Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(41) >>

勝手に嫌ってろよ。

 ( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )
- アクセス(623) - いいね!(8)

心中 ★TgYm2pPsHr_NLk




勝手に嫌ってろよ---------


別に誰から嫌いって言われようが何とも思わねえ。



お前が嫌い。



………で?

あんたの好き嫌いの趣味なんて関係ねぇ。



俺は俺のままでいるだけ-------

5年前 No.0
ページ: 1


 
 

心中 ★TgYm2pPsHr_NLk

人々は叫ぶ。


ああ、あいつは悪魔だ。



あいつは、悪魔以外考えられない。


悪魔なんて出て行け。


悪魔なんて死んでしまえ。



悪魔はただ1人、丘の上。


赤い屋根の家で食事をとる。



人々の叫びなど聴く気はない。




勝手に言ってろ。


俺は人間だ。



悪魔じゃねぇ。



勝手に言ってろ。



俺は俺のまま生きて行く。

5年前 No.1

ラジカル ★ogf9Adlsdk_KMC







( 初投稿です、 )






「あんたが嫌い。」



垂直にあたしは君に言われた。
不意に涙が零れた。
どうしてだろう?


悲しくない。
だけど、虚しい。



あぁ、そうか。
本当の所、あたしは君が好きじゃなかったんだって。
だからね、嫌うならどうぞ御勝手に。

でもね、
心から淋しいと思えないのが、虚しくて寂しいのかな。

5年前 No.2

罪花 ★bNYfzRH7rX_jhB


「あんたの性格嫌いなのよ。」



・・・で?



いや、なんであんたの好みに合わせて性格を作り上げなきゃいけないんですかw


私は私。


あなたはあなた。


別にどんな性格してたっていいでしょう?



御免なのよ。


人の目を気にして生きるのは。


てかあんたに好かれたくもない。



嫌いならばどうぞご勝手に嫌ってください。


私には何も関係ありませんから。

5年前 No.3

太陽 ★ELii9ySs5E_XaU

嫌うなら嫌え

私だってあんたが大嫌いだ

別に嫌われたってどうも思わない

寂しくもない

「ああそうですか」

それだけ








それだけしか言えない私が一種の負け犬であることに、私は薄々勘付いていた

5年前 No.4

心中 ★bNYfzRH7rX_jhB

【罪花です。】

あるとき不意についた能力。すれ違う人の心が読める、便利でいらない能力だ。


「腹減ったなぁ。」

「あー今から委員会とかだるいな・・・。」

「さなえちゃぁぁぁん!まじ神だぁぁぁっ!」



不必要すぎてたまらない。


そんなことを思ってる時、クラスメートの軍団とすれちがった。


「こいつみんなから嫌われてんだよな。」

「親友からも嫌われてることに気づいてねぇとかw」

「キモ。」





――こんな能力、いらねぇな。



気づいてないわけじゃねぇ。



嫌われてることなんか。


気づいてないわけじゃねぇんだ。



親友からも嫌われてることなんか。




ただ俺は流すだけ。


お前らがきらってようが関係ねぇ。


俺が関わりたいから関わってるだけなんだよ―――








5年前 No.5

未来 ★pgNRnMRUE6_KMC

「嫌いなんだ」

勝手にほざいてなさいよ。

あんたが私の事嫌いだとか知ったこっちゃないの

周囲の奴ら味方につけて満足か?

そんな事で自己満足しかできないなんて

バッカみたい。

覚えてろ。

たとえいじめられて私が死んだとしても

あの世へ逝けない哀れな怨霊となって

あんたを呪ってやる。

死んでも死なないで恨みを晴らしてやる。

今はまだ、

あんたの思い通りの

操り人形になってあげる。

5年前 No.6

罪花@凛月 ★ESF1kUQxMh_jhB

「俺さ、お前のこと嫌いなんだよね。」


「うん、知ってた。」


「そっか。」





「私、あんたのこと好きになれない。」


「うん、知ってる。」


「そう、」




「お前なんか嫌いだ。」


「うん、知ってる。」


「そーか。」




知ってる、知ってるさ。俺が嫌われてることなんて。


だが、お前に嫌われたからって何になる?なんにもなんねぇだろ。



だから俺は今日も答える。


「うん、知ってるよ。」

5年前 No.7

心中 ★ESF1kUQxMh_jhB




嫌い、


その汚い一言が口からこぼれた。


こぼれた瞬間、何かが音を立てて壊れた気がした。



「何か」がなんなのかは分からないけれど、イナズマで引き裂かれたように、ハンマーで殴られ砕け散ったように



たやすく壊れてしまった気がした。


「別にお前に嫌われようがなんの支障もでねぇよ。」


君はそう呟き、ゆがんだ笑みを見せた。




僕はただ黙るしかなかった。





5年前 No.8

鬼火 ★cHgDK8SREc_KMC

知ってるよ
知ってるよ
あんたの全部
知ってるよ
皆も知ってるよ
例えばねあんたの交換日記
「○○君なんて死んじゃえ」って書いたよね?
交換相手が皆にね
日記の内容全部教えてくれたよ
例えばねあんたが言った言葉
「この学校レベル低いよね」
聴いた人全員がふれまわって
いまや学校中が知ってるよ
例えばねあんたのブログ
何をかいたか何を言ったか
皆が皆に教えてる
授業中に回してた秘密のメモも
休み時間に皆に公開
だから今では皆が情報提供者であり依頼者
あんたのプライベートは筒抜け
あんたが何を言ったか一言一句皆が覚えてる

あんたが転校するって言ったとき
皆が皆
喜んだ

「やっと平和が訪れる」
人間って怖いねぇ?

5年前 No.9

★Android=ZGM9WSFSul


嫌いだからどうしたって背中向けて答えた

嫌い嫌いおまえ嫌い
嫌いおまえ嫌い嫌い
おまえ嫌いおまえ嫌い
嫌いおまえ嫌い嫌い

嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ
だからどうしたって
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だだけどどうしたって
知って妬みうらみつらみ
無視したって受け止めたって

嫌い嫌いおまえ嫌い
口がそう動いてんだって

目ぇ見て
話せなくなって
いつもアホみたいに笑って
それでも頭の上から
途切れずに降ってくるのを
堪えきれずに後ろむいて
今日も

嫌いだからどうしたって背中向けて答えた


5年前 No.10

nami666☆AyT.PM4ZxVI ★3DS=dBm5erXZvj

嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い

さて、お次は誰でしょう。
嫌いですかーそうですかー

嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い

私はそれを受け流す
意地悪な私は
人の話を聞かない。

嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い

今日もまた
人の心の汚れを
受け流す


【お初にお目にかかります。】

5年前 No.11

★PSP=WzlkYplLAm

時の流れがますます卑屈にしていく

他人も見えず 見たくもない

嫌いなものに 占拠されていく

すべては失敗の中から 失敗を取り出すように

いつしか 目の前の事からも 妄想と虚栄心で彩り始まった

似合いもしない人に話しかけて 道化になるつもりかい?

嫌われて 苦手になって 一人になって

最初から人と関わらなければ良かったと後悔?

嫌いになることが 唯一の真実で強さだった

5年前 No.12

★PSP=WzlkYplLAm

クズのやることは いつだって一攫千金

嫌いなことならなおさらだ

何がしたかったかって?

妄想に他人を巻き込みたかっただけさ

嫌われたって 関係ない

いつも誰かの哀れみがつきまとう

まともじゃない

5年前 No.13

黒月 籠女 ★cHgDK8SREc_nXr

あいつが夢に出てきた
吐き気がした
あいつを覚えている脳を消したくなった
友人達が言った
「あいつと知り合った事が間違いだった」
「あいつが存在しなければよかった」
「あいつはいつまで俺たちの記憶にいるんだ?」
「この憎しみが消えるまでさ」
「消えるわけないじゃないか」
そして私は言った
「だったらすべてをリセットしようよ」

次の日あいつの顔をみんなが忘れた

二日目にはあいつがいた事を忘れた

三日目にあいつのすべてを忘れた




あいつって誰だっけ

5年前 No.14

心中 ★ESF1kUQxMh_jhB




私の後ろにいる誰かが、何かを囁いた。


前に居る人もささやきだした。


右隣も、左隣も囁きだした。



やがて、周りに居た人は消えていった。



私だけが取り残された。



でも、頭の中でみんなの声が響いていたんだ。





「お前が嫌いだ。」

5年前 No.15

罪花 ★ESF1kUQxMh_C42





「まだかなぁ。」


「退屈だなぁ。」

「早く帰ってこないかなぁ。」




誰もいない部屋でつぶやく。つけっぱなしのテレビが午後3時を告げた。





「お腹がすいたなぁ」



「眠いなぁ。」


「面白いなぁ。」




一人しかいない教室でつぶやく。もちろん誰からも返事は来ない。





「痛いなぁ。」


「死にたいなぁ。」




一人しかいない屋上でつぶやく。風が吹く音に、言の葉はかき消された。




「生きていたいなぁ。」



もう一度屋上の柵の上で呟く。一歩先へ進めば、真っ暗になる。



「生きて・・・痛いなぁ。」



屋上の地べたの上でつぶやく。





結局私は、


「何がしたいんだろう。」




もちろん返事は帰ってこない。



4年前 No.16

麻貴 ★sjgxRFZ154_MfX


"嫌い。嫌い。嫌い。"

悪口を言うやつなんかに好かれたくない



悪口なんか勝手に言ってればいい

後で分かるよ



自分は人の気持ちが分からない人間だということを




「嫌いだ」

知ってる?

その言葉が後で自分に帰ってくることを



4年前 No.17

罪花 ★ESF1kUQxMh_C42



「君の味方だ」



味方って何?

君って誰?



何故、私はあんな言葉に揺るがされたのか。


否、舞い上がってしまったのか。


もう、


消えてしまいたい。


存在理由が分からない。



「存在理由なんて、今知らなくてもいいんだよ。」


存在理由が分からないと、自分がなんなのか分からないの。


存在理由が欲しいの。




「もう嫌われたって構わない。」

「私は気にしない。」

「私には何の影響もない。」



そう思えたら、どんなに楽だろう。

4年前 No.18

ネロ @rusifar3 ★DSi=ID05PQmvgJ

嫌い嫌い嫌い!

お前も嫌い!

あいつも嫌い!

こいつも嫌い!

みんな、みんな大嫌い!

嫌い嫌い嫌い!

でもそう言ってる自分が一番嫌い。

4年前 No.19

罪花 ★ESF1kUQxMh_C42




「さて、これからどうしようか。」



目の前に広がるは二手に分かれる道。


何もかもを捨ててやってきた今、どちらに進もうか迷ってしまった。



でも、本当は分かっている。


どちらに進んでもいいことはないということ。


今来た道を戻るのが一番いいということ。



しかし、今来た道はもう砕けて消えてしまった。




「・・・これから、どうしよう。」



ここから動けるようになるのは、いつやってくるのか。



今来た道がまた復元されるのを待つしかない今、僕は一人ぼっちである。

4年前 No.20

心中 @petenn ★ESF1kUQxMh_C42




「私は私が嫌いです。」


過去の私は一人でつぶやいていた。


過去のかわいそうな私は、「私は私が嫌いです。」としか思えなかった。


「みんなも私が嫌いです。」


過去のかわいそうな私は、「みんなも私が嫌いです。」としか思えませんでした。



「世界は、私が嫌いです。」


過去のかわいそうな私は。


可愛そうなかわいそうなかわいそうなかわいそうなかわいそうな





可哀そうな私は。




周りの愛に気づけず―――気付いていないふりをして、




本当の嫌われ者になりました。

4年前 No.21

心中 ★E19lQt01lR_C42



「勝手に嫌っていればいいじゃない。」



どうせいつかは皆とは関わらなくなるんだもの。


私の嫌いなら仲良くしなくてもいいよ?別に。関係ないし、必要としてないし。


私、べつに好かれるために生きているんじゃないの。


皆から好かれたいから存在しているんじゃないの。



私自身がそうしたいから、ここに在るの。







未熟者な私は、「嫌いなら嫌えばいい」という幼稚な考えで無限ループのような残りの人生を歩んでいく。

4年前 No.22

★Android=ZGM9WSFSul

嫌いって結構簡単だし
みんなよく使うし
日常会話に染み付いている

いつも
あいつ嫌い
って一言に言い返したかった
勝手にすればって言いたかった
いつも女の子の顔は歪んでいた
それがアクマに見えたから
言いたくなった口をすぼめて
いつもうんうんと頷いた

あたしは嫌いって言葉
大嫌いなのに
そんなことないのに
言いたくなった口をすぼめて
またもうんうんと頷いた

うんうんと頷いた

うんうんと頷いた

うんうん と 頷いた


4年前 No.23

心中 ★2g9dIVB1zo_C42




あなたがきらいです。





10文字言の葉をあなたが並べた。


そんなあなたの顔は美しかった。



だれかがだれかを嫌うとき、目をきゅっとしぼって、口はまがり、息はか細くなる。



世にいう醜い顔、というのが私のツボだ。


醜い顔ほど美しく見える。



何故か?



しらないよ、私はなぜか醜い顔が嫌いなんだよ。



10文字の言の葉をあなたが並べた。



その時は私もあなたと同じ、美しい顔をしよう。


そしてこう言うのだ。








それはなによりです







4年前 No.24

心中 ★2g9dIVB1zo_C42





たとえば25人いる友達の中で、24人が私を嫌っているとし、あとの1人は私のことを好いてくれているとすれば、



私はその1人をどう思うのだろうか。




大切に出来るだろうか。


でも、もしその1人も私のことを嫌いになったら、私はその1人を、ちゃんと嫌えるだろうか。



君は言った。


嫌いになる必要はない、と。






4年前 No.25

悠月 ★78aEaBgYoM_BaX

 「嫌い。」


 「あぁそう、だからなに?」


別に貴方に嫌われてもどうでもいい。
嫌いだろうが好きだろうが、どうでもいい。
興味なんて、ない。

他人の価値観なんて所詮どうでもいい事。







なんて。






ただの強がり、知ってます。

4年前 No.26

心中 ★F4BqqdubhU_C42



「だから君嫌いなんです」と鏡に向かって僕は言った。


鏡の中の僕は、「俺だってお前が嫌いだ」と言った。



君に殴りかかろうとすると、君は目を閉じた。



どうして?君は僕なんだから、僕を殴るはずなのに。



殴ろうとする手を止めると、君は目を開けて笑った。

そして、こう言ったんだ。



「俺はお前なんかと違う。」



ぼくはその意味が解らなかった。

4年前 No.27

心中 ★F4BqqdubhU_C42



私はどうしてもピーマンが嫌いでした。


あなたはどうしても人参が嫌いでした。



私はどうしてもあなたが嫌いです。


あなたも私のことが嫌いです。



まあ、それはそれでいいじゃないですか。



私はピーマンを、あなたは人参を食べられるようになったのですから。



まあ、それはそれでいいじゃないですか。



嫌いなら嫌いなままで。

4年前 No.28

心中 @tukito ★F4BqqdubhU_C42



「つまり、私は君のことが嫌いなんだ。」



彼女は椅子に座り、空を見上げる。


僕はただ何も言わず、ぼぅ、と立っているだけ。



別に僕は彼女のことが好きなわけでもない。


だけど嫌いでもない。



彼女は僕のことが嫌いと言った。特に傷つくわけでもないけど、微妙に心に突き刺さる。



「……そっ、か。」



僕も椅子に座った。でも空は見ない。君と同じ景色を、見れる気がしない。



だって、今の僕は、



よく分からない感情がぐるぐるとまわっている、


君が嫌いな僕だから。










……なんか作っている途中で意味わからなくなった。

4年前 No.29

心中 @tukito ★4b7OpxJLkE_C42




嫌い嫌い嫌い。


目の前にある白い紙一面に、書きなれた2文字を並べた。


そしてくしゃくしゃに丸め、ゴミ箱に投げた。


しかしくしゃくしゃの紙はゴミ箱に入るわけでもなく、壁に当たってはぽとりと落ちた。



ああ、めんどくさいと思いながら拾おうとすれば、先に手が伸びてきて、見慣れた彼女が紙を拾った。



そして彼女は紙を広げ、ぐちゃぐちゃに並べられた文字をじっと見つめ、




ビリビリと破り捨てた。



そしてにっこりと笑うと、静かにその場を去って行った。

4年前 No.30

心中 @tukito ★qoiRffN0Ts_C42



あーあ、汚い


その顔も心も発言も


全部全部汚い


醜い



そのぐにゃりとした汚い笑みはどうしたらできるの?なんて聞いたってなんのタメにもならないから、



私も彼女をまねてみる。


「勝手に嫌ってろバァカ。」






4年前 No.31

★Android=Fvisn9cBTF


嫌いだよ君なんか。
君が言った「平等に愛してる」って
その言葉が、沢山の人を傷付けているんだよ?
まぁ、その矢先は当然君に向く訳なんだが…

勿論、僕だって…ね?

さぁ、次の被害者は誰かな?


4年前 No.32

心中 @tukito ★HyDhWIcHHX_C42



あー、嫌だ嫌だ。

そんな自分かわいそうな子なんて演技しちゃって。


悲劇のヒロインぶっちゃって。



お前よりも不幸な奴なんてたくさんいるっつーの。



何泣きそうな顔してんのよ。


泣けばいいってもんじゃないでしょ。あんたのそういうとこが嫌い。



ほんと、


要らないから。

4年前 No.33

心中 @tukito ★dseJsxJTvQ_C42



この人きらーい。


あの人もきらーい。



みーんなきらい。



手で銃を作り、嫌いな人にぱーんと撃ちました。


もちろん、手だから何も出ないけど。


でも次の日、その人たちはみんな消えてしまいました。



昨日は僕の能力が開花した



記念すべき日になりました。

4年前 No.34

★frwiP2QczS_ukB


「逢いたい」「逢いたくない」嘘、本当。
私の心わかるかしら、大好きな貴方に。

気づいて欲しいな貴方に。
逢いたいな貴方に。

大好き。



【今、私でれ期というものに入っているみたい。】


4年前 No.35

★uos3ktsOb4_yuX

「嫌いだから」

勝手に思ってれば?って思っても

無性に泣きたくなるのはなんでだろう

嫌われたくないから?

その人のことが好きだったから?

いや、たぶん

僕が君を嫌っていたことに

君が気づいていなかったからだ

4年前 No.36

心中 @tukito ★Android=XJWc9DjK68



大嫌いだ、


誰もいない部屋に自分の声が響く。

自分の本音を言ったつもりだが、どうも気分はよくならなかった。


嫌い、嫌いだと繰り返し言葉を吐き捨てた。


吐き捨てたからといって何かが変わるわけではない。


何も、変わらない。


あれ、


俺は、何が嫌いなんだっけ

3年前 No.37

心中 @tukito ★Android=XJWc9DjK68

ママ、私のこと嫌いになっちゃったんだって。

いもうとが言ってた。パパにきいたら、そんなわけないだろうって。ママがお前を嫌いになるわけがないって。

でもね、パパ。薄々気付いてるんだ。

ママは、私のことが嫌いって。


もしもね、ママが私に向かってあなたなんか嫌いって言ってきたら、

私は満面の笑みでこう答えるよ


「うるせぇ義理女」



って。

ああ、冗談だから、


そんな険しい顔しないで、パパ

3年前 No.38

心中 @tukito ★Android=XJWc9DjK68


例えば私が泣き叫んでも、世界一不幸になったことにはならない。


例えば私が満面の笑みで笑っても、世界一幸せになっているとは限らない。

どんな正義のヒーローも、優しい人も残酷な人も、

世界一であるとは限らない。


もちろん、私がどれだけあなたを嫌っていても、あなたが私をどれだけ嫌っていても、それは世界一の想いではないと思うの。


でも安心して。あなたを嫌っていることに嘘はないから。

3年前 No.39

心中 @tukito ★ib7xfCjR9F_hIJ


「笑えばいいよ。」


顔を俯かせた君が力なくつぶやく。

表情は見えない。


「どうせアンタも私のこと馬鹿にしているんでしょう?ねぇ、笑ってよ。」


そして膝から崩れ落ちる。


泣いて喚いての繰り返し。


ねぇ、それ、君も飽きてきたでしょう?

私はもうとっくに飽きているの。


ちょっとムカつく。


やっぱかなりムカつく。


だから私は君の胸ぐらをつかんで




思いっきり笑ってやった。

2年前 No.40

心中 @tukito ★Android=XJWc9DjK68


どんなにパパが私をぶっても

どんなにパパが私を蹴っても

どんなにパパが消えてくれって願っても



私は消える気なんて更々ないよ

あなたは私の本体であり

私はあなたのかたわれ。


どうか憎むなら、あなたのその甲斐性なしな一本の0.05oに。




ね、パパ?

1年前 No.41
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる