Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

この恋はLast love?

 ( 恋愛小説投稿城 )
- アクセス(182) - ●メイン記事(3) / サブ記事 - いいね!(1)

美月(*^▽^*) @mituki13 ★ZavXIHvZJs_cy3

「おっはよ〜う!」
教室に入った瞬間に飛び込んでくる、朝から元気のいい声。
「おはよ」
小さく、ほぼ囁き声で私はそれを返した。
今日もいつもと同じ日々が始まる。
対して面白いこともなく、大事件もなく、怒られてばかりの日々。
面白さが欲しい。楽しさが欲しい。トキメキが欲しい。
これを味わうことのできた瞬間。世間ではそれを、恋というのだろうな。
恋…。
カバンの中から宿題を取り出しながら、私は考えた。

私にとってそれは、もうほぼ諦めた、妥協の塊のようなものだった。
次の恋もきっと、ろくでもなく始まって、ろくでもなく終わるのだろう。
そう思っていた「恋」。
それはいつしか、私にとってとても貴重なものになっていったのだった…。

1年前 No.0
メモ2017/01/29 12:37 : 美月(*^▽^*) @mituki13★ZavXIHvZJs_cy3

長谷川 奈津乃(Hasegawa Natsuno)


この物語の語り手。中学2年生。帰宅部。ピアノを習っている。

恋多き女で、今までの人生でたくさんの恋をしたが、本当に好きで本気になることのできた恋はまだしたことがない。

夢中になっていることもピアノのほかは何もない。

髪型は肩に届くセミロング。背は意外と高く、目は涼しげな一重。

周りから「冷めてる」と言われていて、あまり人付き合いを好まない。

同じクラスの麻美香と仲が良く、よく一緒にいる。

ある日、同じピアノ教室に通う先輩の陽と偶然待合室の椅子で出会い、『最後の恋』をする。


坂下 陽(Sakashita You)


中学3年生。バスケ部。

変わった性格で、バスケ部でありながらバスケは「数あるスポーツの中で一番苦手で一番嫌い」と自ら公言している。

ピアノに命を懸けていて、将来の夢はピアニストだが、親から反対されている。

身長はかなり高い。顔が縦に長く、彼のコンプレックス。

奈津乃の通うピアノ教室に通っていて、ある日彼女に偶然会う。

昔彼女がいたという噂があるが…?


高橋 麻美香(Takahashi Mamika)


奈津乃の友達。中学2年生。吹奏楽部でフルートを吹いている。

前までとあるグループにいたのだが、ある事件をきっかけに仲間外れにされるようになり、不登校になりかけたところを奈津乃に拾われる。

髪型は胸の位置まであるツインテールで、色は亜麻色の混ざった黒髪。

背が小さく、目はぱっちり二重。小柄で華奢な姿で、男子からも好かれている。

ぶりっ子すれすれの性格で、語尾に「〜なの」をつける。

天然でかわいらしい一面も。

幼稚園の頃からの好きな人がいるが、その恋は終わりを告げようとしている。

ページ: 1

 
 

美月(*^▽^*) @mituki13 ★ZavXIHvZJs_Q15

私の初恋は小1だ。
相手は、入学式の時に隣の席になった大谷崇志。
保育園が同じだったが、あまり話したことはなかった。
「たかちゃん」と呼ばれていて、私もよくそう呼んだ。
私達は良く話した。それは席が近かったからであった。
何かきっかけがあったわけではなかったが、私は「好きな子はたかしくん」と、自分から友達や家族に言って、それはちょっとした噂になった。
でも、その恋は9月の席替えですぐに終わってしまった。
私は今度は、前の席の藤森壮也という子に恋をした。
これにはちょっとしたきっかけがあった。
私はある日、書写の教科書を家に忘れてきてしまった。
その日忘れてきた子はたくさんいて、その時私の隣の席だった人も忘れてきていた。
困っていると、彼は前の席から振り返り、私に教科書を差し出した。
「これ2人でみて。俺は美貴ちゃんのみるから」
そう言って、前に向き直った。
その何気ない優しさに、私はハートを撃ち抜かれた。
今度はその恋心を大っぴらにするようなことはしながったが、周りのみんなにはバレバレだった。
なぜなら、私の視線は常に彼を追っていて、グループ行動や体育の時間にも、私は積極的に彼に近づいてアピールしていたからだ。
しかし、その恋は実らずじまいだった。
なぜなら、彼が当時好きだったのは、その時隣だった一之瀬美貴だったからだ。
私が彼を思い続けていたように彼も彼女を思い続けていて、私達に教科書を貸したのも、彼女に「カッコいい」ところを見せたかったのと、彼女の教科書を見たいという、幼いながらのちょっとした下心からだった。
ちなみにその二人は今付き合っている。彼はよっぽど一之瀬美貴が好きだったとみてとれる。
1年生の恋はそんな感じだ。
それから同じクラスのまま2年生になり、今度は一緒だった学童クラブの佐藤とかいう子を好きになった。
名前は覚えていない。ただ、すごく女の子らしい名前だった記憶はある。
名前と同様、佐藤くんは見た目がすごく女の子だった。
いつもピンクっぽい服を着ていて、目も大きくてかわいらしく、まつげが長く、顔も小さく、背も小さく体も細くて、とっても華奢な男の子だった。
おまけに髪も女子っぽく、よく女の子に間違われて、「お嬢さん」とか言われていた。
そのせいで、男子からはものすごくからかわれていた。
いつも男の子たちの遊びから仲間外れにされ、教室の隅で一人で本を読んでいたその姿は、今でも不思議と私の脳裏に染みついている。
大きくてきれいな目と長いまつげを引き立たせ、女の子らしく足を閉じ、微かに微笑みを浮かべ、ときどき外で遊ぶ子たちを眺めていた。
その姿を見れば、女の子だけじゃなく、きっと男の子だってイチコロだったと思う。
私はその姿に見とれていた。
だから、今回も隣で一緒に本を読んだり、ちょくちょく話しかけていた。
おかげで私はその子の「親友」になれた。
でも結局その子は遠い県に引っ越してしまった。
それから3年。この年は転校生が一気に4,5人くらい来た。
その中で、私は同時に3人の男を好きになった。
ただ、一人は勉強がすごい、一人は運動神経抜群、一人はイケメン、という感じ。
なので、それぞれの気分で好きな人を見ていた。
それぞれの欠点は、ぽっちゃり体型、女子にそっけない、性格悪し、というところだった。
だから、すぐみんな嫌いになった。
んで、音楽会の時に隣でリコーダー吹いてた渡君という子に惚れた。
練習中よく話したり、分からないところを教えてもらったりして、やっぱりどんどん好きになっていった。
でも、この気持ちは途切れた。
原因は、クラス替え。
私の恋は、基本疎遠になったら終わる、というパターンらしい。
それから一人好きになって嫌いだといわれ、また一人好きになったと思ったら転校し…。
4,5年生の頃は、そんなことの繰り返しだった。
それから6年。
児童会で、私は放送委員会の副委員長になった。
そこで、委員長の鈴原龍雅を好きになった。
委員長会などで一緒になり、よく話し、よく相談した。
放送室で2人きりになることも多く、私の胸はドキドキだった。
何と、この恋は一年続いた。
だが、その間に今度は年下の男の子にキュンとしたこともあったが…この話はやめておこう。
その恋も、学校が分かれたことにより終わってしまった。
そして、中学1年生。
このころになると、私はもう恋愛についてよくわかってしまっていた。
そこで、同じクラスになった直也を好きになった。
今までと違うところは、私は彼と付き合ったことだ。
デートはもちろん、ハグも、キスもした。
一緒に帰ったり、テニス部で頑張る彼を応援したり、誕生日にクッキーを渡したり…いかにも彼女らしいことをした。
だが、10月のある日、私はフラれてしまった。
どうやら私の態度がそっけなさ過ぎたらしい。
「ツンデレで可愛いけれど…でも、そっけなすぎるよ。俺のこと好きか聞いてもちゃんと言ってくれないし…。」
そう言葉を濁され、私は彼と別れた。
それから1ヶ月後、私はまたすぐに彼氏を作った。
だが、こいつは最低なやつだった。
私が話した恥ずかしい話や同級生やタレントの悪口、陰口等を、彼にばらされた。
それからすぐに別れたが、私は「冷淡で薄情で根が黒い最低な女」と肩書をつけられ、嫌われた。
でも、私には麻美香がいた。
それはとても大きく、私の心を温めた。
そして、そのまま中2になってしまった。
あの頃の噂が残ってしまい、一部の女子には嫌われたが、麻美香や、こうやって声をかけてくれる子たちもいた。
ただ、私は人が嫌いだった。
四六時中くっついて授業中もぺちゃくちゃぺちゃくちゃしゃべって、泣いたら同情して慰めて、集団で男子を責める…。
そういうの、大っ嫌い。
でも、麻美香との関係にそれはなかった。
麻美香は元々そういうグループにいたにもかかわらず、そういう付き合いをしない子だった。
彼女の声は甘く、べたつかず、サラサラしたの不思議な声だった。
そんな麻美香が、私は大好きだった。

「なつ、おはよう!」
そんな事を考えていたら、麻美香が来た。
噂をすれば影が差す、とはこの事かな。噂したわけじゃないけれど。
「おはよ麻美香」
そうだ、恋だのなんだの言ってられない。中学校という戦場から早く抜け出さないと。そのために頑張らないと。
あ、そういえば今日は、ピアノの日だった。
そんな事を考えているうちに、さっきまで考えていたことなど、消えてしまった。

1年前 No.1

美月(*^▽^*) @mituki13 ★ZavXIHvZJs_Ev4

「ねえなつ。麻美、今日何時に起きたと思う?」
ぱっちり二重のくりくりした目を向けて、麻美香が話しかけてくる。
「分かんない。何時?」
ろくに考えもせずに、聞いた。
「もう、もっと考えてよ!でも、なつだから許す」
麻美香が笑った。
「正解は、7時50分なのーー!」
時計を見ると、今は8時だ。
麻美香所属の吹奏楽部の練習開始時間は7時半。
それなのに、帰宅部の私と同じ8時ごろに学校に来た。
今も楽器の音が聞こえているのに、彼女は教室で私と話している。
麻美香は一週間のうち2回はこうやって部活をさぼる。
最初はかなり怒られていたけど、微塵も反省の色を見せない麻美香に、みんな諦めているようだった。
…まあもともと、麻美香の不登校の原因も吹奏楽部だったから、その点に関してはみんな文句が言えないのだろう。
「ご飯食べたの?」
「ううん、食べてない。でも、持ってきた」
そういって、麻美香はずっと握っていた手を開いて、私の机の上に食パンの耳をぶちまけた。
「…何で耳だけ…」
「顔洗って着替えて髪結んでたらママに『ご飯食べて早く学校行け』って言われて、『そんな時間ない』って言ったら、『じゃあ食パン持ってって歩きながら食え』って言われて、でも面倒だったから耳だけ取って持ってきたの」
耳だけ取る方が面倒ではないのか。
そんで、部活から戻ってきた人に、奇異な目で見られる。
それにもかかわらず、包み隠さずオープンにそれを食べる麻美香。
「なつも食べれば?」
そういって勧めてくる。
「…断る」
「え〜?おいしいのに」
口にものを入れたまま、喋るのだ。
麻美香はアイドルみたいに可愛いんだから、こうじゃなければもっといいのに。
でも、だからこそ彼女のファンも多い。
私も、そんな麻美香が大好きだ。
そうこうしているうちに、読書の時間が来た。

「これで帰りの会を終わりにします。さようなら」
今日も一日が終わった。
だるい一日。特に何もない、暇で退屈で憂鬱で…。
…まあ、麻美香のおかげで楽しいこともあったけど…。
とか言ってる場合じゃない。私は足を速めた。
今日はピアノだ。急がないと怒られちゃう。
ピアノは、3歳の頃から始めた。
ドレミファソラシドから始まって、今ではカノンが弾ける。
ピアノを弾いてる時だけは、何にも考えられずに、自由になれた。
そして、ピアノ教室についた。
4階まで、階段を一気に上る。
着いた。時計を見ると、4時20分。
始まるのは4時半だから、ちょっと時間がある。
待合室の椅子で、待つことにした。
いつも誰もいない待合室の中。勢いよくドアを開けた。
・・・びっくりした。
そこには人がいた。男だった。背が高すぎる。
私が今着てるのと同じ制服で、脚を組んで、カバンを放り投げていた。
「…祖高中のやつ?」
その人が話しかけてくる。
「はい」
そう返した。
「俺は坂下陽。知ってる?」
その人が聞いてきた。
「知りません」
人間に興味はない。
「そっか。君は?」
また聞かれた。
「奈津乃です。長谷川奈津乃」
淡々と、そう答えた。
「奈津乃…。あ、君もしかして、春川の彼女さ…」
「やめてください」
すぐにそう答えた。春川という名前は聞きたくもない。
「あ、そっか、別れたんだよな。・・・まあ、あんな最低な野郎の事なんか気にしなくても…」
「もう忘れたんで」
「でも、そうやって抑制するなんて、まだ未練があるんじゃ…」
うっとうしい。どこまで引っ張るつもりなんだ。
更に話しかけられそうになった時、「奈津乃ちゃん」と、中村先生の声がした。
「あ、すぐ行きます」
もう10分もたっていたなんて…。
「じゃあね。また会えるといいね」
え?アイツ今なんて言った?
振り返ると、もうドアは勝手に閉まっていた。
…何だろう。もっと話したいような…。
そこですぐ気づいた。
ああ、私はまた、懲りずに恋をしたんだ。
この恋もまた、ろくでもなく終わるんだ。
そう、思っていた。
レッスンが終わるともう誰もいなかったので、私はすっかりこのことを忘れてしまった。

1年前 No.2

美月(*^▽^*) @mituki13 ★ZavXIHvZJs_ily

次の日の休み時間。
麻美香が本を返したいと言ったので、一緒に図書館に行くことにした。
彼女が今借りている本は、小林深雪という人の「かわいくなりたい」という本だ。
こーゆー系の本への興味は皆無なので内容はよくわからないが、おそらく【どうすれば可愛くなれるか】みたいなことが書かれた本なのだろう。
それで、この前その本を読んでいる麻美香に「そんなの読まなくても麻美香は可愛いよ」といったら、ちょっと間を置かれた後に「なつっておもしろーい!」と笑われた。訳が分からない。
…と、思い出しているうちに、図書館に着いた。
・・・次の瞬間、背筋に電流が走った。
図書館から、昨日のアイツが出てきたからだ。
アイツじゃなくて、名前は…思い出した。確か、坂下陽、だった気がする。
「奈津乃ちゃん!」
彼は、満面の笑みで私に向かって手を振ってきた。
「だあれ?」首を傾げる麻美香に先に中に入っているように言ってから、私は彼を睨みつけた。
「やめてくださいよ。何で手なんか振ってくるんですか」
「ごめんごめん。きのう君に会って、何か、懐かしさを感じたんだよ」
ナンパかよ。
「懐かしさって何ですか。会ったの、昨日が初めてですよね」
「それでも懐かしさって感じるもんなんだよ」
やっぱりナンパっぽい。
「あの、一応友達待たせてるんで…」
「あ、ごめんごめん。じゃ、またあそこで会おうね!」
「え?昨日はたまたまいたんじゃないんですか?」
「ううん、昨日から、木曜日のあの時間にやることになったんだよ。じゃ、また!」
彼は、風のように姿を消した。
…どうしよう。心の声とは裏腹に、私の心臓は激しく波打っていた。
また、好きになってしまったのか…?
そのことに、恐怖を覚えた。
何故だろう。好きになるのは怖いことではないのに、私はいつも怖くなる。
それは、裏切られるとか、嫉妬してしまうかも、とか、傷つけてしまうかも、とか、そんなことばっかり考えてしまうからなのだろうか。
それより、気になることがあった。
私は、昨日初めてあの人にあったとき、得体の知れぬ親近感に襲われた。
「意味不明なことばかり言ってくる、初対面の先輩」が、第三者から見た私にとってのあの人なのだろう。
でも、私は、もっと別のものを感じた。
それは好きになったからというわけではない。もっと前から知っていて、それでいて、普通の男子相手と同じように接していたような…
「なつ!」
麻美香の声で我に返った。
「一人で何してるの。帰ろ」
そう言って、彼女は私の腕に自分の腕を絡ませてきた。これではまるでカップルだ。
「ね〜え。さっきの人って誰?彼氏?」
麻美香が耳元で訊いてきた。
「ううん、昨日ピアノの時に初めて会った人」
「そんな人が手振ってきたの?あんな笑顔で?
や〜ん、めっちゃ脈ありじゃん!付き合っちゃいなよ!」
若い子がよく言うセリフでも、麻美香が言うとなんだか違うふうに聞こえた。
「いやいや、気が早いよww私だって、その人の事別に…」
言葉に詰まった。
「好きじゃない」と言ったら、私は麻美香に嘘をつくことになる。
でも、好きだと言うには微妙だ。
「あ!」
どういえばいいか悩んでいると、麻美香が声をあげた。
前から、佐藤匠が歩いてきたからだ。
彼は、幼稚園の頃から麻美香が恋い焦がれてきた相手だ。
「女の子みたいな名前で可愛い」という理由で自分から相手に近づき、友達になったそうだ。
しかも最近彼と同じ名前の俳優がいることも知り、それと彼がそっくりだと大興奮していた(あまり関係ないが)。
小学校低学年の頃までは、2人の中は良好だった。
麻美香は「大人になったらたっくんと結婚するの」と、いろんな人に言っていたそうだ。
しかし、4年生になったときから、匠は急によそよそしくなった。
「大きくなったから、照れちゃったんでしょ」とみんな言ったが、本当の理由が別にあることを麻美香は知っていた。
彼は5歳も年上の姉の友達を好きになってしまったからだ。
彼は元々、「頼れるお姉さんみたいな人」がタイプだった。
子供っぽい麻美香の事は、友達程度にしか思っていなかったのだろう。
だから、今こうやってすれ違ったときも、彼は見向きもしないのだ。
そのことについて麻美香は「好きな人ができちゃったんなら仕方ないよね〜」といいつつも、自分を好きにさせるチャンスを狙っている。
でも、去年麻美香は吹部の先輩たちとちょくちょくデートしていたという話も聞く。
それでも、今去っていく匠を見つめる麻美香の目に、ウソは微塵も感じられない。
やっぱり、麻美香は不思議な子だ。
そんな風に思いながら、私は次の木曜日の事を考えていた。

8ヶ月前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)