Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2


 
 
そして、私の大好きなNo.59 だけを表示しています。

このはβ.+・。* @harusaki ★xWbgY3bL81_hBy


「ユキちゃんってさ、休みの日とかって何してるの?」




―― コンッ


っと、突きながらカンちゃんは聞いてきた。




―― カツン コロ…コロ…コロ… カコン


カンちゃんが突いた白い球が、9の球をポケットに落とした。




「よっしゃ!!入った〜!!」




カンちゃんも……上手いなぁ。


隣でやっている、カズトさん、タツヤさんも上手。




でも、一番上手いのは……




格好いいのは……






―― フルフル




私は頭を振った。


頭の中に浮かんだ顔を……振り払った。




「友達と買い物行ったり、映画行ったり……色々かな」


「なんか、女の子だね」


「えっ、女の子っぽくなんかないですよ。この前、チヅルとドーム行ってきたくらいだし」




そう……、私とチヅルは野球観戦が好き。


高校の時から、コインロッカーに私服を入れて、帰りに着替えて、ドームに行ってたっけね。




外野、自由席。


メガホンを振って、大声だして…。


次の日には、声が枯れちゃってね。


とにかく、野球観戦は楽しい!!


2014/02/18 19:56 No.59

そして、私の大好きなNo.59 だけを表示しています。
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2

 
 
この記事は恋愛小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>