Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

そう

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(192) - いいね!(1)

ちょび @m1j ★QL78yfwE6T_ebo

 誰が、摂理を決めたのか
 知りたいものだ!

 おぼえている雪が、
 銀杏のあいだに咲いていて、
 子供であった頃を
 思い出すように、昔というのを
 歩いていていたって
 足跡をさがそうとしたって、
 いつだって阻んでくるものじゃ
 ないだって、いうの?

 カジキのように、魚のように
 誰が、摂理を定め、
 常識や、非常識を定めたのかって
 知りたいものだと言った先から、
 指がぼろぼろ、崩れていくんだ

 どうしようもない悲しさが、
 私を貫いて
 ヒトから私を剥ぐんだよ

ページ: 1


 
 

沙織 ★JbGr829OP5_6Og

 かなり苛立っていたのですけれど、一夜経ちまして、

 行動の先にしか言葉が生まれないのだと、真正面から見つめられたので、

 結局は学ばせて頂いたようです。

 ちょび様は人を苛立たせますが、どうも、自分のような人間は苛立った方が気づくことが多いようで、

 結局は感謝しております。

 この作品も前作も、きっとご自身の葛藤の行動から生まれた(滲み出た)お言葉なのでしょうから

 そう思い拝読して……

 しっかり読み込まなければ感想すら書き込めない深い内容に思えました。
 (けれど、自分はもうこちらに来ないことを決めているので読み込む時間もなく残念です)

 ……その為、上手く言えませんが、……心に残りました。


 読ませて下さり、有難う御座います。

 失礼致しました。

 ※返信不要です

3ヶ月前 No.1

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

こんにちは。
良い形だと思いました。

何がしかの生得環境の、先入見を覗き込むとき、自分自身が解体されて、色んな自明さが不確かになることがあります。そのときから、自分を踏み固めていく試みが始まることもあるでしょうか。

でも大体はそう上手くいかないで、何事も途中で忘れて、歳を食って、ログアウトしてしまう。

ならまだしも、摂理を疑うことなく一員となるのが普通の生き方ではないでしょうか。なので、たとえ悪影響であるにせよ、その問いを持ち続けて、発信できるというのは優れた資質で。

摂理たるゆえんを見つめて、見つめ続けると、ゆえんというのが、嘘っぱちであると分かった、というのが一番有意義に思えますが、それは難しい。崩れたものを、歪んでいても治したのか。崩れていることに気付いてもマグロのように止まれないことも、あるかもしれませんけど。

長文ですみません。

2ヶ月前 No.2

ちょび @m1j ★QL78yfwE6T_ebo

>>沙織さん


あー、なんというか、頑張れや。

>>くらさん


これちょっと熱い。我が侭放題って、「起承転結」の「起」しか書いてないけど、
「起」って正直だしね。
でもその「起」のみでなんか書けてしまうって面白いというか、
誰だって、そーいうの、あるだろ、て思うんだ。

「誰が、摂理を決めたのか、知りたいものだ!」

くらさんだってあるだろ。単純な「起」。

そして「起」を二つ、最初のそれと、後のそれを併せて書くということ。

2ヶ月前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる