Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(34) >>

4月の出来事

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(366) - ●メイン記事(34) / サブ記事 (1) - いいね!(9)

アイカ ★Tablet=WtBL6zudgJ

フィクションです。


アイカといいます!
初小説です!
頑張ります!?←?要らねぇ。

毎日は更新できません!
ご了承してください!

ではスタート!

メモ2017/08/21 09:44 : アイカ @aika19★Android-2laYYVt0nC

作者 アイカ(チロル@キャラ崩壊)

月1で来ます。もしくは月2


登場人物


主人公

月岡香織(つきおか かおり)

緑丘小学校から転校してきた女の子。六年一組

ドジ。


早川沙紀(はやかわ さき)

藤原小学校の生徒。六年一組

なんかヤバい人。


天野愛使(あまの あいし)

藤原小学校の生徒。六年二組

自分のことを神ノ天使と言っている。

香織の幼稚園時代の頃の友達。


岡田梨杏(おかだ りな)

藤原小学校の生徒。六年二組

敬語系女子。

香織のいとこの友達。

香織のいとこが好き。


宙(そら)

香織のいとこ。


小石川 尚輝(こいしがわ なおき)

転校生。綺麗な黒髪。六年一組

…続きを読む(48行)

切替: メイン記事(34) サブ記事 (1) ページ: 1


 
 

アイカ ★Tablet=WtBL6zudgJ

プロローグ1 「4月1日、午前10時」

4月1日、午前10時の新学期。
香織「こんな天気、見たことない・・・。」
そう、今日の天気の雲は真っ黒。
まるで、ブラックホールの中にいるようだ。
香織「ねえ、今日の天気やばくない?」
友達に言っても、「しっ!!先生の話し聞いて!」
というばかり。アンサーだしてよ。




続きはまた今度♪

8ヶ月前 No.1

チロル@キャラ崩壊 ★Android=2laYYVt0nC

プロローグ2

嘘!
こんなの嘘!
ブラックホールに吸い込まれてる!

助けて!!

「助けてっ!」

4月1日
地球消滅


次から本格的にスタート!
ではまた□

7ヶ月前 No.2

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

1 「転校」

保健の先生「全く、転校初日からやらかしちゃって。」
香織「アハハ....スミマセン…」

私、月岡香織!(・∀・)ノ
緑丘小学校から藤原小学校に転校してきたんだ♪
でも転校初日から思いっきりこけちゃって♪ww
で、今保健室に至るww




短いっ!?

7ヶ月前 No.3

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

2 「こける前w」

先生「今から転校生を紹介する。」
ザワザワザワッ!
ドンナコカナ?カッコイイコカナ?カワイイコ?

現在私、月岡香織は緊張シテイマス。(/≧◇≦\)
うわあぁぁ自己紹介できるかなぁぁぁ(ちょっとコミュ障(泣))
先生「入ってこーい」
香織「は、はいっ!」
タッタッタッツンッ!
香織「ヴヒャァ!?!?!?」
ドテーン!
こ、転んだぁぁ!!
香織「ぁ…エトォ…」
ヤバい(^∇^)←
○○「アハハハハwww」
笑われた(泣)
先生「大丈夫か?」
香織「はい、大丈ッイデッ!!」
○○「大丈夫じゃないじゃんwwww」
誰だよお前!!

〜その後保健室へ〜ww

香織「ww要らねぇよ!」


次回、○○と香織が…!?


7ヶ月前 No.4

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

3 「早川 沙紀」

ふう。散々な日だったなぁ。
その後早退したし。
早退っていうか、病院行ったのよ。
骨折れてたらヤバいから。
香織「はぁ〜」
疲れた。

ピンポーン
ピンポーンピンポーンピンポーン!!

香織「五月蝿い!アホ!アッ(゜ロ゜;・・・」
ヤバい聴こえてる。

○○「あ、あのぉ〜?」

あいつじゃん
何で来るの!?
てか家知ってるの!?
ヤバいヤバい早く行かなきゃ

ドタドタツンッ
香織「うわあぁぁアアァァギャァアアァァ」
ガチャン
\ドテーン/
○○「え?」
こけたと同時にドア開けちゃった(^∇^)←
ううぅぅ、また転けた(泣)
○○「プププーwwwww」
おい。
何笑っとる
香織「あ、アハハハハ(泣)」
あー(泣)
死にたい
香織「えっと、何かご用ですか?」(;゜∇゜)アセアセ
○○「先生に言われてここに来たの。大丈夫か見てこいって」
おい先生。
香織「あ、私は大丈夫。えっと、一様お聞きしますが名前は?」
○○「私?私はサキ。早川沙紀。宜しくネット!」
うわ。
何宜しくネットって。
香織「あ、宜しく。じゃあ、さよなら。」
沙紀「魚(う)おぉぉぉいぃ!!」
魚おぉぉぉいぃ!?

ってか、走って帰ったし。

なんなの!!

6ヶ月前 No.5

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

4 「遅刻!?」

はぁ。いきなり沙紀ってこが来てビックリしたよ。
ふー。
あれ、今何時だろ。
んー。眠い。
香織「ン.ふわぁ〜。時計時計・・・エ.」
嘘。今午前8時!?
香織「ギャー!遅刻遅刻遅刻!!」
ランドセル背負って、服着替えて、靴はいて
ダッシュ!
香織「いそげー!」

6ヶ月前 No.6

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

5 「神ノ天使登場!?」

香織「セーフ!」
キーンコーンカーンコーン
沙紀「あ、かおちんやっほー!」
か、かおちん!?
香織「かおちん?」
沙紀「あ、香織ちゃんのあだ名ね!」
マジかー
ま、いいけど(^-^ゞ(照)
○○「あのぉ、香織さぁん」
どちら様?
○○「私ぃ、神ノ天使ですぅ!」
wwwww
○○「なに笑ってるのよぉ!」
香織「ナンデモナイデス。」

次回、天使ちゃんが明らかに!?

6ヶ月前 No.7

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

6 「天野 愛使 アマノ アイシ」

○○「私のことぉ、覚えてないのぉ?」
誰?
香織「え。うん。」
○○「はぁ〜。」
ため息?
香織「だ、大丈夫?」
○○「もう!天使だよ!天使ぃ!」
ん?あれ。なんかこの天使きいたことあるな。

あ・・・!!
香織「愛使ちゃん!?」
○○「ちっがーう!天使!て・ん・し!」
紹介しよう!この子は私の幼稚園時代の頃の友達!
天野 愛使ちゃんです!(愛使ちゃんは自分のことを神ノ天使と言っている。)
沙紀「ん?かおちんどーしたの?って、あ!」
愛使「ぬぁ!さ、さァ!沙紀ぃ!!」
沙紀「愛使!かおちんに変なことしたら怒るからね!」
変なこと?
愛使「ひぃ!べ、別に、変なことじゃないもん!ふん!」スタコラサッサ
沙紀「あ、こら、マテェー!」ダダダダダタ…
香織「え、ちょっと二人とも、待ってよー!」タタタ…

なんか、楽しくなりそうな予感です!

6ヶ月前 No.8

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

7 「敬語系女子梨杏。」

香織「二人ともぉ、待ってぇ〜!」
私、足遅いんだよぉ〜!
百メートル走19秒だし。
香織「誰かきずいてー!」
○○「あれ?香織さん?」
香織「はい?えっと、何かご用ですか?」
○○「いや、えっと、どうしたのかなって。」
香織「あ、今ね、沙紀ちゃんと愛使ちゃんを追いかけてて。」
○○「あら、そうなんですか!?あの二人、足速いので、追いかけると疲れると思いますが。」
香織「あ、アハハハハ。大丈夫大丈夫!じゃあね!」
○○「あ、あの!私、お、岡田梨杏っていいます!」
梨杏ちゃんか〜。
香織「宜しくね!私は月岡香織!」
いそげー!ダダダダダタ

梨杏「香織さん、私のいとこの友達か。」

次回、梨杏接近!?

6ヶ月前 No.9

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

8 「追い付くとまさかの・・・!?」

香織「ゼエゼエ…やっと着いた!!おーい!沙紀ちゃーん!愛使ちゃーん!」
沙紀「あ!かおちん!ちょっと今ヤバイんだよね。こない方がいいよ。」
え?ヤバイ?何のこと?
香織「ヤバイってなんのこt」
愛使「香織ぃ〜〜〜!!あんたね〜〜〜!!」
香織「あ、愛使ちゃん!?」
沙紀「あちゃー」
愛使「あんた、梨杏と話してたでしょ!?」
香織「え?あ、うん。」
愛使「あのねー、梨杏は、あんたのいとこの友達なの!あいつ、いとこのこと大好きすぎてキモいから絶対話さないでね!」
香織「うぇ!?いとこのこと好きなの!?初めて知った…」
沙紀「そりゃ今初めて知ったんだからね。」
愛使「あいつ、あんたのこと嫌ってると思うよ。いとこと馴れ馴れしいから。」
香織「え!?嫌だよー!」

これからどうなるの〜!?

5ヶ月前 No.10

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

9 「さきあいかお」

香織「なんか、この学校に来てからは散々なことばかり起きるなぁ。」
この学校に来てからはや3日目、毎日が疲れます。
現在は学校に向かって登校中。

ダダダダダダ…

ヤバイ。こっち来てる!?
香織「なんなの!?」
愛使「天使暴走ぅ〜〜〜!!」

ドッカーン!!

うぁ。死んだ。これ絶対死んだ。

愛使「なによぉ!邪魔ねぇ!痛かったよぅ!」

なーんだ。愛使ちゃんか。

って。謝れよ!!
香織「謝ってよ!!痛かったよ!?」
愛使「はぁ?あんたが避けなかったのが悪いんだから謝らないよぅ!!」
はぁ!?
沙紀「あ、二人とも、おっは〜!って、け、喧嘩してる!?」
あ、沙紀ちゃん!
香織「沙紀ちゃん!!愛使ちゃんが〜!」
愛使「ち、違うわよぉ!香織がっ!」
ギャーギャー

沙紀「い…か…げ…に…」

香織愛使「ふえ?」

沙紀「いい加減にしてー!」
香織愛使「ご、ごめんなさぁーーーい!!」
沙紀「ん。それでよし。じゃあ、お先ー!!」
香織「あ、待ってー!」
愛使「ちょ、待ちなさいよぉ!天使も行くぅー!」

その頃梨杏は、

梨杏「ッ〜!宙様はあげないんだからねっ!」

次回、梨杏が…!?

5ヶ月前 No.11

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

10 「梨杏のせいだったのね!!」

香織愛使沙紀「セーフ!!」
キーンコーンカーンコーン

○○「間に合ったのですね。」

愛使「やっぱりあんたのせいだったのね。梨杏」
香織「あ、愛使ちゃん?」
愛使「登校中に天使暴走してたでしょ?あれね、自分が勝手に動いたような感じだったのよ。なんだったのかなって思ってたら梨杏がなんか仕掛けてたみたいなのよ。」
沙紀「え!梨杏ちゃんが!?」
梨杏「ッ〜!だって、宙様をとろうとしてたんですもの!!」ダダダダダダ…
香織「え!?とろうとなんかしてないよ!?なんでそうなるの!?って、逃げた!」
沙紀「なんか大変になりそうだねーw」
香織「ちょっと沙紀ちゃん、笑わないでよ!」

次回、転校生現れる!

5ヶ月前 No.12

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

11 「テンコウセイ」

6年1組
沙紀「あ、ねーねー奈由(なゆ)、かおちん、今日転校生来るの知ってる?」
奈由「え!?マジで!!イケメンかな〜!」
このこは奈由ちゃん。沙紀ちゃんとずっとクラス一緒なんだって。
そういえば、沙紀ちゃん静かになったな。
最初よりも。
奈由「あ、かおちゃんは転校生どんなこだと思う?」
香織「え?うーん、お、女の子?」
奈由「性別かッ!」
沙紀「アハハ」
香織「そういえば、愛使ちゃんは?」
沙紀「あー、愛使は2組だよ。」
香織「へー、そうなんだー。」
友達いるのかな?
ガラガラガラ
先生「はぁい、席につく!転校生紹介するわよ!」
ザワザワマジ!ドンナコ?ワーワー!
ガラガラガラ!

そのこはとても綺麗な黒髪の男の子だった。

○○「初めまして。小石川 尚輝と言います。」

キャーイケメンザワザワ
けっこうイケメンかも。
奈由「タイプだわ!」
香織「ま、マジ!?」
奈由「マジ!!」
先生「じゃあ、奈由さんのとなりね。」
よかったね。奈由ちゃん。
尚輝「宜しく。」
奈由「よ、宜しくね!」
尚輝(ウザ。)

次回、香織や沙紀たちの席を発表します!

5ヶ月前 No.13

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

六年一組

人数・・・男子8人 女子8人


高橋花菜 大分文 指原凛 渡辺翔太

和田埜々 谷澤葵 相川友吉 畔原七海

佐藤藍 月岡香織 早川沙紀 小川裕翔

木口奈由 小石川尚輝 藤原流星 指原澪



合計16人

5ヶ月前 No.14

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

注意( >>14 )
二人同士隣で座ります。
文と凛、葵と友吉、香織と沙紀、尚輝と流星の間は空いています。

分かりにくくてごめんなさいm(__)m

次回、授業中の六年一組をかきます。
お楽しみに!

5ヶ月前 No.15

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

12 「六年一組!」

先生「んじゃ、算数の授業始めるよ〜」
生徒「ハーイ」
算数得意なんだよね★
先生「んじゃ、11ページ開いて〜」
尚輝「先生保健室行ってきます。」
尚輝君?
先生「いや、なんで!?具合悪いのか?」
尚輝「いや、暇なんで。ここ習ったし。」
暇なんかい!
先生「いや、復習ってことでな?」
うんうん!
尚輝「無理」
は?
沙紀「無理して授業することないから自習しましょうよー!」
沙紀ちゃん・・・貴方、算数したくないんでしょう?
奈由「お、いいねー!ドッヂしよう!」
先生「よし!からだ動かすか!」
オイ!
香織「あの、先生、授業遅れますよ?」
先生「ギクッ」
沙紀「かおちん!それいうな!」
先生「ま、今度授業しましょう!はい、体育館行くー!」
はぁ。
沙紀奈由「よっしゃ〜!」
アハハ…ドッヂとか苦手(泣)
沙紀「かおちん!ドッヂやろう!」
奈由「かおちゃん、やろう!」
この二人気があってるな。
香織「いや、ドッヂ苦手だし。」
沙紀「いーじゃん、やろー!」
香織「人数少なくない?」
奈由「尚輝君!ドッヂやろ!いや、クラスの皆も!」
尚輝以外「いいよー!」
尚輝「だるいからパス。保健室行って寝る。」
奈由(そういう尚輝君、素敵!)
沙紀「んじゃ、先生と尚輝君以外は参加ね!」
キャッキャッタノシミー



これは授業なのか…
次回、ドッヂ編!

5ヶ月前 No.16

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

13 「ドッヂ!!」

沙紀「おりゃっ!」
奈由「うえぇ!」

ドーン!
バーン!
イテテ!ウワーキャー!

ひいぃ!怖い怖い怖い!!ガタガタ

流星「エイッ!」

ヒュッ

あ、当たる。

香織「ぐえぇ」

ドッカン

うぅ。情けない。
沙紀「香織あたったよー!って、え?」

\チーン/

〜そして保健室へ〜

香織「三日に一回は保健室行ってるんだけど!?」
作者アイカ「かおりんの取り柄がドジしかないんだもん。」
香織「うぅ。情けない。」

香織…香織、かおちん、かおちゃん、かおりん
沙紀…沙紀、おさき、さっきー
奈由…奈由、なゆちー、なゆなゆ



5ヶ月前 No.17

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

14 「貴方は」

保健の先生「ちょっと鼻痛いと思うけど明日にはなおると思うから大丈夫ですよ。」
香織「はい。分かりました。ありがとうございました。失礼しました〜」
ガラガラガラ
ふう。やっぱり保健の先生優しい♪
ほっとする〜!

ん?あの人はもしかして…いや、でも…まさか…!!

○「久しぶり。『姉ちゃん』」

香織「…は?なんであんたがここに?」

○「ふふっ。あの事を覚えてないんだね。」

香織「あの事?」

○「まぁいいや、きっといつか思い出すよ。」

香織「ないいに言ってるかサッパリわからないんだけど。」

○「姉ちゃん。」


○「×××」




香織「…あっ…ッゴメン。忘れててッゴメンっ!」

○「じゃあ、明後日にまた会おうね」


香織「…ッ」



次回、急展開!

作者アイカからのお知らせ
作者アイカ「えっと、この小説「4月の出来事」なんですけど、ファーストシーズン、セカンドシーズンを開始します!次回からファーストシーズン〜香織ノ秘密〜を開始します!宜しくお願いします!」






5ヶ月前 No.18

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン1
「緑丘町」

香織「さーくーちゃーん!」
ドンッ
さく「キャァ!!」
香織「コエタカイネェ…でも可愛いよー!!」
さく「ぇ!別に可愛くなンかァ///」
香織「ンもうっ!可愛いって自覚してよねー!」
さく「かぉりの方がcute!」
香織「さくちゃん、cuteっていってるよぉ」
さく「ァ!!ゴメンなさァいぃ(泣)」
香織「なかないでェーーー」
さく「ゴメンなさァァぃぃいーー!」
ウワーピギャーワー
楓「うっせーな帰国子女と香織!」
夏音「まぁまぁ、怒らないでよ楓クゥン」
楓「ウッゼーよババアカノン」
夏音「はぁ?ウザいのは貴女デスゥー!」
ギャーギャー
さく「オウマイガァ!」
香織「どうしたン?」
さく「楓クンが怒ってるゥ怖いよぉ」
香織「あ、あはは。」

3ヶ月前 No.19

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.20

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

次回予告!

次回、
新曲誕生!?

お楽しみに★

香織「なんか平和!」
さく「だねー!」

2ヶ月前 No.21

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.22

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.23

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン4
「恋&LOVE」

夏音「ケイ!作曲はやくしなさいよね!」
圭「は、はやくしてるけど、上手くいかなくて。。」
夏音「モタモタしてんなよ!このグズ!」
圭「フエエ(泣)」
香織「ちょっと夏音、言い過ぎたよ?」
さく「ダメだよぉ、カノンちゃん。」
楓「いーけないんだーいけないんだーせーんせいにーいってやろー」
夏音「楓殺すよ?」
楓「先生にバレるのが怖いんだろ?」
夏音「いや、怖くはない。けど時間の無駄。」
楓「そ、そっか。」
さく「ね、ネーネーケインズ、アノさぁ、キーボードの所のここらへんカエテクレルゥ?なんかアってナイよ!」
圭「ご、ごめんなさい。あと、ケインズって?」
さく「偉い人!!( ̄^ ̄)」
圭「そっか。(*´∇`)」
香織「なにこのフワフワコント。」
バンッ
顧問「おーい、そろそろかえれぇー。」
皆「はぁーい。」
ガヤガヤ
楓「せーんせー!ギターひいてぇー!」
顧問「しょーがないなぁ。一回だけだぞ?」

ワーイ!!

カチャカチャジャジャジャジャ

顧問「OK。いくよー!」

ジャジャジャジャジャンジャジャジャジャジャンジャジャジャン
どうでもいいことをー
嘘ついてるー
キミを忘れたくないー
嘘つきのキミをー
忘れたくないー






顧問「君が好きだったー。」

オー!カッケー!
スゴイ!!ステキ!
ソンケースル!イケテルー!
キャーキャーヒューヒュー

顧問「はい。終わり終わり!帰った帰った!」
ェー
顧問「はやく帰った帰った!」


ハーイ!

2ヶ月前 No.24

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.25

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン6
「恋」

幼稚園の頃
夏音「ねーねー!楓君!あーそーぼー!」
楓「夏音ちゃん!いーいーよー!」
夏音「楓君!なにして遊ぶ?」
楓「こちょこちょー!」
夏音「キャハハハハ!!クスグッタイヨォー!」(*≧∀≦*)
キャーキャー

小学2年生
楓「おーい、夏音ー、国語の教科書貸してー」
夏音「いいよー!あ、でも次の時間には返してねー!」
楓「りょ!」

小4
夏音「あの、亜理子ちゃん、遊ぼう!」
亜理子「こっちくんなよ、楓君に近寄るんじゃねーよ。」
夏音「えっ?」
亜理子「楓君と仲良くなれると思ってあんたと仲良くなっといたのに、もうシネっ!」
夏音「(ずっと仲良かったのに。。)」

小5
圭「香織、クラス初めて一緒になったね。」
香織「やったね!あと仲良い人は、いない気がする。。」
先生「転校生を紹介するー」
えー!?

トコトコツンッ

○○「うぁっ!?」
バーン!

○○「イタタ。あ、sorイエッ!スミマセン!アメリカから来ました!クウォーターの綾世(あやせ) さくです!」
クウォーター?
さく「よ、よろしくお願いします!」

パチパチパチパチパチパチ


小6現在

香織「ねー夏音、告白すれば?」
夏音「ふぇ!?」

次へ続く

2ヶ月前 No.26

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン7
「告白の準備」

夏音「な、む、無理よ!!出来るわけないじゃない!!」
さく「でも!今のうちに!!」
香織「夏音、このままじゃ裕佳梨ちゃんにとられちゃうよ?とられてワガママいわれても知らないからねっ!」
夏音「うぅ、でも、今のままじゃ無理だよ。だって…」
さく「だって?」

夏音「だって、楓はッ裕佳梨は遊び心で付き合ってるもん!!」

香織「遊び心?」
夏音「だって、あのね、言っちゃうけど、元々あんたのことが好きだったのよ?香織?」
香織「ふぇぇ!?」
夏音「知ってたのよ。あいつ、バレバレなんだから。」
香織「な、ななななんで!?ええっ!?」
さく「panic!?」
香織「うん!panic!!」
夏音「普通にケイに香織のこと相談してたらしいし。てか聞こえてたし。」
さく「へぇぇ。」
夏音「だから、好きって気持ちだけ今から伝えにいこっかな。なんかスッキリしたかも。」
香織「えっと、もしも、もしもだよ?もし、あのぉ、楓が私に、こ、告白してきたら?どうする?」
夏音「付き合ってもいいに決まってるじゃない!!じゃ、行ってくるー!!」ダダダー


さく「カノン、辛くないのかな?」
香織「ダイジョブ!夏音なら、きっと!」
さく「…!!うん!」


夏音「楓!!なにしてんのー?」
楓「?なんだよ夏音。今ゆかりん送ったところー」
夏音「あのさ、ちょっといいー?」
楓「いいけど、何?」
夏音「あのね、」


夏音「小さい頃から、ずっと、ずーっと、大好きだったよ!!お幸せにね!じゃっ!」タタタター

楓「は?今、なんつった?え?こ、告白された?」

ガチャ
香織「楓、裕佳梨ちゃんと別れな?夏音とか圭にはもうバレバレだよ。」
楓「ッ!?香織!?」
香織「はぁ、さくと私も知っちゃったよー。」
楓「な、何を知った?」
香織「んー?知りたいの?」
楓「えっ、うん。」
香織「私のことが好きなんでしょ?」
楓「っ!?」
香織「どうする?私は別に、夏音が良ければ付き合ってもいいけど。」

楓「でも、夏音が傷つくのは嫌だっ」

香織「…どうする?」
楓「夏音は俺と付き合いたかったのかな。」
香織「でも、もう、言い切ったからダイジョブだと思うよ。あの子、強いし!」
楓「…ははっ、それもそうだな。じゃ、夏音とは、ずーっと仲良くしとかなくちゃだな。」
香織「じゃ、私とはどうする?」

楓「付き合ってくださいっ。」

香織「宜しくねっ!」


さく「やっぱりこうなったね。良かった良かった!!」



次回、香織の秘密が明かされる!?

1ヶ月前 No.27

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン8
「香織はね」

夏音「はぁ、緊張したぁ。」
私、夏音はついさっき楓に告白しました。
夏音「うぅ、やっぱりもう、仲良くできなくなるのかなぁ?」

○○○「そんなことはないよ。」

夏音「…!裕佳梨…さん。」
裕佳梨「ふふふっ、裕佳梨でいいよ!」
夏音「なんで分かるのさ。」
裕佳梨「だって、楓君がそんなことしないと思うよ?」
夏音「そうかな?」
裕佳梨「ダイジョブだよ。」
夏音「じゃ、信じるよ。」
裕佳梨「あ、あのさ、香織ちゃんって、楓のこと好きなの?」
夏音「香織ぃ?あぁ、あいつはね、ちょっとワケアリちゃんなのよ。」
裕佳梨「え?」
夏音「香織は、彼氏一回死んじゃってるんだよね。」

裕佳梨「…嘘っ。」
夏音「ビックリしたでしょー。」
夏音「事故死だったんだけど、なんか、殺されたっていう噂があるんだよね。」
裕佳梨「誰に殺されたの?」
夏音「香織に似てる人。」
裕佳梨「へ?」
夏音「なんか、そっくりな人らしいよ。」
裕佳梨「?難しいよぉ。」
夏音「あはは、そうだね。」
裕佳梨「そうだ、夏音ちゃん、夏音ちゃんのこともいっぱい教えて!!」
夏音「な、なんで?」

裕佳梨「友達だから!!」

夏音「…うん!!」


次回、香織と楓のお話!

1ヶ月前 No.28

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

番外編2
「かおりとかえで」

香織「ライブしてみたいなぁー。ライブハウスとかさー、路上ライブとかさー。」
楓「その気持ちめっちゃ分かる。」
香織「憧れるよねー。」
楓「香織、」
香織「なに?」
楓「俺のどこが好きなの?」
香織「えっ?どこって、やっぱり、こ・こ♪」

\胯間/

楓「や・め・ろ!!このフジョシがぁ!」
香織「ビィエルゥ〜」
楓「じゃあ、俺はお前の、ここ!!」

チュッ!!

香織「はぅ!!初キス!?」
楓「へへっ!!お前のこの唇が好き!!」
香織「〜///好きっ!」
楓「うわっ!!抱きついていいけど、苦しい!!」
香織「えへへっ(*´∇`)」



作者アイカ「リア充爆発しろっ」




1ヶ月前 No.29

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン9
「さく」

私、綾瀬さく。
アメリカから来たクウォーターの帰国子女なの。
日本語に最近なれてきたけど、まだ英語が飛び出ちゃう。
親友は香織。
でも、私には親友にもいっていない秘密があるの。
それは……



さくと沙紀は同一人物なのだ。


なぜ、同一人物なのかって?
それは、


香織は小6になったらいつか死ぬ。


それは私と香織、それと宙にしか分からない事なのだ。

1ヶ月前 No.30

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン10
「香織」

私、月岡香織。
おっちょこちょいでまぁ、フジョシなの。
ギターは小4からやってるけど、まだまだ下手。
親友はさくと夏音。
彼氏は楓。
でも、私には誰にも言ったことのない秘密があるの。
それは……


香織と元カレを殺した『伊織』は同一人物なの。


二重人格みたいなの。私。
でも、以上なのよね。
呪いがかかってるんじゃないかってくらい。
だれか、私を助けてよ……
このままじゃ私、いつか死んじゃうよ。

1ヶ月前 No.31

アイカ ★Tablet=LAs1Yd1X9E

誤りがありました。
×でも、以上なのよね。
○でも、異状なのよね。

誤字あるけど宜しくっ!

*九月中はあんまり更新できないかもです。

1ヶ月前 No.32

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

番外編3
「圭」

ガチャ
圭「ただいまですっ。」
○○「あっ!!お兄ちゃん!!お帰りなさい!!」
圭「実花、お母さんは?」
実花「お買い物だって〜!」
圭「そっかそっか。」
実花「ねーねー、私ね、今日学校で泣いちゃった〜」
圭「どうして泣いたの?」
実花「あのね、ユメちゃんが今日ケンカしてたの。でね、ユメちゃんが相手の男の子に叩かれてて私、泣いちゃった〜」
圭「ユメちゃんがケガしたら、実花は保健室につれていくんだよ?」
実花「うん、分かった!!」

終わり

1ヶ月前 No.33

アイカ @aika19 ★Android=2laYYVt0nC

ファーストシーズン11
「宙」

僕は宙。香織といとこなんだ。
小さい頃から仲良しで、本物の兄弟の様に過ごしてきた。
でも、僕が小5になって引っ越すと言った時、香織は、
香織「私ならダイジョウブ!ホラ、はやく行ってきなぁ!!」
と、わざとらしく言っていた。
その日から一度も会っていないし連絡もとっていない。

そして、一年たった今、帰って来た。

宙「ただいま、我がJapan!!」


次回、「藤原小学校」
沙紀や奈由や愛使がいるときになるよ!!

8日前 No.34
切替: メイン記事(34) サブ記事 (1) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)