Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2


 
 
そして、私の大好きなNo.76 だけを表示しています。

このはβ.+・。* @harusaki ★xWbgY3bL81_hBy


話を聞いた翌日、工場の近くを歩いていた時、ユウさんに呼び止められた。




「ユウさん、どうしたんですか?」


「カオリは……いないね」




キョロキョロしながら、ユウさんはそう言った。




―― ?




「あのさ、ナツと話したんだけど、カオリの結婚&退職祝いを3人で買いに行かない?」




3人って、ユウさん、ナツさんに……私?




「カオリいないと、イヤかな?」


「そんなことないです!!全然、3人でOKです!!!!」




私は慌てて返事をした。




「良かった〜、じゃあ、日にちや金額とかは、また後で決めようね。……じゃ、オレ、仕事に戻んね」




そう言うと、ユウさんは、工場へと走って行った。






カオリさんがいなくての、初めてのお出かけ!!




カオリさんが辞めちゃうことで、淋しさが漂っていた心が、嬉しさでいっぱいになった。




私ってば、ゲンキンだな〜……なんてちょっと思っちゃうけど、やっぱり嬉しい!!




ユウさんもいるけど、ナツさんと喋るチャンスがいっぱいあるってことだよね。




『カオリさんの連れ』から『南 ユキ』をアピールできるチャンスなんだから!!






本当に自分勝手なんだけど、すべてが思い通りに行くんじゃないかな……なんて、この時は思っていたんだよね。




2014/02/18 20:30 No.76

そして、私の大好きなNo.76 だけを表示しています。
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2

 
 
この記事は恋愛小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>