Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(32) >>

近くにいてルノに心の距離を感じるの。

 ( 恋愛小説投稿城 )
- アクセス(477) - ●メイン記事(32) / サブ記事 (16) - いいね!(5)

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

色々なことがあって嬉しいことも悲しいことも色々あったけど君が話しかけてくれて本当嬉しかった。私が君に気持ちを届けるまでのお話である。

メモ2017/11/03 16:54 : りっぴー(りさ) @risakuma★Android-7bvNxXtLgP

杉並琴実・・・前作だって約束したんだ。からの登場人物。優しくて可愛い。

どっきり好き。サッカー部マネージャー。A組。テレパシーみたいな事ができる。長澤翔(かける)・・・琴実の彼氏。本人は心変わりをして完全に琴実に心惹かれるようになる。B組。熊谷蒼太・・・サッカー部キャプテン候補。琴実のことが好き。A組。舞咲は実の姉。高校2年生。島町凪彩(なぎさ)・・・愛称はなーっち。高校3年生。天文部。翔と蒼太と琴実、梨乃音とは幼馴染。野元智恵里・・・琴実の友達。麻咲と琴実と仲のいい。琳太郎がすき。A組。科学部所属。瀬戸愛心(あこ)・・・高校1年生。兄壮吾が大好き。琴実からはあーこと呼ばれている。天文部。早河琳太郎・・・小説とお笑いが好きで侑斗と気が合う。智恵里がすき。長澤世那(せな)・・・翔の妹。中学3年生。熊谷萌咲(もえ)・・・舞咲と蒼太の妹。中学3年生。漫画研究部。瀬川萌々子・・・琴実の幼馴染。B組。自分の事をももと呼ぶ。バトントアリング部。瀬戸壮吾(ソーゴ)舞咲の今彼。弟蒼太と同じ年。藤宮麻咲(まあさ)・・・A組女子クラス委員。ボブヘアー。新之介が好き。天文部。藤宮麻陽(まよ)・・・麻咲の双子の妹。天文部。D組。千影葉月・・・実行委員。B組。元気系女子。恋に興味あり。新之介が好き。吹奏楽部。鈴野新之介・・・男子クラス委員。A組。メガネ男子。メガネを取るとイケメン。葉月が好き。陸上部。林深月・・・夢乃と咲希のいとこ。C組。男の子。湖乃実が好き。(=両思い)野球部。杉並湖乃実(このみ)・・・琴実の妹。高校1年。家庭科部。笹木梨乃音(りのん)・・・翔の幼馴染。愛称りのっぺ。B組。琴実と翔をくっつけようとしている。家庭科部。長海千優(ちゆ)・・・A組。環の姉。天文部。長海環(たまき)・・・千優の妹。麻有のクラスメイト。バトントワリング部。瀬川真夕(まゆ)・・・萌々子の妹。中学3年。熊谷舞咲(まいさ)・・・翔の元カノ。高校3年。蒼太の姉。吹奏楽部。七宮宗(そう)・・・サッカー部キャプテン。高校3年生。みんなから憧れられている。蒼太に期待を寄せてる。才能型の天才。早川奈央鳥(なおと)・・・サッカー部副キャプテン。宗と同じく高校3年生。本人だけは翔に期待を寄せてる。努力型の天才。鈴野井麻有(あゆ)・・・琴実のいとこ。高校1年生。天文部。早川秀磨(しゅうま)・・高校1年生。奈央鳥の弟。天文部。http://mb2.jp/_rs/30387.htmlの続編です。

切替: メイン記事(32) サブ記事 (16) ページ: 1


 
 

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

琴実Site私の気持ちはまだ届いていない。翔くんの気持ちは実乃梨ちゃんにある。私の恋心を知っているのは萌々子と由芽と琳太郎くんと紗耶ちゃんである。。最初の出会いは。琴実「あれ。あれ?ない。ない。」翔「ん?どうかしたの?俺も探そうか?」のやり取りだ。顔じゃなく優しい心にときめいたのだ。夢乃ちゃんと大翔さんみたいに幼馴染でずっと気持ちが届いてるって言うのを夢見てた。あの二人は今夏に告白して付き合うことになったみたいだ。羨ましいです。夢乃ちゃんと大翔さん。付き合いだしてからは手を繋いだりしているのを見かける。仲睦まじい恋人になりたいな翔くんと。付き合えたらすごく嬉しくて泣きそう。。。。。

2ヶ月前 No.1

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

萌々子Siteももには大好きな友達であり親友がいる。名は杉並琴実。琴実には好きな人が居るみたいだ。その人は長澤翔。翔は実乃梨ちゃんのことが好きなのである。実乃梨ちゃんは侑斗っちが好きなのだ。もも、恋したいな。夢乃と大翔のような感じの人たちみたいにずっと両思い。どんなに辛いんだろう。悲しんだろう。サーヤちゃんに恋ってなに?美味しいの?辛いのって聞こうと思う。悲しくて心細くても。好きな人ができますよーうーにって。まえ、みたいにつらくて悲しい恋したくないし。きっと、もう、あの人には届かない。届いていない。好きだったなー。会いたいな。はぁ・・・

2ヶ月前 No.2

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

翔Site俺には好きな人がいる。それは実乃梨ちゃんだ。でも実乃梨ちゃんは俺、ではなく侑斗がすきなんだ。萌々子や由芽ちゃん、同じ実行委員の葉月ちゃん、麻咲ちゃん、麻陽ちゃんにみのりんじゃなくて琴実ちゃんはどう?って。琴実ちゃんは翔のこと好きみたいなのと。驚いた。琴実が俺を好きだなんて思ってもいなかった。うわー。なんでかわからないけど照れてる。なんでだ。琴実が俺を好きだなんて!!俺を好きだなんてー。衝撃的だったー。

2ヶ月前 No.3

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

夢乃sideあの夏休み。(だって約束したんだ。参照)私と大翔は付き合うことになった。琴実ちゃん、萌々子ちゃんから。未空くんと付き合うことになったかー。となった。琴実ちゃんの気持ち。侑斗に届いてたらいいね。と琴実ちゃんに言った。そして今日は夢乃の家でお祝いだ。祝杯の。御祝いをしてくれたのは。麻咲ちゃんの双子の妹さん麻陽ちゃんだ。麻陽「このたびは夢乃ちゃん、大翔くんが交際に至りました。それを祝して寒波ーい。」麻咲「夢乃、おめでとう。」大翔「ありがとう。」琴実「おめでとう。ゆめのんー。わたしも!侑斗くんに振り向いてもらえるように頑張りますので。」侑斗「え?なんて。」

2ヶ月前 No.4

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

琴実side侑斗くんー。ドッキリだよー?ゆめのんー大翔騙されてるし。翔くんに届くかな。夢乃「翔、好きだったんだー。」侑斗「びっくりした。本気かと思ったよ。エープリルフールじゃないよね?」翔「ん?なんのこと?」大翔「かーけーる。よかったじゃん。」翔「いや、でも俺、実乃梨ちゃんが好きだし。」琴実「(やっぱりそうなんだな。まだか。)そっか。」結構などっきりになってしまった。まぁ、いいとしよう。

2ヶ月前 No.5

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

蒼太side俺は期待されている。キャプテン候補なのだから。俺の姉は舞咲。実のところマネージャーの琴実のことがすきだ。琴実の好きな相手は翔だ。こんな感じだ。俺→琴実→翔→実乃梨ちゃん→侑斗。実のところ俺はチャンスだ。翔は琴実ちゃんのこと恋愛としてすきじゃないから。そういえば琴実って妹さん確か湖乃実ちゃん。にお姉さんくださいってがっつり言おうかな。言ってしまえ。姉ちゃんと翔付き合ってたもんな。俺にとって琴実と付き合えたら初めての恋人同士って訳だし。あーやばい。妄想とまらねえ。ここだ。琴実ちゃんの妹さんのクラス。湖乃実「あ、蒼太さん。姉の話ですよね?好きなんですね。琴実のこと。」蒼太「おう。」竜馬「おいおい。蒼太先輩。湖乃実ちゃん」湖乃実「話それてるし、応援します。琴実と蒼太先輩が付き合うの。」竜馬「へ?あ、俺もです!」

2ヶ月前 No.6

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

梨乃音side私には大好きな友達がいる。琴実に湖乃実ちゃんに由芽ちゃんに麻咲、麻陽ちゃんに萌々子に智恵里ちゃん。こんな私に頼ってくれる。琴実と翔くっついてほしい。でも、確か、蒼太くんって同じ部(マネージャーと選手)で琴実のことが好きなんだって風の噂できいた。これ、本当っぽい。今度直接聞いてみよう。蒼太くんって琴実ちゃんのことが好きなの?と。あの話はどうだろう。舞咲さんと翔前、付き合ってたって言う話。気になる。琴実ちゃん愛されてるな。愛して愛されてるって感じ。蒼太くんが好きなのは琴実ちゃんで。琴実が好きなのは翔で、翔が好きなのは実乃梨ちゃんで実乃梨ちゃんが好きなのは侑斗くんだ。

2ヶ月前 No.7

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

湖乃実sideクラスに蒼太先輩がきた。お姉ちゃんをくださいってことなんだろうか。それでちょっと探りをいれてみた。好きなんですね。琴実のこと。と返事はおう!と。否定しないだ。と思った。純粋に好意を認めるって素敵。深月くんに届けたい。もう届いてそうなのに。お姉ちゃんに初めて恋愛相談してみようかな。よーし。湖乃実「琴実!!」琴実「はい。」湖乃実「あ、、お姉ちゃんって深月くんと仲いいんでしょ?」琴実「うん、、まぁ、同級生だし。」 湖乃実「マジで」琴実「 好きなの?」湖乃実「さぁ どうでしょう」琴実「えー。」とりあえずお姉ちゃんに言おうとしたがやめた。からかわれるから。お姉ちゃんの好きな人翔先輩の好きな人はお姉ちゃんなのか舞咲先輩なのか実乃梨ちゃんなのか。そういや、舞咲先輩と翔先輩って元こいびとどうしなんだよね?

2ヶ月前 No.8

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

琴実Site最近、同じ部の蒼太くんと話すようになった。話の内容はほぼからかうことだが。蒼太くんは翔くんの元カノ舞咲さんの弟さんだ。舞咲さんには。勝ち目がないと思う。でも、、、それでも!それでも好きだ。大好きだ。 今日、サッカー部で蒼太くんに言われた俺が琴実が好きだったらって言ったらどうする?と。え?となり戸惑った。頭が。琴実はずっと翔のことが好きだったから自分のことを好きになってくれる人がいるとかびっくりした。考えてみよう。反省して。蒼太くんのことも。翔への気持ちも。舞咲先輩に伝えるのも。付き合えるかな。きっと断わられるだろうな翔は実乃梨ちゃんのことが好きなのだから。実乃梨ちゃんは侑斗が好きなんだ。だから翔の恋心は届かない。近くにいてるのに心の距離を感じるの。

2ヶ月前 No.9

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

翔Site最近琴実の様子が変だ。というか琴実本人が変なのか。どうなのか。最近、実乃梨ちゃんの事じゃなく琴実のことを考えてしまう。変だ。俺も。俺、実乃梨ちゃんより琴実なのか。な訳ないよな。うん。そう信じよう。第一好きでも琴実は俺じゃなくきっと、同じ部の蒼太がきっと好きなんだ。でも舞咲のこともあるし。ケリもつけないといけない。きっと。琴実は俺か蒼太が好き。ほとんどの確率で蒼太だ。蒼太は期待されてるもんな。キャプテン候補なのだから。俺も七宮キャプテンに期待されたい。でも蒼太も蒼太でプレッシャーなのかもな。七宮キャプテンみたいに努力して副キャプテンを目指そうかな。

2ヶ月前 No.10

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

蒼太Side部帰りに琴実と一緒に帰ってみた。蒼太「琴実!一緒に帰ろうぜ。あ、翔は先に実乃梨ちゃんと帰ってしまったぞ。舞咲姉ちゃんなら今、校庭で告られてると思う。」琴実「舞咲さん、すごいよね。」蒼太「あのさ、いきなりだけどさ。てをつなごう。」琴実「本当、いきなり。」蒼太「ごめん。ほい。かえろう。帰ろう。」琴実「えー。本当、いきなり。許す。あ、そうだ。どこかの風の噂だけど、蒼太くんって琴実のことがスキらしいって聞いたんだけど。どうなの?」蒼太「さあね。(心の声"好きだよ。ってバレてるよ。どうしよう。あー。)」琴実「もう!」拗ねてても可愛いなー。俺が琴実を好きになったきっかけのことを思い出すなー。そこから琴実のことが好きで愛おしく感じるんだな。琴実を可愛いなー。と何度も何度も想う。あー好きになってよかったって。いきなり好きだよ。って言う勇気もなく。ただ。ただ、話してるだけで十分。幸せだ。俺に振り向いてくれなくても。翔と恋に落ちても。好きな人の幸せを暖かく見守ってあげたい。心の距離を感じても。

2ヶ月前 No.11

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

舞咲Side私は自慢じゃないのだかモテる。今日も校庭に呼ばれ、告白された。弟の蒼太からは舞咲よくモテるのな。羨ましいぜ。俺も琴実から好かれたいのに。あー、いいなあー。と。昔は私、翔と付き合っていた。その時はものすごーく翔のことが好きだったのだ。今はというと別に誰も好きではない。翔には新しい恋をしてほしい。たとえば琴実ちゃん。蒼太の次に翔とよく話すから、、、翔の方はどうなのかは分からないけど。振った理由は翔には私と付き合うのが似合わないと思ったからだ。もう吹っ切れてる。自分でもおどろきが隠せない。。。。蒼太にも頑張って欲しい。琴実ちゃん一筋みたいなのだから。そんな一筋って羨ましいな。昔のこと。翔と付き合いだした時のことを思い出す。懐かしい。

2ヶ月前 No.12

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

琴実Side舞咲さんは今は翔のことを好きじゃないらしい。蒼太くんは最近‘‘なぜか''に赤面をする。。一体なんでだろう。謎だ。今日も蒼太くんに誘われて一緒に帰ってみた。蒼太くんってイケメンだなー。と思ってしまった。なんて言うか翔くんとは違うタイプのイケメン。こんな人に好かれてるの?と思う。でもあの噂は本当なのかもしれない。梨乃音ちゃんからの情報だ。さすが梨乃音ちゃん!!よく風の噂分かってるねーと。私 にはわからないけど。うといから。本当だったら衝撃的だ。今までは恋愛対象外だと思ったから。自分に自信がないから。でも、考えてみよう。蒼太くんのことも翔くんへの好意も。どちらが本当に好きなのか。分からなくなってきている。整理しよう。

2ヶ月前 No.13

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

蒼太side琴実はあの噂(俺が琴実のことを好きという噂。)のことを気にしてる。今日も琴実と一緒に帰ってる時に聞かれ、必死に誤魔化した。あの噂は本当で。本当に琴実の事がすきなのだ。琴実一途いや、琴実一筋。、はや二年。おれの遅めの初恋である。舞咲姉ちゃんにも、この感情って何っ!と聞いたらやはり恋ということだった。今日も琴実のことを可愛いなーと想ってしまう。琴実は翔の事が好きなのに。ダメだなーオレってば。と思いつつも俺は必死に片想いをしている。琴実に届ける為に。毎日、毎日琴実の事を考えてたりもしている。恋の病というものにかかったんだな。琴実型ウィルスにやられてしまったみたいだ。好きすぎるこの症状は琴実型ウィルスだ。どんな注射も聞かないと思う。琴実の事ばかり考えてしまうんだ。

2ヶ月前 No.14

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=Oh0CjbibhR

翔side今日は琴実と帰った。蒼太以外の男子と帰るのは久々らしい。俺は琴実のこと好きなのかな。分からない。学校帰りにカフェに誘ってみた。琴実はカフェに行くのが好きだからな。予想通り琴実は喜んでくれている。琴実「翔!翔。これ美味しいね。翔も食べる?はい!あーん。」翔「そ、それって間接き、間接チューになるじゃん。」琴実「え///あ、ごめん。」翔「別にき、チューしてもいいけど。」琴実「ん?なに。別になに?」翔「なんでもナッシングだよ。」琴実「ナーニそれ笑」笑ってる顔可愛いなー。。じゃない。じゃない。いやいや、俺は実乃梨ちゃんが好き。好き。琴実///琴実、、、ことみ、、あー、俺は琴実より実乃梨ちゃん!!実乃梨ちゃんなんだよ。でもなんで琴実に照れたりヤキモキするんだろうか。好きだとしても琴実は蒼太が好きだと思う。蒼太は琴実が好きなのは確実だし。今からじゃ遅めだよな。

2ヶ月前 No.15

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

蒼太Side

俺は琴実に告白しようと思う。いきなりだけども。琴実はどんな反応してくれるのかな。付き合ってくれるのかな。振られちゃうのかな。


でも、振られてもきっと俺は琴実のことが好きなんだと思う。それはさておき、今から琴実とケーキバイキングに行く。


琴実の喜んだ顔が見たい。すごくすごい見たい。


蒼太「好きだ、、、あ、やべ。言っちまった。」琴実「え?」蒼太「やっぱ何でもない。な?」琴実「え?え?」


琴実「言って!もう一回。」蒼太「ずっと前からその、、琴実のことが好きなんだよ。考えておいてよ。」琴実「えーえっ?えー」

1ヶ月前 No.16

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

琴実Side

蒼太くんに告白された。ずっと前からその、、琴実のことが好きなんだよ。って。それを聞いてなぜに心がドキドキした。


なんで・・・蒼太くんにドキドキするのだろう。いやいや、私は翔一筋なのに。蒼太くんに告白されて気づいた。私、蒼太くんに惹かれつつあるってことを。


でも分からないからじゃない気持ちをはっきりさせるために。琴実「もう少し考えさせて欲しいです。」蒼太「うん、、、返事待ってる。いつもでも待ってる。でも俺が琴実を好きなのには変わりないからな!それだけ覚えて欲しいです。」

そんなこんなで部活。才能型の先輩でキャプテン七宮宗先輩と努力型の先輩副キャプテンの早川奈央鳥先輩からキャプテン、副キャプテン誰にしようかなー。とマネージャーのみんなで会議をしている。奈央鳥「副キャプテンは翔でキャプテンは蒼太がいいんじゃない。ね?琴実マネさん。」琴実「はい。そうですね。」宗「おー。いいじゃん。いいじゃん。」夢乃「うーん。」宗「よーし。決定。帰るぞ。」

1ヶ月前 No.17

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

翔Side


琴実が蒼太に告白されたらしい。蒼太が琴実にずっと前からその、、琴実のことが好きなんだよ。って。


見てしまったし、聞いてしまった。

琴実の返事は。もう少し考えさせて欲しいです。蒼太の返答はうん、、、返事待ってる。いつもでも待ってる。でも俺が琴実を好きなのには変わりないからな!それだけ覚えて欲しいです。と。言えていいなー。


いやいや、なんで俺が蒼太にヤキモチやっているんだろう。俺が好きなのは実乃梨ちゃんが好きだったのに。


舞咲に、、、俺の元カノに聞こう。一応。蒼太の事は姉で元カノの舞咲なら知ってると思う。舞咲「あれ、、翔?」翔「おー。舞咲。」舞咲「気持ちに気づいたの?」翔「琴実のテレパシーみたいな感じだな。」舞咲「ん、、だね。蒼太が琴実に告っちゃったけどどうなの。」翔「分かんねえ。それより舞咲は瀬戸だっけ?瀬戸とはどうなの?」舞咲「うん。いいかんじ。」




ーその頃琴実ー琴実「うん。蒼太くんに告白の返事言おう。」

1ヶ月前 No.18

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

愛心Side


私には恋よりお兄ちゃん瀬戸壮吾が大好きである。恋ってなんだろうー。


琴実ちゃんによくあーこは壮吾くんが大好きなんだね。そうなんです!で返した。

あー、琴実ちゃん可愛い。そんな事ないよーと言われるかもだけど。だからかな。蒼太さんは琴実のことがずっと、、、ずっと好きだったんだって。


恋ってなんだろう。お兄ちゃんも恋してるのかな。お兄ちゃんはな、い、し、ょとか教えるか。言うもんかとか言うけれどお兄ちゃん、、、お兄ちゃん。


お兄ちゃん。あーこはお兄ちゃん大好きです。嫌がれても。この年で珍しいのかなあー。


あーこはよく琴実ちゃんからあーこー。あーこーを連呼される。だからあーこも琴実ちゃあーん、琴実ちゃあーんを連呼する。琴実ちゃあーん大好き。えへへ。

1ヶ月前 No.19

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

壮吾Side


琴実がうん。蒼太くんに告白の返事言おう。と言っているのを見かけた。


琴実は蒼太が好きだったんだ。え?でも琴実は翔のことが好きなんじゃねーのと俺氏は思っていた。


まぁ、俺は舞咲と今付き合っている。舞咲と一緒に蒼太も翔も見守ってやろう。



妹愛心からあーこはお兄ちゃん大好ーきと言うけれど妹のお兄ちゃん大好きは勘弁してほしい。


琴実が今誰が好きなのか。翔になるのか蒼太になるのか。



それを期待する。妹愛心も恋してほしい。

片思いの場合もあるけれど舞咲と一緒に入れることすべてが愛おしい。舞咲の全部が好きだ。好きで好きでたまらない。



愛心が好きになる相手ってどんな人だろうかチャラくないのだろうか兄として心配だ。

1ヶ月前 No.20

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

蒼太Side

琴実から保留だった告白の返事がきた。ありがとう。えっとね。その、、、まだわからないからあともうちょっとだけ考えて欲しいです。と。


うん、、、そうか。そうなのか。琴実戸惑ってるなあと思った。翔のこともあるし、舞咲のことも気がかりだと思っているのだろうな。

俺、琴実に誘いのメールを送ろう。あーこと壮吾、翔や由芽と智恵里、萌々子と舞咲、麻咲ちゃんと麻陽ちゃん、梨乃音で遊ぼうとする。




グループメールにこんな感じで。souta(蒼太)「なあなあ、このグループでさ、遊ぼう。」あーこ(愛心)「はい。いいですねえ。」ことみん(琴実)「え?行きたーいです。蒼太いいの?」kakerunaga(翔)「俺もいいの?」mayo(麻陽)「いいの?私も。」もも(萌々子)「えー。行きたい。どこがいいかな。」dollydream(由芽)「うーんと告白で有名な。」maisaku(舞咲)「えー。どこでも。」




maasa(麻咲)「えー。あっち?」そうご(壮吾)「うん。そうみたい。」charry(智恵里)「楽しみ。」

rinon(梨乃音)「え。いきたい。」souta(蒼太)「うん、、、楽しみ。」実はこれは俺がもう一回琴実に告白する口実なのだ。申し訳無いなあ。

1ヶ月前 No.21

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

翔Side

当日になった。愛心ちゃんと壮吾、翔や由芽と智恵里、


萌々子と舞咲、麻咲ちゃんと麻陽ちゃん、梨乃音と琴実と遊びに出掛けることになり、今、ボーリングを決行している。

萌々子「じゃ、ほんじゃあ、投げまーすよー。ほい。(ボールがストライクになった。)」麻陽「ももちゃんすごーい。」麻咲「萌々子すごい。」萌々子「ありがとう。」翔「次は琴実だぞ。(とハイタッチをして何かを手渡した。)」





琴実「え?あ、うん。いっくよー。ほい。(何か(手紙)を受け取り。見てうん、わかった。いまから行くね。の相槌をする。)」愛心「つぎはあーこだね。いくよー。あれ、いない」智恵里「だよね…そういえば。」舞咲「翔も琴実ちゃんもいない。」蒼太「どこに行ったんだよー。」



翔「ん、、、いきなり抜け出しちゃってゴメンな。2人で。いきなりだけどさ。」琴実「何?」翔「その…琴実はさ。蒼太に告白されたじゃん。」琴実「うん、、、」


翔「どうなの?」琴実「迷ってる。ずっと好きな人を取るか蒼太くんをとるか。迷ってる。」


翔「そっか…俺さ。ずっと気づかなかったことがあるんだけど。」琴実「なに?」


翔「俺、ずっと、多分、実乃梨ちゃんのより琴実のことが好きだったのかなって。最近思うんだ。テレパシーで分かったよ?へへへっ。の時の顔とかドッキリ大成功!の時とかサッカーのマネージャーをひたむきにがんばってすごいなって。その、、、多分だけど俺さ、その琴実の事好きだ。そのなんていうかその迷ってるならゆっくり考えてくれ。」

琴実「うん、、、」翔「そろそろみんなのところに戻らないと。」




梨乃音「あ、琴実と翔いた!」由芽「さ、さ、戻ろう。ね?」琴実「うん、、、」翔「おう。」

壮吾「ジュース買おう。」愛心「うん!!!」由芽「買ったら帰ろう。まっすぐ。」


1ヶ月前 No.22

りっぴー(りさ)☆6MYWIrjL3lc ★Android=r0MNurT7Yd

蒼太Side


結局俺はもう一回告れなかった。タイミングが悪かったからだ。でも、琴実が翔と俺となーっちを連れてどこかにまた行こうというお誘いだった。


俺はもちろん行きたいと答えた。琴実はそれまでに気持ちをはっきりさせるから。待ってて。と。そこまで考えてくれたんだ。俺の事。思わず期待してしまいそう///


琴実が俺の事、、、俺の事、、、好きなんだ///あー、俺ってば。一体。何をかんがえてるんだよ。はぁ。



告白の言葉もまた考えないと。萌咲「お姉ちゃん!蒼ちゃんがヤバってるよ。」舞咲「これは重症だな。琴実型ウィルスだね笑」蒼太「ちょっと、萌咲さん、舞咲。どういう意味?」萌咲「お兄ちゃん。分かるでしょ。」舞咲「毎日毎日、恋症候群だよ。」


凪彩「そうちゃんハロー。」蒼太「ハロ。」凪彩「蒼太も自分の心にもケリをつけなよね。自分の気持ちにも。付き合う付き合わない関わらず。」蒼太「どういう意味?」

1ヶ月前 No.23

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=aMioylpnXX

蒼太Side

凪彩に言われ、自分の心にケリをつけることにした。要するに二回目の告白だ。

琴実言わく俺の告白の返事ちゃんと決めたらしい。琴実を発見した。おはーと言おう。

蒼太「琴実、おはー。」琴実「おはよう。蒼太くん。あ、そうだ。その、、、なんていうか。そのえとー。蒼太くんがしてくれた告白の返事決めたから」

蒼太「え?ん?」琴実「だからえっと、、、今日、放課後部活終わったら返事言うから待っててね。一緒に帰ろうよー。ね?いきなり過ぎだよね。」蒼太「んんん、いや、大丈夫だよ。返事待ってる。」



萌々子「蒼太くん、、、告ったんだ?」蒼太「おおおー。萌々子びっくりした。おはよ。」萌々子「はよ。で、返事今日、聞くんだ?」蒼太「うん、、、」


萌々子「最近、蒼太に告られてゆらいでるらしいよー。」蒼太「へえ。そうなんだな。」

ー部活中帰宅準備ー
夢乃「大翔、おつかれ。」大翔「うん、、、おつかれ。。翔もおつかれ。」翔「おつかれ。そういや、琴実が待ってるみたいだからいけ。」蒼太「うん。」





ー部活終わりー

琴実「蒼太くん、あのね。」蒼太「ん?」琴実「なんていうか、うまく言えないけど。私に告白してくれてありがとう。」蒼太「///ん、、、」琴実「私!蒼太のこと、、、」

1ヶ月前 No.24

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=sIfnkycPO6

琴実Side

琴実「好き、、、」蒼太「え?」琴実「でも、、、うまく言えないけど。その、、、なんて言うかその。。私はやっぱり翔が好き。あ、もちろん、蒼太のこと好きだよ。でも翔への好きとは違くて。」


蒼太「ん、、、ごめんね。急に好きだ。なんて言って。」琴実「いやいや、気にしないで。」蒼太「翔とも頑張れよ。なんなら今、翔待っててくれてると思うからさ。いけ。と言われたけど。琴実を待ってると思う。行って来い!琴実!!」


琴実「うん、、、ありがとう。ごめんね。」蒼太「いやいや、大丈夫。早く行け。」琴実「うん、、、」



翔「琴実?どうしたの?焦ってるけど。」琴実「翔。あのね、、、」翔「え?どうしたの?」琴実「急にだけど。翔、好きだよ。」


翔「本当に急だな。」琴実「うん。急すぎたよね。」
翔「うん、、、」琴実「そうだね」

翔「///ありがとう。俺も好きだよ。」琴実「え?今なんて?言った?」翔「うっさい///(と言いキスをする。)」


琴実「翔も急すぎ。」翔「生まれつき、急すぎなんだよ。」琴実「何それ笑」


翔「みんなにも言わないとな?俺達が付き合う事になりましたって。」琴実「そうだね。言わないと。」

1ヶ月前 No.25

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=sIfnkycPO6

翔side

俺と琴実は晴れて付き合う事になった。それをまず報告したのは副キャプテン早川奈央鳥先輩と弟の早川秀磨

だ。反応は。翔「実はその、、、俺と琴実は付き合う事に」琴実「なっちゃいました。」秀磨「おめでとう。よかったな。兄貴もそう思うだろう?」奈央鳥「おう。」


翔「そういや、秀磨。気になる子とはどうなんだよー。同じ天文部で琴実の従姉妹の。」

秀磨「言わねー。言わないからな。」翔「言えよー。」麻有「なにを?」奈央鳥「あれを(麻有を好きなのを。)」翔「言ってしまえ。」

1ヶ月前 No.26

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=sIfnkycPO6

琴実side


晴れて私と翔は付き合うことになった。次に報告したのはあーこと萌咲ちゃんと湖乃実とりのっぺ、千優と環だ。反応はこうだ。

琴実「私、翔と付き合うことになった。」


梨乃音「え?おめでとう。」萌咲「ん、、、すごいじゃん。お兄ちゃん振られてるけどさ。まあ、好きなら。」


湖乃実「琴実やるじゃん。すごいね。見守るね。」



琴実「ありがとう。」愛心「お兄ちゃんにも報告しないとだ。」

千優「感動。おめでとう。」


琴実「ちゆちゃんありがとう。頑張ろう!!!うん」

千優「頑張れ。」環「うん!!!頑張ってね。ことみん!」


萌咲「優しく見守ってるからさ。」

琴実「うん、、、ありがとう。」環「うん、、、」



翔「おーい。琴実!!」千優&環「翔くん呼んでるみたい。言ってこい。」

琴実「うん!」

1ヶ月前 No.27

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=7bvNxXtLgP

蒼太side


言われた。言われてしまった。
琴実に。自分の中でもケリをつけれたし、
後悔してない。

でも、でも好きな子の幸せを見るのは辛い。だからしばらくは翔と琴実が急接近して、びっくりしたし、俺は、俺は。

萌咲「そーくん!なに、言ってるの?そんなにショック?」舞咲「壮吾と愛心ちゃんと真夕呼ぼうか?」


蒼太「え?」舞咲「というかもう来てるけどね。」


壮吾「舞咲から聞いた。」愛心「蒼太くん、って好きだったんだ?琴実ちゃんの事。」




蒼太「なんで、、、知ってるんだ。」愛心「へ?」


麻有「あ、噂かな。有名で。天文部まで聞こえちゃってね。ごめんなさい。蒼太さん。」

蒼太「あ、いやいや。大丈夫だよ。」舞咲「本当に?」

愛心「じゃあ、愛心がどうにかしようか?」

蒼太「へ?どうにか?」
愛心「うん。あ、べつに変なことじゃないけどね。」


ーその頃

琴実「はあ。」 翔「へへへっ。」琴実「何、翔!」

21日前 No.28

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=7bvNxXtLgP

翔Side

翔「へへへっ。」琴実「何、翔!」


琴実のなに!翔って声が可愛い。本当、琴実とつきあえて嬉しい。翔「いやー、別に。」琴実「べ、別にって何よー!」真夕「翔くん、ことみん。」翔「ま、、、」琴実「ゆ、、、ちゃん真夕ちゃん。」真夕「翔くん、、ことみんごめん。じゃあ、去ります。」



翔「へ?」琴実「で、なに。」


翔「いまじゃねーけど俺と結婚してくれるか?」


琴実「してあげる!!!!」

15日前 No.29

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=k5pW8DjTRG

してあげるか。じゃあ、する?結婚!!早いか。いちおうあともう少しでいける歳だよ。

琴実「そうだね。。できるね、」翔「あ〜早く結婚したいぜ。。」


琴実「翔!気が早い。まだ、高校2年生だよ。早い。」


翔「そうだね。でも琴実だーいすき。。」


琴実「え、ちょ、、、翔!!!!!」


ー翔の夢ー


子「パパー!ママー。」翔「おー。」

神父「汝健やかなときも夫翔を愛することを誓いますか?」琴実「誓います!」


翔「ふあー一体俺は何と言う夢を見てんだよー。」

琴実「だよー。」蒼太「そーだよ、翔よー。」


翔「うぉー、蒼太!!」蒼太「よっ、琴実、翔。」

琴実「蒼太くん、、、だ。」蒼太「よっ、琴実」

翔「奪うなよ。琴実のこと!」蒼太「結局、諦められないから翔が悲しませたら奪いにいくよ。琴実の心を。」

3日前 No.30

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=k5pW8DjTRG

蒼太side

翔「え、奪いにいく?ダメだ!」蒼太「まあ、諦められないのは事実だし、もしそうなったらだから!!!」

琴実「何の話?」蒼太「男同士の内緒!!!」ああ、やはり諦められない。琴実のこと。この心は何故だろう。


とりあえず翔の妹世那ちゃんに相談しよう。。

世那「あ、、、蒼太さん。翔兄ちゃんなら。琴実ちゃんと。どこかに。」蒼太「相談したいことがあるんだ。」世那「なんです?」



蒼太「琴実のことが諦められなくて。」世那「それをわざわざ言いに来てくださったのですね。」

蒼太「電話してみるよ。琴実に。(pipi)」琴実「はい。」蒼太「もしもし?琴実?俺。」琴実「蒼太くん?」蒼太「いきなりだけど俺、琴実のこと、諦めてやれない。」琴実「え、なんで。」

蒼太「ごめんな。琴実。はっきり振ってくれ。俺、やっぱり琴実のことが好きなんだ。」

琴実「うん、、、ごめんね。私!翔のことが好きだから本当に、本当にごめんね。少しづつでいいから友達に戻ろう。」

蒼太「うん、、。」


2日前 No.31

りっぴー(りさ) @risakuma ★Android=k5pW8DjTRG

琴実Side

なんか、申し訳ないなあ。蒼太くんの事。
翔よりもずっと好きでいてくれたのに。

翔「おはよ。どうしたの?」琴実「か、け、翔。。」


翔「どうしたんだよ。元気だせよ。」琴実「言ちゃったの、はっきり、蒼太くんに、翔のことが好きだから本当に、本当にごめんね。少しづつでいいから友達に戻ろう。って」

翔「そうなんだ。な。蒼太は俺よりずっと琴実を好きだったもんな。でも俺、琴実への好きって感情は負けねえ。自身ある。だから琴実、、蒼太と友達でいてくれ。」



琴実「わかってるよ。翔大好き!!!!」翔「俺も大好き。(不意打ちキスをする。)」

琴実「え、、、」蒼太「おはよ。ごめんな。昨日は。」

琴実「んんん、いいの。」蒼太「これからも翔と琴実と蒼太くん仲良しでいようね!!」翔「うん。」


蒼太「琴実、、とことん、良い人だな。琴実も翔も大好きだ。」









end

1日前 No.32
切替: メイン記事(32) サブ記事 (16) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)