Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(5) >>

xy【数学】

 ( 恋愛小説投稿城 )
- アクセス(195) - ●メイン記事(5) / サブ記事 - いいね!(4)

茅ヶ崎、 @hashiri ★PSVita=lTF2zNAsO0

  「せんせー。なんでxはyを使わなきゃ解けないんですか」



  「なんでって言われても....それが昔からのやりかただからなんじゃないのか?」




  数学は公式にいろんなものを代入してつくられていく。


  数学に答えはほとんど一つしかないと考えられる。


  公式を使い、数字を使えば答えなんかすぐに出るはずだ。


  数字教師の俺にとって、答えを出すことは、学生時代に習ったことを使えば解ける






  と思っていた。



  あんな鈍感な生徒に会うまでは




 ___________________________
 初めまして。恋愛小説を書くのはとても久しぶりで、
 誤字脱字が目立つと思いますが笑
 暖かい目で見守ってください。 まめに投稿できるよう頑張ります!
 長文のときがあります。

 あ、これ先生と生徒の物語です

メモ2018/01/02 18:06 : 茅ヶ崎、 ☆jZ.uN9Mxgr6 @hashiri★PSVita-6DGFrvQvc1

プロフィール

X 佐藤 凪沙 Sato Nagisa

数学教師 25歳 彼女× 男

Y 渋谷 幸 Sibuya Yuki

3-4 色々部 彼氏× 女

A 隅夜 隆明 Sumiya takaaki

体育教師 26歳 彼女○ 男

= 土屋 塔歌 Tutiya Toka

3-4 陸上部 彼氏○ 悠太の彼女 幸の親友 女

+ 冴塚 麗那 Saeduka reina

3-4 手芸部 彼氏× 人気な子 女

÷ 高端 悠太 Takahashi yuta

大学1年生 彼女○ 塔歌の彼氏 男 幸達の高校の卒業生

ページ: 1


 
 

茅ヶ崎、 @hashiri☆jZ.uN9Mxgr6 ★PSVita=lTF2zNAsO0



 自転車小屋からは生徒達がおはようと挨拶する声。
自転車通学の生徒や歩いて通学の生徒もいる。高級車で来る生徒もいる。(それを見ると少し心が痛むが)
 雀などの鳥が電線の上に止まりチュチュと鳴いてたり、バサバサと羽を上下させ散歩をするカラス。
朝というのに元気に寝坊をそのままで大きな声で笑う生徒。


 「おはようございまぁぁぁーっっっす!!!!」


 人一倍大きな声で職員室のドアを開け挨拶をする先生も、元気に寝坊がそのままだ。
体育教師の隅夜先生は、元気で熱血。生徒からの評判は良く、悩み事を隅夜先生に相談すると結構の数が解決するらしい。おはようございます、と返す先生方は呆れる様子もなく笑顔で挨拶をする。
このような先生は自分も何度か学生時代に教師として当たったことはあるが、先生としてこういった先生と関わると、意外と生徒と仲良くなれる。

 ちなみに、俺は佐藤 凪沙 25歳。数学教師である。
いつもは生徒達が登校してくる少し前に学校に来て、今日の授業のチェックや作業をしている。
先生だから生徒達との関わりも多く、悩み事をされることもあるが、女子の悩み事は難しいがそれなりには答えることはできる。。男子は同性だからわりと答えられる。




 だがしかし



 一人だけ、鈍感で人間関係に鈍い生徒がいる。




 その生徒は別にクラスで仲間外れにされることはなく、どちらかというと
皆は可愛い、好き、など男女評判が良い。それにいつも一緒にいる親友だっている。




 そう、彼女は、
















 恋愛に対して鈍すぎるのだ。

2ヶ月前 No.1

茅ヶ崎、 @hashiri☆jZ.uN9Mxgr6 ★PSVita=lTF2zNAsO0


 なぜ彼女が恋愛に対して鈍感ということを知ってるのか(正しくは思っている)というと、
男子に恋愛の相談をまれにされるのだが、よく彼女の名前が出てくる。しかし彼女は
コクられても振る一方で、理由はよくわからないが、「なぜ私を好きになるのかわからないから」
らしい。きっと、自分を好きになった理由を教えてもらったら付き合えるのだろうけど。
まぁ、好きになった理由なんて言葉で表せにくいのだがな。

 「...!.....せんせ!....佐藤先生!!」

耳のあたりで俺の名前を連呼され、意識が飛ぶかとおもった。
なんだ?と思い声が聞こえた方を見ると、渋谷幸がいた。驚いて数秒彼女を見ていると

 「先生、どうかしましたか」

と冷静なことをいわれ、我にかえった。考え事、というか彼女について色々思っていたら
何度も名前を言われているのに気づかなかったらしい。周りの先生方は苦笑いでこちらを
見てきた。俺も一応苦笑いでかえすが、とても恥ずかしかった。俺は彼女と目をあわせ

 「.....なんか渋谷にようなんてあったっけ?」

そう聞くと、渋谷は驚いたようにこちらを見てきた。
そんな顔をされたって、マジでなんか用を頼んだ記憶が無いのだが....はて?
考えるように俺は一度自分の机と向き合って、うーん...と考えていると


 「いや別に頼まれた用なんてありませんけど、」


と真顔で返ってきた。ならどうして驚いた顔をしたんだ!??!?
渋谷はよくわからないが、わりとすぐ冗談とかを発言してくる。その冗談は
本当なのか嘘なのかわからないときもあり、たびたび周りの人を困らせる。しかしその面白い
ところも人気の秘訣なのだろう。俺はとりあえず彼女に返事をかえす。

 「じゃあ、なんだ?」


















 「執事の格好をしてください」

2ヶ月前 No.2

茅ヶ崎、 @hashiri☆jZ.uN9Mxgr6 ★PSVita=lTF2zNAsO0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.3

茅ヶ崎、 @hashiri☆jZ.uN9Mxgr6 ★PSVita=lTF2zNAsO0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.4

茅ヶ崎、 @hashiri☆jZ.uN9Mxgr6 ★PSVita=6DGFrvQvc1

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

21日前 No.5
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)