Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

ポエム的な、私の気持ち。

 ( 恋愛小説投稿城 )
- アクセス(94) - ●メイン記事(0) / サブ記事 - いいね!(0)

向日 樹 ★ww0ecodAhg_EP8

 君は今、しあわせですか?



 私のこと、しってる?
 きっと君のことだから、私のこと知らないよね。


 私は知ってるよ。
 君が素敵で、かっこいいってこと。


 そりゃあ、私を見たら、
 君は逃げるかもしれない。
 こんな何も一人でできない、
 ずぼらで使えない私なんて、いやだよね。

 分かってる。
 本当は分かってる。
 どれだけ君のこと好きでも、私には何もない。
 見た目だけじゃなくて、お金もなくて、そのうえ頭も悪い。
 ただの貧乏なやつだ。


 君は私と違ってかっこいい。
 何よりもかっこいい。


 私は君のことが好きでも、
 君は私をみて、何も考えない。

 よくならある。
 君に、
 「愛してほしい。」
 という、欲望がある。

 どんなに私が一人「頑張ってるよ、私。」
 と言っても、君には何も届かない。
 それだけじゃなくて、
 君は私のことを知ってはいないのだろう。


 「愛したい。」
 「愛されたい。」

 その欲望が、私のすべてを浸透させている。

 だれでもない、
 「君のことが好き」なのに、私の心は、気持ちは、
 君に伝わらない。

 何をしたら伝わるの?
 私の気持ち。
 ひとりよがりで何を言っても駄目だってことは、
 分かっている。
 分かってる。分かってるけど、だけど、
 私は君を欲してる。
 欲張って、欲張って、
 君に好きになってもらおうと、
 愛されようとしたがる。

 こんな君との身分の差じゃ、
 君に近づけない。
 逢えない。
 だけど、私はひたすら、
 「君をおもう。」

 どこかで私に気づいてほしくて。

 慰めるのは、自分で。
 だれも落ち込んだ私を、
 かまってくれるものはいない。

 だけど、私は生きている。
 君のためなんかじゃない。
 「自分」のために。

 私、君のこと、本当に、本当に
 「大好き」だよ。
 「自分」のために生きてるよ。

 君をおもうことが、
 私の、私の生きてくうえでの、
 支えになってる。

 君。
 ありがとう。
 君。
 うれしいよ。
 君を思うことができて。

 つらいことが私にもある。
 でもそんな時、
 君がいたくれて、
 とても、とても、助かっているの。

 私、綺麗になれるかな?
 君に見てもらえるような、
 逢えるような、
 すてきなすてきな人に、
 なれるかな?

 よく深な、私の話を聞いてくれてありがてう。
 私はまだ、頑張れるのかな?

 負けないで。
 君も。

 じゃあ、また。
 逢えるのを楽しみにしているね。


 夢で逢いたいだけじゃない。

ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)