Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(41) >>

ドM女とドS男 (性的

 ( 小説投稿城 )
- アクセス(11279) - ●メイン記事(41) / ○サブ記事(0) - いいね!(12)

◇Pq'`千耀 ★h/FUTsnPSgM

   * 注意書き *

※必ずお読みください

 この、作品は性的≠ネ部分を表します

 苦手な方は、必ず[戻る]を押してください

 もし、この注意書きを読まずに

 "気持ち悪くなった

 などの事がありましても

 一切私は責任取れませんので

 自己責任でお願いします

 もし、しつこく文句を言ってきた場合

 スルーしますんで

 必ず、平気な方でも読んでから

 この小説をお読みください

 それでは次から始まります。

2008/10/16 20:50 No.0
ページ: 1

 
 

◇Pq'`千耀 ★h/FUTsnPSgM


no.1


私は、今日引越ししてきた


私は、引越し≠ェ出来てとても嬉しい



地獄から抜けれると思ったから

キーンコーン


私、三戸 灯里ドMでからかわれて来た

でも、そんな地獄から天国へ行くと決めた


みんなの前で、上がらないように


人という字を3回書いて、飲み込んだ

そして、先生の声とともに

新しい教室へ入った


「三戸…灯里です!」


私は頑張っていった


そして、そのクラスはザワザワしてきた


「スタイル良い〜」「可愛い」「痩せてる」


男子のヒソヒソばなし


「やっぱ麗様よりブスね」「麗様に勝てるわけない」


女子のヒソヒソばなし


両方とも……私の悪口?


ヒソヒソ話だから声が聞こえない


でも、その間に


「質問はッ…何かないですか?」


わたしは勇気振り絞って言ってみた


「はぁい♪」


うわぁ……かっこいいなぁ


その手を挙げた男子はとても美形だった


「ど…どうぞ」

私は緊張しながら言った


「今日のパンツはどんなんですか?」




……―――えぇッ!?


「すいません!その質問には答えれません」



今のは…なんだったの?


私は今の事が頭から離れなかった


2008/10/16 21:04 No.1

◇Pq'`千耀 ★h/FUTsnPSgM



no.2


そして、またその男子が手を挙げた


「ど……どうぞ」



ドクンドクン


心臓の音が大きくなって行く

「何   カップですか?」


「んゥ」


つい、声が……


「そんな質問ありえません!!!」


私はついに怒った

「薗崎!ふざけたことは辞めろ」


「だぁって可愛いんだもん♪」


ザワザワ……


「うそ……」「あんな子が?」「麗様の方が」


また声がしてくる


「そういうのが駄目なんだ!あとで職員室へ来い!」



「へいへい」

めんどくさそうに返事をする


「じゃぁ...空いてる席を……」


どこだろうッ――… ?



「あ……」


先生がいきなり声を出す


「どうしたんですか?」

「すまん…薗崎の横しか空いてない」



薗崎と言う男……聞いた事あるような??



ッてさっきの奴やんかいッ!!!!


私はしぶしぶ薗崎君の横へ行った


クスクス……


笑い声が聞こえる


でも……


変わるって決めたから!



私は心にそう何度も言った


2008/10/16 21:13 No.2

千耀 ★h/FUTsnPSgM



no.3


「よ…宜しくお願いします」


「んー☆」


どうか……何も起こりませんように!!


むにッ



んッ

き、



きゃぁぁぁぁ!


何するの?薗崎君ゥ


怖くて声が出ない



初めてなのよ!?胸触られるの!!



痴漢にあったことないんだから><


ヒソッ


「なにも喋らないんだ」


「辞めてくださいッ!」



授業の話を一切聞かずに、薗崎君と言いあいをしていた


キーンコーン


チャイムが鳴った



「薗崎!」


先生は怒り気味でよんだ



さっきのことで……


何で先生がそんなに怒るの?


いい先生ですッ



「忘れてねェのかよ!」


ふゥ一安心と思ったら



「ちょっと!転校生のくせに雄介様とジャレ合わないでいたただけます?」


「本当よ!」



「ジャレあってなんかいません!」


薗崎君とッ!!


「口答えしないでくださる?」



「そういってるけど、私は敬語ですよ?」



「あなた!どうなるか分かってるの?」


「転校生だからって調子に乗るのもやめたら??」


5人がかりで……ずるいッ



「"いじめ≠チて知ってます?」





ズ キ ン




いじめは聞きたくない!


「なんなんですか?あなたに何もしてません!」


私はそういってその場から逃げた


「まちなさい!」



追いかけてきた


いそいで隠れた


バタバタバタバタ



「行った……」



「あんれぇい?どうしてココに??」


「薗崎君ッ」



静かに静かに!お願いします



「しぃー!!」



「かくれんぼ?」



「隠れてるんです!」


「転校生!」



さっきの女子軍に見つかった


「なぁにやってるの?」


「関係ありません!」


コレは、私の問題!!



「そ……その子が」


「ん?」




「雄介様を襲おうとしているの」




2008/10/16 21:44 No.3

◇Pq'`千耀 ★h/FUTsnPSgM



no.4



「別に良いよ?」



えぇっ



「おれ超好みだし」


「うゥ……」



「覚えてらっしゃい!!」


そうして女子軍は逃げていった



お礼に



…―――カチ



ボタンをとった音が


「何してるんですかっ!?」



「影じゃないと恥ずかしい?じゃぁ行こう!!」



「ち…違います」

「じゃ何?」



「なんでボタンを……?」


「なぁにいってんの!はははッ」



んゥ?



「お礼にブラジャー☆」


「何でですか?」


恐る恐る聞いてみた



「助けたお礼♪ブラジャーで我慢するから」



顔近い……!

てソレどころじゃなぁーい



「辞めてください」


「おれ超Sだよ?逃げても逃げても無駄だよ…」



最後のボタンが取れた


「あ……」


「もう一つ♪」


ニヤけて行った


ブラの……


「き、   」


叫ぼうとした時


薗崎君の唇と私の唇が重なった



ファーストキスなのに……!


前、彼氏出来たのに


キスしなかったのにィ!



「D……大きめだね♪」


って見えてる見えてる!!




「見ました……?」


「モチロン☆」


バチンッ




「いってぇー」


「あ……」


2008/10/16 21:57 No.4

◇Pq'`千耀 ★h/FUTsnPSgM



no.5


「スイマセンね!!」


「そういう事するんだぁ♪」



「なッなんですかっ!!」


「D……のこと言うよォ...いい加減にしなきゃ」



えぇッ


*+$*+$*+$+*

2008/10/17 08:16 No.5

◇Pq'`千耀@chiaki ★h/FUTsnPSgM



no.6


「言う事聞かないと駄目……という意味で…か?」



「そー☆」

こんな事ってありえるのー!?



「じゃぁまずー…」



ド  ク  ン


何?もったえぶらないでよ!


「明日から」



ドクンドクン


「生理パンツで来て」


「え?」



せ…生理パンツー!!!????


「それは駄目です!」



「  …D」


「だぁぁぁー!分かりましたよっ」



変態男!!!!


次の日

本当に来ちゃったよー!


うゥー



「どう?」


え……


声の高い声


何か聞いた事あるぞ?


私はそう思い後を向いたら


麗さんだった


「どうって……?」


「上手くいってるの?」

「麗様!つりあう訳ないじゃないですか」


クスクス……


「上手くいってなんかいません!」


私は少しきつめに言った


「悔しかったら諦めずに、アタックすれば良いじゃないですか!!」



「あんたなんかに言われたくないわよ!!」


ばしゃっ



水を掛けてきた


そうして麗さんは走っていった

「あのっ女……許さないんだから!」



嫌な匂いがしてきたのは的中だった



「あーかりん♪」

「薗崎君……」



「本当かなー?」

バサッ


「きゃあああ〜…!!!!」



「まぢで……?」



私は逃げた


「どこ行くの?」



「早退します」

気持ち悪いよぉ(悲


2008/10/17 17:00 No.6

★V/9L0yqdhLQ

どうも!はじめまして!
      「サクラ」と言います。
これからゎタメでいいです!
これ、おもしろいですね!

2008/11/01 10:46 No.7

真実♪ ★TTG/xx4XS1c

・・・///

おもしろぃです!!
続き楽しみです!!

2008/11/01 12:14 No.8

侑香 ★wopblatWOw2

おもしろい小説ですね!

私も今恋小説書いてるんです!

彼氏というか、両想いの男子と私のラブストーリーですよ!

2008/11/01 12:30 No.9

菜々美 ★QjhNj2iw2UE

おもしろい!!!
続き気になりますww
がんばってください♪

2008/11/06 13:05 No.10

亜裕架 ★3vTlIb/CPRo

メッチャおもしろーい!!

続き、早く読みたいでーす

更新頑張ってくださぁい

2008/11/06 14:41 No.11

白昼夢 ★f2Fux6DP2gw

はじめまして〜

小説書くの上手ですね

続き気になります

更新がんばってください

2008/11/06 14:50 No.12

◇Pq'`千耀@slim ★TaviS2CH.Gg


こんにちゎー久です★

ID違うけど気にしないでね★彡


なんか、コメたくさんキタので

もっかい書きます...(No,6の続きから


  * 桜さま *

 
 初コメありがとうございます!!

 面白いなんて...(泣

 作者はとっても嬉しいです★

 私のことも、タメでokなので♪

 また来てくださいねー(∀)


  * 真実♪さま *


 コメありがとうございます(感激

 続き遅くなってすいませんね

 コレからは、頑張るので!!

 応援宜しくお願いします★

 また来てくださいねー(∀◇)


  * 侑香さま *


 コメありがとござざいます★

 ござざいますっておかしいですよね...(汗

 改めて

 コメありがとうございます★

 侑香さまの恋小説見に行きますね^^

 また来てくださいねー(*v*)


  * 菜々美さま *


 コメありがとうございます(´艸`)

 続きが気になりますかァ...

 嬉しいですッッ!!

 では、頑張りますので

 応援よろしくデス

 また来てくださいねー★


  * 亜裕架さま *


 コメありがとうございます(__))゙

 めっちゃおもしろーい!!

 でっすかぁ♪

 その一言がとても嬉しいのでございますo

 更新頑張りますね♪♪

 また来てくださいねー^^


  * 白昼夢さま *

 
 小説書くの上手いですか!?

 いやぁ...嬉しいですね!!

 エロ小説なのに(●ω●)9゙

 その言葉めっちゃ嬉しいです

 頑張りますね♪

 また来てくださいねー('`)



2008/11/06 17:14 No.13

◇Pq'`千耀@slim ★TaviS2CH.Gg



   no.7


私は急いで家へ帰った

そして、下着を着替えて


あたりまえじゃぁー!!


「はぁ...

  前の地獄のほうがましだ」


私はずっとそう思った


「ばかぁ!!!」


私は携帯を投げつけた

その瞬間


[ぷぴぴぴぴぴ.ぷぴぴぴぴぴ]


ダサい着メロが流れる


「誰だろ...」


私はそう思い携帯をとった



[ぷぴぴぴッガチャ]


「はい」


「灯里ぃ?」

「誰?」


「俺だよ。雄介」



「うぎゃあああああ」


私は思わず声を上げてしまった


家一人暮らしだっけ?

アイツ……

私も一人で暮らしたいわ



「今からお前ん家行くから」


「えっ?」


[ツーツー]


「ちょ待ってェ!?」

[ツーツー]


「もうっ!!」


[ピーンポーン]



ドキンドキン

誰……


 アイツじゃないよね?


ドアを開けた







    薗崎    … … 雄介



「お前ん家じゃ無理だから

     俺ん家来い」


「えっ?」


「早く!」


手を引っ張る

力を振り絞った


無理無理無理!!!!


そう思うことしか無理だった


2008/11/06 17:21 No.14

りな ★AYWoKTuCRLc

おもしろいです! 毎日チェックするので 最新頑張ってください!

2008/11/06 17:58 No.15

◇Pq'`千耀@slim ★TaviS2CH.Gg


  * りなさま *


 コメントありがとうございます!!

 毎日チェックしてくれるんですか★

 更新遅いかもですヶd><

 6時ごろに、毎日更新したいと思っているので

 その時間帯にどうぞ♪

 また来てくださいねー^^

2008/11/06 18:10 No.16

おれんじ ★6vkhJGJU7rg

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2008/11/06 18:48 No.17

◇Pq'`千耀@slim ★TaviS2CH.Gg


* おれんじさま *


 コメありがとうございます★

 まぢでエロスゥ

 でも、まだまだ小5なので

 この小説続くかなー?

 と心配です(^^;)

 また来てくださいねー(^^)


2008/11/07 17:52 No.18

◇Pq'`千耀@slim ★TaviS2CH.Gg


   no.8


知らぬ間に相手の家へinしていた


「辞めてよ」

「嫌がることないじゃん?」


悪戯な笑顔で言う

でも、カッコイイ


「ほら…?」


私は怖くて力が入らなかった


徐々にネクタイが緩められてゆく


「なにも抵抗しないんだ」

「しても、勝てるわけないよ」


「つーかした時点で

    お仕置きするしぃー♪」

「今も同じじゃないですか」


「はぁ?ファーストキス奪われたいの?」




「だれも言ってませんよ!!」


「あっそ?

  ふふん」


ほんっとに有り得ない人


私にはこんな人が身近にいるなんていやだ


そして、薗崎の手は最後ボタンを触っている



まってまって!!??










これやばくない!?



助けてぇー(><)

もう少しで






薗崎の悪魔な時間が始まる




2008/11/07 18:52 No.19

りな ★AYWoKTuCRLc

また 来ましたツ★ っていうか毎日 コメしたいです><(え

がんばってくださいね! めっちゃおもしろいです★

2008/11/08 15:52 No.20

 知沙@slim ★h/FUTsnPSgM


元・千耀です


  * りなさま *


 わぁ、コメント有難うございます((__))


 [  * デブス卒業 ]にも来ていただき


 とても嬉しいです♪


 毎日コメなんて嬉しいですよぉ☆


 応援宜しくお願いしますッ


2008/11/08 18:53 No.21

 知沙@slim ★h/FUTsnPSgM



  no.9


「ちょっと!!!!」



「 ……」


薗崎は黙り込む


「何するの?」


「へぇ、そんなこと言える力あったんだ」


「な……なに?」


恐る恐る言い返す




「じゃぁ、そんな力全部

   無くしてやる」



「へっ?」


嫌な予感


辞めてぇー!!


最初上を全て脱がされた






「ちょっと...見ないで...」

元のMが戻った



「嫌だね」


いきなり身体を触ってきた


「ふ...ふぁあ」



「感じてる?」


「やぁ」


私は抵抗しても

力が抜ける


そしたら、


ガチャッ



「んもぉー誰?」


薗崎が不機嫌に言う




そして、どあが開き


「雄介ぇー?いるんでしょぉ?」


「ふわぁっ」


私は喋ってしまう

すると私にキスをしながら制服をつかんで


クローゼットに隠れた


そして、クローゼットの前に


その女の人が薗崎を探す

「んっ……!!!」



私は我慢が出来なかった



2008/11/08 19:00 No.22

おれんじ ★6vkhJGJU7rg

また来たょwww
あっ性別♀だからね♪
てか、も%8

2008/11/09 06:18 No.23

おれんじ ★6vkhJGJU7rg

また来たょwww
あっ性別♀だからね♪
てか、もう襲っちゃったんだww
「ちょっと…見ないで…」とか、
マジ可愛い♪
楽しみにしてまぁす^^



2008/11/09 06:19 No.24

華和 ★DOCOMO-v1d45Z1h1F.



ぉもUろいですねッ♪
あかりチャンかゎいーでス///
更新頑張ッてくださぃ☆★

2008/11/09 10:22 No.25

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg


  * おれんじさま *


 またき来て頂きありがとうございます(>Д<;)

 とても感謝してますよ♪(oΘωΘo)

 灯里可愛いですかぁ...☆

 Mだもんね^^;

 更新頑張るので

 また来てくださいー☆



  * 華和さま *


 来て頂きアリガトウございます((__))

 灯里可愛いですよねー

 私はドSなので密かに憧れますよ(笑

 華和sが言ったとおり

 頑張ります(←更新のこと。

 また来て下さい☆彡



2008/11/09 12:39 No.26

はる。@mireichan ★Wd0QmEiPO7k


初めまして^^

今日初めて読んだんですけど…すごいです。〔なにが?

灯里チャンはすっごい可愛いですしw

更新楽しみにしてますッ!!

2008/11/09 21:45 No.27

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg


  * はる。さま *


 今日始めて読みましたかッ!!

 すごいですかー(◇ω◇)

 何か分かりませんけど...(笑

 更新楽しみにしていてくださいね♪


2008/11/10 19:14 No.28

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg


  no.10



「鍵閉めてたんですか!?」


彼女がいなくなってクローゼットから出た後の話中...


「閉めたよ」


「何で入ってきたんですか?」


「合鍵渡したんだよねー♪」



   ド    キ    ン




「すいません...彼女ですか?」


「誰のこと?」





「アノ人のことです!!!!」


「うーん、そうだよ」


ひどいっ


じゃぁ、なんで私にするの!?



私は立った


「何でー?どこ行くの??」


「五月蝿いです!!

  彼女いるのに酷いことしないでください」



ドンッ

ヘアのドアを思いっきりしめた



「じゃぁ、言うよ?」



「好きにすればいいじゃないですか!!!」



私はいつも以上にキレた


私はいつの間にか涙が大量にこぼれていた




「ひどッい...」


うゥ


私は公園でブランコに一人で乗っていた



その時...




「ねぇ...」


見知らぬ低い男の声



「   えっ?」







私は振り向いたら









見知らぬ男が後ろに立っていた





誰...?



2008/11/10 19:34 No.29

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg



   no.11


「彼女一人ー?


  ちょっと付き合ってほしいんだけど」


「ナンデスかっ!?」


「この子の言い文はほっといて


      さっさとヤッちゃてよ?」


「任せろよ10万もらえるならな」



「フフフ」



誰?怖いよ...





   たッすけて


私は目隠しをされて


手と足を縛られて



車に乗せられた



すごく...




すごく...







怖かった




「いやッ」



「ちょっと黙っててもらえる?」


イヤらしい声



「んっ!」


唇と唇が重なった


誰としているか知らない



分厚い唇と




きもちっ悪い!!!



なんなの!?アノ子は誰?




この人たちはなんなの――――…





[┣¨ラエモン]


2008/11/10 19:41 No.30

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg


   no.12 (※雄介地点


んもォー!!


彼女なんて冗談なのに...

第一、あいつ男友達だし


ただのニューハーフって分からないで

怒るなんて面白いけどな...(`∀´Ψ)


「あれ?あの車……」


どっかで見たことあるよな?




んゥー………


もとカノか!


「ココ通るなんて出来たんだ

   別れて辛そうだったのに」


その言葉でピーンと来た


「あいつってあんなに逃げるの早くないよな」


アイツが出て、30秒後こココに出た



もしかして...




コレで当ってたらHさせてくれるかな♪


ニヤニヤ...




「いこゥ!!」


俺はクツのかかとを3回鳴らしていった

↑上手くいくおまじない



エヘヘヘヘヘ!!


「まってぇぇぇえぇぇッい!!!」



死ぬ気で走りきった


ボルトには負けるけど(笑




  ━━━━━━━ ……




no.12、灯里地点でもっかい書きまァす♪


2008/11/11 16:31 No.31

りな ★AYWoKTuCRLc

毎日 コメしたいのに。。。できなくてごめんなさい!><

さすがに毎日は無理そうです↓ でもできるだけコメするんで^−^

ちょーおもしろかったですよ★デブス卒業もみますね★コメしにいきまーす♪

2008/11/11 17:56 No.32

優菜 ★xrGmgSG3XG2

初めまして!
初めてココ来たときは、寝てしまいコメントできなかったから・・・・

ちょーこの話面白いです!?
次が気になりますw

なので、毎回楽しみです♪
応援しています(^_-)-☆

よろしく♪

2008/11/11 19:30 No.33

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg




  * 優菜さま *


 初めまして!!!!

 コメントアリガトウございます☆

 毎回楽しみにしてくれて

 嬉しいです!!!

 こんな...5年の小説を(泣

 コレからも宜しくお願いしますッ



2008/11/11 19:44 No.34

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg



   * りなさま *


 スイマセン!!一緒に出来てなくて

 デブスにも来てくれてありがとうございます

 やっぱり無理ですよね^^

 コレる分だけで良いので^^b

 更新頑張ります☆


━━━━━━━━━━━━━━ ┏┛┗┓


   no.12 (※灯里地点



気持ち悪い


すると、いきなり胸に男の手が触れた



「い…いや...ん」



「良い声だすね」






「あ……」




ずっと同じことをし続ける



少し馬鹿ではないか?






「ん?」



「兄貴、声が聞こえますぜ」




「まってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!!!!」






パリーン


硝子の割れた音





「灯里!!」




この声は……





「薗崎クン...彼女と逢えば良いじゃないですか!!!」






「お前、こういうときでもそんな事言うのか!?」






「初体験が二股なんて最低な人生ですよ!?」


「目隠しのままで何も見えないだろ?」




私は目隠しが取られた


すると、薗崎くんが男二人に殴られていた







「そ、薗崎...くんッ!!!」





すると、ボロボロになって

二人を倒していた





「だ、大丈夫ですか?」



「当たり前ジャン」





「じゃぁ、残りは彼女に……」


すると、薗崎クンは私にキスをした





「なんですかッ!?」


「彼女なんて、嘘だよ

  アイツは男。ニューハーフ!!!」





「え?」



「つーか?俺のこと嫌いになった??」







「いいえ...


  悔しかったんです」




「はぁ?」



薗崎君が眉を真ん中に詰めて私に問いかけた




「他の、女ノ仔に取られるんじゃないかって

   なのに、あんなことされて...オモチャ扱いじゃないのかって



  すごく...悔しかったんです」




「そう...


 ごめん 」





薗崎君は悲しい顔をして私に謝った





2008/11/11 20:01 No.35

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg



   no.13 (完結




「なぁ、俺...本気なんだ」


「私もです」



「あと、あの時の二人はナンデスか?」


「元カノー

 いきなり出てきて意味わかんねーよな?」



「本当ですよ^^」



「怖かった?」





「凄く...でも、きてくれて嬉しいです

   大好きな人に助けられて」


「俺も大好きな人を助けられて嬉しい」





そうして、二人は愛を誓った


二人はありえないほど性格が違う

ドMとドS


なのに、凄く気が合う


ドMの方にやられたりする...S




二人で、綺麗な空の方向へ






歩いて行った












二人はいつでも愛を誓うように...












         - END -






━━━━━━━━━━━━━━━  ┏┛ ̄┗┓




ついに、完結です!!!

最後、短いですが


コメントくれた方々アリガトウございまス><



*桜さま 

*真実♪さま

*侑香さま 

*菜々美さま

*亜裕架さま 

*白昼夢さま

*りなさま 

*おれんじさま

*華和さま 

*はる。さま

*優菜さま

2008/11/11 20:08 No.36

りな ★AYWoKTuCRLc

ついに完結ですかー>< 寂しいけどうれしい。。(笑

超おもしろかったです★

2008/11/13 18:02 No.37

優菜 ★xrGmgSG3XG2

完結ですか・・・!おめでとうございます☆
けど、さびしいもんですね・・・。

また、ほかの作品もつくってください!
そのときは、またみにいきます!

お疲れ様でした!


http://aurasoul.mb2.jp/_sst/9747.html

↑私の作品です★ひまなとき、見にきてください!

2008/11/15 22:47 No.38

白昼夢 ★f2Fux6DP2gw

お疲れ様でした^^
とってもお上手で、
とても楽しませていただきました

2008/11/16 02:19 No.39

おれんじ ★6vkhJGJU7rg

完結したんだ!!!
お疲れ様♪
良かったよぉ!!!!!
新作、作るとき教えてね☆



本 当 に 長 い 間 お 疲 れ 様 で し た 。

2008/11/16 18:37 No.40

 知沙@slim ★TaviS2CH.Gg


うわぁー!!

みなさんアリガトウございます☆
新作作ったら
ココに、URLはリマスね(ω)

嬉しいです(^^)


2008/11/17 16:52 No.41
ページ: 1

 
 
この記事は小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>