Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

彼女はいない

 ( 恋愛小説投稿城 )
- アクセス(186) - ●メイン記事(2) / サブ記事 - いいね!(2)

駒井 りほ @kirapyyy ★iPhone=Pgbcftclgz

僕は今日も寝る。
彼女と会うために。
はじめから、分かってた。
分かっていたけど、分かっていたけど…!!!!

これは、彼女と出逢い消え苦しみ疑った切なく悲しい事実が分かるまでのラブストーリー。


-----------------------------------

はじめまして。
初小説です◎
あえてなぜか、初心者のところにしませんでした((
本当に、初心者なので暖かい目で見てくれると嬉しいです。
サブコメなどで、感想とかくれたや嬉しいです☆ミ
がんばって完結させます!!
この小説の主人公は30歳の男の人です。
30歳だけど、心はまだ中学生。

きっと、不可能な恋も…

メモ2018/01/03 10:12 : 駒井 りほ @kirapyyy★iPhone-Pgbcftclgz

〜登場人物〜

さとし(僕)「」

→主人公。ぱっとしない。30歳


彼女『』

→不思議ちゃん。


僕が喋っている時は「」、彼女が喋っている時は『』です★ミ

サブコメで、感想・意見などまってます

関連リンク: ○▽□ 
ページ: 1


 
 

駒井 りほ @kirapyyy ★iPhone=Pgbcftclgz

01 / 出逢い


ー5年前ー

変な夢をみた。
名前も知らないあの子に夢の中で一目惚れした。
あの子のことを僕は彼女と呼ぶことにした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

彼女には、1度も夢の中以外であったことがない。
だけど、絶対会える!
だって彼女がそういうんだもん。
なんて考えてた。

『こんばんわ。さとしくんっ!』

5年前はじめてあった夢の中で言われた言葉だ。
彼女のさとしくんっ!の言い方がなんとも言えない。
僕ははじめてあった君に一目惚れした。
彼女はどこかであったみたいな不思議な感覚があった。
それから、2日に1回は夢に出てきて絡むようになった。
このことを僕は誰にも言わなかった。

6ヶ月前 No.1

駒井 りほ @kirapyyy ★iPhone=Pgbcftclgz

彼女と出会った日は、久しぶりに毎日見ている星座占いで最下位だった。
そこには、《可愛い女の子ほど注意。一目惚れなんてもってのほか。》
と、書いてあった。
その時の僕は、可愛い女の子なんて興味ねぇーし。とか、一目惚れ僕が?ないないない。とか思ってた。
僕は、占いに当たりやすい。
《金銭トラブルに巻き込まれるかも》なんて時は、決まって会社の飲み会があって誰が払うかで大人なのに揉める。
先輩も後輩も払おうとしない。
そして、僕が払うことになる。

ただ、今回は当たらない自信がある!
なんせ、僕は30年間可愛い女の子に興味ないし一目惚れもしたことがない。
僕は顔より性格重視というぱっとしない人間なのだ。
ぱっとしない人間ほど人の色々な部分を見ているんだだだだだ!!と僕は伝えたい。


6ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)