Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(27) サブ記事 (1) ページ: 1


 
 
影ト僕No.6 だけを表示しています。

小雨☆qYK4f686PWo ★Android=nxdQNr0Zn0

学校に僕は友達がいないといった方がいいのだろうか、

僕に話しかけて来る人なんていない。

まぁ一人いるけど――

「りょうたくん!」

まゆの声に驚いた

あまりにも大きい声だったからだ。
「なんだよまゆ。」

「りょうた君呼んでも反応しないんだもん。なんか暗い。」

少々僕はきづついた。

「それは言い過ぎだろ。」

「まさか、美憂の事まだ気にしてるの?」

…僕は黙った。

2013/02/21 17:14 No.6

影ト僕No.6 だけを表示しています。
切替: メイン記事(27) サブ記事 (1) ページ: 1

 
 
この記事は小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>