Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2


 
 
そして、私の大好きなNo.75 だけを表示しています。

このはβ.+・。* @harusaki ★xWbgY3bL81_hBy



カオリさんの結婚が、あと半年となった時、衝撃的なことを聞かされた。




「私、3月いっぱいで、会社辞めることになったんだ……」




少し残念そうな顔をしながら、カオリさんは、そう言った。




「何でっ!?」




真っ先に口を開いたのは、私だった。




「そうだよ、なんで辞めちゃうんだよ?……―!!まさか、赤ちゃんでも出来た?」


「カオリ、マジで!?」


「ホントに!?」




ユウさんの言葉に、ナツさんと私が過敏に反応した。




あっ……ナツさん、ショックかな?




「違う、違う!!」




カオリさんは慌てて否定した。




「あのね、彼の家の仕事を手伝わなきゃいけなくなってね…。残念なんだけどさ……」




あっ、そういうこと。


じゃあ、みんなで遊びに行くのも、後……少しなんだ。




カオリさんと、会社でお喋りするのも。




淋しい気持ちが、心の中に広がっていった。


2014/02/18 20:29 No.75

そして、私の大好きなNo.75 だけを表示しています。
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2

 
 
この記事は恋愛小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>