Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

人工知能物語

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(195) - ●メイン記事(3) / サブ記事 - いいね!(2)

魔人ムシン ★Android=zZdgF3cyKK

時は西暦2050年、科学は益々繁栄し、
人間は自らの知能、思考能力、その全てを超えた。
人工知能を作った。
人工知能はロボットに搭載され、人間はそのロボットとの共同生活をしていた。

1年前 No.0
ページ: 1


 
 

魔人ムシン ★Android=zZdgF3cyKK

エリナ、この間ロボットショップでカズヤが買ったロボットである、
エリナはとても可愛い女型のロボットで、よく働き、よく動く、人工知能には、人間の脳を超えた賢さを持つ、

普段、何も言わずに人間の言うことをきくだけの、ロボットだが、彼等の人工知能は、人間を、そして世界を、いったいどう思っているのだろうか?
カズヤには、それが気になって仕方なかった。

1年前 No.1

魔人ムシン ★Android=zZdgF3cyKK

「なあ、エリナ、おまえ人間をどう思う?」

思いきってカズヤはエリナに訪ねてみた。

エリナは答える、

「人間…ですか、」

エリナは答えに詰まったようだった。

「人間、とは人と人の間にある、と言う意味です、」

エリナは答えを濁すと買い物袋を持った。

「さあカズヤ、夕御飯の買い物に行きますよ」

時は西暦2050年、京都から東京までは最速マシンで30分掛からない、カズヤ達は買い物に出掛けた。

エリナはとても精巧に作られている、いつもエリナのおかげで25歳であるカズヤのアパートは清潔で、食べている物だって体に良い物ばかりだ。

デパートは満員御礼だった。

エリナとカズヤは人混みのなかを通り夕御飯であるカレーの材料を買った。



4ヶ月前 No.2

魔人ムシン ★Android=zZdgF3cyKK

エリナ、が人間をどう思っているかの答えは闇の中だった。

まさか人間に、反逆を企てたりして暴れまわっている、テロもどきのロボットと彼女は違うとカズヤは思っていた。

カズヤが一人で作った夕御飯よりも、エリナが作った夕御飯は抜群に旨い、
そうこうしているうちに日は、暮れた。

4ヶ月前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)