Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2


 
 
そして、私の大好きなNo.47 だけを表示しています。

このはβ.+・。* @harusaki ★xWbgY3bL81_hBy


「ユキ、おはよ〜。」




私の目の前に停まった車から、チヅルが顔を出した。




―― 北千住のルミネ前


私たちの待ち合わせ場所。




チヅルが車で迎えに来てくれて、テニスコートに行くことになっていた。




「おはよ。あれ?……彼は一緒じゃないの?」


「先に、他の人の車でコートに行ってるって。」




チヅルの彼氏とは、今日が初顔合わせだった。




早く見てみたかったので、ちょっと、残念って思った。




そして、助手席に私を乗せ、チヅルは車を発進させた。




すぐに……彼氏が一緒に乗って来なかった理由がわかった。




チヅルの運転ってば、怖い。


……出来れば、もう乗りたくないくらいの運転だった。





そういえば、今まで、車を出したのは私だったっけ……。




まぁ、そのおかげで早くテニスコートには着いたんだけどね。


2014/02/18 19:19 No.47

そして、私の大好きなNo.47 だけを表示しています。
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2

 
 
この記事は恋愛小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>