている。
彼女に対し、龍司は変わりなく接してくれているのにも関わらずだ。

彼がいないリビングで1人悩んでいた。

「どうしたの?」
声の主は、いつの間にか背後の席についていた摩耶だった。。
愛宕は頭だけ動かして摩耶を見上げる。
「そういえば最近、龍司くんへの態度、おかしいわよ?」
「…なんでもないわよ」
摩耶も気づいていた。
いや、いつも龍司に絡みまくるのに、全く絡まなくなった時点で、それはお察し済みのようだ。
「私もわからないわ」
不意に、摩耶がしみじみと言った。

1年前 No.48

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第49話 ネタパートがなかなか出せなくてコンセプトから外れまくってる件について】

「私もわからないわ」
摩耶が発したその一言は、愛宕の混乱を深めた。
「…え?あんた、あいつの…」
「そうね、貴女よりかは知っているつもりよ。でも…」
摩耶の顔が曇る。
そこで愛宕は察した。彼女も、龍司を知っているわけではないのだ、と。
「彼は…私たちが思うほど深い人間ではないのかもしれない。けど、その逆もあり得るのよ」
「…」
「私は、彼が時々見せる空虚な目が怖い。あの奥に映るものがなんなのか、理解出来ないし、知りたくないから。でもそれって、逃げよね」
自嘲的に笑う摩耶に、愛宕は掛ける言葉がなかった。

「じゃあさ、聞いてみよ?」
しばらくの沈黙の後に、愛宕が思い切って切り出した。
摩耶はしばらく考える。
「…そうね、確かにそうすれば…でも…」
摩耶はなにかを知っている。
ある程度だが、なにかを知っている。
愛宕はそう確信した。
「あんた、なにか知ってるでしょ?」
「え?」
驚く摩耶。
その表情は、質問に対して否定をしていなかった。
「…何から話しましょうか?」
「初めから全て」
「言ったけど、全部知ってる訳じゃないし、彼も断片的にしか教えてくれなかったから、多分そこまで多くは語れない。だからわからない部分は彼に聞いてね?」
と、摩耶は断りを入れた。

1年前 No.49

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第50話 忘れ物はいつもしょうもない】

ピーナッツバターチョコレートクッキーグリフォンの箱が入った、小さなレジ袋を左手に持った俺は、家のドアを開けようとする手を止めてしまった。
ドアから漂う、殺気に近いなにか。
「…?」
ドアから二、三歩離れ、マンションの廊下の側壁に背中を預けた。
腕を組み、天井を仰ぐ。
「また面倒な…」
この物々しい雰囲気は、なんとなく察しがつく。
ここは敢えて、飛び込んでいくという選択肢は間違いなく面倒事を引き起こす。面倒な状況を悪化させるのは良くない。だからといって、しばらく待つという選択肢もあるがこれは更にBAD。時間が経てば経つだけ事態が深刻化することなどザラなのだ。
なら仕方ない。ここは思い切って突っ込むしかない。
そう考え、心を無にし、ドアに手を掛けた。

「ただいまー」
ドアを開けると、そこにはいつもの玄関があった。
靴を脱いで家に上がる。
廊下を歩き、リビングへ真っ先に向かう。
多分、そのときの俺は死んだ目をしているだろう。
だから、リビングに入ったときに振り向いた摩耶と愛宕が見せた驚愕の顔は、ある意味仕方ないと言えた。

なぜなら、このとき彼女らは俺の話をしていたのだから。


「なんか話してた?」
俺はリビングに入るなり、冷蔵庫に例のクッキーを詰め込みながらそう言った。
「えーと…」
摩耶が口ごもる。
その様子でだいたい察した。
俺の素性を、愛宕に教えたのだろう。
となれば、次に来るものはだいたいわかる。
「ねえあんた、異世界人てホント?」
愛宕が席を立ち、俺の方に歩み寄ってきた。

このとき、俺はこの質問を予想はしていたとは言え、俺はそれに対する有効な回答を有していなかった。
ここで「違う」と言えば摩耶は嘘つきとなり、「はいそうです」と言ったところで、それを証明するものはないし、あまり話せないものも聞かれるだろう。それを拒否すれば、俺と摩耶、愛宕の間に亀裂が入る。

ああ、いつかはこうなるのはわかっちゃいたんだ。
なのに、なんの対策も講じなかったのは、あまりの愚策と言えた。

だが、まだ切り札はある。

「…どこから聞きたい?」

俺は、情報を小出しにしてこの場を乗り切ることを選んだ。

1年前 No.50

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第51話 魔法使えたらいいよなあ〜!】

「起きろ〜!」という摩耶の声が聞こえたと思えば、睡眠中の無防備な俺の腹になにかがめり込んだ。
「ぐぇ!」
普通ならあげないような間抜けな悲鳴。
漫画にすると見事なギャグパートが完成するようなひとコマだが残念、これは小説だ。
「いってえわ!」
「起きないのが悪いのよ」
前述の通り、俺の腹に打撃を与えたのは無論摩耶だ。
恐らく感触からしてあれは蹴り、しかも両足だろう。
「起きないのが悪いって…あれ普通なら内臓潰れてるぞ」
明らかに全体重を乗せた両足蹴りだ。摩耶の体重などよくは知らんが例え女子とはいえの全体重を乗せた両足蹴りは相当堪える。
それに耐えられるのも凄いと普通なら言われるだろうが。
「大丈夫よ龍司くんなら。不死身だし」
「不死身ではないな、不死身では」
「それにしても硬かったわね、お腹」
「ああ、まあな」
「これからは毎朝両足蹴りで起こすわね」
「死ぬわ!自分で起きれるわ!つうか起こすの俺だから!」
「冗談よ冗談。さすがにそれは私も辛いわ。主に足が」
「俺の心配をしてください」

閑話休題。

これから本題。

はてさて、ギャルゲの重要要素、即ち毎朝起こしに来る幼馴染みも、主に恐怖の方向で驚愕するであろう起こし方で起こされる俺は、幸福なのか不幸なのかよくわからなくなる。
「今日はなんかあったっけ?」
朝食を片付けたあとのコーヒータイムに俺は摩耶と愛宕に聞いた。
とりわけさしたる用事はあるわけでもないので、彼女たちになにかやりたいことがあったら消費させてやろうという俺なりの気遣いだ。
まあもっとも、変な方向のものは御免だが。
「お祭り行きたい」
愛宕がどこからともなく出てきた祭りのポスターを机の上に堂々と置く。
でかでかと「マスク祭り」と銘打ったこのポスター、一見普通の祭りに見えるが、何故か写真に映っている参加者とおぼしき者は全員例外なく仮面を被っている。
ひょっとこ、能面、天狗など妖怪などはいいが、どう見てもメイクとしか思えないようなソンビマスクや、もはや仮面ですらない包帯ぐるぐる巻き、挙げ句の果てにはどこぞのSMプレイの女王様が被るようなアイマスクなどもある。というかおもいっきり仮装してる。
「なあ、これハロウィンか?」
「それに屋台が加わったやつみたい。面白そうだから毎年行きたくて仕方なかったけど、家が許してくれなくてさー」
まあ仕方ない。厳しすぎるという摩耶の父は、こんな祭りに娘が行くことを許してはくれないだろう。
「摩耶はどうだ?」
俺は行くことを否定する理由もないので行くことを決めたが、摩耶にはまだ意見を聞いていなかったのでこの際に聞いておこう。
「喜んで行くわ」
即答だった。
「まあこれを使ってみたかったし…ね?」
おもむろにパーカーのポケットから出したのは、先ほどポスターの中に出てきた女王様アイマスクだ。
「おいお前…」
思わず声が漏れた俺を誰が責められようか。
はたまた運命のいたずらか、なにかの予兆だったのは明らかだったが、このときはよくわからなかった。

1年前 No.51

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第52話 仮面舞踏会ならぬ仮面大祭 ―仮姿封面篇@―】

夜になり、マスク祭りの開催地へと向かった。
マスク祭り、つまりは仮面を被った祭りに行くのだから、俺らは当然仮面を付ける。
まあ俺は、普通に天狗の仮面つけているが、しかし、他の女子2名はといえば…。
「おい摩耶…それ…シャ○の…」
「見せてもらおうか、連合の能力者の性能とやらを…」
完全にダメだこれ。でもまあ楽しそうだから良いのだが…つうか連合てなんだよ。
「見せてもらおうか、新しい能力者の性能とやらを」
愛宕が低い声で言った。
これもうUCのフル・フ○ンタルだ。やべーよ。しかも全然似合ってねえよ。つうかあの仮面の名前的にこいつは全裸になる気か?だったら見てみたい気もするが…。
「私たちは中心へ向かう。君は別行動でよろしい」
摩耶よ…声音が全然違う…。すっげえ低いぞ。
というか口調も全然違うが…。

そこで俺は違和感を覚えた。

「そういえば、お前らそれどこで見つけたんだ?」
率直な疑問を口にする。
こんなものは家にはないはずだ。
仮面とは、「人に仮の姿を与える道具」とも言えるが、個性の強い彼女らがここまで変わることはない。
ふざけ半分とも考えたが、それならば見えるであろう口元の僅かな弛緩が見えない。
怪しい。
「これは…先ほど買ったものだろう。気にすることはない」

やはりおかしい。
というか、「買ったものだろう」とはどういうことだ?
「では我々は中心へ向かうから君とは別行動だ」
「おい待て!」
中心へ向かう摩耶と愛宕を引き留めようとするが、その瞬間に人混みに飲まれ、次の瞬間には姿を消していた。

1年前 No.52

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第53話 仮面の魔力は異常 ―仮姿封面篇A―】

いきなり置いてきぼりを食った俺は、適当に売店を彷徨いていた。
先ほど買ったココアパンを頬張り、ココアの甘さが口に広がるのを感じながらあの仮面を思い出していた。

____あの仮面、なんだったんだろうか?

どう理屈をつけようにもあんなものは…いや、そんなものは「あっち」にしかないはずだ。
まさかこっちにも俺と同じように来ているやつが____と考えたところで思考が中断された。

「おや?龍司さんじゃないですか?」

聞き覚えのある声だ。
振り替えると、そこにはよくわからん仮面____後でわかったがプレデターのアレを口だけ出るように改造したアレ____を着けた草鹿が立っていた。
「よう、草鹿。禍々しい仮面だな」
「あなたのはもはや定番ですね。騎士のヘルメットとは」
定番という定番ではないだろうが____まあ確かに便利ではある。
というか、普段職務で忙しいはずの彼がいるということは、もしや____。
「お前がここにいるってことは、なにか起こるんだな?」
「よくお気づきで。流石です」
やはり。
となれば、少し前まで抱いていた疑問をぶつけるのみだ。
「おかしな仮面絡み…だな?」
「…?」
草鹿が首を傾げる。
違ったか。
ではなんだ?こんな祭りに武警が紛れ込む理由は?
いや、首を傾げる動作が少し___。
「私はただ、特務で来ているだけです」
「特務?なんだそりゃ」
「それは言えません。本当は特務ということすら口外できないのですが、貴方にだけ伝えます。信用してるのでね」
「なるほど、なにか起こったときに状況をある程度察してくれる奴がいた方が使える、というわけか」
「言い方は悪いですが_____まあその通りですね」
「つまりこれからなにかが起こる。違うか?」
「わかりません。ただ、もしかしたら、なので」
保険はかけておきたい、そういうことか。
まあ、なにかあれば俺は摩耶や愛宕が無事なうちに一目散に連れて逃げるし、残念ながら期待に応えるつもりもない。
…いやしかし、ひとつ聞いておかねばならない。

「なあ草鹿。もしや、仮面が関係してないか?」
「…察してますか」
当たってたらしい。
「ああ、薄々感じてはいた」
摩耶と愛宕の仮面…。気になる。とてつもなく。
「さっき、愛宕と摩耶が妙な仮面付けてたんだ。まあ、ガン○ムのキャラクターがつけてる仮面だったんだが…」
「性格まで変わっていた、違いますか?」
なるほど、かなりヤバイやつみたいだ。
全く、最近ロクなことがねえや。
「…ヤバいやつか」
「相当」
即答かよ!
「武警が全力で仮面を捜索していたのですが、先ほどここに紛れ込んでいるという情報がありましてね。そこで急遽、私の部隊が探しに来たというわけです」
なるほど。
それに協力すればいいんだな?
「ひとつ聞くぞ。あの仮面の正体はなんだ?」
「…そうですね、こまで情報を伝えたからにはそれも知りたいですよね」
「ああ。武警が全力で探すほどの代物とかさすがに怖いぞ」
数秒の沈黙の後、草鹿が周りを見回して言った。
「ここではなんです。他で話しましょう」

会場の外れにある広場まで来た。
そこにポツンと設置されているベンチに腰掛けると、草鹿は口を開いた。
「あれは…あの仮面は、兵器です」

1年前 No.53

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第54話 仮面が兵器とかワケわからん ―仮姿封面篇B―】

「あれは…あの仮面は兵器です」

「…は?」

馬鹿か。
そう思って草鹿を見るが、仮面を被っていても彼は大真面目だった。

「…話を続けてくれ」
俺はそのまま話を聞くことにした。
まあ、そうする以外にないしな。
ワケのわからん事態に巻き込まれるなら、情報を持った状態の方が格段に解決が早いに決まってるからな。

「自律式対有機生命体寄生型侵食性無人攻撃機、通称『カルメン』。要は、人に付着することで対象の人物を操作、テロ行為を行わせる、極めて危険な兵器です」
…それ、相当ヤバイんじゃないか…?
ここで話してても問題ないのか?
「まあ、夜の9時にならなければ作動しませんがね」
「逆に言えば9時が一番やべえ、てことだろ?」
「そういうことです」
今の時間は8時25分。
9時になれば彼女らは暴れだす、とのことだ。
…愛宕の能力ならば暴れても抑え込めるが、摩耶の氷は脅威だ。
「よし、急いで探すぞ」
俺が立ち上がったたが、草鹿は右腕を掴んで俺を座らせた。
「あまり目立つような探し方はしないでください」
確かにそうだ。
自律式ということは、当然自分を探している者はすぐに気づくはずだ。
…厄介だが、うまい具合に溶け込めるように訓練されている武警なら容易、ということか。
「ところでもうひとつ聞くぞ」
「なんでしょう?」
「どの国(どこ)が開発したんだ?」

1年前 No.54

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第55話 それはいつも唐突に ―仮姿封面篇C―】

「どの国(どこ)が開発したんだ?」
「…それは…」
口ごもる草鹿。
この感触は恐らく_____
「ガルドリア第六帝国、だな?」
「…さすがですね。否定の余地すらありません」
…これは面倒なことに巻き込まれたな。
草鹿曰く、あの仮面はガルドリアの試作兵器で、これを用いて学園を混乱させ、その隙に大攻勢を行い侵略する、という算段らしい。
全く、おぞましい計画だ。
「で、何度も言う通りあれぶっ壊せばいいんだろ?」
「その通り。早速、探しに行きましょ______」
草鹿が言い終わらない内に、会場から轟音が届いた。
「!?」
刹那、そちらへ目を向けた俺たちは衝撃の光景を目にした。

氷の____柱だった。

1年前 No.55

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第56話 今更だが再開しますね〜 ―仮姿封面篇D―】

会場の中央にそそり立った巨大な氷の柱は、並みの能力者では発し得る程の大きさではなかった。

明らかに、カテゴリー6以上の『氷細工(アイス・クラフト)』_____そしてそれを有する者を、龍司は知っていた。
「摩耶…!」

突然の異変に、人々は戸惑い、悲鳴をあげながらその場から逃げ去っていったが、それを追うように、今度は地面を縫うように、細長く巨大な氷塊が人々を襲った。
運悪く捉えられた者は、瞬時に氷の中に閉じ込められてしまった。
「…これは面倒な」
その様を、ただ呆然と見つめる龍司だった。
先ほどの氷の柱を見れば、その頂点には仮面をつけた摩耶と片膝を突いた愛宕が立っていた。
「参りましたねえ…これほどの民間人を巻き込んでしまっては、もう隠密行動ともいかなくなりました」
呆れ気味に言い放つ草鹿。
その背後には、如何にもといったような特殊部隊風の男たちが、凄まじい殺気を放って待機していた。
「いや、待て。俺が何とかしよう」
「…出来ますか?」
「出来るとも。少なくともお前らよりかはな」
龍司はその瞬間に、闘志と能力を解放した。

11ヶ月前 No.56

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第57話 久しぶり過ぎて色々ミスった ―仮姿封面篇E―】

龍司はまず、氷の柱めがけて全力で飛んだ。
猛速で突っ込む龍司だが、摩耶がそう簡単に通してくれるはずもなく、柱を基盤に巨大な腕を出現させ、その拳で龍司をはたき落とそうとした。
しかし、彼は右拳を突き上げてそのまま氷塊へと突っ込んだ。
次いで氷の拳は貫かれ、龍司は二の腕まで至り、氷の腕もその辺りから崩壊した。
「やるじゃん」
闘争心剥き出しの龍司はそう呟きながら、崩壊し、地に落ちようとする氷の塊を足場に更に飛んだ。
柱からは天井のような氷の壁が生成され、龍司の行く手を阻んだが、龍司は難なくこれを拳で破壊、それを足場に更に加速し、ついに摩耶と愛宕のいる高度にまで上がった。
しかし______
「…いねえ!?」
そうか、だから俺の視界をこの天井で奪ったのか_____!
龍司がそう察した刹那、脇腹に鋭い衝撃が走り、龍司は先ほどの氷の床に叩きつけられるが、それも貫いて地上へと弾き飛ばされた。
「ってえ…!」
脇腹への攻撃の正体はわかっている。
愛宕だ。
さしずめ、『物体浮遊(エア・クラフト)』を利用して、高所から一気に蹴り飛ばしたのだろう。
「二人相手にチマチマやってりゃ、分が悪いな…」
龍司は右腕と拳に力を溜め、それを一気に氷の柱に向けて殴るように打ち放った。
すると、衝撃波が発生したのか、巨大な空気の塊が氷の柱を直撃し、これを破壊した。
次いで龍司は再び飛び、落ち行く氷の塊を足場にどんどん加速していった。
空中浮遊する愛宕と、愛宕に抱き抱えられた摩耶が目標だ。
「そいやァッ!」
氷を足場にどんどん加速した龍司は、空中で瞬時に二人の背後に回り込み、愛宕の首をチョップした。
愛宕は気絶したのか、摩耶を離してしまった。
愛宕を左脇に抱き抱え、落ちていく摩耶を追いかける龍司だったが、摩耶は健在で、彼と手が触れた瞬間に彼を愛宕と一緒に氷の塊に閉じ込めてしまった。

11ヶ月前 No.57

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第58話 修正したくてもどこを修正すればいいのかわかんない ―仮姿封面篇F―】

「ナメんなァッ!」
摩耶によって氷の塊に閉じ込められた龍司だったが、それを気合いで破壊して脱した。
「仲間も巻き添えかよ!」
「仲間などではない」
「!」
自分の左脇に抱えている愛宕が、不穏な一言を発したのを、龍司は聞き逃さなかった。
刹那、龍司の腕をするりと抜けて、そのまま身を翻し、龍司の首筋に強烈な蹴りを放つ。
まさに電撃______龍司は全く反応出来ない。
龍司はそのまま地上に叩き付けられた。
「くっ…愛宕のやつ、素早すぎんだろ…」
唇が裂け、滴る血を拭いながら立ち上がるが、直後に摩耶が右真横から迫る。
気配を感じて咄嗟に構えるが、摩耶の方が一手早く、龍司の懐に飛び込み手刀で腹を突いた。
腹筋に手刀が食い込み、それを貫いた。肉を貫き、体内に強引に異物が侵入する。
龍司が苦痛に顔を歪めた。
手刀に冷気が走る。
「くっ…!」
手刀の冷気が、周囲の内臓を凍らせ始めた瞬間、激痛が龍司の体を貫いた。
鋭利な、ナイフのような氷が摩耶の手刀から形成され、それが一気に長大化した。
その先端は内臓を凍らせたり裂いたりしながら龍司の体の奥深くまで侵入し、骨をも砕き、そして反対側に突き抜けた。
龍司の体を、氷が貫いた瞬間だった。

11ヶ月前 No.58

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第59話 寝不足は辛い ―仮姿封面篇G―】

龍司の体は、見事に貫かれていた。
苦痛に苛まれ、顔を歪める龍司。
さしもの龍司にとっても、これは大ダメージなようで、反撃に出れない。
そうこうする内に、龍司の腹に突き刺さる摩耶の手刀から腕を伝い、肘から鮮血が滴る。
「終わったな」
摩耶の冷たい声が、龍司の耳に届いた。
「いんや?まだ終わってねえ」
「!?」
余裕そうな声と共に首を起こした龍司は、不敵な笑みを浮かべていた。
その時の摩耶の表情は、仮面に隠されていてわからなかったが、恐らく表情はないだろう。
彼女は、操られているのだから。

「これを待ってたのさ。予定より少しデカいダメージ、を受けたが、もうオシマイだ、このバカ騒ぎも、俺とお前らの戦いもな」
摩耶の二の腕を掴むと、一気に手刀を引き抜く。
氷の刃もその時に折れ、地面に落ちて砕けた。
「よっと」
掴んでいた摩耶の腕を強く引っ張ると、摩耶の顔_____仮面だが_______が目の前にやってくる。
その仮面の縁を掴むと、龍司はそれを更に強く引っ張った。
仮面はさほど強く接着していなかったようで、まさに「付いていた」だけのようだった。驚くほど軽く外れた仮面に一瞬だけ龍司は警戒するが、しかし既に無力化されていることを悟ると、次に上空に注意を寄せた。
「そこッ!」
自分の直上へ思い切り飛び上がる龍司。
丁度そこには、落下しながら踵落としを見舞おうとしている摩耶がおり、恐らくこれをまともに食らえば龍司と言えど大怪我は免れられないだろう。
しかし、龍司はそれを空中で避け、すれ違い様に仮面を剥ぎ取ってしまった。
一瞬の内に二人とも無力化された。

そして、二人は龍司が着地したその時になってようやく倒れた。

11ヶ月前 No.59

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第60話 コロッケて、家庭感すごいよね ―仮姿封面篇H―】

「そんなことが…」
目が覚めた愛宕と摩耶は、龍司と草鹿から事態の経緯を聞いて声をあげた。
意識がなかったとはいえ、それでも自分たちが龍司に攻撃した驚愕しているようだった。
「その…ごめん…」
「私たち、面白いお面があったから、それをつい買って…」
龍司に、摩耶や愛宕が頭を下げる。
「いや、いいのさ。仕方ない事だったんだよ、戦争てのはそういうものなんだ」
そう言って許す龍司の目は、どこか虚ろで、目の前の摩耶を見ていなかった。心ここにあらず、といった様子だった。
(戦いを終えた戦士の目………どこまでも血を求めて、闘争を続ける狂犬のような瞳………やっぱり…本当なのね………?)
恐る恐る顔をあげた愛宕は、龍司の目から、炎が急速に萎えていくのを見た。

4ヶ月前 No.60

天雷/桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第61話 記憶はぼけやすい ――学園奇襲篇@――】

うだるような暑さを残して、夏休みは終わりを迎えようとしていた。
もうすぐ。新学期が始まり、まだ休んでいたいという倦怠感を引き摺り、足を引き摺りながらあの忌まわしい学校へと向かった。
今日は準備登校である。

「行きたくねえなあっ!」
「私もよ」

摩耶にしては珍しい発言だった。
常にやる気に満ち溢れ、仕事熱心な彼女から、こんな後ろ向きな発言を聞くことになるとは、龍司も愛宕も思ってもいなかった。

「そういえば夏休みの下りを強引に終わらせたのって、単純に作者がめんどくさがっただけらしいわよ」
「いきなり作者ディスか。変わらねえな摩耶」
「なに言ってんのよ、この作品の80%は作者の恨み節よ?キャラだって恨み節のひとつやふたつあるわよ」
「尤も、今となっては作者もそこまで恨みとかあるわけじゃなさそうだから、私たちの恨み節のキレもかなり悪くなってるわね」
「なんか、作者も高校生になって学校でヒャッハーしてるらしいからな………」

つまらない会話をしつつ、校門をくぐると、龍司は不穏な空気を感じた。
立ち止まる龍司。
それに気づいて、二人も立ち止まった。

「どうしたの?」
「………静かすぎる」
「え?」

愛宕が訊き返すが、龍司は辺りを見回してから、ようやくその空気の正体に気づいた。

「おい、お前ら………ここまで来るとき、この学校の制服を着たやつを見たか?」
「………見て、ない………」

震える声で、震える視線で摩耶が龍司を見る。
愛宕は幾分か落ち着いているのが、龍司はなんとなく腑に落ちない。

「ヤバい………!!!」

愛宕が強張った表情でそう言った瞬間、空気が______変わった。
龍司が身構えたその瞬間、背後に忍び寄る気配に気付き、そちらへ向くと、刀を持った男が白刃を閃かせ、得物を振り下ろしてくるところだった。

「ッ!」

能力を解放し、その一太刀を避ける。
男は刃を翻し、横薙ぎの二太刀を浴びせようとするが、龍司はその瞬間にその男の溝尾目掛けて右膝を叩き込む。しかしそこで龍司は我が目を疑った。
溝尾に叩き込んだはずの右膝は、めり込む少し手前でその男の左手によって防がれ、捕まれていた。

「俺を雑魚と踏んだらしいな。しかし全く本気でない状態でこの重さとは………末恐ろしいな」

声は思いの外老けていた。
男が右手に持った刀を振り上げる。
龍司は飛び退いて避けようとするが、右膝を掴む男の左手から透明ななにかが膝に巻き付いて、右膝が固定されてしまって動けない。このままでは、龍司は斬られてしまう。

「クッ!」

龍司が顔を上げる。しかし、男の顔は黒いヘルメットに覆われ、しかも着ている衣服も全て黒と来た。
しかし………どこかに見覚えがある。
この感覚は………まさか!
その瞬間、刀は振り下ろされる。
龍司は覚悟して目を瞑るが、その瞬間が訪れることはなかった。

「龍司を離せッ!」
「摩耶ッ!!」

摩耶が両腕に装着した氷のトンファーがヘルメット男の脇腹を打ち、弾き飛ばした。
同時に、龍司の自由を奪っていた左手は離れ、晴れて龍司は自由に動けるようになった。

「仕返しだ畜生ッ!」

地面を蹴ってヘルメット男に向かっていく龍司。しかし、ヘルメット男はいつの間に持ち換えたのか、金属の部分が人の胴ほどあるハンマーを持っていた。そしてそのハンマーを、右から横薙ぎに龍司に叩きつけた。
右肘で防御しようとしたが防ぎきれず、その衝撃で左に吹き飛び、校門から出てしまう。
なんとか起き上がったが、その瞬間に無数の銃弾が龍司の周りで火花を散らした。
なんとか再び間合いを取って、ヘルメット男を見ると、右肩に巨大ハンマーを、左手にアサルトライフルを持っていた。

(持っている物体を、自在に変化できるのか………?)

厄介すぎる。
さっきの透明ななにか_______恐らくだが凄まじい強度のセロハンテープといい、巨大ハンマーといい、アサルトライフルといい、色々滅茶苦茶すぎる。
はてさて、どうしたものか______中腰に構えた龍司が、拳を握ったその瞬間、男の背後に二人の人影が飛び掛かった。

「愛宕!摩耶!やめろ!」

龍司の叫びも虚しく、氷の剣を振り下ろす摩耶と、踵落としのために右足を振り下ろす愛宕。
しかし、二人の攻撃は、振り向き様に放たれた棍棒の一撃で薙ぎ払われ、二人とも弾き飛ばされてしまった。

「そこォッ!!!」

男の至近距離に龍司が肉迫し、足払いを掛ける。ヘルメット男はバランスを崩し、思わず転倒するが、地面に倒れ込むその瞬間に龍司の腹目掛けて拳銃を3発、撃ち放った。
流石の龍司も、至近距離でしかも3発も撃たれれば、ダメージは受ける。

「ぐふッ…!」

腹に3発の銃弾がめり込んだ。幸い、龍司は今、能力使用状態にある。銃弾は龍司の皮膚を突き破ることなく、地面に落ちる。
だが、不意討ちとしては大成功だった。
龍司が動揺したその瞬間、ヘルメット男の右足の爪先がが龍司の左側頭部に炸裂した。靴は爪先の部分だけ鉄に覆われて、さながら消防士の靴のようになっていて、凄まじい威力を発揮した。
半端じゃない衝撃が、龍司の頭蓋を突き抜ける。刹那、龍司はアスファルトの地面を10メートル程削りながら、右へ吹っ飛ぶ。

「ぐっ………!!!」

すぐに起き上がる龍司だったが、頭部や右肩から血を流し、白いワイシャツを朱に染めた。

「ふむ。貴殿の能力にとって我が輩の能力はかなり分が悪いらしいな」

ヘルメット男が初めて喋った。声は若いが、何故かジジイ口調なのは何故だろう。

「ちょうど、蜘蛛が仕事を終えたようだ。我々は引き上げよう。生徒を一人も見なかったことの真相を知りたくば、第四高校まで来るが良い。さらばだ」

一方的に絡みを断ち、踵を返して帰ろうとするヘルメット男。
しかしそれを見逃せるほど、龍司は紳士的ではない。

「勝手に終わらせんなァッ!!!」

アスファルトが抉れるほどに地面を蹴り、凄まじい衝撃波を放ちながら龍司がヘルメット男に飛び掛かった。
渾身の力を込めた右ストレートを構え、その首筋に叩き込むその瞬間、龍司の動作は停止した。

「!?」
「間に合ったようだな」

空中で制止する龍司。
腕一本、足一本、それどころか指先から口も表情筋までもが、全てが止まった。しかし、眼球だけは動いた。
しかし、皮膚に絡み付くその拘束具の正体だけはすぐにわかった。
目に見えないほど細く、頑丈な鋼線だ。

「蜘蛛の糸は全てを絡め、その主の毒牙に掛けるまで標的を弱らせ続ける」

背後から声がするが、首を動かせない龍司は誰かを確認することも出来ない。
しかし_____龍司は諦めない。
全身に力を込め、関節という関節を動かそうと、必死にもがく。

「無駄だ。諦めろ」

背後からの声に反して、糸はまるで輪ゴムが裂けたときのような音を発して切れ、龍司を解放した。

「俺のパワーを侮りやがったのが運の尽きだ。覚悟しやがれ蜘蛛野郎!」

その瞬間だった。
龍司の背中に、一本のナイフが突き刺さったのは。
龍司は慌ててその場から退避し、次なる攻撃に備えるが、今度は左肩に二本刺さる。
左肩を押さえ、止血しようとした刹那、今度は右足のアキレス腱をナイフが切り裂き、龍司を転ばせる。

「蜘蛛の糸とは、すなわち蜘蛛の巣と同義。既に巣に囚われた貴様が勝てるわけもないのだ」

なんとか立ち上がる龍司だが、その時、目の前に突然ヘルメット男が現れた。
刹那、男が両手に持った太刀を振り下ろした。

1ヶ月前 No.61

天雷/桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第62話 女郎蜘蛛ってどういうネーミングセンスしたらそんな名前になるんだよ ―学園奇襲篇A―】


「俺のパワーを侮りやがったのが運の尽きだ。覚悟しやがれ蜘蛛野郎!」

龍司がそう言ったとき、摩耶はようやく目を覚ました。
力強く、殺意を込め、戦いの覚悟のこもった台詞だが、しかし現実は非情だった。
地面を蹴り、ヘルメット男の背中に拳を叩きつけようとした龍司はその場で、空中で静止した。

「いったい、なにが______!?」

拘束具の正体はどうやら糸らしい。
すぐに龍司はそれらを引きちぎり、今度こそ殴り掛かろうとする。その瞬間、龍司にナイフが刺さった。
ナイフが飛んできた方向を見ると、先ほど龍司の至近距離にいた、全身黒いタイツを着た男が空中に、いやそこら中に張り巡らせた糸の上に立っていた。その手にはナイフが握られている。
摩耶が目を見張る。
回避しようとする龍司だが、無情にも男は糸の上を疾走し、常に龍司の背後上を占位し、次々にナイフを飛ばして突き刺していく。
アキレス腱を切られたのか、龍司が転んだ時、ヘルメット男が龍司に接近した。
立ち上がる龍司だが、しかしヘルメット男は両手のモノを太刀に変えた。

「龍司ィィィーーーーーッッッッ!!!!」

摩耶の絶叫虚しく、ヘルメット男の太刀が一閃する。龍司は両肩から血飛沫を上げ、膝を突いて地面に突っ伏した。
倒れた龍司の周りに、血溜まりが広がっていく。
それを見下ろすヘルメット男と、糸男がこちらを向く。

「ふむ、あの一撃を耐えたか。貴様も相当な強者だな」

右脇腹の激痛に耐えながら、摩耶は立ち上がる。

「なんなの、あんたち………!!!」

未だに目を覚まさない愛宕を守るため、勇気を振り絞って一歩前に出て氷の剣を作る摩耶。

「やめておけ。貴様では私に勝てない。この男ですら私に一撃すら入れられなかったのだぞ」

その通りだった。
自分と龍司とでは、戦闘力に大きな差がある。その龍司は、この二人に手も足も出ずに敗北し、重傷を負ったのだ。
勝てるわけもない。
しかし______

「だからといって友達を見捨てる理由にはならないッ!」

すると、ヘルメット男は感心したように頷いた。

「その心意気は認めてやる。我々としても、今ここでこの者を殺そうなどとは全く思っていないし、それどころかこの男はそんな程度では死なんからな」

そう言うと、ヘルメット男と糸男は踵を返して今度こそ校門を出た。


二人の不審者の姿が消えたとき、摩耶は震える膝を抑えることが出来ずにそのままくずおれた。
相変わらず、愛宕は起きない。
戦闘経験が皆無な彼女は、それでも勇気を出して戦いに臨んだ。結果、僅かな隙こそ作ったがそれでも大きな傷を負った。
龍司に至っては、負傷箇所から蒸気のようなモノが吹き出し、傷口が段々と塞がってきていた。しかし、ナイフが刺さったままでは、傷は塞がりきらない。
摩耶は意を決して、龍司の元へ駆け寄り、背中に刺さった複数のナイフを、一本一本抜き始めた。
ナイフを抜く度に、鮮血が吹き出し、肉が抉れる。黒い穴が一瞬見えるが、すぐに蒸気で白くなる。

「………凄い回復力」

荒療治だが、彼ならば大丈夫だろう。
そう思いながら、最後の一本を抜いた。

1ヶ月前 No.62

天雷/桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第63話 闘争本能 ―学園奇襲篇B―】

「それで、今日はどんな感じだ?」
「………敵1個連隊を潰してきた」
「おー、順調だな!この勢いで明日も………どうした?」
「もう………嫌だ。いつまでこんなことしなきゃいけないんだよ」
「そりゃ、戦争終わるまでだよ」
「いつ終わる?」
「勝ったときさ」
「いつ勝てる………?」
「それは………」
「答えられないんだろ?つまりそういうことだよ。意味がないんだ………もう………無理だ」
「………大丈夫か、お前?少し前まで嬉々として殺しを楽しんでたじゃないか」
「………俺は人間だ。もう兵器じゃない。銃砲弾雨に身を晒しても、人間を蟻のように踏み殺して笑うような化け物じゃない。俺は、人間だ」


「あぁっ!!!」

絶叫とともに、龍司は飛び起きた。
今のは、一体______?

「ようやく起きましたか」

視界の片隅に見えた草鹿が、龍司の様子に気づいて声を掛けた。

「まさか、こんな事態になるとは思いませんでした」

草鹿によれば、草鹿の武警部隊は所用で第三高校から離れており、学園警備を別部隊に任せていた。
しかし、それらが無力化され、学園への奇襲を許し、その結果多数の生徒が、睡眠薬を練り込まれた糸により昏睡状態に陥っているという。
それに気づいたのは、別部隊からの定期連絡が途絶え、所用を放棄して第三高校に急行したところ、校門付近で龍司と愛宕が倒れていたことからであった。

「申し訳ございません………」
「いや………お前は悪くねえ。悪いのは………俺だ。あの場で最強の戦闘力を持っていたのは間違いなく俺だ。なのに、たかだか二人に負けた」
「摩耶さんの証言によれば、一人はモノを自在に変化させる能力で、もう一人は糸を自在に操ることのできる者だそうですね。能力の相性とかもありますし………」
「俺はそれらをねじ伏せて余りあるパワーを発揮する能力だ」

なのに、負けた。
そればかりか、愛宕と摩耶に怪我を負わせた。
敵がい心を剥き出しにて、龍司は露骨に不機嫌な顔をした。

「………それで、敵からの要求はありますか?」
「第四高校に来い、とか言ってた。背丈的にも俺と同じだったから多分あそこの不良………それも筆頭じゎねえか?」
「もしかして、やる気ですか?」
「もちろん。じゃなきゃ俺の気が済まない」
「なんだか変わりましたね。以前の貴方なら、お前に任せるとでも言いそうなものですが」
「………知りたい、というのもある。なんであんなことをしたのか」

そう言うと、龍司はベッドから降りて、制服に着替えた。

「………同行しましょう。表向きは第四高校屯在の第四兵団への強制査察及び不穏分子の検挙、ということで」

何も言わずに、龍司は病室を出た。
しかしそこには、彼女がいた。

「摩耶………」
「龍司くん………」

1ヶ月前 No.63

天雷/桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第64話 本当に守りたいもの ―学園奇襲篇C―】


「龍司くん………行くの?」
「当たり前だ」

病室前でばったり再会した二人は、その間に流れる重い空気を感じながらも言葉を交わした。
摩耶が少しうつむく。

「………私を連れて行ってくれないのね」
「………戦わせたくない。必要もないのに、戦わせたくないんだ。もう、巻き込みたくない」

龍司の脳裏に、あのときの、葦餝の時の後悔が過った。
自分の知らないところで、摩耶は誘拐された。特になにもされていないとはいえ、状況が状況なら殺されていたかもしれない。
それに少し前の祭りの件もある。
これ以上、摩耶がなにかに利用されたりするのは、龍司の良心が許さなかった。
だが、摩耶はそれでも反発した。

「なんでよ………」

摩耶の怒りを、龍司は感じ取った。

「なんでなのよ!?いつもいつもあなたは遠くを見て、いつもいつも一人思い耽って、でも何も言わないし何も明かそうとしなかった!!!いつも一緒にいるのに、なにも背負わせてくれなかった!!!友達ってそういうものなの!?一人が強がって、周りはそれにすがっておだてて褒めそやかすのが友達なの!?違うでしょ!?友達ってのは、お互いの弱いところを補いながら一緒の時間を楽しむものじゃないの!?なによ、もしかして私が戦力にならないからって置いていくの!?私はあなたの隣で、肩を支えることも許されないの!?」

摩耶の本音。本音の吐露。
彼女が今まで溜め込んできた、言えなかった事を、一気にぶちまけた。
だからこそ、龍司も本音で応えた。

「だったらどうした!?友達だからこそ守りたいんだよ!!また自分の知らないところで、自分の大切なものが壊れていくのが嫌なんだよ!!!」
「なにが怖いのか嫌なのか言ってみなさいよ!!!」
「怖いんだよッッ!!!!これ以上、友達を失うのがッッ!!!!もう嫌なんだよ!!!もうそんなのたくさんなんだよッッッッ!!!!!」

眉を吊り上げ、怒鳴りあげる龍司。その剣幕に、廊下にいた人々は後退りしたが、摩耶だけはその場にいた。
摩耶も怒気を孕んだ口調だったが、眉と頬を緩める。

「………やっと聞けたわね。あなたの本音」
「すまない、怒鳴っちまって………」
「焚き付けたのは私なんだから、謝ることないわよ。むしろ私が謝らなくちゃ」

ははは、と苦笑いする摩耶。

「………ありがとう」
「………え?」
「いや、今まで俺のためにここまで言ってくれるやつなんざ、一人もいなかったからよ………嬉しいんだ」
「………そう」
「ついてくるなら勝手にしろ………俺はお前を止める権利も資格もねえからさ……」

そう言うと、龍司はそのままその場を後にした。
その後ろには、草鹿と摩耶が、決心を固めたように力強い足取りで追っていた。

1ヶ月前 No.64

天雷/桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第65話 夏の怪談 ―学園奇襲篇D―】


真海学園第四高校。
334個ある分校の中でも、上位に入るほど荒廃した分校であるが、陰謀やらなんやらで色々と臭うところだ。
夕焼けに染まるその第四高校の校門を、1両のジープが潜った。ロータリーを回って玄関のすぐそばまで寄せると、後ろのドアが開いた。

「奴は来るかな?」

黒いヘルメットを右手に持った男が出てくる。
龍司に重傷を負わせ、摩耶と愛宕に棍棒を振るったヘルメット男だ。

「高麗の連中によれば、峯風龍司の生命力は尋常ではないそうです。あの様子を見れば、蜘蛛の糸もほとんど意味を成しますまい」

そう言って、後から出てきたのはいわゆる蜘蛛男だった。

「片切様、雲澤様、お帰りなさいませ。高麗の幹部がお二人ともお見えになっております。応接室にてお待たせしております」

玄関から出てきたスキンヘッドの制服の男が、二人を前に報告した。

「伝令ご苦労。すぐに行かねばな」

片切と呼ばれた、ヘルメット男が、スキンヘッド男の横を通り抜け、玄関から校舎内に上がった。
片切と蜘蛛男・雲澤の足音が、廊下に響いた。


「団長〜、ほんとにこれで良かったのか〜?」
「いいんだよこれで。少しは落ち着いたらどうだい、益城」

応接室のソファにどっかり座り、机に足まで掛けている小男と、その傍らで立っている長身の男がいた。
前者は高麗第八師団団長・烙影啓双、後者は同じく高麗第八師団副団長、斑尾益城である。

「おいおい、前にも見ただろ?あの成長率。鑚島と殺りあったときのアレ」
「違うよ益城。あいつは成長しているんじゃない、思い出してるだけだ」
「思い出してるだぁ?おいおいマジかよ、あれが100パーの実力じゃないってぇのか?」
「その通り。本当に100%の実力を出したんなら、多分あの鑚島ですらコピーするその瞬間に殺されてるよ」
「………まさか団長、あんたやつと戦争してえのか?」

烙影の言葉に、額に汗を滲ませながら、斑尾は煙草をふかす。

「大正解。でも前みたいにいきなり殴り掛かっても、実力100%を出してくれそうにないから、こうやって怒りを焚き付けたのさ」

満面の笑みを斑尾に向ける烙影。そのとき、応接室のドアが開いて、そこから雲澤と片切が現れた。

「貴殿の本心がわからぬな。第八師団と武警、我々の同盟の障害たる峯風龍司とその取り巻きの打倒なのか。それとも単なる私闘か」

現れるなり、怪訝な顔で笑顔の烙影に問い掛ける片切。

「どっちもさ。あいつは強すぎるから、俺たちの目標にとって邪魔だ。そして俺の今の目標はあいつと全力で戦って殺すことだからね」

烙影がそう言った刹那、応接室に先ほどの伝令が駆け込んできた。

「片切様!侵入者です!」

焦りながら伝令が報告する。
しかしそれに対し、片切は極めて冷静だった。
どうせいつもの、どこぞのチンピラの冷やかしだろう。
そう思っていた。

「ご苦労。して、侵入者は何人だ?」
「たった三人です!峯風龍司、黒月摩耶、草鹿剣の三人です!!!」

1ヶ月前 No.65

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第66話 狩猟 ―学園奇襲篇E―】


夕日を背に、第四高校校門前に現れたのは例にもよって龍司、摩耶、草鹿だった。それも、ただならぬ殺気と闘争意志を纏って、校門に接近していた。

「敵襲ーーーッッッ!!!」

伝令役の不良の一声で、校舎の至るところでだらけていた不良たちが一斉に校舎を出て校門へ向かう。
玄関や窓から、不良たちがぞろぞろと集ってきた。
その数は200人は下回らないだろう。

「邪魔くせえ張りぼてだなァ………」

押し寄せる群衆を見て龍司は目を細めてそう言うと、上半身を捻って右腕に力を込め始める。
力が最大限に高まったとき、龍司はその右拳を振り抜く。
刹那、強烈な爆風が巻き起こり、爆風と衝撃が校門の鉄扉に激突する。しかしすぐに鉄扉は曲がり、ひしゃげ、千切れてバラバラになって消し飛ぶ。
衝撃波は校門を突き抜けてもなおも止まらず、地面を抉り不良どもを吹っ飛ばしながら、玄関にぶつかって弾ける。
小さな閃光とともに砂ぼこりが吹き上がり、暫し玄関付近一帯の視界を閉ざした。

「さて。行くとしますか」

龍司が歩みを進めると、両隣にいる摩耶と草鹿も破壊された校門を潜っていく。
地面に転がる不良どもは、息も絶え絶えで、放っておいたら絶対に死にそうなくらいに弱っていた。

「草鹿。隊員呼んでこいつら助けろ。そっちの方が後始末は楽だろ」
「もう呼んでありますよ。すぐに来ます」
「話が早いことで。じゃ、心置きなく暴れてもいいんだな!?」
「そういうことです」

砂煙に隠れた玄関が、ようやくその姿を見せるも、そこにあったのはただの瓦礫の山だった。
階段はモロに砕けて上がれるような状態ではなく、扉は消えてどこにもない。床のタイルもひび割れが多く、踏み込んだら思い切り砕けそうなくらいだ。校舎内にある鉄製の下駄箱も真ん中の半分以上が無惨にもズタズタに破壊されている。
しかも、それらの瓦礫の中で、十人以上の不良が血を流して倒れている。砕けた下駄箱の鉄片を全身に受け、服が破れ皮膚が裂けて出血している者や、瓦礫が当たったのか頭部から大量に出血する者、奥の壁に叩きつけられ、背骨が折れたのか動けなくなった者、瓦礫の上に突っ伏す者、瓦礫の下敷きになった者などが積み重なり、地獄のような様相を呈していた。

「走れ!」

龍司がそう叫ぶと、三人は砕けた階段をひとっ飛びし、玄関から校舎内へ入った。
そこで待っていたのは、真っ直ぐと左右の三本の通路。
どこを通れば、やつらに会えるか?

「真ん中だ。気配がする。真ん中の通路奥の階段を三階まで登ればすぐだ!!!」

龍司は迷わない。匂いがする。匂いがする方へ、ただ走っていく。二人もそれに続いた。
階段を登ろうと言うときに、その階段右横の通路から不良が複数人飛び出してきた。

「えぇいっ!!!」

いち早く対応出来たのは、右手にいた摩耶だった。
飛びかかってきた四人の不良を、氷の剣によって一瞬で斬り伏せた。

「お見事です!」

草鹿が簡単の言葉を送るが、拍手する暇などあろうはずもなく、敵の新手が後ろからやって来た。

「二人とも先に行って!!!ここは私が!!!」

階段に踏み込もうとした足を引き、後ろに向いた摩耶。

「頼んだ!!!」
「頑張ってください!出来るだけ早く、終わらせますから!」

草鹿と龍司はそう言って、その場を摩耶に任せ、階段を登っていった。


「さて、と………私だって戦えるってのを、龍司くんに見せなきゃね」

一人残った摩耶は、目の前に迫り来る敵を前に怖じけることなく歩みだす。
持っている氷の剣は、氷の長刀へと変わる。

「愛宕のためにも………!」

覚悟を決めると、摩耶は至近距離にまで近づいてきた不良を長刀一閃、袈裟懸けに斬り倒し、続けてやってくる二、三人を凄まじい速度で斬った。

「な、なんだこの女!?」
「こいつも化け物だッ!」

不良達は恐れ戦き、足をすくませる。
逃げるか______摩耶が期待したその時、不良の群れの奥から聞き覚えのある声が聞こえた。

「雑兵ども、恐れるな!こやつは既に我が巣中、もはや逆らえなどしない!」

そう言って現れたのは、あの蜘蛛男_____雲澤だった。

1ヶ月前 No.66

天雷 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【第67話 胡蝶蘭 ―学園奇襲篇F―】


蜘蛛男が、雲澤が現れた。
それによって、摩耶はもうこの空間は奴の糸によって支配されているのを把握した。
しかし、好都合だった。
摩耶には、秘策があったのだ。

「やれ」

雲澤が、静かに命令を下す。不良たちは少し困惑気味ではあるが勇ましい喚声を上げながら氷の長刀を構えた摩耶に突っ込んでくる。
しかし摩耶は後退りすることなく不良たちを迎え撃った。
最初に突っ込んできた一人を、左肩から右脇腹に掛けて斬り、その上からこん棒を振り下ろしてきた不良の腹に長刀を突き刺す。
だがその時右からやってきた不良の体当たりを食らって少し体勢を崩すが、不良を突き刺したままの長刀を振り下ろして頭をカチ割り、次いで背後から襲ってくる敵に、長刀を振って斬ると共に突き刺さった不良を振り飛ばしてぶつける。
しかしなおも不良の数は多い。
一波は片付けたが、二波、三波が次々とこちらに来ている。

「鬱陶しいわね!」

氷の長刀を槍に変え、床に突き刺すと、瞬く間に床が氷に変わり、次いで夏の暑さに負けて溶けた。
勢い良く走ってきた不良たちは、表層が溶けて滑りやすくなった氷の床で転倒し、次々に勢いを失った。

「さあて、終わりよ!!!」

無数の氷の矢を自分の周りに出現させた摩耶は、手に持った氷の槍を振るった。その刹那、無数の氷の槍たちは空気を裂いて廊下を突き抜けた。
しかも進行角度が若干斜め下、つまり転倒した不良たちに向かっていたため、不良たちは次々にその身体に矢が刺さり、次々に絶叫した。

「これであらかた片付けたかしら……!?」

周りを見渡すが動くものなど、自分以外なにもない。
それを確認した摩耶は、ゆっくりと背後へ向き直った。

「あんたが最後よ」

そこには雲澤がいた。

「よく避けたわね」
「我が雑兵たちをことごとく倒すとは思ってもいなかった。しかしその運も、ここで終わりだ」

雲澤が、どこからともなくナイフを取り出す。

「ひとつ聞こう。彼らと会えると思うか?」
「会えますとも」
「何故?」
「ここであんたは私に倒されるからよ」

そう言うと、摩耶はまず雲澤の元まで走って、長刀を振るおうとした。
しかし、雲澤の首筋に得物が当たるその瞬間、摩耶の身体はピタリと止まった。
糸によって拘束されたのだ。

「これでは動けまいて」

口角を歪め、勝ち誇る雲澤。
だが次の瞬間には驚愕した。

得物が変形し、まるで意思を持った生き物のように蠢いて、刃を突き立てようとしたのだ。
雲澤は驚いて、糸を伝って高速で逃げる。しかし刃もそれを追った。
途中で三本の刃に分かれ、触手のように蠢く氷の白刃。
だが雲澤も去るもので、三本に分かれて細く小さくなったことを察知し、氷の刃に向かってナイフを投げつけた。
最初に一番右の刃が破壊され、次に左の刃が砕かれる。
しかし、最後の一本は雲澤に追い付き、廊下から教室に入った雲澤を教室の隅に追いやった。
雲澤を隅に追い詰めた途端、変幻自在の氷の刃は氷の大蛇へと変身し、大口を開けて雲澤を呑もうとした。

「邪魔だ失せろ!!!」

強烈な回し蹴りを、大蛇の左目に叩き込むと、大蛇はまるで壺のように割れ、その残骸を散らした。

「くっ………こんな芸当ができるとは………」

摩耶の想定外の実力に驚嘆する雲澤。
しかし、同時に疑念も起こった。
"ここまでできるのに、なぜすぐに拘束を解かないのか”

まさか!と行き当たった瞬間、両手に異変が起きた。
白く、冷たく、透明になっていくのだ。

「うそ………だろ!?」

氷になっていた。
しかも、氷はどんどん広がり、今や両腕全てが氷になった。
これでは、糸の操作など………。

「私の氷は伝達する氷。なにかが触れていれば、それを通じて様々なものを氷にできるのよ」

摩耶が教室に入ってくる。

「あんたの糸は全てあんたに繋がってる。そして糸は私の身体に絡み付いてた。だったら、氷にできないわけ、ないわよね?」

笑みを浮かべながら、雲澤に近づいていく摩耶。
身体のあちこちに血が滲んでいて、細く小さいアザがたくさん見えた。恐らく、糸の痕だろう。
しかし摩耶は、自分を縛っていた糸を逆利用した。
雲澤の能力が獲物を絡めとる蜘蛛の巣なら、愛宕はあらゆるものを凍てつかせ、呑み込む氷河だ。

「私も早く、龍司くんに合流しないとだから、ここらへんでじゃあね!」

そう言うと、摩耶は手に持った糸に冷気を流し込み、雲澤をどんどん氷漬けにしていく。

「なんたることだ………」

雲澤が呟いたその一瞬後、彼は氷細工となっていた。

1ヶ月前 No.67
切替: メイン記事(67) サブ記事 (3) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)