Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(44) >>

夏の綿菓子は安い花がよく似合う

 ( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )
- アクセス(786) - いいね!(9)

柚子華 ★9I9uyG3Thhs_CV



 花は安くていい。

   君が、空が高級であればと


 あの虹の下でこぼしたから。


  その言葉、しかと受け止め僕はスニーカーで飛び出した。



 ヒモはあの日からほどけない。くすんだ蝶々結びだ。

   いつでも僕は走れるよ、体だってまだ若い。



 夏のわたがしの下は、高級な花さえだめにする。

    僕が忘れない限り、あの日のあの日はあの日のままだ。



  逢いたい。単純でいいじゃん。

  それ以外に、この靴、履いてる意味ないよ。



      花は安くていい。

  空が高級であれば。


      でも、主役がいなけりゃ話になんない。



   主役を探して今日も溶けかけのわたがし、よけて走る。

       スニーカーは24,5



  僕の足は、26になっちゃった。





2010/09/07 02:47 No.0
ページ: 1


 
 

柚子華 ★AU=LajNCffCTC


かゆくてかゆくて

夏の目覚め、綺麗な血だらけ

夢で君のうなじ、そんでもって胸板

ガリガリの刑にしたからだ。

かゆくてかゆくて

愛がなんちゃらと人はいうけど

僕にいわせりゃ、可愛い蛆虫。

目ざめりゃ君とおそろいだった

僕はそれがたまんなく嬉しい。


朝6時の微妙な暑さ、寝汗がしみて、これまた歓迎


歯磨きして、ワックスつけて

あのメーカーのジャージで着崩して、

そんで、 そんで。

あ、君に会いに行くわけない。


だって二年前の正夢だもの、君はいない。


2010/09/12 02:59 No.1

柚子華 ★AU=LajNCffCTC


ほら、すーはー、って息するの。


上手にするの。



たばこの味を僕に教えたのは君だった。

吸いかたも、匂いも。


不似合いな屋上で教えてくれた。


雨なんて嫌いだった。
たばこの火なんてすぐ消えた。


君も屋上じゃなくて
僕の苦手な保健室に行っちゃうし。

青が中々出てこない、夏のくせに。


サンダルを空に放りなげた、ら、

君の頭に落ちてきた。


驚いてるひまもない。

雨粒に彩られた

その、なんだ、

君の美しい手の平で僕の頬はちょっと痛い。


カッターシャツも透けて二人、雨嫌いなくせに。


ああ、僕が迎えにきてって

空にいったからか



とか言ったら、くせえよってどつかれる。わかってる。



今週は雨でスタート、

悪しからず。

2010/09/13 00:42 No.2

柊木 憐@garnet ★qghhhqiTxkw_fi

雨でスタートした週は

猛夏(もうか)の合間に

悪しからずや。

だけど渇いた心を満たすには

どんな雨でも足りなくて、

雨に濡れた身体に触れる手が

『誰か』の温もりを伝えても意味がない。




…欲しいのは一つ。

だけど声にしない…

言葉にしない…

ただ、空に届いてと願うだけ。

2010/09/25 18:24 No.3

柚子華 ★9I9uyG3Thhs_CV


按ずるな。

そ、君がいいそうな言葉を
  変わりに僕がここでいうよ。

物語は僕が引き継いだ。

   任せて。君のことも僕だけは

  永久が終わっても覚えてる。


2010/10/03 20:21 No.4

柚子華 ★9I9uyG3Thhs_CV



「ぽっぷ」





    そしてこれは事実だけれど、

   思ったよりもかわいいから、そんな風に育っちゃったから。

 ちょっと厚めの皮をあたしは被るの。

   ずっと君のものでいたいから。痛いかな。

 たとえば、指だって長いし、細い。そんで足もきゅって、ちっちゃい。

   たとえば、ぺたんこパンプス似合うあたし。

    たとえば、言わないけど自慢は右えくぼ。


 言いたいのは君だけ。あたし、

    あたしちゃんとかわいいから、

      君の中にいれるかな











 なんて、屋上たばこで
  どの口がほざいてんじゃってか。


    ほっとけ、てな。


んなこと君の前じゃ恥でいえね。

2010/10/04 01:00 No.5

柚子華 ★AU=HCyM98nlGw



コンビニで買ったアイスが溶けて

君の涙と混ざって

甘さも塩っけもプラマイゼロになる。


それくらい重くて、
でも それくらいしか重量はなくて


なのに僕の世界は
重量オーバーの旗をあげる。


紫の空を見てたら君も奇遇に見てて
そんな事で

あなたを分かった気でいたなんて。

雲のスピードで君が歩くのは

僕にまだ捕まえてほしいから。

そんないいふうに捉らえるのは

君にまだ捕まえてほしいから。


紫が夜になるのか朝焼けになるのか


君はどっちがいいだろう

雲のスピードに合わして、明かりに合わして、

僕の眼が見えるよう

あなたが良いって伝わるよう


二人で意見を朝にしよう

僕も振り向く君がみたいから。

返事する、そのえくぼを見たいから。


君が僕を離さないから言える事

この自信を君にも実感してほしい


させる程の愛で。

の、ために朝に備えて早く寝よう



あなたはとっくに寝てるはずだから。

6年前 No.6

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_CV3



     午後六時のこの空が

   夜なのか朝なのか。僕にはさっぱりわからない。

 君がいう違いがミリコンマも捕えられない僕を

    なぜ可愛い可愛いするの ねえ

  ねえその手のひら回内して、その世界にキスしたい

 目さまして、僕のこの目の奥の空にあいさつした君は

    きっと逃げ出してしまう。


 冷静に紡ぐ左手だけど痺れてしかたない。


    きっと君に走られてしまうと、一生がこのまんまなんだろうな。


  わかって言葉にして君を僕逃がさない。

     そんな中身、君知ってか知らずか僕にキス返し


    雲より遅く流れればいいのに。


  わかってる 君が僕を好きなこと。

    わかってるのに、僕は右手までまた痺れさせてる。


   わかってなんかとっくにいるのにね。




6年前 No.7

柚子華 ★AU=HCyM98nlGw



ママチャリの裏にあたしを乗せて、

明日満月の空を

ペダルゆるめず追いかける。

片手にあなたで

左手にあなたを、抱きたい思いを。


今更両手ではあなたを掴めない、出来ない、支えれない。


前だけ見てこいで下さいな。

出来なれど
後ろをもしかしたら守る事は出来るかも。


好きになる事も出来たのだから、


あとちょっとで一人だなんてあたしが許さない。

あなたが一人なんて、
そろそろあたしが。

多分時間はかかんない。
無意識にニューロンと相談で、
君を腕からぐって抱きしめる。


誤ってブレーキぎゅって危ないの、しないで

いつもみたいに流さないで

あたしへの好きをごまかした数年を

まんまあたしにちょうだいよ。


純粋で真っ白で
夜にはえる感じでよくみえる。


あたしは大好き

しばらくしたら多分愛


だからずっと噛んでるガム捨てて


あたしにちょうだい
全部。

6年前 No.8

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_CV3







   こんな色しかないの。ひかりみたい。

 ひかりなんて、そりゃないとあなた見えないか。


  あたし青空すきよ。

   それを友達と廊下走るみたいに駆け抜けてもいいけど


  それよか、一時間くらいかけて


     他愛無く歩きたいの、手も握りたいの。




  君が降ってきたら脳みそぐちゃってなるけど

   かき集めて最先端の技術で治すから


 おいでよおいでよ。





    そんな夢をみたもんだから。


  今日はあめね、あなたが

     降らした、雪まで降らした。


 降らした、あたしがフラした。


  ふられてばかりね、そこがあなたのいいとこ。

    知ってる知ってる。





  でも何回でもみるよ。





6年前 No.9

柚子華 ★AU=HCyM98nlGw


あなたが
レッテルを張るわけがないの

あたしが、愛してないと言うはずがないの

こんな事を再確認しなきゃならない

世の中はいまそんな感じね。


あたしが君に

君もあたしをほんとの意味で

好きをなれたらいいね
紡ぐ言葉、赤にしてよ

あたしに煌めいてそれで、それで。

愛は贅沢、好きから開始しよ。



冷たい一点。一緒に越えよ。

6年前 No.10

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_CV3



あなたの悲しみを借りて

   あたしがこうして泣けてる。

 ありがとって言わなきゃ

   生きていられない。


 あたしのバランスを勝手に愛を作って保ってる。


   空にぴんくなんてマジかなんて

 あんなにあんなに思ってたのに

    あなたがいなくなった途端これでね

 どうにも、ぴんくがあなたな気がして

  髪なんかなでられてるんじゃないかって

   調子よくあなたに愛されてる。


 ほしいとか、そんな次元は過ぎて

   この絶妙な安定性の中に欲が生まれないように、


 あたしの必死にあなたも誰も気づかないで。

      忘れたふりして、

 なのに愛に行くには可愛いあたしを見てもらうの。


   毎年毎年、かわいいよね。


 無垢を取り外し忘れたのね、うんとか聞こえる。

   それだと困る。

 困る、困る。



6年前 No.11

柚子華 ★AU=HCyM98nlGw


かまわないし
怖くないし

むしろ愛にきてる
あなたが愛しい

あたしが必要?
あっちにいっても。

答えを聞く前に
臆病、あたし、ドロップキック


せめておやすみ

限界はこれ。

明日の星が満開な事で

まあちゃらにしてあげる。


だからあたしが

まだあなたに心

少しキュンとさせても

これは、許して。

6年前 No.12

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_CV3



 桃色の空に、ヨーグルトの雲


   これにコントラストするのは

 なぜいつも青なのかしら。

   あたしが両足ぶらぶらさせて

    おいしそうにスプーンを一舐め。


 すくって、食べたら目を閉じなくても

     満杯にあなたを感じる。


  頬がほころんで、クリームをしぼって

    想いをさらに甘くして。

  最後までしぼりきって、物足りないのは


   これ以上にも以下にも、なれないから。

 青が似合うのはこれ以上にもこれ以下にも

    世界を悲しくさせないためなのかしら。


 夏の綿菓子が現れるのは



   あたしがまた恋するときかしら。

 あなたが、恋をまたするときかしら。



6年前 No.13

柚子華 ★AU=HCyM98nlGw



シングルで狭い狭いな

けど襟足とこの首筋が

いま、あたしの物だと思うとね

もっと狭い狭いにきゅっとしてね

ぴんくなんか、世界に負けちゃう

噛んだ首筋にお揃いの寝息で

朝が顔を赤に染める

足を絡めて、目覚めないで

この体温がもう朝を匂わさなくても。



6年前 No.14

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_KMC


「 間もなく 」



 可能性が見えたのは

     もう自由の我儘が許されない時だったね。


  好きだとも、暖めてとも、ましてや私を乗せたそのちゃりんこも


    丸ごと丸腰で虜にさせたわ。


 長いまつげが好きなの、知ってた?


   君の歯並びが実は3本の指に入るくらい、ってのものね。


 君のシャカジャーが、夜空に照り輝いて目が開けない。



  今更なんてなんてずるい。ありゃ故意なんだろ。



   巧みで切なくて、あんな手やこんな手であなたを惹きつけれない訳じゃない。



 この涙で、君の事抱きしめれない訳じゃない。



  君の、まどろっこしい唇に、触れてみてもいい。



 何もできない訳じゃないけど、未来が出来る訳でもない。


    だから、その背中触らせて、

      特等席に乗れた事だけ誇りにさせて。


 多分、それで明日もごはん食べていけるわ。




   夜を背負って僕の愛を轢いていく。


   そのちゃりんこ見ながら想うわ。


      最後くらい、もっと可愛い格好がよかったな。














5年前 No.15

柚子華 ★AU=HCyM98nlGw


かろうじて綺麗な部類の言葉を

吐き出す唇でも、震え出す。


いたせりつくせり、正にそうだわ。


でも、欲張りだから
零の遺伝子から生まれたくなる。


小さな呼吸で、まだ誰にもバレないように

ただ、戦う為に息を殺して愛を作るの。


100の両手も今じゃ身長くらいわ有にある。

守る姿勢は整った。

形は完璧な愛も、こうして。


屈するな、前は春故に薄く淡い。

靴紐締め直して、かわいい蝶々結びで駆け出せる。


明日から、貴方を背負える背中の持ち主。

日の出から、作り直そう。

僕の特権を、利用して。

5年前 No.16

はちみつ ★DEl1ERbCKk_KMC



   君が拍手してくれた。


  だから、みんなと同じにみられたくて、2足歩行必死で獲得した。


 あの夕日がいつまでも、どん底まで沈んでも


   君と丸二つ、4本の影法師でトランク引きずっていけると思ってた。



   僕らがここに至るまでを、もし貴方らが傍観してたなら


      僕が、あの人に惚れない訳ないでしょ。って、なる。




  音痴なラッパ、好きよ。
     爪が長いの、短いしっぽ嫌いならあたしが愛そう。


 そんな事をどん底まで沈んだ夕日バックで言われたら

    2足歩行だけでは満足できなくなっちゃうよ。



      満足できなくって、情動だけで生きてた僕は

       たぶんそのうち、髄までしゃぶって


          君をしゅわって消しちゃうかもしれない。



    なんて、恥ずかしいんだろ。


           だから、

   早く僕を手放して4足歩行に戻させて。

               はちみつで誘き寄せて、そのうちに逃げるも良しよ。



     君の愛情だけで、僕はそーっと木の幹になっていける。




               早く、どん底に階段つけて

                   夕日の向こうの朝日に歩いてくれ。




           そんで君が立ち去った後に叫びたい。

                 連れてってって。

















4年前 No.17

柚子華 ★XZBZZ3Hllq_KMC





    ご厚意に甘えて、あなたの膝に吸い付けられると


       重力に負けて、淀んだ言葉が埋まっていく気がした。


   7割回復したら、また靴ひも結びなおそう。


      名残惜しいが僕はもう大人なのだから。


       ピンセットで胸の棘を抜いてもらって

          日々を忘れない為のバンドエイド2つ貼って。


       これで駄目なら、また1週間後に処方してもらおう。

             もっと、耐久性のある心臓を。





4年前 No.18

灯火 @fumi ★iPod=9dPB6jQ2rA



繰り返しだけのフレーズで生きてゆける

単純なのか 鈍感なのか

むず痒い想いを届けて 跳ね返ってしまうのが怖い

悪者なんて絵本のなかで充分よ

そのままにしておいて そのままでいいから

僕は君が君のままでいてくれて嬉しいよ




ゆずかー

たまには返詩もいいかなって思った。
相変わらず嫉妬しちゃうほど生き生きした言葉を紡ぐね、君は。

ではまったねーん


ふみ

4年前 No.19

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_Xty



   多分自負するに、

     一番可愛くて細かった17の頃に


    もう一度君と出会って、不幸な恋がしたい。


  しゅわしゅわ消えるレモンサイダーみたいに純粋な


           もう二度と消えない恋がしたい。




      時々晴天を裏切って、ほかほかの布団で君と二人で寝込んで

          しれっと君の隣にいるのが当たり前として、生きて、



    ある日、汗みたいに蒸発して


          いとも簡単に涙に繋がるような

   この当たり前の日々に戻る事になるとしても


       もう人ごみ歩けなくなる程のひび割れが出来たとしても



    未来なげうってまで欲する過去が時にはあっても



           神様、いいんじゃないですかね



      良いに、してください。




       君の知らない、もっともっときれいなあたしを

           最後に見てほしいから。


         四葉でも、ミサンガでも駄目だから



           神様、お願い、神様。





             神様。







4年前 No.20

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_Xty



そういえば、あんな風に


      ぎゅっとしてもらった事なかったな。


  あんな風に、黒目を見つめられて


      笑顔をくれる事もなかったな。




  必要だったけど

    必要じゃないふりして


       子供だったけど、
        子供ながらに自律した。


 酬いて、刻んだ一部の愛をくれても

    ごちそうになるって、私が喜ぶってわかってての、行為。



  恩を売ってんでしょ、わかってる。それでもいい。


      それでもいい。

  大丈夫。わかってる。それでもいい。


     私の仕事が「良い子」でいる事なのなら

   婆ちゃんになるまで良い子でいるもの。


      だから、わかってる。それでもいい。



3年前 No.21

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_Xty

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3年前 No.22

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_Xty





乗り越えたふりして


     今日も心臓たたかれて目が覚める。



  肝に銘じて、君をもう、ただただ愛さないように

       必死に背いて生きている。



  背く事で精いっぱい。夜、眠る事で精いっぱい。


      君の痕跡をカンカンにつめて、


       カンカンが、何百個にもなっていく。


   可愛い八重歯、似合いすぎるだて眼鏡、君のいびき。


        ずるすぎる。こんなものばかり残していって。



    そんなこんなで今日も寝不足なんでしょ、


          わかってるんでしょ。





3年前 No.23

柚子華 ★MBQ3iD8PWW_Xty




    意味を見出さない答えで、無理やりけじめをつけて



      朝がきたら、きらきらした笑顔で一日を彩って。



   今日を何とか、きらきら出来るのも至急自分で縫合したからで。


     その粗目から覗く抜糸したがる君を


   夢の中では、ただただ淡々と恨んでまた朝がきて。


       いくら、空から剥がれた雲で止血しても


    君の消えた国で耳栓や目隠しをしても


       裏腹に、そばでまた鼾を聞かせてほしいと過っちゃう。


  無駄に未来を願わないから、期限を上手につける訓練もするから



        君の綺麗すぎる寝顔が傍でほしい。









3年前 No.24

きぃちゃん ★Android=Fvisn9cBTF


そこはうちの場所じゃないの?
残されたうちは、一人路頭に迷う。

期待しただけ損だったのか……


馬鹿、


3年前 No.25

きぃちゃん ★Android=Fvisn9cBTF


あんたの待つ姿が思い浮かぶ。
あの人の帰りを待ってるの?

やっぱり、うちは要らない子。


3年前 No.26

柚子華 ★Android=0qWOGfWaaW


あたしで、いいの

って何回聞いてもききたりない

あたしで、いいの

って何回自分に聞いても聞きあきない。

どこかの映画みたいな、ドラマみたいな

くさいせりふなんて、360°似合わないのに。

それでも紡ぐ、紡がざる終えない夜がある。


月の力に紛れて、えくぼ緩ませて

あなたの、やらかい体と笑顔に今を擦りよせる。

めんどうって投げ出されたって聞くよ。

あたし、もうあげられるものなにもないよ。

幸せをたらふく食べさせてあげられないよ。

あたしばっかり、あなたの幸せでぷくぷくになるんだけど


あたしで、いいの


それが聞けない、臆病なあたしでいいの?




1年前 No.27

柚子華 ★Android=0qWOGfWaaW



もう三時。

君の言葉で、あたしの心は大惨事。


なんて冗談言えば


君は、二度と一番ほしかった言葉


言ってくれなくなっちゃうね。


おでこに、君が幸せになりすようにって
真夜中の魔法をかけるから。


さん。に。いち。


バカで、大バカで
だらしなくて
八重歯が結局かわいくて
たぷたぷで、もひとつだらしなくて
涙もろくに流さないロボットで

でも、ロボットだけどはち切れ溢れた愛をくれるあなたが


すぐにでも、あたしを忘れて

あたしがあなたを泣いてひきとめたくなるまえに。


あなたを欲する誰かに出会えますように。


あなたが、幸せなら


これ以上でもこれ以下でもない。

でも、寝言でいいからゆるしてほしい。



あたしを…。







1年前 No.28

柚子華 ★Android=0qWOGfWaaW



夜ふけでもいい
あなたの連絡がくるだけで
霧がはれた朝日がさす

ごくろうさま

そして、今日も私を心に置いてくれてありがとう。

心も、体もぼんやりして
くぐもったベッドから動けないあたしだけど

あなたの連絡待ちだけは忘れない。
たった、一言のおつかれさまが

あなたは、知らないでいいの。

胸を一瞬高鳴らせて、安堵をもたらす薬だと。




1年前 No.29

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW



むさ苦しいうろこ雲をあなたと
点と点で繋げそうな星夜をあなたと

指を絡めて仰げる今日は、何物にも変えられない。

風通しの良い心があれば
神様も目を瞑ってくれるかもしれないけど


今日は、そして明日も、私が悪者になるから
許してほしい。

あなたがいることの当たり前が
幸せと知っているから

知っているからこそ、今日も未来も悪者になるから

あなたのいびきを、ずっと抱き締めるのは私でいたい。


夕日を感じない午後5時は
悪い子に変わる合図だと 通達くれた神様。


上等だ。うまく演じて幸せにおぼれる婆ちゃんになろう。




1年前 No.30

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW

『どうせ』


どうにもこうにも、不平不満で
淀んだ灰色で包み込んでしまう夜がある。

早い雲に飲まれるように
あなたの心を無呼吸にさせて、
気づいた頃には、主原因の私すら床で静かに呼吸を落とす。

埃にまみれて、反省して
結局は目を背けずにはいられない。

そこを含めて、身から壊れ歌っても
プリンス、あなたがすきだ。

おまけに。
すきだ。



1年前 No.31

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW


明日を何とか信じて泣いては

あなたに抱っこされてあやされる。

この、この上ない幸せの揺りかごが壊れても

きっと、私は世界にしがみついて離れない。


みぞれ色した明日だって何だって、

それでも、あなたが手放せない。



1年前 No.32

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW


時に幸せは、危うく揺れて

ぽたぽたと滴り落ちる。

心をほぐすあなたの掌に、あたしの愛をのさて

これからの物語をたくしてみる。

明日も、同じこたつでみかんをふたりで食べて

ことこと最後まであなたと眠って


さまよう、そんな物語。


空白にならないように。

ピリオドがこないように。

胸を締め付けて、あたしの幸せは

危うく揺れて、滴り落ちる。





1年前 No.33

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW


作ったかさぶた
一足お先にまた剥がして

君の視線が、痛いほどに食い込み荒む。


君の心に私の心があるうちは

このままでいたい

いつまでもいたい

1年前 No.34

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW


一度放った言霊は

離れも知らず、心を囲む。

醜く危うく、見るも耐えない姿こそ

ほんとのほんとの私だよ。

覚悟があるならついてきな、あたしの後ろに続くがいい。

逃げるなら今のうち。

それなら、もう私を好きになんて過ち踏まないように

消えない言霊放つから。

1年前 No.35

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW


不安をおかずにごはんを食べたら

お腹のなかで幸せが形成される音がした。

力いっぱい、心いっぱいに噛み締めて

満腹になる手前でとどまりましょう。

幸せで膨れ上がってしまったら

もう不安が食べられない。

あなたを食べるしかいただけない。

1年前 No.36

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW


もしも もしもが怖いから

先手を売って今日も最強の強がりを放つ。

滑稽で、どこまでも蒼が広がる

清々しいまでの吐息で殴れば

いつか、この言霊がほんとになって
泣きをみるのはわかってるのに。

ぞわぞわと喉まで出かかる鳥肌に

明日の事なんて、見ないふり見ないふり。

さて、次はどんな強がりを吐いて

一生懸命あなたの隣を生きようか。




1年前 No.37

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW


暑い暑いと言いながら
あなたに抱きつくのがたまらない。

夜中の狭い片隅で紡ぐ
あなたのいびきすらたまらなくて

このまま、世界が二人だけなら、


なんて。魔法をこめて口づける。

軋んで傷んだ髪をなでて、
ほどよく緩んだお腹をなでたら
また少し愛しくなった。

少しでもいい、
この愛しさを愛おしむあたしでもっといたいから

朝日が来なければなんて、欲張りに
た魔法をかけてみる。





1年前 No.38

柚子華 @yuzuka0322 ★Android=0qWOGfWaaW



冷たい汗で目覚めるたびに

横でぐうたれるばか野郎に安堵して

安堵はするが、空を駆けたい午前5時。

見慣れた道路に、田畑に、ガードレール

始発のバスが出るまでに、この馬鹿とどこにぶつかるか考えながら

ベランダで煙草をころす日々。

最後に馬鹿の前髪をすかしとこうか。

苛立つ鼾が可愛いから鼻でも摘まんどくか。

風邪引きそうな腹を隠しといてやるか。

こんならしくない一瞬を重ねてしまうから

今日をまた生きてしまって、馬鹿が移る。

昨日も明日も。どうかしてる。

とりあえず、今日はお前の髪を染める約束してたから駆けないだけ。

ただ、それだけ。









11ヶ月前 No.39

柚子華 @yuzuka0322 ★iPhone=EJzkXsC3G0


秋だからね、こんな事になるんだな。

だから、冬が来て春が来たら
きっと、もう大丈夫。

そんな日まで
あなたとあたしがいたらの、はなし。

10ヶ月前 No.40

柚子華 @yuzuka0322 ★iPhone=EJzkXsC3G0


綺麗だとか、揺るぎないものとか、痛みとか。

こんなにも有り触れて、手の内にあるのは

あたしの世界があまりにも狭いから。

あたしの限られた世界は

一緒に綺麗なものをみるだとか
おいしさを分かち合いたいだとか、

その程度だが、そんなものが良い。

あたしの限られた生は、後にも先にも

あなただけで出来ている。










8ヶ月前 No.41

柚子華 @yuzuka0322 ★iPhone=EJzkXsC3G0


静かな青空に溺れて

気づけば戻れなくなっていた。

暗くて、黒くて、自分も見えない。

でも、それでもいいかなんて星をポリポリ。

不思議だ、穏やかだ。

こんな漆黒でも
君がいる世界なら僕は満足だ。

朝が来たら君を探そう。

制服か?私服なのか?ヒントだけはほしい。

でも、唯一無二の笑顔に八重歯が見えたら

僕の勝ちだね。

それで、それで君に会えたなら

この涙が見えないように早く夜になれば良い。

8ヶ月前 No.42

柚子華 @yuzuka0322 ★iPhone=EJzkXsC3G0


痛い以外の、

はたまた悲しい以外の

締め付け締め上げる適切な言葉を

あなたの口から直接教えてよ。

多用しないよ、使うときは

あなたのとこにいく、一度きりだもん。

5ヶ月前 No.43

柚子華 @yuzuka0322 ★iPhone=EJzkXsC3G0

【焼きたてパン】


もう、焼きたてじゃないですよ。
少しぬるくなってます。
でも、おいしいですよ
冷めても、ずっとこのままの味です。
だから、この味の事忘れる事なんて出来ません。


ね。消えた君への思いは
そんな感じで、いまだっていい味してますよ。

5ヶ月前 No.44
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる