Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

時とともに移りゆく

 ( 詩投稿城5世(思い出) )
- アクセス(41) - いいね!(0)

大野英行「 ★tTx2GzSXTI_m9i

                                                                                          時とともに移りゆく                                                                                                                                                                       黒い子猫のようにじっと見つめ移りゆく                                                                                                                                                              黄昏時こんな時間だけが脳裏に焼き付いてる                                                                                                                                                            春の目覚めは昨日のようにいたけど、                                                                                                                                                               夢の出現はこの痛みから始まりました                                                                                                                                                               まんじゅしゃかのまま一人歩いてます                                                                                                                                                               片恋だった頃が目が醒めてよかったのに黄色い春を染められて夏から秋へ時が変わり冬になって                                                                                                                                     恋は死んだ

3年前 No.0
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる