Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

stop

 ( 恋愛小説投稿城 )
- アクセス(50) - ●メイン記事(3) / サブ記事 - いいね!(0)

莱歌 ★iPhone=ervf2xKD2J

ねえ、なんで電話出たの?

ねえ、、






あなたは知ってますか。
ひとつの通知でどれだけ嬉しいんだか。


知らないよね




君と私、友達止まりだもん





私の想い届いてよ
ねえ、

伝えたいんだよ。
すき、すきです、だいすき
全部君にあげるから





少しは女子としてみてください。







私が貴方の恋人になります、










8日前 No.0
メモ2019/02/10 23:05 : 莱歌★iPhone-ervf2xKD2J

玲 rei


陸 riku


2人だけの話だよ。

ページ: 1


 
 

莱歌 ★iPhone=ervf2xKD2J

♪ピロリロリン


うっさい、(
は、だれ



( りく )


り、く…

確か、同じクラス。



全然話してないのにいきなり電話とか何
絶対出ないから。



ピロン



やっと切れた

「ごめん間違えた」


ハイハイ知ってます
早く消してよね



「大丈夫だよ」



これが全て、始まりだった。

8日前 No.1

莱歌 ★iPhone=ervf2xKD2J

朝 。


ふあぁ、眠い
チャリこぐの、だるいな


ガラガラ



「ごめん昨日まちがえちゃってさあ」

「だよね、うるさかったぁ」

「ごめんって」


「つーか、話すの久しぶり
だれだかわかんねえよ、(ボソッ)」

「おいおい、わすれんなよ」




ふぅ、

学校ってなんでこんなに疲れるんだろ。
もう来たくないな
家でゲームしてたいな

よし、授業サボろ


「せんせ、お腹痛い」

「そうかー?保健室で休んでろ」



っしゃ、使える
本当は腹なんか痛くねえよ笑


「ベット、暖かい」


寝よ、



「ねえ、大丈夫?」


この声は、、


「え、なんでいんの」

「ちょっと心配でさあ」

「あっちいってよ」

「大丈夫なの?」

「大丈夫だよっ!!」

はっ、待っていま わたし…

「ふーん、(ニヤ)大丈夫なんだねぇ」

「うっざー」



布団に顔を隠した。

8日前 No.2

莱歌 ★iPhone=ervf2xKD2J

「おーい、教室戻ろよ?」

「邪魔すんな、寝てんだろ」

「授業受けた方がいいよ」

「だるい」

「そっかあー」


ガラガラ

あれ、あいつ教室戻ったんかな
まあいいや


あー、でもそろそろ戻んなきゃな


え、


「なんでいるの」

「やっと起きた(^^)」

「は、こっわ。どっか行けよ」

「やーだねー」




「今日も電話かけていい?」

「した覚えないんですけど、」



何こいつ、くそうざい
だまれ、馴れ馴れしくすんな。




「いいからかける」

8日前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)