Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2


 
 
そして、私の大好きなNo.49 だけを表示しています。

このはβ.+・。* @harusaki ★xWbgY3bL81_hBy


「こんにちは。ユキちゃんだよね? 若井 カズト です。よろしく」




日に焼けて、大きな……いや、体格のいい人だった。




テニスより、ラグビーでもやってそうな……。




クマ……みたい。




人の彼氏に対して、随分な印象を持った。




でも、目はクリッっとしていて、優しい感じ。


髪は短く刈ってあって、スポーツマンの爽やかさがあった。




「こんにちは。南 ユキです。カズトさんのことは、チヅルから色々、聞いてます」


「えっ本当!?僕の悪口とか言ってない?」


「全然、言ってないですよ〜。いっつもノロケられてるんですよ〜」




カズトさんは、9才も年が離れている。


でも、そんな風には見えなくて、話しやすい。




「え〜、ノロケてないから〜、カズ君、本気にしないでねっ!」




ちょっと赤くなりながら、慌ててるチヅルが……可愛いかった。



2014/02/18 19:25 No.49

そして、私の大好きなNo.49 だけを表示しています。
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2

 
 
この記事は恋愛小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>