Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(85) >>

財政再建政策

 ( 社会掲示板 )
- アクセス(745) - いいね!(0)

ハヤシ ★mkXKPXjIHts_Ms

とうしん党のハヤシです。

借金まみれの国家財政を立て直すためにはどうすればいいか。
当たり前のように消費税増税が叫ばれていますが、
今の制度のままで増税しても赤字が解消できるとは思えません。

私は、国家歳出予算の積み立て方式をやめて、
府省等ごとの“歳出割合やりくり方式”にするという政策を考えています。
政治家は、予算の金額ではなく歳出割合を決めます。
どうしても不足する分は
“政策国債”(個人献金と目的税が混ざったようなもの)で賄う。
こうすると、公務員は無駄遣いを辞めるようになり、
国民は直接政策を支持できるようになります。

皆さんはどう考えますか?

2010/05/15 00:26 No.0
メモ2010/05/16 23:35 : ハヤシ★mkXKPXjIHts_Ms

>>私は、国家歳出予算の積み立て方式をやめて、


“歳出予算の積み上げ方式”とするべきでした。

申し訳ありません。

ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (35件) | 最新ページ

ワーキュア ★AU=CYfu9iyBEt

あのー(`-ω-´)…
それ10年以上前から、アメリカの金融界にやられてるんですけど…、日本って。

2010/08/17 19:44 No.36

ゆるぼ @neko123 ★iPhone=Wq7I5UG4Pj

古い掲示板を引っ張り上げてみる。レスも全然付いてないところを見るに、やっぱり財政ってあまり興味持たれない分野なんですね。バーゼル4が噂される昨今ですが、国債の価値はいつまで維持出来るでしょうか。

3年前 No.37

miya93 @miya93 ★tGVtlOHt38_uRj

ほとんどの人にとって、興味持たれないのではなくて、「知識が無くて語れない」が正解でしょう。
バーゼル4の内容どころか「バーゼルってなに?」ってひとがほとんどです。

国庫を個人家計簿に例えた「バカでも理解できるが、間違ってる財政論者」なら、どこににでもうじゃうじゃいる。

**************

日本は、バーゼルIの適応によってバブル崩壊を強制的に引き起こすことになったし
(いずれ崩壊したとはいえ、ソフトランディングさせる手を打つ余裕がなくなった)
さらには、バブル後には、柔軟性ある対応を不可能にし、再建速度を遅らせる方向にしか作用しなかった。

さらにバーゼル3、リーマンショックに何の責任もなかった日本にまで規制の網が広げられた。
日本の金融問題は、リスクの取り過ぎではなく、「リスクのとらなさすぎ」にあるので、
必要な議論が、まったく逆方向

であるにもかかわらず、全世界で一律規制。こんなもの震源地以外には不利益しかない。


今の日本に必要なのは規制ではない。
「バブルを知らない子供たち」にすら、「バブル恐怖症」が植えつけられているという亡霊の克服。
心理的な転換である。

であるのに、外国の「リーマンの亡霊」や「欧州危機の亡霊」まで輸入しなくていい、

日本にバーゼルは要らない。

3年前 No.38

ゆるぼ @neko123 ★iPhone=Wq7I5UG4Pj

財務省は「ポートフォリオに組み入れましょう」というちょっと悲しい売り文句で国債を外国に売ろうとしていたけど、そういうのはもう無用だと言っている? 中央銀行を含めた国内金融機関が買い続ければ問題無いと。

3年前 No.39

地下水 ★pq2bI30xdG_m9i

>>35 そうだね、量子コンピューターを実用化すれば、誰よりも速く高精度で市場予測ができるだろうから、市場をリードできるだろうね。そんなことに量子コンピューターを使って欲しくないけれど、そうなるだろうね。すると量子コンピューターの実用化は、経済の死活問題を生むかもしれないね。
 スパコンの市場への導入は、イスラムが起こって、ツインタワーを破壊した原因かもしれないね。

 結局、どんどん下層に冷たい消費税をつり上げて行って、千兆円もの国の借金返済を背負わされるんだ。政治家なんて、理想論を言ってばかりで、国民のポケットに手を突っ込んでいる、詐欺だ。

3年前 No.40

miya93 @miya93 ★tGVtlOHt38_uRj

>>39
「無用」も何も、買ってくれと言ったって不要なら売られ、売れと言っても必要なら買われるのが市場だよ。
無理やり動かすなら、強制的な規制や、圧倒的な介入でしか動かない。

古き悪しき「財務省の思惑」は、初めから何の意味も持つことができていない。
「私は金持ちになりたい」と言うのと、まったく変わりないのだから、ほんとうにどうでもいい戯言。

介入実態を伴ったうえでの、口先介入ならともかく。
(介入実態を伴った口先介入とは、「脅迫、脅し」である。
 有無を言わせぬ通貨加入、リフレ政策、異次元緩和、そのうえでの「インフレターゲットの宣言」が、それにあたる。)

・・・ということを前提にしたうえで、あえて、外国に国債を買われたほうが良いかどうか? というと

外国の国債保有率が高ければ高いほど、リフレ政策は効果を減らしますし、リスクを増やします。
なので、外国には買ってもらわなくていいし、買いたくても買えない状況を作ってもいる。

3年前 No.41

みたのしきま ★JxF0fXD135_m9i

国債は有価証券ですよね。

転々と流通することを本質とする国債の保有者が国内か、国外かが

そんなに重要性を持つのですか?


有利と見れば、ダミーを使ってでも買います。

3年前 No.42

みたのしきま ★JxF0fXD135_m9i

日本国債外国人保有割合


平成17年度末        4.4%   33.5兆円

平成26年度末        9.4%   97.8兆円


出典  日本銀行 資金循環統計より

3年前 No.43

みたのしきま ★JxF0fXD135_m9i

現行財政法の制定時の直接の起案者である平井平治氏(当時、大蔵省主計局法規課長)は、当時の解説書(「財政法逐条解説」1947年)で、次のようにのべています。

 「戦争危険の防止については、戦争と公債がいかに密接不離の関係にあるかは、各国の歴史をひもとくまでもなく、わが国の歴史をみても公債なくして戦争の計画遂行の不可能であったことを考察すれば明らかである、……公債のないところに戦争はないと断言しうるのである、従って、本条(財政法第4条)はまた憲法の戦争放棄の規定を裏書き保証せんとするものであるともいいうる」

 こうした、財政法での国債発行の原則禁止と憲法の戦争放棄との関連は、年間5兆円近い軍事費をもつ「軍事大国」となり、その財源に赤字国債があてられている今日、戦後の原点としてあらためてふまえなければなりません。

 しかし一方、財政法第4条には「公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる」というただし書きがあり、これにもとづいて66年(昭和41年)以降、建設国債の発行が始まり、公共投資拡大を恒常化しました。さらに、75年度からは、財政不足をおぎなうために、赤字国債を発行するにいたりました。

 赤字国債をふやすことが将来世代にツケをまわし大変な危機をまねくことはわかっていながら財界の要求にこたえて、“あとは野となれ山となれ式”に公共事業費、軍事費をふくれあがらせてきた政権政党の責任が改めて問われます



要は、後は野となれ山となれという無責任政権を支持するか否か?

3年前 No.44

ゆるぼ @neko123 ★iPhone=Wq7I5UG4Pj

>>41
「リスク」という言葉の使い方は気を付けた方が良いと思いますよ。ちょっとでも金融をかじったことのある人が見たら混乱すると思います。

>>42
おっしゃる通り、誰が持ってても関係ありません。債権者に対して粛々と利子を払うのみです。

3年前 No.45

miya93 @miya93 ★tGVtlOHt38_uRj

>>45
金融に詳しければ、リスク選好という言葉も知っているはずです。
決してネガティブではない意味での「リスク」

>おっしゃる通り、誰が持ってても関係ありません。債権者に対して粛々と利子を払うのみです。

とんでもない、為替レートがあります。

日本国債が「円建て」である以上、外国人は原価保障されていません。
1億円の国債は、必ず1億円で償還され、必ず利息が付いてきます(デフォルトしない限り)
でも、外国人が、100万ドルで買った国債は、100万ドルで償還される保証はまったくないということですよね。

てことは、もし、外国人の保有率が高い状態で、意図しないトラブルから、急激な円安へ向かえば
それが国家の信用を損なうほどのリスクではなかったとしても、外貨基準では大損するため、外国人は日本国債を叩き売り、暴落します。
円建て経済の中にある国債は、少なくとも、その理由では売られません。
一応、それでも問題ない程度にインフレ・円安は押さえてありますが、「経済とは心理相乗効果である」以上、予想範囲内に収まる保証はありません。

そもそも、円安へ向かうと公言してる円建て国債は、外国から見て魅力が無いので、たいして欲しくありません。

外国人は対してほしくない、日本は買ってほしくない、であれば、むりに売り込む必要もありません。

旧来型の外務省は、「リフレ政策など考えるのもおぞましい」という立場だったので、
「誰でもいいから買ってほしい」と言っていたわけです。それが危機を招くような考えであっても。

財務省は、本当に経済学ができない。

(いや、本当はできるのかもしれないが、官僚の「短期交代制度」によって、長期政策がすべて否定される、
 「増税」は、確実な短期歳入になるが、長期的には低迷する。なので、現役官僚には得しかなく、常に推進される)

3年前 No.46

miya93 @miya93 ★tGVtlOHt38_uRj

ちなみに、減価する日本国債なのに、それでも買ってる「外国人」とは誰か?

国家ですよ。
現在、最大の日本国債保有国は中国。

つい数年前、大量に売却されて、凍り付いていた国債市場が危険な方向に動きました。(すぐに戻りましたけど)

外国に買ってほしいですかね?

3年前 No.47

ゆるぼ @neko123 ★iPhone=Wq7I5UG4Pj

>>46
その理屈だと為替リスクを負っているのは外国な気がするんですが。為替差損計上してますよね。売った場合の買い手は誰になるんでしょうか。

3年前 No.48

miya93 @miya93 ★tGVtlOHt38_uRj

>>44
全く的外れです。

最近流行の「火事のたとえ」でもしましょうか。

乾いた晴れの日に山中で、無防備に「たき火」をしていて山火事になり、命からがら逃げてきた原始人がいる。

『火の取り扱いはとてつもなく怖いものだ』と語っているという。確かに真実だ。

その原始人の教えを信じる現代人が、「IHクッキングーヒーター」が店頭に並んでいるのを目にする。
現代人なのに、IHを知らないという。

電気屋さんは、丁寧に説明する
『こいつは電気によって、安定的に調理に適切な火力を供給するものだ、火を使わないし、吹きこぼれ停止機能も付いて、危険な時はすぐ消える優れもの!』

原始人まがいは「炎」は使わなくとも、熱火力機械だと知って、目をむいて反論する、
「安定的に」火力を供給することなどできるものか!炎に安定は無い。 あの山火事を知らないのか! またとんでもない山火事が起きるぞ。
この愚かな放火魔めが!
(とんでもない低確率だが、ショートして火事にならないという断言はできないので、「ゼロパーセントではない」とは言える)

そして諭す。「IHで調理などしなくても、果実や木の実を生で食えば生きていける。それが子々孫々のことを考えた生き方だ」

電気屋さんは、ただただ、「呆れる」しかなかった。

3年前 No.49

みたのしきま ★JxF0fXD135_m9i

miya93さん

>最近流行の「火事のたとえ」でもしましょうか。


的外れなたとえと批判されています。

ギリシャはEUに加盟できたので、金利の安いユーロを使い放題にしてギリシャオリンピックで大盤振る舞い

その挙句が今のギリシャ危機です。

2020年の東京オリンピックでの大盤振る舞いの結果、ギリシャの二の舞

3年前 No.50

miya93 @miya93 ★tGVtlOHt38_uRj

>>最近流行の「火事のたとえ」でもしましょうか。
>的外れなたとえと批判されています。

知ってますがな。ジョークですがな。内容は全く違う。

「火事に例えたら、なんでも的外れだ」というのでないかぎり、中身を読んで、中身に反論をください。


あなたの言葉は、こちらの発信内容とかけ離れているから反論になってない。

挙句の果てに間違っている・・・。

ギリシャ破綻とオリンピックなんて関係性ありませんよ。

3年前 No.51

神様 ★ifi29bygzc_yoD

>2020年の東京オリンピックでの大盤振る舞いの結果、ギリシャの二の舞

ばかたれ

そんな荒唐無稽をいうーてるから、デフレが継続するのぢや

自国通貨をどんどん発行して、その金で 巨大な国家事業をやるべき時なのだ今わ

2年前 No.52

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

神様さん

>自国通貨をどんどん発行して、その金で 巨大な国家事業をやるべき時なのだ今わ

国債を発行して将来の納税者が税金で償還する意味があるのは、その支出が将来の納税者の利益になる場合だけです。

現在の政府のための事業をするために、国債を発行し続けて将来の納税者に償還させるのは時間を越えた詐欺。

2年前 No.53

神様 ★ifi29bygzc_yoD

>国債を発行して将来の納税者が税金で償還する・・・・・

そんな七面倒なこたやらんで、造幣局に電話して、直接に札を刷り増し それで国家事業をやれば良い。

もちろんインフレの状況を見ながらだな。国家事業としては、みちろん将来の役に立つものが良いだろう。

ピラミッドや前方後円墳でも結構だが、無駄遣いだぁ〜などと騒ぎたてて名を売る悪党が跋扈しだすからな。

2年前 No.54

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

神様さん

>造幣局に電話して、直接殺を刷り増し

それは不可能ですよ。

独立法人造幣局は補助貨幣(コイン)を作るだけですからネ。

おカネの素人は困りますね。


日銀券は独立法人印刷局でしか刷れません。

それに電話だけでは独立法人印刷局は動きません。

2年前 No.55

神様 ★ifi29bygzc_yoD


財政恐怖症ってゆぅ流行り病が大流行、猖獗をきわめておるが、

https://www.youtube.com/watch?v=JNKOZwCsSIc

こーゆ〜見方もあるのだね。

2年前 No.56

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

国債を日銀券に変える?

国債の債務者は日本国

日銀券の債務者は日本銀行

両者を連結?


日銀券が兌換でしたらマー、国債を金に変えるという話ですから債権者がいいといえばできますが?

日銀券は不兌換ですから、国債を金に換えずに債権者が納得してくれるはずはありません。

あほなことを考える似非学者?というか、コマーシャルタレントですね。

2年前 No.57

神様 ★ifi29bygzc_yoD

国債の債務者は日本国

  でわなくて

国債の債務者は日本政府、これが正確な言い方だな。

   日本国=日本政府+日本国民

      日本政府が日本国民からお金を借りてる、  っつ状況



>日銀券は不兌換ですから、国債を金に換えずに債権者が納得してくれるはずはありません。

不兌換券でなくても、日本国民は信用してるし、国際的にも信用されてる円、つまり金キンに替えなくても債権者は納得している、これが管理通貨制

2年前 No.58

神様 ★ifi29bygzc_yoD

訂正

   × → 不兌換券でなくても、日本国民は信用してるし

   ○ → 兌換券でなくても、・・・・・・

2年前 No.59

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

神様さん

>国債の債務者は日本政府、これが正確な言い方だな。

   日本国=日本政府+日本国民

これは間違いです。

何故なら、日本国民も日本国政府と共に債務者とするならば、私がたいまいをはたいて国債を取得すると

混同となります。【民法第520条】

混同は債権消滅原因ですから、国債は消滅してしまいます。

2年前 No.60

雷おやじ ★tHEblPK9pG_REA

私の知る人で、夫婦で50万近い年金「薩摩守忠度(ただのり)」(タダ乗り)
を受けとる奴がいる。官と民の間を特別待遇でうまくわたり歩いた奴。
もう棺桶に片足を突っ込んでおるが口だけは達者で、毎日遊びくらしている・(爆笑)

もう貯蓄も充分あるのだから、年金イラン貯蓄崩しても十分やっていける。
そりゃ本人が過去にはらいこんだのだから、5年や6年の受けとりは仕様がないよ。
でもこれからも?・・アイツめ! はらいこんでくるから遠慮することねいと笑う。

まず遊ぶ老人の課税なり徴収なり年金停止なり独裁者があらわれこのアラワサかければ
いくらか日本の財政もよくなると思うがなあ〜・・うん、いい意見だと思う・・そうヒトラーみたいな奴。
国外にパナマに逃げるなら勝手に出てうせろ!と

どうせ働かんコクゾウムシ・・行ってくれたほうがせいせいするわ。
「働かざる者、喰うべからず」だ。
もちろん私はユダヤ人になり真っ先に逃げるよ・(爆笑)。

2年前 No.61

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

雷親父さん

>遊ぶ老人の課税なり徴収なり年金停止なり独裁者があらわれこのアラワサかければ
いくらか日本の財政もよくなると思うがなあ〜・・うん、いい意見だと思う

必然でしょうね。

年金は、労働者が社会主義運動に流れるのを防ぐため、社会政策立法(ドイツ語版)。

ビスマルクの社会主義者を弾圧しつつ社会政策を行う統治手法は「飴と鞭」と呼ばれた[384]。

現在どこの先進国にもある強制加入の社会保険制度はビスマルクのドイツにおいて初めて創出された。

現在でも社会保障の中心は社会保険であるから、ビスマルクは「社会保障の創始者」といって過言ではない[385]。


既に、社会主義運動に流れる労働者なんておらず、遊ぶ老人に財形貯蓄のための年金は不要でしょう。

2年前 No.62

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

過大な年金給付を国家制度として維持しようとすれば、負担が大きくなり、国家制度として維持できなくなります。

年金給付時期を遅らせる、年金額を減少させる、年金制度の民営化で強制加入の廃止。

既に、株式市場に年金資金を50%も投入して、民間保険会社のような運営をしていますから早晩全面的な民営化になるでしょう。

2年前 No.63

雷おやじ ★tHEblPK9pG_REA

本当にこの年金が無ければ老夫婦生活していけないのか?
年金ゼロでも、貯蓄をとり崩せばまだ30年は悠々・悠然たる趣味生活おくる老夫婦生活者なのか?

これを国税務署「都道府県」「市町村」さらに銀行・証券会社の金融機関・必要ならば興信所・探偵社も
使い、この年金取得者を峻別する。随分、節約できると思うよ・・。

選挙がこわくてできない。また憲法上の基本的人権(個人の秘密)や差別(裕福者イジメ)につながり
とれも難しい・・モチロン私も大反対妨害行動に出るは当然(爆笑)。

でも私、独裁者だ出れば可能、とても健全な考えだと思うよ(あくまで妄想、ホンネではないが 笑)
ただの雑談ととらえたし。

2年前 No.64

神様 ★ifi29bygzc_yoD

真水3兆円とか、神様、耳を疑ったよ。

日本を20年も低成長下に置いて、他国からどんどん追い抜かれた、その責任は、売国的ケチンボ財務省にある。

真水20兆円、3年間継続、それでもインフレにならなければ、さらに増額しろ。

使い道としては、第一に国防費だ、先進国の平均値、GDP比2.3%に近づける、ないしは上回るようにする。

これで景気が良くなり税収も増えるはず。

2年前 No.65

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

政府が経済対策を発表すると、「事業規模10兆円」という風にその対策全体の大きさが示される。

しかし、その金額が全部経済成長率の押し上げに直接効果があるとは限らない。「GDP(付加価値)を直接増やす効果のある対策」を測る概念のことを「真水」と呼ぶ。

「真水」に厳密な定義はない。「真水」の代表的なものは公共事業費のうち、用地取得費(事業費の15%程度)を除いた部分である(用地取得は土地の移転が起こるだけで付加価値の増加にならないので、含めないことになっている)。災害復旧費や減税は、「真水」に含められると考えられている。

反対に「真水」に含まれないものとして、住宅公庫など政府系金融機関の融資枠拡大や株式買い上げの費用などが挙げられる。

「真水」に含まれない対策であっても、時宜を得たものであれば景気刺激効果がないわけではない。

また減税のように「真水」に含めることができるものでも、すべて貯蓄に回ってしまえば景気刺激効果は期待できない。「真水」という言葉に過度にとらわれず、景気対策として適切かどうか、

ひとつひとつ評価していく姿勢が必要である。

以上野村證券解説からの引用



国防費をいくら増やしても、用地取得費と同じで、GDPは増えないのでは?

どうせ使わないのですから?

ドンパチをやれば、莫大な消費。

2年前 No.66

雷おやじ ★tHEblPK9pG_REA

>>65

真水20兆円、3年間継続、それでもインフレにならなければ、さらに増額しろ。
-------
これこそが耳を疑う異常異様のセリフなり、

「真水3兆円とか、」
これさえも信用していない。実は小生心配してる。
アベノミクス・・どうもうまくいかんから、彼、幼児性たるヤケクソとの無責任男に転じたか?
と、

神の国だろうが、絶対に国を無謀運転にさせちゃーいけん。
国家の貸借対照・バランスシートは健全にゆるやかに、そんな東海の扶桑九夷国と云えども
ちいーさな小国よ、無茶すればすぐに壊れると思え。

2年前 No.67

雷おやじ ★tHEblPK9pG_REA

九夷

「子欲居九夷。或曰陋如之何。子曰。君子居之。何陋之有。 」

孔子が道義の廃れた国を厭うて九夷に住みたいと言った。
ある人が、九夷は陋だがどうでしょうかと言うと、
孔子は、君子が居る国なのだから、君子に対して従順な民を陋として問題視することはできないと応えた。

2年前 No.68

神様 ★ifi29bygzc_yoD

>・・・・・ちいーさな小国よ・・・・・

とんでもなぃ わが国は、昔から 大国なのだよ。

  信長の時代で、司馬遼太郎によれば 50万の動員兵力があったというし、当時、鉄砲の保有は世界一

  世界の鉄砲の半分以上は日本にあったらしい。しかも日本製は制度が良かった。

  中国はみかけが広いから大国みたいに言うが ま、確かに清や明の最盛期は世界の大国だが、あと残る大国はどこだ、日本しかないではないか。

日本は、世界の大国である。 それだけの責任も持たねばならぬ

2年前 No.69

神様 ★ifi29bygzc_yoD

いま 世界最大の金貸し国は わが日本なのだよ

技術力もそうだが、なにより国民の民度 つか、まとまり つかな 世界一よ。

戦争に負けて 気持ちが小さくなっておるが、実態は 押しも押されぬ大旦那。

大国として、相応の自覚をもたにゃいかません。

2年前 No.70

雷おやじ ★BvLmYv7izS_REA

>>69

信長の時代で、司馬遼太郎によれば 50万の動員兵力があったというし、当時、鉄砲の保有は世界一
世界の鉄砲の半分以上は日本にあったらしい。しかも日本製は制度が良かった。
-------
司馬先生は愛国・憂国のときどき極論を出されるからなあ〜
そんな世界一の軍事大国の日本が、文禄の役では防海禦倭総兵官として
朝鮮への援軍を率いた李如松4万が平城にせまるや、小西軍1500人は、
それこそ算を乱しての開城への壊走状態、

そんな世界の鉄砲の半分以上が日本製、そして日本銃制度が抜群によかった。
ならば平城とゆう大要塞を背後に、3000丁の銃で「長篠合戦」やれば、いいものを
小西行長は最初はそのつもりだった。

ところが明軍は、火ワナ銃ならぬ、大砲を出してきた。仏狼機砲、大将軍砲、霹靂砲など
大量の火器の攻撃によって平壌城の外郭壁の総破壊、 外城はおちた。
小西軍は・・「こりゃもうたまらん全滅じゃ!」内城を捨てて一目散に南に逃げた。

幸いにも、追撃の明軍は火器をおきざりとして、騎兵戦で碧蹄館の戦いしたために
戦国乱世のプロ集団の日本軍は勝った。碧蹄館の攻城戦やっていたら、日本軍は爆殺
壊滅していたかもしれない。

でも明軍の実力知った、石田・小西らの奉行や黒田・小早川の軍監らはもう明との和平
しか考えなかった。たった李如松4万が出てくるだけでもう講話交渉
なにが太閤の「唐・天竺」入りだ、もう平城で疲労困憊の青息吐息よ。

日本人はこうゆう己を知らん誇大妄想なとこがある。
神様もまさにその1人である。なにが大国だ・・日本はそこそこの国だけでいいの。

2年前 No.71

雷おやじ ★BvLmYv7izS_REA

朝鮮への援軍を率いた李如松4万が平城にせまるや、小西軍1500人は、
それこそ算を乱しての開城への壊走状態、

そんな世界の鉄砲の半分以上が日本製、そして日本銃制度が抜群によかった。
-------
あやまり、
小西軍15000人(第1軍)は、
それこそ算を乱しての開城への壊走状態、

そして日本銃の性能度が抜群によかった。
 (以上)

2年前 No.72

神様 ★ifi29bygzc_yoD

馬鹿おやじわ 兵站ってことを まるっきり考えないのだね、あんぽんたん。

李舜臣の海軍で 兵站線をやられたのだ。

それにしてもだね、20万ぐらいか、を大陸に送るってだけでも こりゃ大変なもんだぜ、

朝鮮征伐は、当時の世界で 最大の戦争だ。 たへいんなものよ。

ま、実力でいぇば 支那朝鮮の軍隊なんて屁のようなもん。 戦国の世で鍛えられた日本軍、優秀な鉄砲。

どれをとっても世界最強だ。  スペイン帝国、フェリペ君なんか眼じゃない。

海軍がチトなにでわあったが

2年前 No.73

雷おやじ ★BvLmYv7izS_REA

>>73

馬鹿おやじわ 兵站ってことを まるっきり考えないのだね、あんぽんたん。
李舜臣の海軍で 兵站線をやられたのだ。
---------
兵站がなってないのが実力カラだと云うとるの。
李如松4万は北京城から出でて、碧蹄館まで悠々と来る。

仏狼機砲、大将軍砲、霹靂砲など大量の火器の弾薬らも。見事に兵站ってことを
考えるてるの・・。
この勝負を云っている。まあ石田三成の責任かな?。

2年前 No.74

神様 ★ifi29bygzc_yoD

日本は山国だからね 大砲なんか あんな重いもん あんまし興味なかったのだろうね
当時の大砲ってのは おっきい音でもって びっくりさせるぐらいだな、射程距離も短い。
夏の陣か冬の陣か、淀君とか、女子供をびっくりさせるぐらいのもん。
鉛の玉かなんか知らんが、ドスンと落ちてゴロゴロ転がるぐらいのもん。

まぁ 西洋なんかでは 石造りの城壁を打ち壊すとか 攻城兵器としてなにであろうが、
日本の城では どんだけの効果があるのか。

秀吉の頃になると、戦争はもはや土木工事みたいなもんだったらしい。なんか第一次大戦で塹壕戦になったみたぃな。


 大砲が真に効果を持ってくるのはアームストロング砲ぐらいからじゃないのかな。
射程も小銃のそれより長くなる。
 あ、船の場合は、それ以前のものでも 効果は大きいな、
天草の乱で異国船に砲撃を依頼したらしいが はたしてどんだけの戦果があったのか。


ま、いづれにしても 当時の世界で、最強の陸軍は日本だったと わしゃもってるよ。

2年前 No.75

雷おやじ ★BvLmYv7izS_REA

>>75
ま、いづれにしても 当時の世界で、最強の陸軍は日本だったと わしゃもってるよ。
------
ええ年こいた爺さんが少年のような熱国愛をほんまに、恥かしくあたりみわたし
ドギマギするわ。
なにが当時の世界で、最強の陸軍だ?・あれは文録の役のインパール作戦なのよ。

この歴史の検証反省がなされないから 「トッテケテト!」の勇ましい話ばかりが、
上いくから、昭和になってビルマ作戦でまた同じ間違い犯すのよ。

「何がジンギスカン作戦だ!」モンゴルはきちんと兵站考慮しての戦略よ、だから
世界的大事業が完成するの・・モンゴル進撃中は道路つくりも必死なの。
本国モンゴルからの補給物資のためよ・・。

私、韓流歴史 ドラマの「王の女」を観た。この文録の役の朝鮮王宣祖の北方の
明との国境北端の平安道・義州へと逃亡劇だか、日本の書ではあわてふためいての
逃亡劇になっているが、一つ見方を変えれば、見事なる撤退作戦である。

撤退にさいして漢城府(ソウル)開城・平山、瑞興、鳳山、黄州 中和そして平城
食糧と云う食糧は1粒たりとも残さなかった。町はそのまま残した。
明軍の援軍あれば、奪還できる自信があったのであろう。

各村人には食糧をもち山にのぼること、この山に日本軍が食糧を求めに
きたら矢で日本兵の鼻・口を狙えの宣祖のおふれまで出している。
どうせ韓流歴史 ドラマだ百%の創作と思うたが、小西第1軍の平城
よりに壊走ぶり見るにつれ、韓流歴史 ドラマの「王の女」これ史実
に基づいてえがかれている。

小西行長・・日本軍食糧備蓄あったとの、黄州まで、心の中は
「メシだ飯だ、ごはん粒だ!」と叫びながら走ったであろう。

何が
「●当時の世界で、最強の陸軍は日本だった」
こんなテイタラクで・・相手の明軍は高句麗征伐や百済征伐や
白村江での経験だ。山東半島より遼東半島に軍需品の海路輸送
鴨緑江の丹東あたりで陸路従軍してきた李如松にこの物資わたす。

戦争を知ってるの、これが海外戦争よありゃ日本ウンがよかった
明は本気で戦う気なら水師の大艦隊をプザンに送る。
朝鮮の「亀甲船」でも歯が立たないに、中国のジャンク戦には
ボロ負けよ、・慶長の役の参加日本兵、何人日本に帰れた・
飢死によ、飢死よ。凄惨たる光景が思いうかぶ。

それとも神様やおまい、あのインパール作戦の猪突猛進が
日本軍の真実の実力と思うかや?
まったく馬鹿馬鹿しい。

2年前 No.76

神様 ★ifi29bygzc_yoD

馬鹿おやじ

2年前 No.77

雷おやじ ★BvLmYv7izS_REA

太閤三国処置太早計』
天正20年(1592年)5月18日付の関白豊臣秀次宛の朱印状で

明国を征服したら秀次を大唐関白の職に任ずる、大唐都(北京)に遷都して明後年(2年後)には後陽成天皇
がその地に行幸できるようにするとか、天皇に北京周辺の10カ国を進呈して(同行する)諸公家衆にも知行を
与えること、天皇が北京に移った後の日本の天皇としては若宮(良仁親王)か八条宮(弟の智仁親王)の
いずれでも良いから即位してもらう。
-----------
たかが..漢城府(ソウル)落とした程度で、このノー天気な阿呆な有り様。
推して知るべし・・インパール作戦に知る。
遼東半島に直接海路陸揚げ、兵は100万でも不可能だろ。

常陸以西、四国、九州、日本海の海沿い諸国大名に号令を発して、10万石に付き大船2艘を準備するように命じ、
港町は家百軒につき10人の水主(かこ)を出すこと、自分の蔵入地(筑前・摂津・河内・和泉に集中)には10万石に
付き大船3艘、中船5艘を造ること、

こんなにわかづくりのボロガタ船で、明の水師に勝手る筈なし・・・と云う計算もなり立たない。
その結果は明の水師どころか朝鮮の亀甲船にも歯が立たず。対馬海峡の制海権すらあやふや。

何が当時の世界の軍事大国だ!・・鉄砲の数は、動員兵力は?
日本は東海のそこそこの盛国でいいの、だから外より征服されんかった
それを侵略側にいくとは何事だ。
どうも最近の安倍さんにこの心配あるわ。

2年前 No.78

神様 ★ifi29bygzc_yoD

屁コキ爺ぃ:

   支那兵や朝鮮兵ってのは、昔も今も弱小兵だ。

   先の大戦でも、えっと、将軍をまかせるなら英国人、現場の指揮官には米人、現場の戦闘には日本兵、だったかな、日本兵の精強さは世界に認められたもんだ。

   「後生の傲慢」ってゆう文句がある。あとから生まれた者は、過去を振り返って、当時を生きた連中を馬鹿や阿保みたく言える、なぜあんな馬鹿をやったのか

   なんてね。がしかし 当時を生きた者にとっては、先は暗闇、一数先は闇よ。  後世の者が過去をボロクソ言うのは よほどに注意せんといかんってことだな。


  林千勝「日米開戦、陸軍の勝算」ってゆう新書をながめてるけどね。じつに合理的に戦略をねっておるのだね こりが。
  それをぶち壊したのが山本五十六だって。

2年前 No.79

リベラル哲学者寺岡国慶 ★8aOJjPmwDq_M0e

財政再建で成功した国ドイツを参考に10年間の緊縮財政しか財政再建の方法はありません。

2年前 No.80

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

人事院の給与勧告は、労働基本権制約の代償措置として、職員に対し、社会一般の情勢に適応した適正な給与を確保する機能を有するものであり、

国家公務員の給与水準を民間企業従業員の給与水準と均衡させること(民間準拠)を基本に勧告を行っています。

 人事院は、国家公務員の給与等勤務条件の決定について、法定すべき基本的事項は国会及び内閣に対する勧告により、

具体的基準は法律の委任に基づく人事院規則の制定・改廃により、その責務を適切に果たすよう努めています。


冷戦が終了した現在、公務員の労働基本権を制約したうえで、人事院という隠れ蓑で代償措置をする必要があるのかしら??

労働基本権の制約を辞めたらどうでしょう。

日本の国家公務員の勧告は「引き上げ勧告は3年連続。年収は平均5万1000円増える。」だそうです。

2年前 No.81

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_91p

人事院勧告は、一部の国家公務員への勧告でしかありませんが、

都合のいいように一般化され地方公務員にも拡大され地方財政を圧迫。

地方では、市役所は優良企業??

2年前 No.82

リベラル哲学者寺岡国慶 ★8aOJjPmwDq_M0e

いずれにせよいつかは日本もドイツの様に緊縮財政を敷いて10年間こくみんが我慢するでしょう
今のつけを将来に回しているのです。

2年前 No.83

匿明 @tokumei10 ★0X946GhhxV_xY1

近代国家において、ピケティは経済成長とそれに伴うインフレによって債務は返済されてきたと言っています。
税収に対する債務があまりにも多額であることからもインフレによって債務を縮小することが必要だと考えることができます。

1年前 No.84

みたのしきま ★m97F1uOB6i_Qc5

デフレ脱却を掲げるアベノミクスの三本の矢画「未だ道半ば」

デフレでは、実質的に債務は拡大化するのでは?

復古主義の安倍内閣が倒れて、早く近代国家になり、インフレになるといいですね。

1年前 No.85
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる