Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

政治と私

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(81) - いいね!(2)

ちょび @m1j ★QL78yfwE6T_9m4

 右翼も左翼も消し飛ぶのに、
 誰が左右の知恵を与えたのか
 要らん知性を与えたせいでこじれている
 日本人の悪いところだ
 ひとたび、それがあると知るとそれに固執する
 知恵を知ることは悪くないが、
 それ以外がある、それ以上
 それを超えた何か
 そういう宣誓、
「私」
「幸福」
 高らかに言うこと。強く、賢くあること
 いつだって違う方角を思うことは可能なことだ
 夢であっても、玉砕しようが、
 そんな苦労をして辿り着けるところは、在る
 世界は私だ。私こそが世界であり、
 正しく、だから独りで私を叫ぼう
 わ、た、し、は、ちゃんと、
 在、る、のだ、と

8日前 No.0
ページ: 1


 
 

ひよ @hiyojirou ★iPhone=rIwCZKXvvH

私を見つめることは、世界をみることで、
私を愛せると世界を愛せるようになる。

左右どちらも前も後ろも。

それくらい「私」は大切なものなのに大事にしない人が世の中にいっぱいいるんだなぁと…この詩を読んで、最近テレビでやってた訴えられた50代の女性を連想しました。

「私」を甘やかす事と大切にする違いが解らない大人って、この詩の様に叫べば良いのになと思いました。

どうもありがとうございます。
良いもの読ませて頂きました。

1日前 No.1

秋良 @hanatumugi ★Android=C9H8ocBo3C

左右の違いって後天的に学習するものだよなあ、と思い至って、
そこに在る、ということに、刷り込むような理屈が、必要なのかもしれないと、考えさせられました。



だけども、

わ、た、し、は、ちゃんと、
在、る、のだ、


深呼吸のような言葉でした。

ありがとうございました。

8時間前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる