Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2


 
 
そして、私の大好きなNo.46 だけを表示しています。

このはβ.+・。* @harusaki ★xWbgY3bL81_hBy

「彼氏の仲間たちと一緒に、テニスしに行かない?」



って誘い。


1週間くらい前……夜、家に電話が掛ってきて、そう誘われた。




「もうそろそろ、気持ち、落ち着いたかなって思ってね。」


チヅルは、そう言った。




チヅルには、社員旅行の出来事を話した。


もちろん、マキにも……。


二人共、すごく心配してくれた。



嬉しかった………。


本心を話せる友達。


……親友。


……心友、心からの友達。




だから、チヅルからの気遣いが嬉しかった。




私は、ナツさんに会ってからは、男の人が来る集まりには、行かなくなっていた。


他の男の人になんて興味がなかったから。




ほんとは今だって、興味はない。


でも、少し外の空気を吸ってもいいかなって、思った。




ナツさんのいない空気を吸うことで、少しでも、気が紛れれば……いいなって。




この時の私は、逃げていたのかもしれない。




側にいたい、と決めて『心』を封印したのに……。



2014/02/18 19:16 No.46

そして、私の大好きなNo.46 だけを表示しています。
切替: メイン記事(85) サブ記事 (8) ページ: 1 2

 
 
この記事は恋愛小説投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>