Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1) >>

脳を移植した僕と心臓を移植した君 。

 ( 恋愛小説投稿城 )
- アクセス(174) - ●メイン記事(1) / サブ記事 - いいね!(1)

白月- しらづき - @shirotuki3 ★Smart=LizNb4EjWD

20××年


君と僕は 、高速道路で交通事故にあった …
二人とも普通の医療技術では助からない状態だったらしい 。


しかし 、最新の医療技術により 、二人とも助かることができた 。


奇跡だ 、しかし … 僕には昔の記憶などない 。

ページ: 1


 
 

白月- しらづき - @shirotuki3 ★Smart=LizNb4EjWD

僕は 、ふかふかのベットの上で目覚めた … 起き上がろうとしたが 、体が動かない 。
僕は視界を動かし 、周りの状況を確認した 、すると二つの事が分かった 。


一つ目は僕の身体全身に色々な管が繋がっていた … なんとなく息苦しいのもこの口についている麻酔のせいだろう。


もう一つは 、ここが病院だということ … 僕が色々と思考を巡らせていると 、白衣を着た一人の男が近寄ってきた 。
「 目覚めたのかい 、身体は動かせる?言葉は話せる?記憶は …… 」
と、色々質問してきたが 、全くついていけない 。
僕が眉間に皺を寄せて白衣を着た男を見ると察してくれたのか 。
「 あぁ 、ごめんよ 、色々聞きすぎてしまったね … ゆっくり聞くから 、まず 、言葉は話せるかい? 」
僕は 、少し掠れた声で「 うん 」と答えた 。
次に白衣を着た男は「 身体は動かせるかい 」と聞いて来た 、が 、僕の身体は動かない 、この管が邪魔しているのか … 身体が麻痺して動かなくなっているのかが 、検討がつかず 、黙ってしまった 。

3ヶ月前 No.1
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)