Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

チッキューの夜

 ( 詩投稿城4世(隠れんぼ) )
- アクセス(97) - いいね!(2)

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt


星達がヒソヒソと話をする頃
うたた寝をはじめた月が風邪をひかないようにと、夜風が雲の布団を掛けます

夜風の囁きで起きたお月様
布団の端からこっそり顔を出し
遠くを眺めています

まだ寝ぼけているのか淡い光の輪を纏ったお月様。
まどろみ潤んだ瞳の先は
雪にくるまれた冬の街

雪がしんしんと降っています
道に刻まれた大きな足跡と小さな足跡はせつせつと埋もれていくのでしょう

二つの足跡はどこへ行ったのでしょう
それは今は羽毛にくるまれているのです
あたたかい夢を見るのでしょうか
お月様がそれを見て、一言ポツリと言いました

良い夢を。

雪がしんしんと降っています




この作品はある人との合作です。

ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる