Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

我を待つこの先の未来は

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(121) - ●メイン記事(4) / サブ記事 - いいね!(0)

キサラギレイ @kisaragi00 ★GO1gk6PBc2_iYt


「登場人物{プロフィール}」

 浅野 零士{あさのれいじ}物語の主人公で、この世界の理を正す霊術師の家系。詳細;桜峰高校の2年2組。性格はそこそこで運動神経はそれなりに。裏ではこの世界をあるべき理に正すために動いている。
 浅野 妃 {あさのきさき}主人公の妹、ある事故で意識が不明。       詳細;兄と同じく、桜峰高校の1年3組。事故に遭うまでは冷静沈着で、それでも周りに何かあるとすぐ行動をするところがある。
 倉野 咲 {くらのさき} 表裏が無く、色んな人の憧れの的         詳細;桜峰高校の3年2組で生徒会長。成績優秀で運動神経抜群の美少女。

 物語を進んで行くとどんどん人物や詳細が明らかになります。
 この物語はあくまでも現実とは無関係であり、また架空のものです。

2年前 No.0
メモ2017/12/02 16:53 : キサラギレイ @kisaragi00★pekitTYptO_PHR

ここでは追加された詳細を記録していきます。 青の部分は変わりましたが、本人なのでよろしくお願いします。


霊術:自分の魂が違うエネルギーに変え

   それを武器や、技に対して使うもの。


暗黒の力、天聖の力:すべてを混沌へと誘う禁忌の力。逆にその力を防ぎ、

          世界に神秘を与える力。


冥界の王カラミティー:暗黒の化身、そして闇の王


天界の女王アリア:絶対神ゼウスの使いにして、妻。

   

ページ: 1


 
 

キサラギレイ @kisaragi00 ★GO1gk6PBc2_iYt


俺は夢を見た。そうあの日、自分の戒めを決めそして・・・・・・・{あの惨劇}をただ呆然としていた

忌まわしき、そして忘れてしまいたい子供の頃の夢。

俺は見た・・・・・見てしまった。あの呪われた儀式と{呪われてしまった}者達を・・・・

「やめてくれっ!」「たすけてっ!」そんな村の人の声を聴いて、そして見てしまった。

当時の俺は恐怖で動く事が出来なかった。

ただ見ている事しか出来なかった。

俺は妹の妃と共にある神殿に行った

そこは冥界の王と天界の女王が祀られている所だ。

2年前 No.1

キサラギレイ @kisaragi00 ★GO1gk6PBc2_iYt


「お兄ちゃん、ここはどこ?」

 妹の妃はそう言って心配そうに手を握ってきた。

「ここは村長と村の人達が出入りしている神殿だよ」

「この神殿には二人の神が祀られて、それを守るのが
 村長や村の人達、そして俺たちの仕事なんだよ」

 そう説明してやると、

「じゃあ、あれは何しているの?」

 妃がそう言って指を指した場所を見てみるとそこには・・・・・

 入口に大勢の村の人達が霊術を唱え、神殿の扉を開こうとしていた

「何をしてるんだ?」

 俺はそう思い、少し近づこうと一歩を踏み出した瞬間、

「よし、扉が開いたぞ!」

「ようやく暗黒の力と、天聖の力が我々の下に!」

 そんな声を聞き、俺はやっと分かった。分かってしまった。








2年前 No.2

削除済み @kisaragi00 ★pekitTYptO_PHR

【記事主より削除】 ( 2017/12/02 15:50 )

10ヶ月前 No.3

キサラギレイ @kisaragi00 ★pekitTYptO_PHR

村人たちがやっている{それ}は小さい頃から親や村長から

 やってはいけない太古の儀式。儀式の名前は禍災の舞、通称{ラグナロク}。

 今から何百年前、冥界の王カラミティーが当時の世界を滅ぼそうと冥界から舞い降り、

 太古の人々や他の神々を滅亡の淵へと追いつめていた。

 その時を同じくして、冥界の王と対なる天界の王、絶対神ゼウスが

 この事態を打破する一手をこの世界に放った。それが絶対神ゼウスの使いであり、

 妻である天界の女王アリアだ。ゼウス自身がカラミティーと争えば五分五分の戦いであったが、

 アリアに任せたのはアリアが保持する神装が1つ、全ての因果すら射貫く弓【トゥルーシール】によるものだった。

 真実を封印する力。すなわち原因という真実の過程と、結果という真実を封印.....

 無かったことにしてしまう力だ。その力があればカラミティーがこの世界に来たという

 真実を無かったことに変換できる。いわば時間を巻き戻し、元々の真実を他の真実で上書きする

 それがアリアが持つ弓の力であり、ゼウスの考えだった。

10ヶ月前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)