Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(31) >>

いやがき

 ( 詩投稿城5世(思い出) )
- アクセス(229) - いいね!(6)

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

くちびるはめくれ まぶたが腫れあがり
耳が異様に大きく 鼻先が上を向いた ひどく醜い男がいた

しかし彼には色があった光があった

額縁も値打ちもないが それだけでいいと思えた
漆黒の長い髪に菫色の瞳をもった女性は そう言って目を細めた

5年前 No.0
関連リンク: 空色 
ページ: 1


 
 

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

嬉しくてめまいがして
驚いて舌がしびれて
怒りで視界がかすんだ

そういう風に できてる

5年前 No.1

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

骨張る指先 なぞる頬 熱い吐息を耳に

粘膜でつながる 確かなもの 君さえいれば

凍った瞳に宿るは わたしであって欲しいのだ

5年前 No.2

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

ふるえながら貴方が 「きみの声が好きだ」 っておっしゃるから

わたしのこの喉を切りさいて、破いて さし上げたいのです

5年前 No.3

あずき ★iPhone=8rKhTXjgZw

ひとつの光があれば

恋ってそんなもの

包み込む心があれば

愛ってそんなもの

5年前 No.4

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

あいしてる

なんていらなかったの
マゼンダ色の息を吐いていてくれれば

5年前 No.5

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

毒いちご 食べたら追放 つめば重罪
死なないのを知っているのに 毒いちご

魅せられて 狂気をふるう

5年前 No.6

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

なりたいもの描いて 人工衛星飛び越える
双曲線を歩いては 君との再会を夢見
味気ないクラシック 歌うは幻の姫君?
今日も貴方を想い 錆びた明日に綴るよ

5年前 No.7

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

あたしの心臓の脈打つ大きさで ほんとに

世界がゆれてるような 気がしたんだよ

5年前 No.8

あずき ★iPhone=8rKhTXjgZw

宇宙まで飛んでいって

あなたを常に見ていたい

そんな気分

わかるでしょ?

5年前 No.9

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

宇宙の広さなんて まだ知らない

それでも、昨日とおんなじ月を ふたりで見上げるのだ

今日も 明日も 明後日も

5年前 No.10

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

めぐる衝動? 焦げる焦燥?

鼻をかすめるセッターは、まるでスイッチ
電磁波に揺らされて 欲望を掻き乱す

5年前 No.11

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

嘘つきが逃げた!

どこへ行った!
あっちだ!


灰色の空気が充満して ぼくは窒息してしまう

5年前 No.12

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

YESかNOか できるかできないか 好きか嫌いか

いつだって二択 そんなばかげた話があってたまるか
思考腐らせて勿体ない

5年前 No.13

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU




君に出会えただけで幸せ だなんて妥協はしたくないよ

5年前 No.14

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

削りたてのえんぴつであたしを刺して、って強請ったら

蛍光ピンクのマーカーでしるしをつけられたから


なんだか苛々して 喉仏にかみついてやったの

5年前 No.15

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

なんで僕だけ? ってみんな思ってる
なんで不幸せなんだって あったかい部屋でつぶやく

バカにすんな バカにすんな バカにすんなよ
って自分が一番 劣等感の塊抱いてる

5年前 No.16

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

モノクローム
まるで恋におちる瞬間のように 空気が潤んだ

モノクローム モノクローム
桜の花びらが地面に触れるとき 色が変わる

それはモノクローム

5年前 No.17

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

「だいすき」って言ったらもっとすきになってしまう気がして

「だいきらい」ってつぶやいた


なんだか余計に、恋しくなった

5年前 No.18

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

お願いって微笑む
なんでって首をかしげる
嫌だよって眉をよせる

そんな毎日を刻む 僕の目に きみを

刻んで刻んで刻んで刻んで バターで炒めて 咀嚼して飲みこんで
体内に取り込んで 一生きみを

感じる

5年前 No.19

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

あんたが生まれてくるには あと一つ条件があって
それはあたしの愛なんかじゃない

そんなんじゃない そんなもんなんかじゃない

5年前 No.20

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

見上げてつぶやく 「後悔なんかしてない」

嘘つき

涙零して何を言うか
逃げたいならさっさとそうしろ 追いかけないから
そして気づけ 逃げたことを後悔させてやる


まるいつき てらすボクら しろいシーツにしずくがおちて

泣くくらいならはじめからやめればよかったのに
きみは馬鹿だ

5年前 No.21

も げ ★UDNpWlMWR5_XaU

暗がりで笑ってたピエロは
気づかれないよう 水面にそっと
一滴 波紋をおこした

生まれながらに滑稽なもので
怒り方すら知らないから

彼はきっと死んでしまう

5年前 No.22

も げ ★OetvttJ3Bn_XaU

たまにこちらを見てたから

微笑んでみたら そらされて


ペンギンと白クマがお手てつないでる


きっと ちょうどいい距離感

げんきですか どこにいますか なにをみてますか


まだ 灰色ですか

5年前 No.23

も げ ★OetvttJ3Bn_XaU

たとえばの話

誰かをあたためることで 自分があったかくなるだなんて
想像もしなかったのだ

5年前 No.24

も げ ★OetvttJ3Bn_XaU


無機質な世界に
レシートを置き忘れてきた

ごめんなさい

コールがなけりゃ こわくて 謝れないのだ


さてと、 そう言って 爪を磨きながら

5年前 No.25

も げ ★OetvttJ3Bn_Zos

馬鹿だった 愚かだった

敵うはずなんて 叶うはずなんて なかった

4年前 No.26

も げ ★OetvttJ3Bn_Zos

きみがさしだした小指に

どうして人さし指で応えたのだろう

どうして指を指してしまったのだろう



未だに抱えた約束くすぶらせて
泣いているのは

きみじゃなかった



笑ってくれるならなんだってしたいんだけど、

それだけは御免だって 偉そうに


4年前 No.27

も げ ★OetvttJ3Bn_Zos

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4年前 No.28

も げ ★OetvttJ3Bn_Zos

化け物だったのだ

尻尾をゆらし
触角をたなびかせ
黒い舌をだして嗤う


あいつは 父の顔をした化け物だったのだ

4年前 No.29

も げ ★OetvttJ3Bn_Zos

あんたの上唇が愛でできてるなら、
下唇はきっとラナンキュラス

3年前 No.30

もげ ★ZrYG5XclFV_M0e

セピア色の音を拾った

やさしく 澄んでいて  確かに心地よかった


10年前のあの日 戻れたら言うのに

天井のなかった箱の中で 聞けるのに



セピア色の音を拾った

ディスクに閉じ込めたくせに もう歌わない

2年前 No.31
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる