Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

四四娘

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(219) - いいね!(3)

ちょび @m1j ★QL78yfwE6T_ebo

 あらめくこと
 明らかなことを正したくて
 美しい人に恋をするのが
 普通
 おどろうだから

ページ: 1


 
 

二川湯ん太郎 ★XYZwygRrEB_Hhd

「あらめく」と言うのが辞書的にわからなかった。
「あらぶる」と殆ど一緒ではと思いました。

そして最後の「おどろうだから」もちょっとわからなかった。
踊ろうであろうか。シャルウィダンス見たいなそんなニュアンスかと。

9ヶ月前 No.1

ちょび @m1j ★QL78yfwE6T_ebo

踊ろう、だから、あるいは、踊ろうだから、ですよ

日本語というのは妙なもので、ただ平仮名にしただけで有耶無耶な印象を与えることができますね。
まるで魚の骨のように、硬く、そしてしなる。
造語が出来てしまうんです。
「あらめく」
はそうです。なんとなく、それっぽい。
日本語に貫通する曖昧さ、不確かさ、そして骨。
なんとなく、印象を押し通せてしまう。

言う人は強い。
だから湯ん太郎はんも恐れず、でっせ。

9ヶ月前 No.2

★Android=kScmMPGX3J

こんにちは。

>日本語というのは妙なもので、ただ平仮名にしただけで有耶無耶な印象を与えることができますね。

そうだと思います。
ただ、この詩の
>おどろうだから
を私が目にしたときには、「踊ろう」なのだろうなと思う前に、「おどろおどろしい」という言葉が先にサッとよぎりました。なので詩の勢いや余韻を削いでしまったのです。

9ヶ月前 No.3

ちょび @m1j ★QL78yfwE6T_ebo

鮎さんこんにちは。

そうですね。

おどろうだから、に繋げる前に一旦落とすところがあり、
でもゆえに、「おどろおどろしい」という別な印象を持ててしまう。

不確かを巧く使うこと。

8ヶ月前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる